2009年08月

2009年08月27日

夢のカニ

09 08 26
 

ああっ もう いいなあ ドリームクラブ。
こんなのつくっちゃってどうするよ また少子化に拍車かかっちゃうよー。
技術的にいうと シェーダ−がきれい セルフシャドウ や スペキュラマップなんて言う基本はもちろんなんだけど 目立ったとこではリアルタイムクロスシミュレーションをやっているのね 髪の毛はコリジョンつきといっても判定は肩だけだからそんなに大変じゃないかもなんだけど ボーン埋め込みとはひと味違うわな
いや実際リアルタイムで計算しているゲームは少なくて、たいていモーションデータにべたもちしててマントなんかのクロスシミレーションをボーンのモーションに変換しているのですよ。
ドリクラもスカート部分はそうやってるみたいなんだけど半自動な感じなんだよね。ボーンだけでは表現できない微妙な動きをしていますわ。なにげに技術高いよ。某セ○とかセルフシャドウも物理演算もほとんどのゲームでできてないもんね。ヴァルキ○リアのエンジンとだと小学生と高校生くらいちがうよー。

内容のほう。一回のゲームが短くて何度もやらせるために難易度が以外に高い。
アイマスがちょっとワンプレイが長かったのでこれならいいかも。一晩一回とかまわれるよ。
一人の女の子のところに通い詰めても駄目で、仲の良い他の子を指名しないとストーリーが進まない。
選択肢に張られた罠がかなり納得がいかなかったりするけども とにかくお話して仕草をみるだけでハニャーンとなってしまいますよ。良い作品というのは
居心地がよいものなのだ。派手な展開とか奇をてらった演出とかは2の次なのよー。
そして自分は弱いビール飲んで 女の子には強力なドリームカクテルマグマを飲ませて
早くよわせるテクニックを覚えましたw。箱○買ったら使ってやるぞう

ファミ通レビューはなんで6666とかひっくい点数つけてんでしょうね。
まあ同系のアイマスも低かったんですけど ロードが長いとか歌える詩が少ないとかそんなもんおぎなって余りある本編の女の子の反応や会話といったゲーム部分はが心地良いです。もっと本質みろやって感じですね。ほんとに本編やってるのかな?ゴールド殿堂のラブプラスの評価も怪しいってもんです。まあファミ通に
ゴールドもらってるゲームは売れない法則あるみたいなのでぜんぜんok。
というか大企業の出してるゲームしか殿堂に入らないという不自然さにそろそろ
皆気付いても良いでしょう。 
この手のゲーム 手間のかかり方でいったら普通の?ゲームとかわらないのですよ 実わ

そんなわけで どの女の子もみんな可愛い制作者の愛が詰まったゲームだったわけです個人的にそう思いました。やってないけどw いいじゃんシンプル9380シリーズだと思って買っちゃってくださいよー。

ナオちゃんがお気に入りなんですが、ロボ子がDLCらしいので本体買ってしまうかもな ぶぎょう 危うし
 


akinow at 00:30|PermalinkComments(8)TrackBack(1) Clip to Evernote 日記 

2009年08月22日

ドーナツ食べたくなった 

09 08 22

えへへ 同人誌を買った皆さんこんにちわ。
今回は購入者の皆様に媚びてみましたよ ラブ×せつな ッス
私 ほんと百合すきなのなw
でも 本妻はブッキーなの Ryobbenさんに誓ったのです ほほほ
色はあとから塗りますよ 欲しかったら毎日アクセスするのだ! (えー
いやー プリキュア原稿描いて以来 頭の中で2人のカップリングが
ぐるぐるまわっちゃってまわっちゃって どっかで機会があったら発表しようと思ってます。私の妄想は本っ当にエロいですw30禁!
ちなみに私はエロは専門ではありませぬ。3DCGが本職のお仕事であります。
でも お誘いがあれば 是非描かせていただきたいですねぇ。
今回の同人誌では誌面のつごうで3ページを一枚に圧縮してのおとどけでしたが
次回があったらドカーンと1ページでいや 2ページ見開きとかどうですか?ね
そんで ゲスト原稿はじめてな私はエロエロじゃなきゃだめなんだろうと思って
描いたんですけど ほかのゲストさんふつうに可愛いのがあったりして
しまった いらんところで性癖をばらしちゃったよと 落ち込んでますw
普通のイラスト描いてればよかったんじゃないかー。
1ページ足せば漫画もいけたなぁ  ふぅ。同人誌の道は険しい。


14歳とかいいよね 児ポ法きまってたらアウトだったー あはは 
岐阜の(おたくの)方は頑張ってください

akinow at 11:29|PermalinkComments(6)TrackBack(0) Clip to Evernote 日記 

2009年08月20日

なんかアクセス減ってきました 加油ー

090819_2


プロデューサーっていうのはお金を集めたり人集めたりするんですけど。
名作をつくったとか たたき上げってのじゃなく 営業がうまい外部と折衝がうまい
人がなるものでして けして制作能力が高いわけではないんですねこれが。
雑誌とかでよく企画者とかが担がれたりしてますけど(顔出し取材ですね)
大抵は本編にほんのちょっとタッチしている人で、口がある程度立つ人だったりします。本当に重要なスタッフは顔出しとかさせません。
そして そういう担がれた企画者とかがえらくなると自分に才能あるんじゃね?
とか勘違いします。そして会社からお金をいっぱいかけてもらってはじめて
制作をやったりすると 思った通りにいかなくて、もうちょっとやればうまういくからと だらだら引き延ばした上にとんでも作品をつくってアボーン というのが大体の流れなのです。 せんむー とかwがそうですかね。
まあ 作品なんてのは一人いるかどうかでヒットが決まるほど楽に作れるものではないのです。
某ゼビウスなんかはほとんどできあがっているところに某遠藤さんが入社してキャラの名前をなんかを決めたらしいんですが、社長さんに誰がつくったんですかと聞かれて『僕がやりました』と名乗りをあげちゃったらしいですね。まあ その結果RX-78という迷作につながっていくわけなんですがね。。
いまでもクリエイターとして燦然と御輿に担がれております。でもドルアーガは
名作だとおもうので文句は言いませんよ。誰が作ったかは知りませんが。。
コードギアスもプロデューサーに引っかき回されたらしいですね。大陸のほうに
信奉のあつい方が、中国を持ち上げてアメリカとの対立モノに仕上げさせたみたいです。そのため出来ていた脚本は破棄され谷口監督はしぶしぶ言うとおりにして、ああいう場所に着陸する羽目になったようです。私なんぞはなんで中国こんなに良い国みたいに描かれてるのさと不思議に思ってた口です。
最近ではプロデューサーに引っかき回されたのがエンドレスエイトですか。
まあ これについては多くは語りません。 おつかれさまでしたw
そして 会社はプロデューサーの迷判断によって大ダメージを被るわけですが
表に出て謝るのはいつもディレクター(監督)とか演出家さんです。こういう人たちに
決定権がないことはあたりまえなのですがね。責任をかぶせて場合によっては退社させられてしまうこともあります。 そうやってまたクソ作品をつくるプロデューサーさんは居残って新たな伝説をつくり 優秀な人材は流れてゆくというわけですね。

とちょっとゲームなのかアニメなのか軸がぶれましたが、内情にたいした差はありません。

『人の営みなど変わりはせんよ今もそして昔もな』








akinow at 20:29|PermalinkComments(2)TrackBack(0) Clip to Evernote 日記