中学3年生 男子 サッカー部

半年前から左膝が痛くなる。

整形外科に行くと「オスグッド」と診断された。

治療は塗り薬と湿布そして安静にすることだけだった。

監督はオスグッドの件は知っているが、部員が少ないので
痛いのを我慢しながら練習していた。

そのうちに、脛骨粗面(ひざ下の骨)がだんだん大きく突出してきた。

現在は走れない、しゃがめない、正座できない、体育座りが出来ない
などで、サッカーをやれる状態ではない。

ネットで検索されて来院した。
「ネットで検索すれば、沢山のオスグッドの治療院があるでしょう。
何故、当院に行こうとした決め手は何だったんですか?」

「患者様の生の声」です。

「他のところはウソぽいような感じだったから」

なるほど。

治療後が終わった。

オスグッド










しゃがみ、正座、体育座り、すべて出来ました。

実は…

明日、運動会。
三年生最後の運動会だから、少々痛くて出るつもりです。

そして、6月8日は最後の中総体だから、
何としてもコートに立ちたいんです!

たぶん運動会で悪化するのは予想できるし、
中総体もぶっつけ本番では監督は試合には出さないだろうから…

大会の5日前くらいにはプレイできるような状態に仕上げなければならない。

条件は厳しいですが、最後まであきらめないでやってみましょう!

週2回くれば4〜5回治療できるから、何とかなるかもしれないと説明した。

今回の結果は後程、ブログで紹介する予定です。お楽しみに!

プロはあきらめない!諦めないのがプロなのです!

田中整骨院&スポーツ研究所
野球肩・野球肘専門治療院
膝痛専門院