膝の痛み

変形性膝関節症で手術を勧められています


51歳 女性 主婦

今年の10月 ママさんバレー(ソフト)のプレイ中、右膝裏のスジを傷める。

病院でレントゲン、MRIの検査の結果、

腱の部分断裂、半月板損傷と診断された。

今一つ、リハビリの内容が合わないと思い病院を変えると

変形性膝関節症、半月板損傷と言われ、
来年の2月までに良くならなかったら、手術を勧められているとのことでした。

手術を何とか回避したいと思い、ネットで当院へ。

当院に来院するには交通の便が悪く、バスを1度乗り換えなければなりません。

歩き方がとても不自然で過重をかけると激痛です。

OA











変形性膝関節症は100%は良くなりません。

軟骨が変性して関節が正しい動きが出来ない状態になっています。

生まれてきたような膝にはなりません

我々ができることは、膝関節を広げることはできます。

可動域を広げることもできます。関節軸を正常な位置に戻すこともできます。

そのような総合的な手技っを合わせて、徐々に痛みを軽減していくのです。

5回目の治療で、「ここ数年で一番膝の調子が良い」と言ってくれました。

重症の変形性膝関節症ですから、一筋縄ではいかないと思いますが、
患者様の要望で、できるだけメスを入れたくないと言っています。

その期待に応えられるよう頑張りたいと思っています。
田中整骨院&スポーツ研究所
野球肩・野球肘専門治療院
九州で唯一の尾骨専門の整骨院



半月板のロッキングで不安です!

半月板のロッキングで不安です!

2週間前、ソフトボールの守備の際、膝を捻り負傷する。

整形でレントゲン、MRI検査すると半月板損傷の診断。

その間、膝のロッキングが起こり、膝を伸ばすことが出来なくなる。

病院で注射を打ち、ロッキングを治してもらうが、
その後、突然ロッキングが再発し、4回もロッキングになった。

階段で足が地面から浮いている時にロッキングが発生するとのことでした。

仕事が配達業で、重いものを運ぶので不安で仕方ない。

週1回の趣味、ソフトボールどころではない。

膝の痛み2











治療は膝関節だけではなく、股関節、足関節の連動性があるので
3つの関節を調整した。

4日後、再度来院したが、その後何事も無かったように安定して調子が良いと言う。

本音を聞き出すと、職場の人の紹介だったが、ダメもとで来院したとのことでしたが

非常に喜んでくださり、治療家冥利に尽きます。

田中整骨院&スポーツ研究所
野球肩・野球肘専門治療院
九州で唯一の尾骨専門の整骨院

半月板損傷の水平断裂

半月板損傷の水平断裂

高校三年生 テニス部 男子

県外でテニスの試合中、サーブを打って着地した際、
左膝に激痛が走り動けなくなり

試合は棄権し、救急病院へ…
レントゲンの結果、骨には異状ないとのこと。

詳しくは長崎に帰ってからMRIで再度検査した結果、

「円板状半月板断裂」と診断された。

彼は今までに膝の故障が多く、去年は右膝棚障害で半年間悩み、
中学の時は両方のオスグッドで悩み今回は半月板だ。

歩行痛、ジョギング痛、階段痛、屈伸痛を認める。

約1か月後、高総体の前に前哨戦があるので、
それまでに間に合うようにしたいとのことだ。

早く回復しないとダブルスの相方にも迷惑がかかるので早期に復帰希望だった。


膝の痛み













5回目の治療で60%のダッシュはOK

7回目の治療で80%のダッシュはOK

8回目の治療でラッケットを持った練習に移行。
後方でのスマッシュ時に痛み、サーブの着地時の痛み。

9回目の治療で普通の練習は全く痛みなし。

10回目の治療で前哨戦の試合に出場したが痛み無し。

その間、約1か月。

次回からは肩、手首、膝、足首、体幹、背骨の
コンデショニングに移行することにした。

この調子でいけば高総体は万全の体制で迎えることができます。

半月板損傷で悩んでいる選手は決して諦めることはありません。
一度、当院の扉を開けてみましょう!

「もしあなたが諦めてもプロの私は決して諦めません!」

田中整骨院&スポーツ研究所
野球肩・野球肘専門治療院
九州で唯一の尾骨専門の整骨院


変形性膝関節症で手術を勧められています

51歳 女性

今年の10月 ママさんバレー(ソフト)のプレイ中、
右膝裏のスジを傷める。元々慢性的な膝痛は持っていた。

病院でレントゲン、MRIの検査の結果、
腱の部分断裂、半月板損傷と診断された。

病院を変えると、変形性膝関節症、半月板損傷と言われ、
来年の2月までに良くならなかったら、
手術を勧められているとのことでした。

交通の便が悪く、バスを1度乗り換えなければなりません。
歩き方がとても不自然で過重をかけると激痛です。

変形性膝関節症は正直言って100%は良くなりません。

軟骨が変性しているので、生まれてきたような膝にはなりません。

我々ができることは、膝関節を広げることはできます。
可動域を広げることもできます。
関節軸を正常な位置に戻すこともできます。

そのような総合的な手技っを合わせて、
徐々に痛みを軽減していくのです。

5回目の治療で、
「ここ数年で一番膝の調子が良い」と言ってくれました。

重症の変形性膝関節症ですから、
一筋縄ではいかないと思いますが、患者様の要望で、
できるだけメスを入れたくないと言っています。
その期待に応えられるよう頑張りたいと思っています。

田中整骨院&スポーツ研究所
野球肩・野球肘専門治療院
九州で唯一の尾骨専門の整骨院


半年間、悩んだ半月板損傷が…

今年の3月、原因不明で左ひざの内側が痛くなる。

整形外科でレントゲン、MRI検査を受けると

「半月板損傷」と診断された。

レーザー治療、筋トレなど、リハビリを受けるが
一向に回復しませんでした。

部活は吹奏楽部、4階にあるため
階段の上り下り時に痛む。

体育の授業は入学以来ずっと休んでいるとのこと。

当院の半月板損傷の施術は確立しています。

4回目の施術で階段時の痛みは解消。
体育の授業も普通通りでているとのことでした。

何で半年間も悩んでいたのか?
どんなリハビリをしていたのか?
逆に聞きたいくらいです。

追伸

今回の患者様からコメントを頂いたのでご紹介します。

半年ほど前に中学生の子供が膝が痛いというので整形外科へ、
診断結果は半月板損傷でした。

そのときは小6だったので
激しい運動や部活などもしていなく原因もなかったので
不思議だなと思いつつもしばらく整形外科へ通い
診察とリハビリをしていましたが、
ひと月前に少し腫れてまた膝の痛みがひどくなったので
サポーターと松葉杖になり、
言われてしまい子供も落ち込んでしまいました。

これでは可哀想と、ネットで半月板損傷でも治ることができるのか
調べたところ家からそう遠くない田中整骨院さんがヒットし、
ホームページをよく読むとなかなか良さそう。
もしかしたら治らなくても良くなるかも!と訪ねました。

院長先生に丁寧にわかりやすく説明してくださり施術
1回めの施術後か子供の歩き方が違うなと思い、
2回め3回めと子供自身も全然違うと実感。
お膝をつくのも正座も少し怖いと言っていましたが
今は普通にできます。サポーターもいらないし、
走ることもできるようになりました。

もう少し早くきてあげればよかったと後悔です。
本当にありがとうございます。
まだしばらく通いますが、よろしくお願いします。



田中整骨院&スポーツ研究所
野球肩・野球肘専門治療院
九州で唯一の尾骨専門の整骨院

中国から半月板損傷の患者様が…

44歳 男性 半月板損傷

2か月前から右ひざ(内側)が痛くなる。
これといった原因は思い当たらない。

しいて言えば、20キロの荷物を4階建ての
マンションに運んだことが原因だろうか?

中国の病院でMRIを撮ると「半月板損傷、手術しましょう」
と話になった。(中国在住10年)
病院を変え、再度検査した。
中程度の半月板損傷とのこと。

ヒアルロン酸の注射と薬、
なるべく動かさないようにとサポーターをした。

長崎出身なので当院で治療を希望しているとのこと。
3泊で5回治療することになった。

なるべく膝を動かさないようにしていたので、
関節が固まったようになっていてとても不自然な歩き方になっていた。

初回の感想っを述べた
「この半月板は手術する必要はありません、保存療法でいけます」
その理由は、しゃがみや正座ができるからです。

手術対象の半月板であれば、このようなことは出来ません。

長崎のスポーツ専門の整形でも診察し、
「半月板の水平断裂だが保存療法でいいでしょう」とのこと。

5回の治療後は、完璧ではありませんが階段の昇降時の
痛みや歩行時の痛みなど無いとのことでした。

8月の夏休みにも1週間程休みを取って来院したいと笑顔で帰りました。

いつも思うことだが、インターネットって本当にすごい!

田中整骨院&スポーツ研究所
野球肩・野球肘専門治療院
九州で唯一の尾骨専門の整骨院

痛くなる原因を想定します

13歳 男子 膝痛

4日前、学校の階段を上がっていた時、
左膝の内側にピリッと痛みが走った。

部活は卓球をしている。練習中は痛みはないが
、階段を上がると痛みが出る。

明日、卓球の試合があり、どうして出場しなければならないとのこと。

このケースは階段を登るときに
軸関節がズレるのかなと想定しました。

股関節、ハムストリング、大腿四頭筋を緩めた後、
階段を上がるような動作をしてもらい
膝に加重をかけながら、膝関節の軸を調整します。

すると、あれだけ加重かけた時の痛みが消失しました。

痛くなる動作を細かく観察して、どの筋肉が関与しているか、
痛くなる原因を想定することが大事です。

試合が終わって、次の日に来院した。
試合中は全く痛みは無かったとのことでした。

最短期間で痛みを取ることが一番の親切だと思って
仕事しています。
田中整骨院&スポーツ研究所
野球肩・野球肘専門治療院
九州で唯一の尾骨専門の整骨院
交通事故専門治療院


半月板手術、大腿骨壊死の後遺症

66歳 男性

去年の10月に右膝を傷めた。
痛いのを我慢して仕事(造船業)していたが悪化した。
半月板損傷で11月に手術した。

入院2週間、自宅療養約1か月、その後仕事に復帰した。

完全に痛みは取れておらず、無理して仕事をすると再度悪化した。

今度は同じ膝の大腿骨壊死と診断され、今年2月に手術した。

すると、右大腿外側、下腿外側、膝裏外側が痛くなり、
歩行痛、階段痛、加重痛と腫脹があった。

ネットで検索して当院の扉を開いた。

2週間に1度水を抜いているとのこと。
2月の手術後は仕事が出来る状況ではなく、
ずっと休んでいるとのこと。

骨盤のズレを調整し、殿筋、股関節周囲筋、
下腿外側の筋肉などを調整すると
加重をかけるとカクカクしていた音が消失した。
(膝関節の不安定で支持力が弱りガクガクと音がしていた。)

それと腫脹が3分の1に減っていた。
理由があって水が溜まるのだから、無理に抜くことは無いと説明し、
最後に大腿外側筋を緩めるセルフケアを指導して終了しました。

2回目は10日後でした。
水種はかなり軽減していました。
下肢外側の痛みもかなり軽減しているとのこと。

股関節(ソケイ部)辺りも時々痛むとの事。
膝関節と股関節は連動しているので、その関連痛だと説明し
股関節を簡単に緩めるセルフケアを指導した。

この調子で行くと、想像以上に早く仕事復帰できそうだ。

田中整骨院&スポーツ研究所
野球肩・野球肘専門治療院
九州で唯一の尾骨専門の整骨院
交通事故専門治療院

有痛性分裂膝蓋骨、メンタルの指導は難しい!

13歳 男子 陸上部

1年前から両膝のお皿の外、斜め上が痛くなる。

整形外科で検査するとヒビが入っていると言われた。

これは有痛性分裂膝蓋骨と言って、
通称、膝蓋骨の分離症と言われています。

成長期の男子に多く見られる障害で
特に外側広筋付着部の上外側部分で分裂しているものが
最も多く見られます。

スポーツのし過ぎ、使いすぎで牽引力が掛かって
痛みを引き起こします。

コーチには「メンタルが弱い」と言われ続け、
それを言われるのがとてもイヤだったので
痛いのを無理して走っていた。


それが悪化を招くもとだったのです。

当院に来たのは今年の2月後半でした。

ジョグで20分走れない、屈曲痛、正座が出来ない

疼痛誘発動作で検査すると、
大腿筋膜張筋、大腰筋に反応がありました。

それらの筋肉を調整することにしました。

すると、その場で痛みなく屈曲、正座は出来るようになりました。

セルフケアとして外側広筋のストレッチ法と
外側広筋の自分で緩める方法
を指導して終了しました。

メンタルの指導は非常に難しいところです。
各個人の性格も違うので、
皆同じような指導では無理があるでしょう。

コーチと選手との信頼関係が一番大事です!

田中整骨院&スポーツ研究所
野球肩・野球肘専門治療院
九州で唯一の尾骨専門の整骨院
交通事故専門治療院

超重症のひざ痛

男性 45歳 ひざ痛

1人で歩けない状態で奥さんの肩を借りて来院されました。

約1週間前から、両膝の内側が徐々に痛くなり、
現在はまともに歩けないとのこと。

業務で約10キロの荷物を何回も繰り返し運搬していたのが原因らしい。
(商品をスーパーに降ろしているお仕事)

病院に行くと鵞足炎と診断されたが、これと言った治療は無し。

あまりの痛さで病院を変えて、再度検査するが、
結果は分からないとの事。

近くの整骨院に毎日通院するが、痛みは取れない。
再度、整形でMRIで検査すると筋肉の炎症と言われた。

このような経過を経て、ネットで検索して当院に来院されました。
痛みが発生してから仕事は休んでいるとの事でした。

初回と2回目は炎症が強過ぎて、変化はあまり出ませんでした。

ピンポイントのアイシングと
後脛骨筋、内転筋、大腰筋を調整する自己療法を指導しました。

結果、トータルで5回治療しました。80〜90%痛みが解消したので、
明日から仕事復帰するこになりました。

今回のケースはひざ痛になってもおかしくないほどの
O脚がひどいという構造的形状がベースにあることです。

ひざ痛も今回が初めてではなく、1年前もあったそうです。
このような患者様は定期的な治療、メンテナンスが必要になます。


交通事故専門治療院
田中整骨院&スポーツ研究所
九州で唯一の尾骨専門の整骨院

Archives
訪問者数

QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
肋間神経痛 (ブログで情報収集!Blog-Headline/health)
肋間神経痛
  • ライブドアブログ