2006年02月13日

旅の終わりに


旅が終わるとき、いつも感じることだけど、振り返るとほんとあっちゅー間というか、もう終わりなのかと思ってしまう。



話はかなりすっ飛ぶけど、

死ぬ間際も、もしも少しの考える時間があったとして、過去を振り返り、いろいろあったけど早かったなぁ、、、などと想うのだろうか。

時間に終止符が打たれるとき、何を笑い、何を悲しみ、何を想うだろうか。








生きてりゃいやなこともあるけどね、今現在自分がここに在り、生きているという事実に比べたら、ほとんどのことは些細なことだと思う。

なんもかんもぜーんぶひっくるめて人生。

いい写真も悪い写真もあって当然なんだよね。



悔いは残るかもしれない。

反省も残るかもしれない。

未練も残るかもしれない。

でも、楽しかったなぁ、また旅に出たいなぁと思えたなら、幸せだろうな。





おわり。



にほんブログ村 小説ポエムブログへ
やっと終わりました。疲れた。






 


↓ 夏目漱石も弱い男? ↓




この記事へのトラックバックURL