2015年09月07日

●実践体得を目指す「陽明学研究会、姚江(ようこう)の会」の年に一度の合宿のご案内

◆今月26日(土)〜27日(日)、群馬県の磯部温泉で開催

  実践体得を目指す「陽明学研究会、姚江(ようこう)の会」の年に一度の、1泊2日の合宿のご案内です。
 今月26日(土)〜27日(日)開催ですが、26日には、陽明学研究では世界でもトップクラスの東洋大学名誉教授・吉田公平(よしだ・こうへい)先生の講演会を開催させて頂きます。
 演題は『中江藤樹の門人たち』です。
 合宿及び講演会場は、群馬県安中市の磯部温泉の「磯部ガーデン」です。

 以下、詳細です。

 ちなみに、私ども「姚江(ようこう)の会」の「姚江」とは、日本語に直せば「姚川」となります。江戸時代には、陽明学とは呼称しておらず、「王子(おうし)の学」「王学」「余姚(よよう)の学」「姚江の学」などと呼んでおりました。
 王陽明の生誕地が、余姚というところで、そこに流れている川が「姚川」だったことから、「余姚の学」「姚江の学」と呼ばれたのです。
 陽明学では、いかにもストレートで味気なく、江戸人は風流でおしゃれでしたね。/span>

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

【2015「陽明学研究会、姚江の会」合宿のご案内】

 恒例となりました年に1度の1泊2日の合宿のご案内です。
 1泊できなくても、前日だけの参加も可能です。講演会だけ、あるいは懇親会だけの参加も可能です。その場合は、それぞれの参加費をお支払い下さい。
 なお、会場となります「磯部ガーデン」は、昨年も使用させて頂いておりますが、温泉はもちろん、食事も美味しく、文句なしの素晴らしい宿泊施設です。

 今回は、東洋大学名誉教授で陽明学がご専門の吉田公平先生の講演会を開催させて頂きます。

 吉田先生のご講演についてです。
 内村鑑三の『代表的日本人』でもおなじみですが、江戸初期に活躍した中江藤樹は、今日、「日本陽明学の祖」といわれています。

 私は、さらに中江藤樹は、我が国における「儒商」の先駆者だと思っています。藤樹は、小さな居酒屋を営みながら、儒学の実践体得に日々努めていたからです。
 藤樹の二大高弟といえば熊沢蕃山と淵岡山(ふち・こうざん)ですが、彼らに代表される藤樹の門人たちは、実践体得に努めながら、藤樹学と陽明学をセットにして日本全国に広めました。蕃山と岡山の大活躍ぶりは、時の将軍・徳川綱吉の耳にまで達したほどでした。

 熊沢蕃山は、大名や貴族の支持を集めましたが、淵岡山とその一派は、一般庶民に受け入れられ、淵岡山の一派で、江戸藤樹学のリーダーとなった二見直養の活躍は、やはり幕府の注目を集めたのです。
 二見直養は、伊勢神道の神官から商人となり、やがて大成功をおさめました。二見直養も、「儒商」の道を歩んだのです。
 明治期に活躍した渋沢栄一も、幼い頃から陽明学を学んでいました。渋沢栄一も「儒商」と呼ぶにふさわしい人でした。「儒商」としての成功の裏には、日本陽明学があったのです。

 
 小山國三氏と共に『中江藤樹心学派全集』を編訳された吉田公平先生に、学術的な話というよりも、藤樹の門人たちが学んでいた実践的な教えについてのお話を、と御願いさせて頂きましたが、拝聴させて頂けるのを、今から楽しみにさせて頂いております。
 
 またとないこの機会を逃されませんよう、ご友人とお誘いあわせの上おいでください。

 「陽明学研究会、姚江の会」主宰、陽明学研究家・林田明大

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日時◆
★9月26日(土)
・講演会 14:00〜17:00
  吉田公平『中江藤樹の門人たち』
  (講演会だけをお聞きになりたい方の受講費はお一人2000円)

【吉田公平(よしだ・こうへい)先生プロフィール】
 中国哲学者、陽明学を研究。1942年、宮城県に生まれる。東北大学文学部哲学科卒業。同大学院博士課程中退。
 1991年『陸象山と王陽明』で東北大学文学博士。九州大学助手、東北大学教養部助教授、1991年広島大学文学部教授、東洋大学教授。2013年定年退任、名誉教授。
 主な著書:『伝習録 「陽明学」の真髄』『菜根譚』『論語』(以上、たちばな出版)、『日本における陽明学』(ぺりかん社)、『日本近世の心学思想』(研文出版)など。

・休憩・入浴 17:00〜19:00
・食事・懇親会  19:00〜 
 (懇親会だけの参加をご希望の方には、追って料金をお知らせします)

★9月27日(月)
・朝食     7:00〜8:00
・陽明学研究会 9:00〜12:00
   林田明大からの講話、『伝習録』レポート発表

会費◆昨年同様、1泊2日の通しの参加でお一人約2万5千円とさせて頂きます。約としましたのは、参加人数にもよりますので、多少の上下がございます。(宿泊費、食事代、講師料、講師の宿泊費や交通費などの実費が含まれています)

会場◆磯部温泉の舌切り雀のお宿「磯部ガーデン」
〒379−0127
群馬県安中市磯部1−12−5
TEL:027−385−0085
FAX:027−385−0055
※専用駐車場有り(無料)
「舌切り雀のお宿」磯部ガーデンhttps://www.isobesuzume.co.jp/

主催◆「陽明学研究会、姚江の会・群馬」
「陽明学研究会、姚江の会」事務局長:小澤昌人

お問い合わせ・参加お申し込み
  以下のコメント欄にて受け付けます。
  折り返し、お返事いたします。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 東洋思想へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


ランキングに参加しました。
クリックしてください。



akio_hayashida at 22:51│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 陽明学 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
TagCloud
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: