August 21, 2014

8/20 PLECTRUM@下北沢CLUB Que

■8/20(wed.)下北沢CLUB Que
"Boys Don't Cry 4"

cast↓
PLECTRUM, bananafish, rabuka

boys4
1. Japanese Disco is Fun!
2. Stand By Me
3. Sea Sight
4. Drop 19
5. Maybe Tomorrow(新曲)
6. シグナルとシグナレス
7. Honey Moon
8. Uptown Girl
9. Till I Die Again
---Encore---
1. Star Light


Vo. Gt. / Taisuke Takata
Gt. Vo. / Akira Fujita
Ba. Vo. / Manabu Chigasaki
Dr. Vo. / Nobuyuki Mori



3ヶ月連続2マンライブ(といっても前々回と今回は3バンドでしたが)、1時間近くの演奏時間、ステージを提供してくれたCLUB Queに感謝しています。そして20周年おめでとうございます。

前回の日記でセットリストは僕が考えたと言いました。
なかなか良かったなと、思いました。

とはいえ、セットリストとはあくまでも進行表のようなもの。その場の思いつきで変化してゆくプレクトラムの即興性(MC含む)は僕が想像していた以上でした。当時の曲のアレンジを踏襲しつつ、プレイヤーそれぞれのワールドに引っ張り込んで音符を踊らせている感じ、ニヤニヤします。タイちゃん、チガちゃん、もっくん、各々少しずつ遊びが増えて来たように思う。久々の「Honey Moon」の後奏は本番が一番うまく出来たと感じています。
今回も会場の皆さんからグッドバイブレーションを頂きました。曲の持つ感情や、生演奏のうねり、楽しさが共有出来たなら、僕は幸せです。
どうもありがとう♪

次回のライブが決まりました。

11月19日水曜日。場所は同じく下北沢CLUB Queにて。
詳細はもう少し待って下さい。


akira_musik at 23:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)LIVE 

August 19, 2014

明日

下北沢CLUB Queにて、毎月20日は20周年記念スペシャルドリンク「バナナミルキュウ」を原価無視で発売しているとのことで、バナナミルク好きの僕としては明日、是非とも飲みたいと思いつつ、お客さんの分が少なくなってしまうから遠慮しなきゃいかんな、とも思いつつ、先月20日もCLUB Queでライブしたにもかかわらず飲んでいなかったから良いかな、とか、どうでも良い事を考えながら、明日のライブに思いを馳せています。

夏の情景が描かれた曲を幾多持つ眦賃找陲龍覆鬚海了期に演奏出来るのは嬉しいです。今回僕が責任を持ってセットリスト考えましたので、そちらもお楽しみに。

もちろん、曲を知らない方、最近知ってくれた方、明日ぽっかり予定が空いた方、興味を持ってくれた方、ウェルカムです。

プレクトラム
眦賃找陝∪薀浦螻悄⊃洪行、藤田顕でお待ちしています。

どうぞ宜しく!

筆者
photo by Ayako Sofue


akira_musik at 00:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)DIARY 

July 27, 2014

love stories tour 2014

Nothingスリッパ

白熊桜島

ザビエルウェスト

ウェスト筆者

やまと唐々邸

浜松アクトシティ神戸喫茶店

大通公園SOUL STORE

金沢城壁

サクランボビッグダディ

BD_Cakeレッドブル

松山城鶴丸

2ヶ月間、このツアーに参加出来た事をとても光栄に思います。
各地の名所・名産に触れられた事もそうですが、
何より本業のライブにて、
フレーズの細部の細部に至るまで掘り下げて取り組めた事は
僕にとって財産となりました。
今回のツアーに各所のラブストーリーが付けられていたように、
1本1本の出会いと演奏を大切に、丁寧に、
全力で紡がれるメンバーの姿勢に応える結果が
僕自身をギターに向かわせてくれたんだ思っています。

ステージメンバーに、チームの皆さんに、
そして各所ラブストーリーを素晴らしい空間にして下さった
back numberファンの皆さんに、最大級の拍手と感謝です。



パス

akira_musik at 16:57|PermalinkComments(2)TrackBack(0)DIARY 

July 21, 2014

7/20 PLECTRUM@下北沢CLUB Que

■7/20(sun.)下北沢CLUB Que
"20周年no夏ノ陣!“RETURN TO NATURAL VS SERIES”"

cast↓
PLECTRUM, たんこぶちん

1. 70
2. Star bowling
3. さよならYesterday
4. Maybe Tomorrow(新曲)
5. Stand By Me
6. Buffalo
7. Till I Die Again
8. Suite Home
---Encore---
1. Les Paul Master


Vo. Gt. / Taisuke Takata
Gt. Vo. / Akira Fujita
Ba. Vo. / Manabu Chigasaki
Dr. Vo. / Nobuyuki Mori


気分良く「さよならYesterday」を弾いていたらまたトラブルやってしまいました。悔しい。あそこからがテンパった40代の男の姿です。新曲の「Maybe Tomorrow」が回を重ねる毎にいい感じ。

自分の娘と言ってもおかしくない年齢、たんこぶちんの真っ直ぐな演奏はとても眩しかったです。あと、ギターの方のステージでの存在感、かっこよかったです。

ご来場下さった皆さま、ありがとうございました。
次のライブは8月20日(水)下北沢CLUB Queにて↓
boys4


akira_musik at 03:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)LIVE 

July 17, 2014

松山城

初めて訪れる街、松山。土地勘がない散歩はワクワクします。でも今はiPhoneのマップが誘導してくれるので、方向音痴の僕でも気軽に松山城を訪れることができました。


松山城_1
勝山山頂にある本丸へはロープウェイorリフトで。僕はリフトを選択。



松山城_2
ロープウェイに追い抜かれました。



松山城_3
天守がちらり。



松山城_4松山城_12

松山城_13松山城_14
高い石垣を横目に坂を上り天守へ向かう。


現存12天守の松山城。当時の姿そのままということではないらしいが(詳しくはwikiをご覧下さい)古い建築である事は違いなく、その姿を見て高揚。

松山城_5

松山城_6

松山城_10


松山城_7

松山城_11
別名、勝山城、金亀城。
僕には開かれたカジュアルさを感じます。太ボーダーにチノパンって感じ。


松山城_9
古い木の匂いがする天守内から松山市街を眺める。


小高い山の上でこの地を見守り続けた、そんな歴史を肌で触れる事が出来ました。暑さと湿気で汗だくになりながら、楽しいひとときでした。

ちなみにこの日のback number、僕的には初の松山でのライブもとても素晴らしいものになりました。

筆者


akira_musik at 00:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)CASTLE 

June 27, 2014

金沢城(公園)

ブログのカテゴリー「CASTLE」を4年振りに更新。
先日のback number金沢公演の日、金沢城公園を散歩しました。


金沢城公園_1



菱櫓・五十間長屋
金沢城公園_2

金沢城公園_3

金沢城公園_4



極楽橋
金沢城公園_5



三十間長屋
金沢城公園_7

金沢城公園_6

金沢城公園_9

金沢城公園_8

金沢城公園_11


機能美。そんな印象を持ちました。最近の気分ととてもマッチして心地よかった。
凛とした気持ちになれました。

菱形の建物、柱までもが菱形の菱櫓、かっこいい。
1858年築の三十間長屋、経年変化による壁や床、柱の質感に感動。

今度またゆっくり訪ねたいです。

筆者

akira_musik at 20:58|PermalinkComments(2)TrackBack(0)CASTLE 

June 25, 2014

6/24 PLECTRUM@下北沢CLUB Que

■6/24(tue.)下北沢CLUB Que
"Boys Don't Cry 3"

cast↓
PLECTRUM, ハックルベリーフィン, (O.A.airezias)

boys3
1. Till I Die Again
2. Girl From Yesterday
3. 1+1
4. Maybe Tomorrow(新曲)
5. Adballoon
6. Night Patrol
7. Stand By Me
8. Book End
9. Flow
---Encore---
1. 30Boy


Vo. Gt. / Taisuke Takata
Gt. Vo. / Akira Fujita
Ba. Vo. / Manabu Chigasaki
Dr. Vo. / Nobuyuki Mori


下北沢CLUB Queとの合同企画「Boys Don't Cry」も今回で3回目。
梅雨の時節、昼間の豪雨で短くした髪もうねる。世間はワールドカップで盛り上がり、翌日の朝はグループリーグ突破をかけた日本戦。僕も若干緊張ぎみ。

6月24日。
16年前のこの日はセカンドアルバム「The Adventure of Pony Rider」の発売日。

ハックルベリーフィンとの2マン。
同じメンバーで、しかも3人だけで続けてきたハックルの音、その懐の深さは2年前に対バンした時よりも格段に深化していて、心底気持ち良かったです。

当然僕は、ハックルのステージに煽られ、高いモチベーションでステージに上がる事が出来ました。新しい仲間、ES-335のデビュー戦であったこの日のステージも実に楽しかったです。

久々に「1+1」を演奏。
「The Adventure of Pony Rider」に収録されているこの曲は、当時と変わらない笑顔で微笑みかけてくれました。レコーディングでは確か、Epiphoneカジノを使っていて、傾向の似たギターが故に、曲との相性も良かったと思う。
実はES-335を購入する際、カジノを下取りに出しました。もうあの音には戻れないんだけど、「1+1」は1998年の空気をもたらしてくれました。
曲は変わらず、人は変わる。
演奏するメンバーも変わり、使う楽器も変わる。顔のしわや脂が増え、佇まいも変化していって、当時と同じ印象には絶対にならない。だけどそれは進んでいる証、続ける醍醐味なのかなと感じます。そして自分が置かれた今という状況に素直でありたいと思います。

いつも見に来てくれる方、いつも本当にありがとう。
久々に来てくれた方、ありがとうございます。
はじめて見てくれたという方ももちろん、サンキュー。

次は7月20日、日曜日。ご都合合う方は是非遊びにきて下さい♪



akira_musik at 19:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)LIVE 

June 23, 2014

新しい仲間その2

335

1969 Gibson ES-335 TD

オールゴールドのレスポールを手に入れた数日後(4月末)、渋谷の楽器屋に行き、ハコギター(ボディに空洞があるもの)が少し気になっていたので、軽い気持ちで現行品のES-335を何本か試奏。あまりピンと来るものはなく、一本買ったばっかりだしいいやと帰ろうとすると、店員さんが
「左利きのギター、最近何本か売りに来た方がいて、そのうち335、1本あります。」
と出して来たのが画像のギター。

ジャラーンと鳴らした瞬間、あっ、さっき弾いてたのと全然違う。
倍音キラキラキラ〜。
あかん、出会ってしもうた、欲しい。

そこからどれくらい弾いてたかな、結構長い時間、音出しながら考えて考えて、悩んで、収拾がつかなくなって、この日は家に帰り、数日後、購入。そしてお財布的には追い詰められました。

向き合ってみると、実に手強い。トーンのつまみが効きやすいし、タッチでもいろんなニュアンスが出て、オールマイティと言われるのも納得。逆に言えば、出したい音を狙って弾かないとその音が出ない。車に疎い私ですが、ハンドルに遊びが少ない車を運転している感じなのかな(これはビンテージギターに共通して言えるのかと)。巧いギタリストがこぞって使う理由が分かりました。

Ben Wattの新しいアルバムで参加している元Suedeのギタリスト、Bernard Butler。初期PLECTRUMの頃とても影響を受けたギタリストで、多分年代は違えどビンテージES-335をメインで使っていると思います。彼の音色を参考にしつつ、リハーサルを重ねて徐々に様になってきた感じです。楽しいですね。

日付が変わって明日のPLECTRUMのライブで発動させます。とても楽しみです。



akira_musik at 03:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)DIARY 

May 27, 2014

Next Month

20140411105
■6/24 (tue.)
@下北沢CLUB Que


"Boys Don't Cry 3"

cast↓
PLECTRUM,
ハックルベリーフィン,
(O.A..airezias)

open 18:30 / start 19:00
adv. 2,500 / door 2,800


informartion↓
PLECTRUM official site


akira_musik at 14:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)INFO 

May 25, 2014

ツアー

back number

福岡のホテルから更新。
3、4年前かな、メレンゲのサポートの際、back numberと初めて出会い、それから程なくサポートギタリストに誘って頂いて、数々のステージを一緒に立たせてもらったのですが、全国ツアーに参加するのは今回が初めて。とても嬉しく思っています。

back number love stories tour 2014」4本のライブが終了しました。
今回のライブで感じる事は、ライブ直後、とてもお腹が空く。気力も体力もフル稼働の結果かと思います。

食で振り返ってみると、
群馬にて、焼きまんじゅう等、群馬の味が僕好みであったり、
大宮からの帰り、いよりくんコーディネイトのお店の料理が絶品だったり、
鹿児島にて、氷白熊の本家「天文館むじゃき」、ラーメン「のり一」などなど、
胃袋が広がって、食欲増進中です。

今までツアーで太る事はなかったのですが、昨日、衣装のパンツが脚を締め付けてきました。気をつけなきゃ。このパンツを体系のバロメーターに、身も心も引き締めて、ツアーを駆け抜けたいと思います。

とてもいい感じでスタートダッシュを切れて、これからどう変化してゆくか楽しみです。
僕も皆と共に更なる成長を目指します。

akira_musik at 01:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)DIARY