2005年03月31日

生 - 命



呼吸している
 生きている

似ているようで全然違うな



 アインシュタインの命であろうと
戦争で殺された小さな子供の命であろうと
僕の命であろうと人の命の重さに違いなんてない。
そんな命の重さ、大切さを理解し自覚することこそが、
その人の命の価値ってやつを決めるんじゃないかな。

 命の重さを知るからこそもっと強く生きようとする。
命の重さを知るからこそもっと自分らしく自由に生きるようとする。

命の価値は自分自身が決めていくもの。







 







  

Posted by akira778 at 21:08Comments(8)TrackBack(0)



人は罪深い
 人は欲深い
  人は愚かだ
   人は孤独だ
    人は弱い
     人は儚い
      人は哀しい

点ではなく線で
 線ではなく円で

支え合い
 繋がり合い
  関わり合い
   分かち合い
    助け合い
     活かし合う

苦しんでいるのは君だけじゃない
 悩んでいるのは君だけじゃない
  愛されたいのは君だけじゃない

みんな 不安の中躓きながら生きている
 みんな がんばって生きている
  投げ出しそうになりながら生きている
   涙を堪え 笑顔を浮かべ生きている

そして みんないつか必ず死ぬ


そう 僕たちは一人じゃない






 







  
Posted by akira778 at 20:35Comments(2)TrackBack(0)

2005年03月30日

Break Through




転ぼうとも立ち上がる姿が美しい
 泥だらけでも走る姿が美しい

まっすぐ進むのは大変だけど
 回り道 歩むほど余裕はない

理由が必要なやつは残ればいい  
 笑われるのがいやなら何もしなければいい

いつまで大地から目をそらす
 いつまで空を眺めてる
  いつまで風に流される

信念は打たれて打たれて強くなる
魂を震わせ 鼓動を鳴らし 情熱を燃やせ

勝った数より立ち上がった数が誇り
まだまだまだまだ立ち止まれない






 







  
Posted by akira778 at 18:50Comments(6)TrackBack(0)

楽しいんじゃない 楽しむんだ




 人生の究極の目的、楽しむこと。
どうせ死ぬんだから生きている間にどれだけ楽しめるかって言うのがすごく大切だと思うんだ。
でも、目先にある快楽と楽しさをとりちがえっちゃっていけない。
楽(らく)と楽しいっておんなじ楽という字を使うけど意味が全く違うんだよね。
どんな苦境に立たされてもその状況を楽しめる人が一番幸せなんだ。楽しいからいる、やるのではなく、楽しむっていう感覚を大切にしなくちゃ。
文句言うヤツって何をやっていてもすぐに飽きて、文句を言って逃げていく。
確かにさ、生きていれば絶望で目がかすみ何も見えずにその場に立ち尽くすようなこともあるかもしれないけど、勇気を持ってポジティヴに考えてみればいい。

不幸だ不幸だと嘆く前に、目の前にある幸せをもっと感じてみようよ。
悲嘆や悲痛って主観的なものだから、まわりがどうとか関係ないかもしれないけど、もっとがんばっている人、もっとつらい人なんて世の中にはたくさんいる。
生きたくても生きることができない人だっているんだから。
幸せは追い求めるものでもあるけれど、実は目の前に当たり前のようにあるものだったりするよね。

“楽しさ”ってのも同じじゃないかな。
笑いながらすごしても、泣きながらすごしても時間は万人に平等に経過していくんだったら、どんな状況にいようとも “楽しむ強さ” ってやつを持っていたいね。





 







  
Posted by akira778 at 14:32Comments(2)TrackBack(0)

期待と希望



 マラソンの高橋尚子にしても、ハンマー投げの室伏にしても、野球のイチローにしても天才と言われている人ほど、人一倍努力をしている。
 天才といわれている人達があれだけのリスクを賭し、あれだけの努力をしているにも関わらず、まだ凡人の能力しかないのに、たいした努力もせず、 払った以上の期待(見返り)を勝手にして、報酬を望みすぎるというのは愚の骨頂ではないか。
 天才という言葉自体、努力をしない人が考えついた言葉かもしれないね。

 希望を抱くことはいいことだけど、それを期待とすりかえないこと。
期待と希望は似ているようで全く違うもの。
払った以上のものを望めば、期待は往々にして失望を生む。
希望とは、失敗すればするほど強くなるもの。

 過剰な期待している人は安っぽく見え、希望を抱いている人はいつのときも美しく見える。
大切なのは、いいときも悪いときも謙虚に希望を抱き続けること。

 未来を変える唯一の方法は、希望を持つこと。希望を持ち続けること。
希望という火を心に灯して、あなたの歩む道を明るくしよう。






 







  
Posted by akira778 at 14:13Comments(2)TrackBack(0)

2005年03月29日

あの頃のように



 小さい頃はたくさん夢があったけど、大人になるにしたがって夢をあきらめることに慣れてしまい、いつの間にか望みもしない小さな自分に成り下がっている。

でも、どうせ人生一回きり。自分の好きなことやらないで何が人生かって、最近になり前にもまして思うようになった。

どうせ死ぬし、どうせ生きている。だったら楽しくやろうぜってね。

だからせつな的な現状に負けて未来を勝手に悪い方向に考えちゃいけない。
もっと大きな世界が俺を待っているんだって自分を鼓舞して頑張れば光は必ず見えてくる。

現実ってそんなあまかないって言う人もいるかもしれないけど、そんなことない。自分さえその気になれば何にだってなれるんだ。

小さい頃にあこがれていた自分だけの大人になりたいよね。







 










  
Posted by akira778 at 16:30Comments(8)TrackBack(0)

2005年03月27日

夢現



空ばかり見つめていると
 転んじゃうよ


地面ばかり見ていると
 迷っちゃうよ


頂を見つつも
 足は大地を踏みしめる


たまに現実と夢の狭間に
 押しつぶされそうなときもあるけど
僕は今日という大地を踏みしめ
 未来という頂に目を向け続ける

躓いて倒れたなら
 頂を見 惹かれるように歩いていけ

頂が霧がかっているなら
 踏みしめた足元をしっかり見 黙々と歩いていけ


夢は現実のために
 現実は夢のために






 








  続きを読む
Posted by akira778 at 19:54Comments(3)TrackBack(0)

2005年03月25日

Free your mind


Free your mind (Flash)


※ 見る際にshockwave flashが必要です。


 過去の経験からはじき出した確率からできることだけやっていてもつまんない。
「やりたいから」 「なりたいから」という未来の可能性から今の自分を作っていた方が楽しいよね。





 






  
Posted by akira778 at 12:28Comments(4)TrackBack(0)

自愛




 イラクでのアメリカ軍戦死者           半年で400人
日本での年間交通事故死亡者数        1年で1万人
(1ヶ月間でアメリカ軍戦死者の2倍以上の人が亡くなっている)
そして、
日本での年間自殺者数               1年で3万人

あなたはこの数字を見て何を感じるだろうか。

殺し合いをやめたかと思えば、
殺人の矛先を自分に向け残された者達の悲しみなど考えずに殺人を犯す。

僕達が生きている今日という最良の日は、
昨日死んでいった人が生きたいと渇望した明日でもあるのに。
望まない死を受け入れざるえない人たちがいるというのに。

何もかもがめんどくさくなり、
生きるということすらどうでもよくなることも
長い人生あると思うけど、忘れてもいい、逃げてもいいから
自らの命に自ら終止符を打つということだけはやめて欲しい。
もちろん、悩みというものは主観的なものだから、
世界がどうだろうと関係がないかもしれない。
けどね、これだけは忘れないで欲しい。
身体的障害があっても立派に生きようとする者がいることを。
生きたくても生きたくても朽ち果てていった者がいたことを。
生まれることなく死んでいく魂があったことがいたことを。
そして、僕達はそんな人達の血の上に立っているということを。
つらい時期が永遠に続くなんてことはないんだ。
今はつらくてもきっと生きていてよかったと思える日が来るはず。
まだまだこれからなんだよ。
勇気を放棄しちゃいけだめだ。
未来を放棄しちゃいけない。
今経験していることは、きっと未来の糧になるはずだよ。


私は自殺を肯定しない。
殺人を肯定しないように。
生きるということを肯定するように。





 






  続きを読む
Posted by akira778 at 12:08Comments(38)TrackBack(0)

2005年03月24日

無償



ありがとう 言えぬ相手に ありがとう

すいません 言えぬ相手に すいません

僕は言いたいから言い続ける
僕で在るために言い続ける
君になんて合わせない




写真 スペインのカサ・ミラの屋上にある煙突(ガウディ作)





 






  続きを読む
Posted by akira778 at 19:50Comments(6)TrackBack(0)