踵の痛み

ベイサイドマラソンに間に合うか?この踵痛!

13歳 陸上部 長距離

今年の8月から右踵の痛みで悩んでいます。
痛みがひどくて、部活は約3週間休んでいます。

今はジョギングでも痛みが出ます。
特にアキレス腱を伸ばすと踵の方に激痛が走ります。

整骨院に行くと成長痛と言われ
週2〜3回通院するが一向に痛みはとれません。

病院で検査をするように言われ、
受診しても「骨に異常なし、ただの炎症でしょう」との診断でした。

当院には友人の紹介で来院されました。

踵の外側に圧痛があり、
股関節と下腿三頭筋の硬さが気になりました。

治療は足関節と踵のアライメントを調整し、
下腿三頭筋、ハムストリング、大腿筋膜張筋を調整しました。

最後に自宅出来る当院専用の自己療法と正しい歩き方を指導しました。

初回の来院が11月4日、ベイサイドマラソンが11月19日、
その間トータルで3回治療しました。

その後、来院した際「どうだったベイサイドは?」

「全然痛くなかったです」
「部活も普通に練習していますが、全然OKです!」
と嬉しい返事をもらいました。

想像以上に早期に解決できて本当に良かった!


田中整骨院&スポーツ研究所
野球肩・野球肘専門治療院
九州で唯一の尾骨専門の整骨院




運動会に間に合った 踵痛

小学5年生 男子 踵骨骨端炎

5月になってから左足踵が痛くなる
運動会の練習がハードになったのが原因かもしれない。

近くの整形外科でレントゲン撮ると「足底筋膜炎」と言われ
塗り薬だけだった。

どうも納得いかなかったので、病院を変え、
再度レントゲン撮ると

「シーバー病(踵骨骨端炎)」と言われ、
湿布と松葉杖をすることに…

当院に来たのは、1週間後、松葉杖を外したその日だった。

2日後の運動会に出たいとのこと。

「運動会当日、80%のダッシュで痛くなければ出ていいよ」
諦めていた運動会。

意外なな言葉に目が輝く。

運動会の翌日、足を引きずって来院した。

「運動会は走ったの?」
「出ました、2位でした」

まだ1回しか治療していないのに…

「今度はしっかり治してからサッカーに試合に出ようね」

踵骨骨端炎の治療法は確立しています。
悩んでいる人はぜひ相談ください。

田中整骨院&スポーツ研究所
野球肩・野球肘専門治療院
九州で唯一の尾骨専門の整骨院
交通事故専門治療院


再発しやすいシーバー病(踵の痛み)

10歳 女子 陸上部 シーバー病(踵の痛み)

2か月前から両かかと(特に右)が痛くなった。

小学生ぐらいのスポーツ選手で踵が痛くなる(踵骨骨端炎)
別名(シーバー病)とも言われます。

成長期の子供の骨端線部分は柔らかい骨端組織で出来ています。

バスケットやバレーボールなどのジャンプ系や
ランニング系のスポーツで踵部分に繰り返しの衝撃(ストレス)が
加わると軟骨組織に小さな断裂を起こします。

治ったとしても無理な運動をすると再発する可能性を持つ病気です。

治療法としては衝撃吸収するために、
腓腹筋、ヒラメ筋、ハムストリング筋はもちろんですが
足裏の内側縦アーチの崩れを調整しなければなりません。

その筋肉は、後脛骨筋、長腓骨筋、前脛骨筋、
長母趾屈筋、長趾屈筋
などを調整します。

今回のケースは5回で完治しましたが、再発する可能性があるので、
1か月後にもう一度再診するようアドバイスしました。

田中整骨院&スポーツ研究所
野球肩・野球肘専門治療院
九州で唯一の尾骨専門の整骨院
交通事故専門治療院

原因不明の踵の外側の痛み

高校2年生 女子

去年の6月、卓球の試合中、踵が痛くなる。
20メートルも歩けない状態。

まず、整形外科を受診。検査の結果「骨挫傷」と診断された。
もちろん練習中止。

痛みは全く変わらず。病院を替えて
佐世保共済で再度受診する。今度は「剥離骨折の後遺症」と診断された。

それでも痛みは全く変わらず。再度病院を替えて
長崎労災で再度受診、今度は「疲労骨折」と診断された。

それでも痛みは全く変わらず。今度は,また最初に受診した整形外科へ…
再度受診すると「足底筋膜炎」と診断された。

全ての病院で鎮痛剤の薬と湿布だけだった。

12月後半になると,またまた整形外科を替え、MRI検査の結果
「アキレス腱の炎症」と診断され、ギプス(3週間)と松葉杖。

なれないギプスと松葉杖で反対側の左足も痛むようになった。

松葉杖を突いて当院のドアを開けたのは去年の12月後半だった。

原因を色々探しながらの手探りの治療が10回程続いた(約2か月)

業界用語で「ラテラルライン」と言いますが、
その体の外側のライン上の筋膜にトラブルが起きていると判断して、
その施術を行った。

施術する床に付けなかった踵が付けるようになり、
引きずりながらの歩行がスムーズになりました。

元々彼女は異常な冷え性を持ち、異常な生理痛など
筋、骨格だけの問題だけではなさそうです。

その場合は内臓治療や頭蓋骨治療が必要かもしれません。

交通事故専門治療院
田中整骨院&スポーツ研究所
九州で唯一の尾骨専門の整骨院



3時間かけて上五島からシーバー病で…

11才 男子 ソフトボール部 シーバー病(踵骨骨端炎)

10月ごろから左かかとが痛くなる。

痛みが取れないので、
病院へ行くと「シーバー病」と診断された。
ある程度時間が経たないと痛みは取れないと説明され、
テーピングだけだった。

ソフトボールの練習は10月から中止した。

しかし、痛みは全然取れず、歩くだけでも痛みがある。
加重すればさらに痛い。

ネットで検索して上五島から約3時間かけて来院された。

シーバー病もピンキリがあり、重症の部類だった。

痛みのため、歩行時には左かかとをかばうため、
引きずりながらの歩行になる。

シーバー病の治療は下肢の関節を調整すること、
特に〇〇の調整が重要です。

それはつま先が内側に傾いている場合が多いからです。
それと、腓腹筋、ヒラメ筋、〇〇を調整します。

治療後、シーバー病の自己療法を指導して終わりました。

2週間後の2回目の施術時は普通の練習時でも痛くないとのこと。
私自身が驚くほどの回復ぶりでした。

結果的には2回で治療は終了しました。

最近、〇〇を調整してからシーバー病のAKS療法をやっているのが
精度を高めたのだろうか?


交通事故専門治療院
田中整骨院&スポーツ研究所
九州で唯一の尾骨専門の整骨院

シーバー病とオスグッド


シーバー病とオスグッド

11才 男子サッカー部



1年前から両かかとが痛くなった。

ジョギング程度のスピードで痛くなる。

整骨院に真面目に1ヶ月間通院するが変化が無いので通院を止めた。



去年の12月ごろから今度は左膝が痛くなり出した。

整形外科に行くと「オスグッド」と診断された。

サッカーの練習は痛みが酷くなったら休むの繰り返しでごまかしていた。



県外での遠征メンバーに入っているので、何とかして欲しいと熊本から来院された。

身体が異常に硬い、オスグッドになっている選手は殆どがこれだ。

シーバー病(踵骨骨端炎)のため、足元が不安定、それが上部に波及するようだ。



オスグッドの脛骨粗面の突出もひどい。50%程度のダッシュで痛いという。

春休みもあってか4日に1回ペースで熊本菊池から来院される。




3回目の治療でかなり痛みが解消された。

今まで色々な治療院行ったけど「ここが一番」と嬉しいことを言ってくれた。

すると…

どうしても大分である遠征に参加したいと言い出した。

「中途半端な治療で復帰すると悪化しますよ」と忠告したのにもかかわらずだ。




案の定、悪化して来院して来た。

これがなければもっと早期に改善したと思いながら…治療に専念した。




県外から来院するため、自宅できる運動療法を事細かく指導した

(こちらで思っている半分もやらないからだ)




結果的には6回の治療で終了した、期間は丁度1ヶ月間だった。

私の指導した通り行っていれば、もっと早期に回復したと思うと残念です。





交通事故専門治療院
田中整骨院&スポーツ研究所
九州で唯一の尾骨専門の整骨院

シーバー病(踵骨骨端炎)で宮崎から来院

シーバー病(踵骨骨端炎)で宮崎から来院



11才 女子 陸上部(走り幅跳び)



1年前からの両オスグッド痛と1ヶ月前からのシーバー病で
片道5時間かけて宮崎の延岡からから1泊2日の泊まり込みで

来院されました。



2日間で4回治療することになりました。
(遠方からの患者様は即結果を求められますので

本当にプレッシャーがかかります)



延岡では2日1回ペースで整骨院に通院していたそうです。

踵は右足でケンケンすると痛む、ジャンプの際の痛みがメインです。

走り幅跳びで繰り返す踵へのストレス、負担が大きいのでしょう。


1回目の治療でオスグッドの痛みはほぼ解消
(連続ジャンプ10回、反復横は飛び10回、全力ダッシュで痛み無し)

2回目、80%ダッシュで左かかと痛み無し

次の日、3回目、かかとの痛みは少し戻っていました。



4回目、左足ケンケンを何回も確認するが痛み無し。
(3回目、4回目は雨のため走っての確認は出来ず)

補助的なものとして、下肢のストレッチ方法
踵のクションと足首バンドを指導して終わりました。

帰り際に、お母さんが「遠い長崎まで来て本当によかったです」
言ってくださり、ホットとすると同時にこの仕事は天職だと改めて思いました。
(こんな気持ちいい褒め言葉はありません)

今回のケースは4回の治療で上手く行きました。

シーバー病(踵骨骨端炎)はランニング系のスポーツや走り幅跳び、高飛びなど
踵部分に特に繰り返すストレスの多いスポーツに発生しますが
もともと軟骨成分の多い子供の骨は衝撃に弱く腱による強力な牽引が掛かると
容易に骨がはがれてしまいます。


普段日頃から、踵の部分にクッション材を入れ、

衝撃を抑える膝裏などのストレッチが欠かせません。



こまめに身体のケアを行い、予防の大切さ意識しましょう。



交通事故専門治療院
田中整骨院&スポーツ研究所
九州で唯一の尾骨専門の整骨院/長崎

エースのかかと痛

16歳 女子 ソフトボール部 かかとの痛み

約1ヶ月前、右かかとが痛くなる。

50%ぐらいのダッシュでは痛くない。
ベースランが痛くなる。

靴を履いたり脱いだりする時が一番痛む。
微妙なかかとの痛みがピッチングに影響している。

病院でレントゲン検査をするが「骨に異常なし、原因が分からない」とのことで
MRIを撮れる整形外科を紹介してもらいました。

しかし、なぜか「MRIを取らなくてもいい」ということでした。
せっかくMRIを撮れるところを紹介してもらったのに…

「脂肪が腫れている」とのことで、足底のクッションを作ってもらった。
最初は少し痛みが軽減していたが、結局痛みは変わらなかった。

当院でかかとの治療を終え、靴を履いたり脱いだり何回もチェックしましたが
痛みは解消しました。

4日後、2回目の治療をする前の問診では
靴を履いたり脱いだりの痛みは解消、ピッチング時の痛みも解消、
全力ダッシュ時の痛みも解消していた。

3月からは試合が立て続けにあるため,短期間で改善してホットしました。
今回のかかとの痛みは骨端炎のような痛みでは無く
かかとの軟部組織が歪曲が原因と思われます。

長崎では1、2位を争うチームのエースだったので
期に改善して本当に良かったです。

交通事故専門治療院
田中整骨院&スポーツ研究所
九州で唯一の尾骨専門の整骨院/長崎


〒851-2106
長崎県西彼杵郡時津町左底郷87−1
☎095-881-1918
田中整骨院
オスグッド専門(スポーツ障害一般)

6ヶ月間悩んだシーバー病

10歳 男子 ソフトボール部 シーバー病(かかとの痛み)



約6ヶ月前から両かかとが痛くなった。
整形外科で検査すると「シーバー病」と診断された。


成長痛だから時期が来ないと治らないと説明を受けた。
だましだまし練習していると、3ヶ月前から
かかとをかばって左膝まで痛くなった。


ソフトボールでピッチャーとセンターをやっていて
早く皆と一緒に普通に練習したいと当院の扉を叩いた。


初回、とにかく身体の柔軟性の無さが気になる。
特にシーバー病の症状はピンキリではっきりしている場合が多い。
かかとと連動している場所に筋肉異常があり、それを入念に調整した。
かかと歩きでの痛みは解消した。


かかとの衝撃を和らげるクッションと足首のリングバンド、自宅できる
ストレッチを指導して初回は終わった。


2回目、50%のダッシュは痛み無し、ピッチング、守備練習での痛みは無し。


3回目、調子が良いので、全力ダッシュで確認の走りを勧めた。


4回目、100%の全力ダッシュ、普通の練習中の痛みも解消したので
シーバー病の治療は終了した。


今回のケースは約6ヶ月間まともな治療をしていなかったのと
特にふくろはぎの柔軟性が無かったのが症状を長引かせた理由だと思われます。


治療期間中は約束事を守ってもらいます。

「痛いことはしない」これが基本です!

痛いということは、まだ踵がその動きに対して対応できないということですから

それを我慢して練習を続けていると、当然治り方は遅くなります。



基本的な考え方を理解していても自分をコントロールできない人がいます。

がむしゃらにやらないと満足しないタイプや痛いと分かっていても

練習を途中で中止出来ない(監督コーチに自分の口で言えない)タイプなど。



このようなタイプの人は自分で自分のケガの治り方を遅くしています。

是非注意してくださいね。



シーバー病(踵骨骨端炎)でお悩みの方は一度当院にご相談ください。
きっと驚くような結果が待っていますよ。



田中整骨院&スポーツ研究所
交通事故専門治療院
九州で唯一の尾骨専門の整骨院/長崎

10年来のかかとの痛み

10年来のかかとの痛み

43歳 男性

10年前から左かかとの痛みで悩んでいる。
サッカーで傷めたらしい。

毎朝起きて足を床に着くと、かかとが腫れたような感じで
歩くとバリバリとした痛みが必ずある。

軽いジョギングでも痛い。長く歩くとピリピリとした痛みが出る。
階段も真っ直ぐ降りれない(横向きしか降りれない)

椅子に座っていると鼠径部が痛くなる。

病院で検査をしても、異常なしの診断で痛みの原因はわからないと言われた。
整骨院も真面目に通うが変化は無かった。

当院のかかとのブログを読んで来院された。


最初はダメもとで来たような感じを受けた。
このような疾患は特に燃えてしまうのは私だけだろうか?


治療に入る。体が硬い。下肢の筋肉異常をを調整して、骨盤を整える。
5回〜10回ぐらいの治療が必要でしょうと答えて初回は終わった。

2回目、2日間宮崎に旅行に行っていたとのこと。そこでの変化は
階段が横向きではなく真っ直ぐに降りれたと喜んでいた。


3回目、朝起きて歩くときのバリバリとした感覚が無くなった。


4回目、長く歩いてもピリピリ感が消失した。40%ダッシュでかかとの痛みが出る。

5回目、ジョギングで10以上走ると痛みが出る。

6回目、50%ダッシュで少し痛みが出る程度になった。

7回目、かかとの調子がすこぶる良いとのこと。

8回目、80ダッシュでも痛みは出ない。

9回目、かかとの痛みは全然気にならなくなった。

あとはメンテナンスとして時々調整しに来るように伝えた。


半分諦めていた踵の痛みは良くなりました。
少し回数がかかりましたが、あきらめないで通院してくれて良い結果がでました。

痛みには必ず痛くなる理由があります。(ストレスを含めて)
今回は、「ふくろはぎ」の筋肉が捻れていたのと骨盤のゆがみだと思われます。


かかとの痛みも奥が深いので、難しいケースもありますが
悩んでいる人は一度ご相談下さい。

何年も経過した痛みも、あきらめないでメールくださいね。


田中整骨院&スポーツ研究所
交通事故専門治療院
九州で唯一の尾骨専門の整骨院/長崎

Archives
訪問者数

QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
肋間神経痛 (ブログで情報収集!Blog-Headline/health)
肋間神経痛
  • ライブドアブログ