その他

医者の仕事がなくなるほど健康に良い食べ物ベスト10 第9位

第9位はハチミツ!

ハチミツは加工処理によって3つのタイプに分けられます。

1.一切の加工処理を行わない天然そのままのハチミツである
『純粋はちみつ』。

2.水あめや異性化糖などが人為的に加えられた
『加糖ハチミツ』

3.加熱し減圧釜などによりハチミツを脱色脱香した
『精製ハチミツ』

はちみつ










市販品の純粋はちみつには、まがいものも多いのです。

昔は「中身はほとんど水あめ。
ハチミツは風味を出すためだけ」などと、うそぶく業者もいたそうです。

本物かどうかを区別するには一概に難しいのですが、
以下の4点に注意してください。

【1】 本物の純粋はちみつは透明度が低く、濁っています。
花粉などが含まれていて、ぼんやりした感じがしますので、
前方を透かして見る事ができません。

【2】瓶を逆さにすると、本物にはいろいろな酵素が含まれているので、
キメ細かな泡が立つ傾向があります。
なにもしなくても、
瓶の中でハチミツが発酵を続け「泡」を吹く状態が続きます。

【3】本物のハチミツは、温度を下げると結晶化して固くなる傾向があります。
これは、決して砂糖が混ざっているのではなく、
はちみつ本来の性質です。
店頭で選ぶ場合は、固まっているハチミツを選ぶと失敗がありません。

【4】純粋はちみつの場合、
業者が「全国はちみつ公正取引協議会」の会員であるなら、
公正取引マークがついています。
ただし、この協議会の検査の方法はゆるく、
会費を払えば誰でも入れてしまうと言われています。
マークがついているからといって、安心しない方が良いでしょう。

なかなか真実を見抜くのは難しいですが、
極端に安いハチミツには注意した方が良いですね。

医者の仕事がなくなるほど健康に良い食べ物ベスト10

今回は、医者の仕事がなくなるほど健康に良い食べ物ベスト10の発表を行います。

1. 第10位 ナッツ類

第10位はナッツ類です。

ナッツ類でも簡単に手に入るのがアーモンドですね。

アーモンドも食べれば良いわけではなく、

無塩やオーガニックなど出来るだけ質の良いものを選びましょう!

アーモンドは繊維質でタンパク質を豊富に含みます。

ナッツ類











抗酸化物質、ビタミン、ミネラルも多いので間食にオススメですが、
食べ過ぎには注意してくださいね。

食べ過ぎても5個までくらいにしておくこと。

私ははナッツ類の中ではピスタチオとクルミが一番好きです。

次回は第9位を発表します。

田中整骨院&スポーツ研究所
野球肩・野球肘専門治療院
九州で唯一の尾骨専門の整骨院


口臭、加齢臭、頭皮臭…体臭は自己管理不足が原因

口臭、頭皮臭、加齢臭…すべての体臭は自己管理不足が原因だった

年々、コンディションが低下しているのは、

年齢のせいじゃなく食べ過ぎだってことに気づいてほしいです。

美味しいものは、すべて酸性食品です。酸性食品中心の食生活を続けると

当然体調が崩れてきます。

アルコール、お菓子、ケーキ、ステーキ、など…

何よりも重要なのは、摂取した毒素は翌日には外に出すこと!

2日も3日も大量に毒素を含んだ生モノを

温かい体内で保温していることを想像してみてください。

余計に腐って臭くなって・・・

ちょっと気が滅入ります。

口臭










1週間の食事のうち、80%は健康のための食事を考えて選び、

残り20%は自分の食べたいもの、

嗜好品をチョイスしてもOK。

このように、食べ方の基準を持っておくと、

ストレスなく調節できるはずです。

是非今日から意識して80:20の法則をやってみてくださいね。
田中整骨院&スポーツ研究所
野球肩・野球肘専門治療院
九州で唯一の尾骨専門の整骨院


カラダの状態を調整しているのは「排泄」です

カラダの状態を調整しているのは“排泄”です

あなたが食べ物や飲み物から取り込んだ毒素は、
どこから排出されているかご存知ですか?

それは大きくわけて5カ所あります。

内訳は─
〈大便=約75%〉
〈尿=20%〉
〈汗=3%〉
〈髪1%〉
〈爪1%〉
となります。

便と尿を足すと95%!
毒素のほとんどはトイレで排出されているということです。

トイレが必ずクサいとは限りません。
なぜなら、健康な人の便や尿やオナラはほとんど臭わないからです。

仮に臭いがあっても臭くはありません。

排泄












公園などでゴミ拾いをしたことがある人はわかると思いますが、

缶、ペットボトルなど自然界にないものは分解されないまま残っていますよね。

カラダも公園と同じで自然界にないもの─

例えば、化学調味料や保存料、合成着色料などは、
分解されずカラダの中に残ります。

カラダはそれでも生きるために、
分解できないものは外に出してくれるのですが、

体力が落ちて、免疫力が低下している時などは、
排泄する力もグンと落ちます。

排泄すべきものを老廃物としてカラダにため込んでいると、
体臭のもとにもなります。

次回は体臭、加齢臭について説明します。

田中整骨院&スポーツ研究所
野球肩・野球肘専門治療院
九州で唯一の尾骨専門の整骨院

毎日のお通じは自分の健康を図るバロメーターの一つです。

毎日のお通じは自分の健康を図るバロメーターの一つです。

理想的なお通じのポイントを3つあげましょう。

1. つるんと力まずに便を出せる

2. 便を出したあとすっきり感がある

3. おならや便が臭くない

すっきり感がない、おならが臭い、便がするする出ないで違和感がある、
というようにお通じが不調だと腸は汚れ、
腸内環境を悪化させる悪玉菌がどんどん増えることになります。

腸内細菌のバランスを整えて腸を健康に保つためには、
具体的にどうしたらいいのでしょうか?

便秘














夜遅い時間に食べすぎたりして胃の中に物が残ったまま寝てしまうと、
腸を掃除する動きがにぶくなり、翌朝お腹が空きません。

そこで朝食を抜くと、昼食を食べた後にようやく便意をもよおすことになります。

「ところが、仕事中でゆっくり排便できないなどのケースも多く、
がまんしている間に便意がなくなるパターンも見られます」

直腸に便がたまってくると、
便意を感じるセンサーが反応して大脳に信号を送ります。

便意をくり返しがまんしていると、センサーの反応(排便反射)が鈍くなり、
便がたまっているのに出ない状態になります。

「便意を感じたらがまんせず、意識してきちんと排便する習慣をつけましょう」

腸は自律神経の影響を受けています。
日中は自律神経のうちの交感神経が優位になり活動モードに、
夜は副交感神経が優位の休息モードになります。
その指令を受けて胃腸のリズムはくり返されます。

夜もずっと起きて活動する睡眠不足の生活では、
日中の交感神経優位の状態が続いて、腸も休まらず弱ってきます。

お通じがすっきりしないと感じたときは、
夜更かしせずに睡眠を十分にとり、

朝は早起きをして自律神経のバランスを整えるメリハリのある生活を心がけましょう

田中整骨院&スポーツ研究所
野球肩・野球肘専門治療院
九州で唯一の尾骨専門の整骨院



自分の体質を知る、パート2


『お酒は飲んでないのに肝臓が悪いと言われます』という方が多いです。

飲酒の有無の確認をし、
飲んでないから大丈夫と判断してしまってはいけません。

大事なのは

【飲めるけど飲んでいないのか】【飲めないのか】ということです。

お酒










前者は健康的であり、

他の食生活がめちゃくちゃでなければ肝臓が悪くなることはないと思います。

後者は生まれ持って解毒作用が弱いということになりますので、

炭水化物(糖質)や脂質をちょっと食べても肝臓の機能低下を生じる危険性があります。


一般的な情報に流されるのではなく、

自分自身の体質に合った生活習慣を身に着けることがとても大切になります。

田中整骨院&スポーツ研究所
野球肩・野球肘専門治療院
九州で唯一の尾骨専門の整骨院

自分の体質を知ることが大切です!

自分の体質を知ることが大切ですよ!という話。

皆さんも
『高齢になっても肉を食べている人は元気』
というイメージを持っていませんか?

実は間違った認識です。

このことは生まれ持った【酵素の生産力】のポテンシャルに既に決まります。

人間が生涯作り出せる酵素の量は遺伝子レベルで決まっています。

健康











その酵素は
・消化酵素:消化の補助

・代謝酵素:細胞の再生 等

に分かれています。 そのため、

暴飲暴食や肉、スナック菓子などを食べる頻度が多い方は

消化の方へ酵素がたくさん使われてしまうため、

代謝酵素が不足し、

細胞が十分に再生されずに身体が酸化(衰退)していってしまうのです。

また、生まれ持って酵素を作り出すポテンシャルが低い方は

普通の食生活でも負担になってしまう可能性があるため、

小食にすることで体調が整ったりもします。


つまり、必ずしも『高齢になっても肉を食べている人は元気』ということではなく、

むしろ『高齢になっても肉を食べれる人は細胞の再生能力も高いために元気』
という言い方が正しいと思います。

一般的な情報に流されるのではなく、

自分自身の体質に合った生活習慣を身に着けることがとても大切になります。


田中整骨院&スポーツ研究所
野球肩・野球肘専門治療院
九州で唯一の尾骨専門の整骨院



「健康」を考えた場合の砂糖は毒物?

「健康」を考えた場合の砂糖は、
毒物と言ってもいいのかもしれません。

砂糖を摂り過ぎると体にどんな
デメリットを引き起こすのかを列挙してお
きます。

・食物せんいを含まないので血糖値が急激に上がったり下ったりする。

・老化の加速、糖尿病、アレルギー、冷え性の悪化、
ウイルスに対抗できなくなる。

・カルシウムを奪い、骨がもろくなったりガンを誘発しやすくなる。
また、性格にも影響する(特に子供)。

・ビタミンB1欠乏症になりやすい。鬱、疲労、貧血、心疾患、呼吸器病、
記憶障害といった様々な症状を招く。

・ 胃や腸の粘膜が緩み、胃潰瘍などになりやすくなる。また、脳の細胞が緩み、
 うつ病疾患などと関係が深い。

・脳への影響により、砂糖中毒という麻薬的な常習性が出てくる

・ 砂糖は人口的加工品。よってアスパルテームやスクラロースなど
 の甘味料も同じような影響がある(ガムなどに含まれる甘味料)

・精製加工の際に苛性ソーダ、硫酸などが使われている

他にもたくさんありますが、このぐらいにしておきます。

砂糖









砂糖を使うことが習慣になっていると
ちょっと怖いですね・・・

ですので、煮物などに使う甘味の
調味料は「みりん」がおすすめ。

”みりん風味”ではなく、「本みりん」 砂糖に比べ血糖値の上げ下げが
格段に低い。

何かのレシピに砂糖と書いてあればその量の2倍のみりんを入れれば
大体同じ甘味になります。なので、代用で使いやすいです。

上記に説明したように、砂糖を使用したお菓子類、コーラ、ジュースなどは
砂糖水みたいなものです。

健康を意識して飲食物を選択してくださいね。

毎日の食べ物、飲み物が身体を作ります。

田中整骨院&スポーツ研究所
野球肩・野球肘専門治療院
九州で唯一の尾骨専門の整骨院

血管年齢を若くするおすすめの運動方法

血管年齢を若くするおすすめの運動方法

【かかとの上げ下げ運動】
ふくらはぎは「第二の心臓」と言われています。

心臓から出た血液は前進に行き渡り、
静脈を通って戻る。体中に新鮮な血液を届けるため、
循環は活発なほど良い。

だが足の静脈の血液を重力に逆らって心臓まで送るのは容易ではありません。

静脈内には2−5センチメートルおきに弁があります。

下から上がってくる血液は通しますが、通り抜けた血液は通しません。
逆流を防ぐためです。

心臓の鼓動や呼吸に伴う体の動きだけでは、
弁を押し広げて血液を送り出すには力不足。

ふくらはぎや足の筋肉がポンプのように収縮し、
血管を圧迫する作用が不可欠だ。これが第二の心臓といわれる理由です。

ふくらはぎが硬くなったり、
筋肉が衰えたりすると血液がうまく心臓に戻らない恐れがあります。

足がむくむどころか体調が悪くなりかねない。

革袋に似た弾力のないふくらはぎの人は腎臓が弱く
、硬く膨らんで熱いと血圧が高くなります。

前置きが長くなりました。では、やり方です。

ふくらはぎ










かかとをリズムよく

「上げる」→「下げる」→「上げる」という流れで繰り返し運動を行うと、
ふくらはぎの筋肉に刺激を与え、

これにより足の先に溜め込んでいた血液をポンプのように心臓の方へ
徐々に上げていくことができると言われています。

注意点は、
つま先立ち→背筋を伸ばす→胸を張る→お腹に力を込めて→上下に屈伸

1日10回×3セットを目安に行いましょう。


肩の上げ下げ運動】
1.肩の力を抜いてリラックスした状態で立ち、
深く息を吸いながら両肩をしっかりすくめるように上に上げていきます。


肩の上下運動








2.肩を下ろす時は息を吐きながら力を抜いてストンと下げます。
こちらは1〜2の流れを1日10回を目安に実践すると良いです。


二つとも非常にシンプルな運動となっています。
早速、今日から実践してみましょう!


田中整骨院&スポーツ研究所
野球肩・野球肘専門治療院
九州で唯一の尾骨専門の整骨院

血管年齢を若くする効果的な野菜10種類

血管アンチエイジングで美肌を目指そう!効果的な野菜10種類

血管を健康にし、美肌に導くための立役者となるのが野菜です。
ここで効果的な野菜を10種ご紹介します。

頭の片隅に置き、食材を選ぶときに参考にしてみてください。
小さな意識の積み重ねが、今後のお肌につながっていきます!

野菜









1.キャベツ
(強力な抗酸化作用や免疫力アップが期待できると言われています)

2.トマト
(血管を老化から守る栄養素が多く含まれており、抗酸化力も強い)

3.なす
(血圧の上昇を抑えると言われています)

4.ピーマン
(コレステロールの抗酸化作用が期待できます)

5.ブロッコリー
(こちらも強力な抗酸化作用が期待できると言われています)

6.かぼちゃ
(ビタミンA.C.Eが豊富で抗酸化力が高く、食物繊維が多いのが特徴)

7.水菜
(まんべんなく栄養素がつまっている万能野菜。美肌作りにもおすすめです)

8.サニーレタス
(レタスの中でもとくに強力な抗酸化作用を誇ると言われています)

9.にんじん
(様々な料理に大活躍なにんじんも、抗酸化力が高いと言われています)

10.ほうれん草
(豊富な栄養素が総合的に含まれており、野菜の王様とも呼ばれるほど)

このように、血管アンチエイジングに欠かすことができないのは、
抗酸化力の高い野菜です。

スーパーで買うことのできる身近な野菜ばかりなので、
日々の食事に取り入れましょう!

次回は血管年齢を若くする運動法を紹介します。


田中整骨院&スポーツ研究所
野球肩・野球肘専門治療院
九州で唯一の尾骨専門の整骨院




Archives
訪問者数

QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
肋間神経痛 (ブログで情報収集!Blog-Headline/health)
肋間神経痛
  • ライブドアブログ