肋間神経痛

肋骨の痛み

67歳 男性 肋骨の痛み

3日前、ベランダから布団を取り、肩に担いで階段を降りていた時
左肋骨を痛める。

左上肢はガンの手術をしたため、殆ど力が入らない状態だ。
左わき腹上部に痛みがあり、深呼吸すると痛む。
右回旋しても痛む、寝返りしても痛む。

肋骨痛や肋間神経痛のポイントは***です。
ここを押すと

「痛い、痛い」の連続で
「何でこんなところが。。。」

今度は立位でやってみましょう。さらに痛がる

「大きく深呼吸してみてください」

「あれ!痛くない、右に身体を捻ってみて」

「あれ!痛くない、不思議やな〜全然肋骨を触っていないのに」

次の日、少し痛みが戻ったようだ。
昨日と同じ施術をする。すぐに痛み解消する。

3回目、今度は痛みが戻りませんでした。そして、深呼吸、寝返り、右回旋痛
すべての痛みは解消しました。

「こんな簡単に治るなんて、次回は腰を治してもらうよ」

「どんな腰痛ですか?」

「脊柱管狭窄症。。。」

「その症状は簡単にはいきませんけど。。。」

何でもかんでも、今回のケースみたいにはいきませんが、これほどピンポイント
で痛みが短時間にとれたのも珍しい症例でした。又少し自信がつきました。

田中整骨院
★★★★★★★★★★★★★★★★★
田中整骨院
http://www.nagasaki-sport.jp/



肋間神経痛

55歳 女性 主婦

2週間前から、何をしたわけでもなく、突然左背中から脇腹にかけて痛み出す。
クシャミや深呼吸すると痛みが増強する。

病院で検査すると肋間神経痛と診断される。電気と薬だけの治療を毎日続けたが、全く変化がないので当院に来た。

脊柱が正しい位置になく、歪みが原因ですよと説明しながらの治療になった。
首、肩、背中、骨盤の周りの筋肉の緊張がハンパではなかった。
緊張を緩和し、骨盤、背骨の歪みを取った結果、深呼吸しても痛みは無かった。

2回目は少し脇の下に痛みが残存する。
3回目、完全に痛みが解消した。

この患者は、他に腰痛、頚椎症、手根管症候群、手首の腱鞘炎、指の痛みなどがあったので、引き続き治療するようになった。

解説
肋間神経痛は背骨の歪みが原因です。背骨が歪んでいるという事は、当然骨盤も歪みがあり、頚椎も同様だという事です。
骨格を正しい位置に戻すことが基本です。これさえ出来れば、症例の7割〜8割は回復します。

田中整骨院
095-881-1918
Archives
訪問者数

QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
肋間神経痛 (ブログで情報収集!Blog-Headline/health)
肋間神経痛
  • ライブドアブログ