今日は足のむくみ(浮腫)と腸腰筋の関係についてお話します!!

浮腫は一般的に、
下肢の循環不全によって引き起こされると考えられています。

エコノミークラス症候群といって飛行機に
長時間乗るなど座りっぱなしになることで、下肢の
循環不全が起きると言われています。

ただ、これらの足のむくみというのは
“腸腰筋へのアプローチで改善することがほとんど”です。

腸腰筋は腰椎から小転子へ着いており、
大腿動脈や大腿静脈、さらに鼡径リンパ節あたりに
近い部位に存在しています。

腸腰筋が過緊張になるとこれらの血管やリンパ節を
圧迫することになります。

腸腰筋が過緊張を引き起こされている患者さんほど、
下肢はむくみやすいです。

ムクミ
















そして
この足のむくみに対して行うことは、多裂筋への筋収縮です。

「え!?」

むくみに対して多裂筋??

って思われがちですが、腸腰筋の過緊張は
多裂筋の筋力低下によって引き起こされます。

ここ一番大事!

多裂筋へ収縮を入れると腸腰筋はどんどん緩みます。

腸腰筋が緩めば 圧迫されていたリンパ節や大腿静脈は
解放されるため、たった一日のアプローチでも
ものすごく改善するのです。

次回は、多裂筋の収縮のやり方を説明しますね、
お楽しみに!

田中整骨院&スポーツ研究所
野球肩・野球肘専門治療院
膝痛専門院