脊柱管狭窄症

宇久島から来院

65歳 男性 脊柱管狭窄症 農業

2か月前から腰から左下肢の痛み、しびれが出る。

病院でレントゲン、MRI検査すると「脊柱管狭窄症」と診断された。

ひどい時は20メートルも歩けない。農業もさしつかえる様になった。

友人の紹介で宇久島から来院した。
宇久島からの患者様は今回で3人目です。

帰りのルートを聞いて、絶句しました。

宇久島

















浦上駅から佐世保まで電車で行っても、17時のフェリーには
間に合わないということで

予約が15:00だっため、

帰りは博多に出て23時頃のフェリーで
宇久島には夜中の4時ごろ着くそうだ。

当院まで、どんな気持ちで、これにかかわるエネルギー、
時間を考えると、

改めて仕事を丁寧にしなければと思う1日でした。

ちなみに次回からは予約を12時ごろにすれば、ギリギリで日帰りで
通院できると聞いてホットしました。

最短期間で痛みを取れるように、狭窄症専用のセルフトレーニングを
しっかり指導しました。

田中整骨院&スポーツ研究所
野球肩・野球肘専門治療院
膝痛専門院

脊柱管狭窄症って、どんな治療をするんですか?

「脊柱管狭窄症ってどんな治療するんですか?」
と鹿児島から電話がありました。

専門院なので、この質問はよくあるのですが、

具体的に脊柱管狭窄症の手技を電話で
分かるように説明するのは非常に困難なことです。

だいたいのことはHPに文章として書いていますが、
なかなか腑に落ちるまでは伝わりません。

ホントは治療風景を実際に見てもらえば、
電話で伝えることは無理があると思ってもらえます。

それでも、あえて文章で書けば、

崩れたS字湾曲の背骨ラインを正常に整えることや、
骨盤、仙腸関節の調整、起立筋、腸腰筋、
股関節周りの筋肉などを緩め、
血流の循環や老廃物の流れをよくすること…

こんな感じしか表現できません。
やっぱり実際体験するしか納得できないと思います。


脊柱管狭窄症は一筋縄ではいかないのです。
そして、1回やれば治るような簡単なものではありません。

鹿児島から治療に来るのはリスクがあるので

結果的には「鹿児島で腰痛が得意な治療院を探してください」
と説明しました。

田中整骨院&スポーツ研究所
野球肩・野球肘専門治療院
九州で唯一の尾骨専門の整骨院



5分も座っていられなかった腰痛が…

脊柱管狭窄症 男性 69歳

五島列島最北端の宇久島から来院された。
佐世保の桟橋でたまたま知人から当院の噂を聞き、
だまされた気持ちで来たらしい。

宇久島からは船の関係で日帰りが出来ない、
片道4時間弱かかる。恐縮するくらいの距離だ。

東京、千葉、福岡など10件あまりの治療経験があると言う。
下肢のシビレは頸椎の狭窄症が原因だということで6年前、
手術したが結局シビレは取れなかった。

座るのが一番つらく、5分と座っていられない。
シビレが強く、水がかかると針で刺されたように痛い、
歩行時が痛い、立位だと痛いなど…

では一番楽な姿勢はと聞くと仰向けで寝ている時。
横向きで左臀部を下にすると圧迫されて痛みが強く出ると言う。

4回めの治療で現在は1〜2時間座っても平気、
何か床の物を取ろうとかがんだだけで痛かったのが
20キロの物を持ち上げれるようになったと喜んでいました。

5回目、まだシビレは少し残存するが…その時の喜びの動画です。





交通事故専門治療院
田中整骨院&スポーツ研究所
九州で唯一の尾骨専門の整骨院

脊柱管狭窄症の自己療法

分離すべり症、脊柱管狭窄症

男性 88歳

最近、脊柱管狭窄症、分離すべり症の患者さんが杖をつきながら
熱心に通院しています。MRIの写真を見ると完全に手術対象であるが
高齢の為、手術していないとのこと。

狭窄症の原因は靭帯、筋肉の老化で骨格の歪みが発生して脊柱管が狭小化
することによって、神経を圧迫することです。

大変失礼だが、同年代の高齢者とは全然違って、健康に対して
向上心満々の方だったので、徹底的に脊柱管狭窄症の自己療法と
歪みを整える自己療法を指導してみました。

すると、見る見るうちに変化が現れ、5回目の治療で杖をしなくてもあるけるようになりました。

あまりの変化に、奥さんも「だまされたと思って来なさい」連れてくる様になりました。

奥様は変形性膝関節症の重症で「私の膝はもうあきらめていますから…」
と渋々ついてきたようですが、それが…歩きやすくなったと
喜んで一緒に治療に来ています。

骨格の歪み=骨に問題があると考えがちですが、骨は単独で動けません。

筋肉が動かすのです。ですから、身体の歪みや姿勢を正すには、筋肉に適切な刺激を与え
本来の動きをさせることで、骨と関節を正しい位置へ動かすことです。

慢性症状の場合でも、ある一定のレベルまでは矯正できたとしても、
最後は本人が努力する以外に良い姿勢を作り出す方法はないといういことなのです。

老若男女を問わずどなたにも言えることなのですが、歪みのない良い姿勢を作ることは
痛みから解放させるということだけでなく、いつまでも若々しく健康でいられるということなのです。

当院では、積極的に「理想の姿勢」になるように自分で出来る様々な症状の自己療法を
準備してお待ちしております。遠慮なくスタッフにご相談ください。

田中整骨院
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
肋間神経痛 (ブログで情報収集!Blog-Headline/health)
肋間神経痛
  • ライブドアブログ