【未来創造政策研究所(Tomita institute)について】

日本の未来を創る 愛知から創る

地方から日本の未来を考える。地域が変われば、日本が変わると信じています。

現在、地方が疲弊しています。地方自治体はかつてないピンチに立たされています。東京がひとり勝ちとも言われるような発展をする一方で、地方の疲弊振りはは、悲惨な現状にあります。地方経済の極度の不振によって税収が落ち込む傍らで、少子高齢化に対応するための社会保障費は、年々増大し、地方自治体の多くがいつ財政破綻してもおかしくない危機に陥っています。

愛知県もその例外ではありません。

これまで日本経済を牽引してきた地域でした。しかし、リーマンショック以降の日本経済の後退とともに、元気が失われてしまいました。地方がこのような危機的な状況に陥った原因はどこにあるのでしょうか。

多くの原因が重なった結果ですが、大きな原因の一つは,経済と人口が縮減する時代に突入しているにもかかわらず、未だに、中央集権という高度成長期のままの仕組みで運営されているからだと考えています。

東京という巨大都市だけが力を持つのではなく、地域がそれぞれの個性を発揮することで、この国は本来持っている力を取り戻して、ふたたびせかいの中で大切な地位を占めることができると信じています。

未来創造政策研究所は地方の感性で日本を再生するための政策を研究することを目的に設立しました。 


【事業計画】
1.講演会、勉強会、座談会、交流イベント等の開催
2.会報等の発行及び配布
3.その他本会の目的のための必要な事業


【会費】
個人会員 一口 年額 20,000円



【所在地】
〒465-0025名古屋市区名東区上社1-703 明和ビル1F
TEL 052-760-2299
FAX 052-777-2864