不調になるメカニズム

人は何故不調になるのでしょうか?

必ず原因があって結果があります。

ズバリ体液の流れが悪くなるからです。

体液というのは、血液、リンパ液、脳脊髄液、この3つを言います。

血液やリンパ液は何となく理解できるが、
脳脊髄液って何?

脳脊髄液の循環が悪くなると、脳が圧迫されて、頭痛や視力低下、
自律神経の働きが悪くなり不眠、治癒力、
免疫力が下がり、ホルモンの分泌が悪くなります。

では、何故、体液の流れが悪くなるのでしょうか?

それは簡単です。生活習慣の乱れが原因です。
(食事、睡眠、運動、姿勢、ストレス)
不調









すると、疲労が蓄積していきます。

すると、筋肉が緊張(硬くなる)

すると、体液の循環が悪くなります。

すると、細胞の酸素欠乏。

すると、老廃物が蓄積します。

すると、疼痛として脳へサインを送ります。

すると、症状になります。

このようなメカニズムで身体が不調になっていくのです。

生活習慣の乱れが、如何に重要かお分かりいただいたでしょうか?

田中整骨院&スポーツ研究所
野球肩・野球肘専門治療院
九州で唯一の尾骨専門の整骨院