足の痛み

身体がボロボロです!

高校2年生 ソフトボール部

2週間前に左足首をピッチング中に捻挫する。

ピッチャーが手薄なため、遠征中も我慢して試合に参加してプレイする。

すると、膝から外側にかけて過重すると痛みが出て
踏ん張りがきかないような状態になって、
歩くだけでも痛みが出るようになった。

右股関節は慢性的な痛みがあり、腰痛も重なっている。

右手首は変化球を投げる時に手首を捻じる為、
痛みと握力がなく力が入らない。

あまりの体調不良で学校を休んで来院した。

足首捻挫に関連している長、短腓骨筋、長趾伸筋が
まともな仕事を出来ないような状態になっているのが原因です。

捻挫を早く解決する方法は足首の動きの柔軟性を高めることと、

後脛骨筋と腓骨筋の働きを良くすることです。

手首に関係する前腕筋は硬くなり、異常に委縮していました。

手関節を守る筋肉は橈骨手根屈筋、と尺骨手根屈筋です。

ソフトボール












練習が終わってスクールバスの時間に間に合うには
クールダウンのストレッチをする時間が無いとのことでした。

バスの中でもできるストレッチを指導したら、

特に尺骨手根屈筋のセルフトレーニングが出来ません!

簡単なセルフトレーニングが出来ないくらい前腕筋がパンクしていました。

もう身体はボロボロ状態です。

全国レベルの選手なのに…

怪我しにくい身体作りを指導しなければ来年の高総体まで持たないのではないか?

そんな気がしてなりません。

田中整骨院&スポーツ研究所
野球肩・野球肘専門治療院
九州で唯一の尾骨専門の整骨院



足の甲の痛み

52歳 女性

慢性の足首の痛みで、特に足の甲の痛み、足の親指裏の痛み、
長く歩いたり、長く立っている痛くなる、などの症状です。

趣味で週1回ボウリングをやっている主婦ですが、
最初は腰椎椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症で通院していましたが、

通院7回目ぐらいから調子良くなり、現在はメンテナンスで来院されています。

今回初めて足首の慢性症状を訴えてきたのでした。

そこで疑ったのが「距骨」でした。

足の骨の中で唯一筋肉についていないのが距骨なのです。

距骨がずれて居ない人は一人もいません。

距骨









筋肉による支持を受けていないので、
距骨の歪みは誰でも起こります。

というより、歪んでいない人はまずいないと言っても過言ではありません。

ただし、歪むということは二足歩行の人間にとって実は当たり前のこと。

寝ている状態から立ち上がった時点で距骨は歪んでいます。

一度ズレるとズレたままになります。

距骨がズレると外反母趾、偏平足、浮指など
足のトラブルの症状にも絡んできます。

それに足首が不安定になると身体全体の支持力が失われ
膝痛、腰痛、背部痛、首痛など上部に波及していくのです。

足のトラブルをお持ちの人は
一度当院で距骨調整してみてはいかがですか?

田中整骨院&スポーツ研究所
野球肩・野球肘専門治療院
九州で唯一の尾骨専門の整骨院




種子骨炎で熊本から…

種子骨炎で熊本から…

高校1年生 野球部男子 種子骨炎

今年の4月頃から左足種子骨炎の痛みで熊本から来院されました。

この種子骨炎の痛みは中学1年生のころから痛みが出したそうです。
中学生のころ数回当院で治療した経緯があり、また再発しました。

医者曰く、このまま野球を続けていると種子骨が粉砕するかも…
と言われたそうです。

過重をかけると痛い、つま先立ちで痛い、
ジャンプ痛、ジョギング痛などがある。

1泊2日で6回施術することになりました。

足の痛み










治療法は距骨を緩め足関節の動きを良くすること基本軸として、

種子骨障害に関与する筋肉のスパズム改善

(後脛骨筋、長腓骨筋、前脛骨筋、母趾外転筋、
短拇指屈筋、拇趾内転筋など)それと中足骨の軸合わせです。

軽くジャンプするまでは改善しますが、又すぐに戻ります。

5回目で60%のダッシュで痛み、
6回目で80%のダッシュで痛みぐらいまで回復しました。

種子骨障害に対応するテーピングと
種子骨改善の自己療法を3つ指導しました。

もし、種子骨が粉砕したらどうしようと親は心配しますが、
その時になって初めてどうするか考えましょうとアドバイスしました。

まだ来ない未来について心配していたらストレスが溜まり身体によくありません。

種子骨障害で悩んでいる人は、ぜひご連絡ください。

田中整骨院&スポーツ研究所
野球肩・野球肘専門治療院
九州で唯一の尾骨専門の整骨院






種子骨が割れていた!

中学3年生 男子 野球部

2週間前、右足裏の親指の付け根付近が痛くなる。

冬場の走り込みが多かったのが原因?

4月からは野球の強豪校に入学が決まり
投手として期待されている逸材だ。

ジョギングどころか歩いても痛む。

整形外科で診察すると
「種子骨が割れている」と診断された。

疲労骨折又は二分種子骨?

種子骨というのは
拇趾を屈曲する短拇指屈筋腱内の内側と外側の二つにあり、
拇趾が大きな力を出せるように効率を上げたり、
衝撃を吸収する役目をしています。


症状は荷重時や踏み込み動作で拇趾を反らす時に痛みがあり、
歩行、スポーツに支障を生じます。

治療は仙腸関節、股関節、ハムストリング、
下腿筋、(特に後脛骨筋)、足関節調整、
足底筋を調整しました。

自己療法として種子骨炎のセルフケアを指導。

3回目の治療で片足ケンケンの
ジャンプ痛は消失したので、

次回は塁間のダッシュ数本してどのくらいの痛みかで
判断し練習復帰を指示しようと思っています。

彼は小学生の時から患者様で、
身体が柔軟性に欠けるので
高校での厳しい練習でのケガがとても心配です。

田中整骨院&スポーツ研究所
野球肩・野球肘専門治療院
九州で唯一の尾骨専門の整骨院


これが足関節の脱臼跡?


中学3年生 左足関節痛 サッカー部

1か月前から左足関節が痛くなった。
別に捻挫した記憶はない。

しかし、以前に数回、左足関節は捻挫した経験はあった。

近くの整形外科で診察してもらうと脱臼の跡があると言われる。

病院を変えて診察すると、捻挫の後遺症と診断された。

ある程度走れるようになったが、
痛みはまだスッキリしないので当院に来院された。

答えは簡単、
足関節のアライメント(関節の位置)が悪いのだと説明しました。

それが原因で距骨と脛骨、腓骨との滑りが悪くなっている、
その連動性で腓腹筋や長短腓骨筋、長趾伸筋が硬くなり、
さらに関節の動きを悪くしているのが痛みの本質です。

基本的に関節の動きを滑らかにスムーズに良くすれば、
ほとんどの痛みは解消します。

田中整骨院&スポーツ研究所
野球肩・野球肘専門治療院
九州で唯一の尾骨専門の整骨院


歩いても足の甲が痛い

12歳 男子 足の甲が痛い

1週間まえサッカーの練習で走り込みや坂道ダッシュなどの
トレーニングした後、右足甲が痛くなった。

歩行(痛くてびっこで歩く)、階段の下り、下り坂
ボールを蹴るとき、踵上げする時、
ジャンプ、片足ケンケンで痛むなど…

良く診ると、元々ハイアーチであった。
基本的にハイアーチの足は疲れやすい足になります。

治療は前脛骨筋、ふくらはぎ、を緩めたあと、
足関節の距骨を調整、リスフラン関節の調整、
内側楔状骨、中間楔状骨
外側楔状骨、立方骨、舟状骨などを調整しました。

その後、確認すると、片足ケンケン以外殆どの動作痛は消失しました。
明日、小学6年生最後の試合があるとのこと。

試合後、再度来日。
試合中は痛みは全く感じなかったそうです。

今日は昨日の試合の残存が少しあるくらいで、
そんな気にならないとのこと。

中学入学するとサッカー部に入部するので
しっかり治していきましょう!

田中整骨院&スポーツ研究所
野球肩・野球肘専門治療院
九州で唯一の尾骨専門の整骨院
交通事故専門治療院

全国大会に間に合った!

14歳 男子 野球部

1か月前、左第1足趾を机の角にぶっつけ強打した。
それをかばって不自然な走り方になり、太もも前面が痛くなる。

つま先立ちが出来ない、走ると痛い、などの症状で来院した。
左足をかばって、左ふともも前面の筋肉も損傷していました。

話を聞くと、キャプテンで中心選手なので、監督コーチには
ケガしたことを告げずに、痛いのを我慢して練習しているとのこと。

これが一番よくありません。

監督が知らなければ、当然いつもの練習をするはずです。
我慢して練習すれば、治り方が遅くなるいっぽう
バランスを保とうと別の所が頑張り過ぎて、別の所に痛みが出てくる
悪い循環が発生します。

腫れもかなり酷かったので、レントゲン検査を勧めました。

結果、強い打撲で骨には異常が無いことが分かりました。

練習は、まず監督に今の現状報告と
痛くないような別メニューをするように説明しました。

治療内容は、前脛骨筋、下腿後面の筋肉、足底筋と
第1足趾の関節可動域の調整、血流を良くするような
施術を施しました。

その間、約10日間、3回の治療で完治しました。

3月24日から大阪での全国大会に出場するとのこと。
間に合って良かったです!


田中整骨院&スポーツ研究所
野球肩・野球肘専門治療院
九州で唯一の尾骨専門の整骨院
交通事故専門治療院

足の裏の痛み、結論、原因は偏平足ではありません!

45歳 女性 足の裏の痛み

去年の9月頃から右足薬指裏が痛くなる。
そこが床に当たり痛い。

歩いても痛くなる。近くの整形外科でレントゲンを撮るが「異常なし」
扁平足が原因と言われた。

整骨院では電気治療、マッサージとテーピングを3日一度
行ったが、さらに悪化した。

2週間後、MRI検査をするが又「異常なし」と言われた。

今度は足底版や中敷を作ってもらい使用すると、足の甲や親指など
全然違うところが、さらに痛くなりだした。

足が不安定になり、膝や股関節や腰など体が全身が不調になり、
もう整形外科を信頼することが出来なくなった。

約6か月間、真面目に治療しているのに、
良くなるどころか段々悪くなるばかりだった。

ネットでやっと当院を探し出し、2月の後半に来院された。

歩行痛はもちろん、つま先立ちは出来ない、加重をかけれない、
痛くて足を床につけられない、
寝ると布団の重みでかかと付近が痛くなる最悪の症状である。

痛くなる原因を割り出し、説明、偏平足が原因でないことを告げる。

治療は足首の底背屈に関与している筋肉、前脛骨筋とふくらはぎ、
そして足底筋、アーチを上げるなど施術しました。

そして…恐る恐る歩いてみると…
「痛くない!」と感動した声。

その治療後の動画です。




交通事故専門治療院
田中整骨院&スポーツ研究所
九州で唯一の尾骨専門の整骨院

痛くてつま先立ちが出来ない…

中学1年生 女子 体操部

2週間前に平均台の練習中、
平均台の根元の足の部分に落下した。

その際、右足第4中足骨頭裏付近に当たり負傷した。

整形でレントゲン検査を含め診察してもらったが、骨には異常なし
結局分からないとの回答だった。

歩行痛、つま先立ちで痛い、とのこと。

触診すると好発部位だけ出っ張りを確認することが出来る。

単純に「負傷部位を中に押し込めば楽になるのかな」と思った。

痛みが出ないように、好発部位前後に母指を押し付け、
足趾を伸展、屈曲を繰り返した。

そして、歩行、つま先立ちを確認すると痛みは消失した。

時には、シンプルに考えた方が結果が出る場合も
あると改めて感じるケースであった。

交通事故専門治療院
田中整骨院&スポーツ研究所
九州で唯一の尾骨専門の整骨院

種子骨骨折の治療法とは?

中学2年生 女子 ソフトテニス部

5月21日のソフトテニスの練習中、
左足母指付け根付近が突然痛み出した。

中総体前で練習がハードになったのと、
坂道ダッシュなどのトレーニングが原因と思われる。

5月25日、整形外科でレントゲンを撮ると
「二つあるの外側の種子骨が割れている」とのことでした。

ネットで検索して当院に来院したのが6月1日でした。
6月11日の中総体に間に合うように懇願されました。
歩行痛、加重痛、黙って立っていても痛みがある状態でした。


治療は横アーチ外在筋である後脛骨筋、長腓骨筋、
内側縦アーチの内在筋である母指外転筋、
短母指屈筋、母指内転筋などをリリースした。

その後は立位での痛み、歩行時の痛みは解消したが、
速足の歩行はまだ痛みがありました。

種子骨専用のラバーを活動する時に
はめてもらうよう指導して初日は終わった。

まだ2年生だから、
無理してこじらせるより、補欠の人にチャンスを与えることも
考えておいたほうがいいともアドバイスした。

2回目も同じような治療を施し、
3回目では試合形式の練習でも痛みは感じないとのこと。
あまりにも回復が早いので、私自身がビックリである。


彼女はヤンキー座りをすると後ろにひっくり返るくらい
足首が硬いので足全体に普通の人より、非常に負担がかかるのも
原因の一つではないかと思われます。

とにもかくにもこの調子でいけば中総体に間に合いそうです。本当に良かった!


交通事故専門治療院
田中整骨院&スポーツ研究所
九州で唯一の尾骨専門の整骨院

Archives
訪問者数

QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
肋間神経痛 (ブログで情報収集!Blog-Headline/health)
肋間神経痛
  • ライブドアブログ