akioh

かきのたね雑記帳 -山と果物の日々-

3 1月

2017伯耆大山槍尾根

ここ2年間の年末は中部山岳まで行けましたが,
今年の年末は,休みの都合で遠くまで行けず伯耆大山に行くことにしました.

パートナーは僕よりも10歳若いのに,装備が超クラッシクな,シーラカンスA本くん.
ただ,補修しながら長年使っていた冬靴もとうとう壊れたそうで,新調してました.
また,学生時代から使っていたものをようやく買いなおしたアイゼン以外,
ほとんどすべて20年以上前の装備にしか見えません.
ハードシェル代わりの雨がっぱも,本人は5年くらい前に買ったと言っていますが,
ここ最近こんな雨がっぱ着てる人見たことありません(^_^;)

以前から槍尾根に行って見たいと言ってたので,彼の希望を叶えるべく南面へ向かいました.
29日の夜,奥大山スキー場に到着し幕営しました.

30日6時前に奥大山スキー場を出発.
他にも槍尾根を目指すパーティーがいました.
ヤマップをされている方たちだそうで,とても楽しそうな方たちでした.


DSC_0050














三ノ沢出合いまでの環状道路では,ほとんどこの方たちにラッセルをしてもらう形になりました.
ありがとうございました.


DSC_0047














































三ノ沢出合いからは,A本くんと2人で交代でラッセルしました.
山スキーヤーも少し先行して三ノ沢を登っていてるようで,そのトレースをたどりながら尾根まで上がりました.

DSC_0051














時折日が差し,天気の回復が期待できそう.

槍尾根に出る手前で,山スキーヤーにお会いし,情報交換をしました.

DSC_0055














































槍ヶ峰では右肩に延びるルンゼが登れそうだったので,トラバースせずに,このルンゼを登り,右側の雪壁に回り込んでからピークに立つ.

DSC_3708



















槍ヶ峰ルンゼ登攀中の様子(インプさんからいただきました)

DSC_0060














槍ヶ峰を越えた先には,荘厳な主稜線が続いていました.
とりあえず,目標の天狗峰まで縦走し,そこで帰路を考えることにしました.


DSC_0058














越えてきた槍ヶ峰を振り返る
DSC_0073














シーラカンスA本,主稜線を歩く

DSC_0070














































  天狗峰着いた~!


DSC_0063DSC_0067





























あまりに綺麗で,縦走したい気持ちが強くなる.でも往路が大変…
考えたあげく,弥山まで縦走した後,一ノ沢を下り,ヘッデン残業覚悟で環状道路を歩くことに.


DSC_0081














15時 弥山ではたくさんの人で賑わっていた.
この日初めてとなる2ショット写真を撮ってもらいました.
ここで,残留連絡先に下山ルートの変更を連絡.

DSC_0084








DSC_0090




















一ノ沢と大ノ沢の間の尾根を下る

DSC_0091














































17時30分 一ノ沢出会いに着いたときには月が輝き始めてました

環状道路をひたすらラッセルしている時,月に照らされた南壁が綺麗でした.
それにしても,ナショナルの豆電球のヘッデンを持ってきたA本くんを見たときには,
ひっくり返りそうになりました(^^;)
15 8月

2017滝谷第四尾根2~3日目

2017年8月4日


2時起床,3時過ぎ出発.

ヘッデンを点けて,白出沢を詰め,穂高山荘を目指す.
IMGP4567



















IMGP4570




















0040_xlarge
6時に穂高山荘に到着.テン場に幕営して,登攀道具以外の装備をデポする.
















IMGP4578


IMGP4579




ここから,涸沢岳を通過し,北穂方面に向かうが,遠いこと.
なかなかC沢にたどり着かない.9時ようやくC沢に到着,ここから下降開始.

ここで,自分の不注意により落石に巻き込まれる.
きな臭い匂いに包まれながら,少し流されるが,幸い大石の直撃は避けることができた.
C沢下降中浮石,落石,に加え微妙な枯滝のクライムダウンが5回くらいあった.
全く気が抜けない…
IMGP4583
IMGP4589































































浮石だらけの枯滝
スタンスも少ない








0077_xlarge




C沢のトラバース















0078_xlarge





ようやく第四尾根に上がることができた.小休止









IMGP4602




















第四尾根末端側
穏やかに見える























IMGP4600





1P目 登攀開始 シモちゃんリード
ガスでルートがよく見えない.
見当をつけて登る



























IMGP4604IMGP4605



3P目 Aカンテをリードするシモ


































































0082_xlarge




















0086_xlarge


IMGP4609

6P目
ピナクル横の凹角を登る











0092_xlarge





















IMGP4610




































8P目を登る

ここまで来れば,一安心
















暗くなる中,幕営地目指して
ひたすら歩きました.




















8月5日

今日は下るだけ
目が覚めるまでゆっくり寝て,景色を楽しみました.
見事な晴天で,遠くの山を見渡すことができました.
IMGP4612



IMGP4614IMGP4615











































IMGP4616




















初日のビバーク地











takitani




滝谷の人気ルートと言われる第四尾根をお腹いっぱい堪能できました.
もう,二度と行かなくていいねと二人で話しました.








シモ 5回行ったら1回くらい死ぬやろうね
チャー そうやね.雪が積もった時やったら,落石は少ないやろうね


15 8月

2017滝谷第四尾根1日目






2017年8月3日

夏休みが取れたので,探検消防士 シモちゃんと穂高岳の滝谷に行ってきました.
比較的岩が安定していて,人気があるということで第四尾根を登ることにしました.
せっかくなので,滝谷出合からすべての装備を持って上がることを試みました.
装備は絞ったつもりですが,登攀道具が7㎏ちょっと,その他の装備と合わせると14㎏になってしましました.
この先,どうなることやら…

IMGP4547
2日の夜から夜通しで高速を走り,3日の午前中に新穂高温泉に到着.
10時過ぎから登山を開始し,今日は滝谷避難小屋を目指します.
ここ数日曇りが続いているようですが,雨は降ってないとのこと.














IMGP4551




林道をひたすら歩き,昼過ぎに避難小屋に到着.
まだ時間がたっぷりあるので,雄滝まで偵察に行くことにしました.











0002_xlarge




















0015_xlarge
0011_xlarge

残雪の量は平年よりもかなり多めで,行く手を阻まれます.
雪渓の両側は,ツルツルに磨かれており簡単には高巻きできません.
両側を,下ちゃんとそれぞれ試登してみますが,どちらもかなり難しいです.



































0016_xlarge



空荷では何とか越えられそうですが,突っ込めば撤退は困難と思われましたので,断念して計画変更.

一度稜線まで上がり,そこからC沢を下り,第四尾根に取りつくことにしました.












0028_xlarge


急きょ予定変更なので,これから穂高山荘を目指し,行けるところまで登ることにします.
せっかく来た滝谷避難小屋を下り,白出沢を詰めます.

19時30分過ぎ,暗くなり雨も降り出したので,荷継小屋跡でビバーク.
下ちゃんが新調したツエルトのおかげで快適ですが,予定外の行動で疲れました.
















 
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ