June 24, 2016

弘前城

前回更新から早3ヶ月近く経過し、季節は紫陽花の似合う梅雨真っ只中。洗濯タイミングを見据えて天気予報を睨む日々の最中、桜の時節の記事を投稿するという、いまさら春休みの宿題を提出するようでなんとも遅くて恥ずかしいタイミングではありますが、楽しかった思い出を振り返り、記したいと思います。

2016年4月16日。
back numberツアー東北編の移動日に、弘前城を訪れました。

リゾートしらかみ
仙台から新幹線で新青森、そこからリゾートしらかみに乗り換え弘前へ。駅に降り立つと若干肌寒かったかな。弘前駅から目的地、弘前公園へはバスに乗って移動しました。


弘前城_1
2週間前、丸亀城来訪の時は桜満開だったのに、弘前の桜は未だつぼみ。弘前公園は、満開時に「さくらまつり」が開催される桜の名所で、今年は1週間後の4/23だったそう。実に惜しかった。しかしながらこうして桜前線を実際肌で感じ、日本列島の広さ、気候の違いを感じられるのはツアーの醍醐味でもあります。


弘前城_2
天守台。この上に建っていた天守は現在、ここから少し離れた場所に移動しています。天守台付近の石垣に膨らみがみられ、修復工事を行う為に、重さ400トンもある天守をレールに乗っけて動かす「曳家」が行われていたとの事。


弘前城_3
移動した天守。江戸時代に建てられた古い建物を間近で見られて良かったのと同時に、改めて天守の下でしっかり建物を支える台座、石積みの重要性を思いました。低音であったりリズムが無くて、音楽がフワッとしているような、そんな印象です。


弘前城_4
天守内からかすかに見えた岩木山。


弘前城_5
和也くんに撮ってもらった、城主気取りでご満悦の筆者。


弘前市は初めて訪れる街。道中いくつか古い洋館を見つけ、和洋折衷好きの僕は高揚しました。短い時間でしたが街の空気に触れる事が出来て嬉しかった。次はさくらまつりの時期、もしくは天守を元場所に戻す曳家の時期、もしくは天守が正規の場所に帰ってきた工事完了の時期、そんなタイミングで是非ともまた訪れたいです。その際は弘前をゆっくり観光出来れば最高です。


akira_musik at 03:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)CASTLE 

丸亀城

2016年4月2日。
back numberホールツアー四国編、松山から高松への移動日に、丸亀城を訪れました。

丸亀城_1
城の近くまでイベンタースタッフの車で送って頂きました。降りた瞬間目に飛び込んだ、高台にそびえ立つ天守。高揚するのは仕方がありません。


丸亀城_2
ここは日本一高い石垣が有名という事で、総高で60m。画像はそのごくごく一部ですが、遠くからでもわかる石積みの量、その迫力。エンジンのない時代に人力でよくぞここまでやったと、改めて感心しました。急勾配の坂を息を切らせながら登り、天守へ。


丸亀城_3
この日は桜の開花率が100%と思うほど満開、最高のタイミング。しばらくはお城そっちのけでお花見と撮影会でした。


丸亀城_4
丸亀城_5
天守は意外にコンパクトでした。かわいい。石垣が堅固ゆえ、そこまで大きなものを必要としなかったのかな。小顔で脚長の長身モデルがワイドフレアパンツ着用という感じ、なのかな。


丸亀城_6
天守から丸亀の街を眺める。まんが日本昔話ような丸みを帯びた山が良かった。


丸亀城_7
丸亀城_8
photo byかずやくん thanks!


わがまま言って丸亀まで連れて来てもらった甲斐がありました。スタッフの方々、ありがとうございました。お城と桜は実に相性抜群。最高のタイミングで訪れる事が出来た事をとても嬉しく思っています。


akira_musik at 03:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)CASTLE 

高松城(跡)

丸亀市から、翌日のコンサート会場である高松まではJRに乗って移動。乗った事がない路線での移動は当然新鮮で、高揚しました。高松駅に着いた時点でまだお日様は沈んでおらず、駅近にある高松城跡に行くことを和也くんと共有し、直行することにしました。

高松城跡_1
城跡、玉藻公園。潮風漂うとても綺麗な公園でした。


高松城跡_2

高松城跡_3
「鞘橋」と呼ばれる橋を渡り本丸へ。四方を堀に囲まれた本丸に通じる唯一の橋で、ここを落とすことで本丸だけを守る事ができるようになっていたとの事。


高松城跡_4
天守台。近世城郭の海城として最初で最大、当時は四国最大の天守が建っていたとの事(ウィキから引用)。瀬戸内海に面したお城でさぞ威厳があったのだろうと想像。


高松城跡_5
高松城跡_6
高松城跡_7
天守台から高松の街、海を眺める。夕暮れと潮の匂いに、なんだかこのまま船に乗って遠くへ行きたい気分になっていました。


香川県の城を2ヶ所巡る、実に充実した1日でした。移動日を存分に満喫して嬉しかったです。



akira_musik at 03:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)CASTLE 

April 01, 2016

富山城

年度末を越えた4月、2016年初のブログ更新。
僕のここ数年のセオリーでいうと、冬場は比較的ゆったりとしたスケジュールなのですが、今年は1月から、back numberツアー2016「ミラーボールとシャンデリア」に向けての準備が始まり、1月後半からロングツアーがスタート。忙しい日々を過ごさせて頂いています。

3月21日。back number富山公演当日の会場入り前に、ベースの和也くんと富山城を訪れました。

富山城_1
初めて訪れる富山の街はもちろん見る景色何もかもが新鮮。まず目に飛び込んできたそのシンボルは、高台にそびえて街を見据えることも、巨大な建造物で威圧することもなく同じ目線に居て、街に溶け込むその姿に親近感を感じました。


富山城_2
城跡公園内にある天守。調べれば昭和に建てられたものとのこと。白い壁と屋根のコントラストに、白いHIWATTアンプを連想し、凛とした気持ちになりました。


富山城_4
天守から、富山の街を眺める。


富山城_3
別名「浮城」。天気に恵まれて、水面に映る逆さまのお城もおさめることが出来ました。


富山城_5
和也くんにかっこ良く撮ってもらった1枚。ありがとう和也くん。ご満悦の筆者。

北陸の地を訪れるたび、僕がどことなく感じる、無駄の無さ。ここ富山でも感じることが出来ました。好きですね、憧れます。またの機会を夢見て。旅は続きます。



akira_musik at 02:01|PermalinkComments(2)TrackBack(0)CASTLE 

PLECTRUM Live review in 2015

■4/10 (fri.)@下北沢GARAGE
"LIVE LIFE"

cast↓
PLECTRUM, The Broken TV, パスワードの人

1. Before Sunrise 2. Night Patrol 3. Parade 4 .All Green 5. 30 Boy 6. Till I Die Again 7. Suite Home 8. Tears For Beers
En1. Stand By Me En2. Flow

Vo. Gt. / Taisuke Takata
Gt. Vo. / Akira Fujita
Ba. Vo. / Manabu Chigasaki(KIRINJI)
Dr. Vo. / Nobuyuki Mori


■6/20(sat.) @高円寺ShowBoat
"森信行presents 森だくさん!! Vol.5 〜40歳突入記念!四十路だョ!全員集合!〜"

cast↓
PLECTRUM, Brave Stone Forest Session, 谷澤智文, 一人DQSスペシャルセッション

0620-11. 30 Boy
2. Till I Die Again
3. Saturday Night〜Revenge Of The Nerds〜
4. Night Patrol
5. Cherry Boy 〜1994〜
6. Buffalo
7. Les Paul Master

Vo. Gt. / Taisuke Takata
Gt. Vo. / Akira Fujita
Ba. Vo. / Manabu Chigasaki(KIRINJI)
Dr. Vo. / Nobuyuki Mori


■9/23(wed.)@下北沢GARDEN
"HILL VILLAGE FESTIVAL in GARDEN"

cast↓
PLECTRUM, GREAT3, Mellowhead, ユウ(チリヌルヲワカ), Any, la la larks

1. Night Patrol 2. Star Bowling 3. Bookend 4. Stand By Me 5. Till I Die Again 6. Tears For Beers

Vo. Gt. / Taisuke Takata
Gt. Vo. / Akira Fujita
Ba. Vo. / Manabu Chigasaki(KIRINJI)
Dr. Vo. / Nobuyuki Mori


■11/28(sat.)@下北沢CLUB Que
"胸キュン☆アルペジオ vol.12 〜福村貴行くんの13回忌〜"

cast↓
PLECTRUM, advantage Lucy, VASALLO CRAB75, Swinging Popsicle, Three Berry Icecream, HUCKLEBERRY FINN

munekyunillust71. Japanese Disco Is Fun!
2. Maybe Tomorrow
3. Motorcycle
4. Till I Die Again

Vo. Gt. / Taisuke Takata
Gt. Vo. / Akira Fujita
Ba. Vo. / Manabu Chigasaki(KIRINJI)
Dr. Vo. / Nobuyuki Mori



■12/5(sat.)@名古屋 CLUB ROCK'N'ROLL
"CLUB ROCK'N'ROLL 23th ANNIVERSARY!!! 『Add some music to your day』"

cast↓
PLECTRUM, Swinging Popsicle, ハックルベリーフィン, ノロッストリオ

addsome1. Japanese Disco Is Fun!
2. Stand By Me
3. Maybe Tomorrow
4. Uptown Girl
5. Flow
6. Till I Die Again

Vo. Gt. / Taisuke Takata
Gt. Vo. / Akira Fujita
Ba. Vo. / Manabu Chigasaki(KIRINJI)
Dr. Vo. / Nobuyuki Mori



akira_musik at 02:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)REVIEW | LIVE

参加作品2015





2015


love stories tour 2014
love stories tour 2014
〜横浜ラブストーリー2〜
/back number

02.25 release
-DVD-


君がいなくちゃ
君がいなくちゃ
/佐野元春 & THE COYOTE BAND

03.04 release
-single(iTunes限定配信)-



境界線
境界線
/佐野元春 & THE COYOTE BAND

04.22 release
-single(iTunes限定配信)-


blood moon
BLOOD MOON
/佐野元春 & THE COYOTE BAND

07.22 release
-album-


シャンデリア
シャンデリア/back number
12.09 release
-album-
(初回限定盤A 特典DVD)




akira_musik at 01:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)REVIEW 

December 12, 2015

12/5 PLECTRUM@名古屋 CLUB ROCK'N'ROLL

■12/5(sat.)@名古屋 CLUB ROCK'N'ROLL
"CLUB ROCK'N'ROLL 23th ANNIVERSARY!!! 『Add some music to your day』"

CAST↓
PLECTRUM, Swinging Popsicle, ハックルベリーフィン, ノロッストリオ

アドサム

1. Japanese Disco Is Fun!
2. Stand By Me
3. Maybe Tomorrow
4. Uptown Girl
5. Flow
6. Till I Die Again


Vo. Gt. / Taisuke Takata
Gt. Vo. / Akira Fujita
Ba. Vo. / Manabu Chigasaki(KIRINJI)
Dr. Vo. / Nobuyuki Mori



Swinging Popsicleの新作「flow」発売イベントに呼んで頂きました。ポプシの皆さん、ありがとう!音源もとても良くて、歌の力って凄いと改めて思います。

この日は久々の名古屋でのライブ。野口くん(サツキモノ)のご厚意で、野口くんの車での移動。僕は、朝早くの集合時間にタイちゃんの「今どこ?」電話で起きるという見事な遅刻をやらかしてしまい、皆さんに平謝りからのスタート。珍道中の幕開けかと思いましたが、快晴の新東名、道中すこぶる順調で、予定時間より少し早く到着。
続々と、この日の出演者がライブハウスに集結。旧知の顔ぶれに僕は変な気負いはなく、心地よい空気のまま気持ち良くステージに立つことができました。久しぶりの名古屋ということもあり、特に終盤は気持ちの入ったいい演奏だったと感じています。とても楽しかったです。来て下さった皆さん、ありがとうございました。

前回の下北沢、そして今回名古屋にて、他の出演者を観て、同じ時代をサバイブしてきたミュージシャン、バンドのこだわりが、以前より磨かれた技によってより明確に僕に問いかけてきた感じがして、何だか身が引き締まる思いでした。最近自然と心の奥に追いやっていた、何だろう、自我なのでしょうか、そんな類の感情を取り戻せたような気がします。バンドは美学の塊だなぁと、改めて思いました。

2015年冬、このタイミングで、良いイベントに居合わせることが出来て本当に良かったです。



akira_musik at 03:39|PermalinkComments(2)TrackBack(0)LIVE 

December 02, 2015

11/28 PLECTRUM@下北沢CLUB Que

■11/28(sat.)@下北沢CLUB Que
"胸キュン☆アルペジオ vol.12 〜福村貴行くんの13回忌〜"

CAST↓
PLECTRUM, advantage Lucy, VASALLO CRAB75, Swinging Popsicle, Three Berry Icecream, HUCKLEBERRY FINN

munekyunillust7

1. Japanese Disco Is Fun!
2. Maybe Tomorrow
3. Motorcycle
4. Till I Die Again


Vo. Gt. / Taisuke Takata
Gt. Vo. / Akira Fujita
Ba. Vo. / Manabu Chigasaki(KIRINJI)
Dr. Vo. / Nobuyuki Mori


呼んでくれたadvantage Lucy、ありがとう♪
たくさんのお久しぶりが下北沢CLUB Queに集まって、何だか照れ臭くて、嬉しかった。20代の頃に知り合った音楽家たちに会うとやっぱり特別な思いが巡り、とにかくその姿を見れただけで僕は胸いっぱいになりました。その友達が奏でた、昔から知っている曲は、少し角が取れてコクが増したような、豊かな響きで届きました。各々、良いことも良くないことも積み重ねてここに来てるんだろうなって、音を聴いて想像しました。とても素敵でした。
ご来場くださった皆様、ありがとうございました。


今週末は名古屋へ。
バンド編成では実に2010年4月以来、5年以上ぶりの遠征。とても楽しみです。
お近くの方、師走のお忙しい時期かと思いますが、是非!遊びに来てください。



addsome


■12/5(sat.
@名古屋 CLUB ROCK'N'ROLL

CLUB ROCK'N'ROLL 23th ANNIVERSARY!!!
『Add some music to your day』

CAST↓
PLECTRUM, Swinging Popsicle, ハックルベリーフィン, ノロッストリオ


OPEN 18:00 / START 18:30
ADV.2,800 / DOOR 3,300




akira_musik at 14:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)LIVE 

October 26, 2015

ブログ

今月は佐野元春 & THE COYOTE BANDのツアーも無事終わり、最近お手伝いし始めたfumikaのキネマ倶楽部にてのワンマンライブ、そして一昨日は宇宙まお、デビュー当時から関わってきて僕的にはワンマンライブに初参加。各所とも素晴らしいステージでした。


2005年8月から始めたこのブログも気づけば丸10年が過ぎていました。ブログという言葉にも老舗感が出てきたように思います。淘汰の早い現代で未だ沢山の方が利用しているところを見ると、僕も続けている理由を見出せる気がしています。
総投稿数1018件。始めた当初は近況報告、日々の出来事をマメに書いていて、最近はライブ後の感想、参加作品紹介、プレクトラムの事などを投稿しています。僕はこのブログを主に音楽活動、その情報提供であったり、公開日記の場として使用してきました。
更新頻度が落ちてきたのはtwitterをやり始めた5、6年前から。最近は月に1度も書いていません。。。マルチタスクが苦手な性格に気づかされたゆえ、Facebookには登録していません。あとはこの内容を書くと関わっているアーティストに悪影響なのではとか、いろいろ気を使うあまり慎重になり、慎重さが普通になって、あまり余計なこと言わないのを良しとしていると、書く事がないというのもあります。もう少しお気軽でもいいかなと思うのですが、いざ文章を作成するとなると、最近特に構えてしまい、お堅い内容になりがち、もしくはネガティブになるんです。後で見返して、公にする前に削除することもしばしば。
日記という意味では完全プライベートでも良いのですが、多分続かない。感情のはけ口のような言葉を文字化するならせめて歌に乗っけたいかも(作詞もなかなか出来ませんが。。)。それより、最近だいぶ滞ってるからそろそろ書かなきゃと、少し仕事化している方が性に合ってると思います。こういった場があることで気持ちの整理もつきますし、見知らぬ誰かに手紙を書くようなイメージがちょうどいいのかもしれません。小説のように流暢、もしくは新聞のように的確かつ無駄のない文章を作ってみたいのですが、読み物に疎いので出てこないのは仕方がない。でもいつか、かっこいい記事を投稿したいとも思っています。

こんな感じで11年目のこのブログ、のんびり更新し続ける所存です。アッキー最近何してるかなって、たまに覗いてもらえたら幸いです。
これからも宜しくお願いします。



akira_musik at 05:32|PermalinkComments(7)TrackBack(0)DIARY 

September 26, 2015

9/23 PLECTRUM@下北沢GARDEN

■9/23 (wed.)@下北沢GARDEN
"HILL VILLAGE FESTIVAL in GARDEN"

CAST↓
PLECTRUM, GREAT3, Mellowhead, ユウ(チリヌルヲワカ), Any, la la larks


1. Night Patrol
2. Star Bowling
3. Bookend
4. Stand By Me
5. Till I Die Again
6. Tears For Beers


Vo. Gt. / Taisuke Takata
Gt. Vo. / Akira Fujita
Ba. Vo. / Manabu Chigasaki(KIRINJI)
Dr. Vo. / Nobuyuki Mori



タイスケ


千ケ崎


もっくん


アッキー


PLECTRUM
all photos by Ayako Sofue Thanks!!



PLECTRUMのPAエンジニアとして、かれこれ10年以上携わって頂いている岡村秀和氏。この日は岡村さんの記念すべき50歳アニバーサリーイベントに、ご自身が関わるアーティスト6組を集結させてくれました。この豪華なメンツに、岡村さんがいかに素晴らしいエンジニアかがわかります。


プレクトラムここ最近のライブの中では大きなキャパの下北沢GARDEN。ステージも広めで、いつもは聴こえるメンバーの生音が遠く感じる中、メンバー各々思い切りやれていたのではと思います。その感じがなんだろう、きっと、この4人でもっと大っきなステージに立っても楽しんで演奏出来る気がして嬉しかったです。

GREAT3のステージでは「Soul Glow」と、アンコールで「マイ・ウェイ」をセッション。GREAT3というトライアングルに入ると憑依すると言えばいいのかな、何かに持って行かれる感覚、それは僕が参加していた当時と変わりませんでした。10数年振りということで大人な僕を見せたかったところですが、当時より冷静さを欠いてしまったことを少し恥ずかしく思いつつ、とても貴重な時間を過ごせました。


岡村さんお誕生日おめでとうございます。これからもよろしくお願いします。
来てくれた皆さん、見届けて下さいましてありがとうございました♪

PLECTRUM次のライブです↓↓ 是非遊びに来てください!


munekyunillust7

■11/28 (sat.)
@下北沢CLUB Que

"胸キュン☆アルペジオ vol.12 〜福村貴行くんの13回忌〜"

CAST↓
PLECTRUM
advantage Lucy
VASALLO CRAB75
Swinging Popsicle
Three Berry Icecream
+1band

OPEN 18:00 / START 18:30
ADV. 2,300 / DOOR 2,500




akira_musik at 22:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)LIVE