本日は日頃から気を付けてもらうポイントの一つとして

<大股歩行>の重要性についてお話致します。

筋肉には<形状記憶>と言って、
普段の身体の使い方や姿勢を記憶してしまう能力があります。

そのため、
小股で歩いていたり、 腕を振らずに歩いていると

お尻の筋肉や肩甲骨周りの筋肉があまり大きく伸び縮みしないために
滑走性が乏しくなります。

ウオーキング








広背筋なんかは肩甲骨にも停止していますし、

大殿筋とも筋連結しています。

つまり、両方ともに動きが悪くなれば腰痛になるわけですね。

日頃から大きく身体を使うことや

気持ち良くストレッチすることがとても大切になります。

中でも日頃から大股歩行を意識することはとても重要になってくると思います。

早速、足幅の半分でもいいですから、大股で歩くクセをつけましょう。

まずは意識することから始めましょう!

田中整骨院&スポーツ研究所
野球肩・野球肘専門治療院
九州で唯一の尾骨専門の整骨院