38歳 男性

15年前、バスケットで右足捻挫した古傷が尾を引いて、

練習後に痛み、寒い時期の痛み、朝起きてからの最初の動きの痛み、

など…その間、レントゲン検査すると石灰化しているとのこと。

薬やステロイド注射などするが、これといった結果がでず、現在に至っている。

踵










診てみると、足首の柔軟性の無さ、

後脛骨筋の筋力低下などが原因と判断した。

足首の柔軟性欠落は距骨の動きが悪い(上手く滑りこめない)

ので、これを調整し、後脛骨筋を単独で筋力アップした。

すると1回の施術で5割以上の軽減を認めた。

車で2時間かけての通院なので、

後脛骨筋と足関節柔軟性を高めるセルフトレーニングを指導して終わった。

1回の施術で劇的に変化を認めたことを実感できたので、

セルフトレーニングをまじめに行って、

数回通院してもらえば年内には決着できる思われます。

足のトラブルで悩んでいる人は是非ご相談ください。

田中整骨院&スポーツ研究所
野球肩・野球肘専門治療院
九州で唯一の尾骨専門の整骨院