2006年05月

2006年05月31日

日経

d6977024.jpg日本経済新聞の最終面には連載小説が連載されている。
今は堺屋太一の“世界を作った男チンギス・ハン”である。

自慢ではないが私はこれを一度しか読んだ事がない。
前回の作品“愛の流刑地”があまりにも衝撃的であったからどうも読めないからだ。

“硬い小説”嫌いでも馴染みやすい、毎朝の男女のカラミ。
失楽園以来のドキドキを世の多くのサラリーマンが期待をしただろう。
月曜のつまらない紙面も、この1コーナーのお陰で花が咲いた。

その連載が終わって約半年。

未だに我々“サラ・リーマンブラザーズ”はあの朝のドキドキを求めている。



今朝、マン○ー味のヨーグルトを食べました。
お昼に食べた定食のお○んこうも美味しかったな。

おま。

akiradoor at 22:25コメント(0)トラックバック(0)外出先から 

2006年05月24日

電圧

58bddc22.jpg都市昨日とは時にモロイものである。

雨、雪、地震…様々な気象現象に対しての弱さは“人工物”によってもたらされる事が多かったりもする。

今日、帰り途中に目の前で電車がとまった。
地下において起きたこの現象は一瞬にしてパニック状態をもたらす。

…なんてもろいんだ。

傘が線路上に落ちた事が原因の今回の事態は、私の目の前で、そんなことを思わせたのであった。


akiradoor at 22:46コメント(0)トラックバック(0)外出先から 

2006年05月23日

カリスマ

一昔前、青山、原宿あたりには“カリスマ”がウジャウジャいた。

マスメディアの力によって量産された彼等はもちろん“唯一絶対なるモノ”へと進化したものはいなかったと記憶している。


私の中でカリスマといったら…

アントニオ猪木
ジャイアント馬場
ばってん荒川

といったところであろうか?

しかし、世の中は面白いものであり、私も“カリスマ”と呼ばれた事がある。
“三銃士”なんてのもある。

目の前で“おい!カリスマ”とか“三銃士!コノヤロー!”なんて言われはしない。

時間がたってから“カリスマだった”って言われてたり、自分の知らないところで言われてたり。

…快感である。

と、同時に感謝でもある。
“カリスマ”と呼んでくれて慕ってくれる人達。
その人達があって今の快感に繋がっているのだと。

最近こんなことを忘れて、毎日早く時間が過ぎる事ばかり考えている気がした。



私は“仮スマ”ですわ。
ヨロシク。


akiradoor at 23:15コメント(0)トラックバック(0)外出先から 

2006年05月21日

日曜日よりの使者

0e7050df.jpg天気のいい日曜日の午後。

山下達郎の声がとても心地好く響く。

人混みを知らない場所でリラックスする。

最高の贅沢である。

これでオークスが当たっていれば…。

akiradoor at 15:59コメント(0)トラックバック(0)外出先から 

2006年05月20日

秋葉原

“にゃんバーグ”

時代を先取りニューパワーな私は流行りだす前に“メイドカフェ”を数店制覇していた。

しかし今はどこも行列。
まいったものである。

メイドマッサージも魔法学園もどこも行列。

まいったものである。


雨がやまない。

帰れない。



akiradoor at 17:24コメント(0)トラックバック(0)外出先から 

うまっち

ちょっと前に競馬法の改正があり、それまで
“学生、生徒、未成年者は勝馬投票券の…”
つまり、↑こいつらは馬券を買ってはいけなかったのだが、“学生、生徒”であっても未成年でなければ買えるようになった。
それから私は勝馬投票券を自らの手で買ってはいない。

“スポーツとして”の競馬にはまっていた時代はまさにこの“学生、生徒、未成年”の時であって、ここ最近は殆んど手をだしていない。
そんな私が先日の天皇賞(春)に超久々に投資をした。
京都にいた友人に買ってもらうという手段をとったため、私はJRAのIT革命にこの時気が付くことはなかった。

まず、買い方に悩む。
私が記入をしたことがあるのはまだ連単式馬券が導入されるまえであったため、複雑になったマークシートの記入方法がわからない。
両面印刷になった事すら忘れていた私。
“東京、11R、前日発売”
にマークをすることも忘れていた私。

さらに度肝を抜かされたのは、払い戻し機で当たり馬券を払い戻した後で購入機で買おうとして払い戻し機にならんだら、今は一つの機械で両方できるではないか!

…知らなかった。

やるな!JRA!

今年は負けなしの競馬予想。
果たしていつまで続くか!



現在の戦績
1勝0負



akiradoor at 16:51コメント(0)トラックバック(0)外出先から 

2006年05月19日

とんでも法

共謀罪なる法案の採決が見送られた。

当たり前田のクラッカーだ。

こんな法律があったら私は何度も逮捕されてしまう。

テロ組織や暴力団を対象にしたものだというが、私をテロの首謀者だなんていわれたら逮捕されちゃう。

当方見聞録で実現するつもりなんてないテロの計画を立てたり、皇居の近くで“突撃するぞ”なんて言ったり、シムシティーでわざと飛行機をぶつけたり、怪獣を出現させたりできなくなってしまう。

とんでもない法律だ!


コイズミ政権がやった私が唯一認められるのは昨年夏に株価を急上昇させただけだ。


次のソーリは私だ。

こんなのもテロ扱いされたりして。

あいむそーりー。


akiradoor at 23:00コメント(0)トラックバック(0)外出先から 

2006年05月18日

e-Japan戦略

9e7ec892.jpg“日本は天皇を中心としたカミノクニで…”

誰も評価しないかつての森内閣。
しかし、誰もが忘れていたものがひとつある。

e-Japan戦略である。

2005年までに光ファイバーを中心とした世界一のITインフラ国にするというものであったと記憶している。
それが実は現実になっていた。
しかも低料金。

携帯インターネットもすごい普及率である。
これも日本は世界一。

ちなみに携帯インターネットの普及率が高い国は箸を使う国らしい。
手先がキヨウじゃないとなかなかできないから。

今では“楽天市場はどこにあるんだ?”なんて言う人もいなくなってきたこの国。

これを使わないわけにはいかない。


昔ちょびひげの役者がいっていた
“人生に必要なのは夢と希望と、ほんのちょっとのお金である”

我々はバクではないので夢だけではいきていけない。

夢と希望の為にお金を調達しなくてはならない。
その為に今、有効な手段はこれを使う事ではないのか。

今、事務の仕事をしている。
実は会社にいなくても出来ることだらけである。

Winnyだの個人情報保護法だのめんどくさい問題もあるが、これだけインフラが整っているのだ。
時間や場所にとらわれず、個人の裁量でできることって沢山あるはず。


ちょっと活用してみたいものである。


akiradoor at 23:47コメント(0)トラックバック(0)外出先から 

2006年05月16日

思い出

939f1c08.jpg人生を重ねると“思い出”が増えるものである。

そしてカタチアルモノはなくなっていく。


交通博物館

神田に“あった”それは電車好きにとっての聖地であった。
電車好きなチビッコはあきもせず、この建物へ足を運んだ。

私もその一人であった。

自宅からそんなに離れていなかったそこは、今は亡き父親によく連れていってもらった。
閉館時刻までいて、肉の萬世でご飯を食べて帰るのが当時の最高の贅沢であった。

その交通博物館が5月14日で幕を閉じた。

私は最後にもう一度と思い、閉館前に足を運んだ。

十数年振りに訪れたそこは当時の面影を残していた。

そこへもう行く事はできない。

また思い出の地がひとつなくなってしまった。


さみしいものである。


akiradoor at 23:11コメント(0)トラックバック(0)外出先から 

2006年05月08日

マックライフ

f671b152.jpgアップルユーザーになった。

しかし。
実際のところ、以前から使用しているWINDOWSマシンの方が今も使用頻度が高い。

まずは、ソフトがない。
中学生の時にかなりの無理をしてかったPC-98から数えて数年。
私自信が完全WINDOWS対応なカラダである。

でも、一つのきっかけになった
“WINDOWS”は会社で嫌というほど使っているからいい。
ということ。

それにしても、今回の買い物は完全に“衝動買い”である。
先日書いた“クリエイター発言”はいい訳である。
ええ、いい訳です。
完全にいい訳です。
ただ、欲しい衝動にかわれたんです。
だから、値切りがきかなかったからいろんなおまけをさせてまで買ってしまったんです。

それにしても、恥ずかしいぐらい使っていない...。
ネットサーフィンはマックをつかっている。
でも、持っている機器がすべてWINDOWS対応という想定外(?)の事態。
それらを使うために結局WINDOWSマシンを立ち上げてしまう。
マックを使うなんて、ちょっと前までは考えていなかったので仕方ないといってしまえば仕方ない。

持ってるマックにはインテルが入ってる。
よし!WINDOWSを入れよう...

今は大きなiPOD...





akiradoor at 01:52コメント(0)トラックバック(0) 

2006年05月07日

ゴールデン!!

ゴールデンウィークとは、またたいしたものである。

名前の発祥は映画業界だといわれているらしい。
“お休みばっかりでお客さんがたくさん来るから幸せだー!”
という所から名前がついたらしい。
でも、支払う方になってしまった私にとってはちょっち厳しい連休であった。

そんななか、マックな一日から始まった私のゴールデンウィーク。
案外お金を使っていないように見えるがそうではない。

メイドマッサージに始まり、演奏会、打ち上げ、宴会、大人の事情、などなど。
大変なものである。

それでも、社会人2年生は遠くへいかず、地元へ残る人間が多かった。
そのため、「ちょっと会おう」なんてこともあった。

クリエイターを目指す人間がいる。
作家だったり、グラフィックだったり。
そんな人たちと話をしていると、なんだか刺激されちゃう。
最近、どうも行動力が低下している私にとって大きな刺激である。


「こんな話を作った」という作家希望の人間。
「それは,,,まほろまてぃっくだよね」なんていってしまう私。
そんな話をしていると「俺の方ができんじゃねえ?」なんて恥ずかしいことを思ってしまう自分。

自分はグラフィックのセンスは好きな癖して全然ないから尊敬しかないんだけれど,,,。

某企業の“適職診断”によると「クリエイター向き」なんて出ていた私。
そんな彼らに刺激され、とある悩みをかかえた私はまた、マックの前にいた。

マックの前に。

そう、マッキントッシュの前に。
「マック漬け」であった今回の連休。

〆はマッキントッシュ。

形から入る私は気がつくとマッキントッシュの前にいた。

そして、手にはあこがれのマッキントッシュがぶら下がっていた。

カードで分割払い。
会社員だからできる贅沢。

iMac...周囲の反対もあったがインテルチップの型だ。

やってしまった衝動買い。

ボーナスをたくさんもらえる様に来週、上司に頼み込むか....、

買ったときは快感。
買った後は...よかったのか?

いやいや、いいんだ。
ヒルズクリエイターへの道、第一歩。

ソフトがない.........。

ようし!まずはwindowsのインストールから...




akiradoor at 01:58コメント(0)トラックバック(0) 

2006年05月06日

マックな一日…その2

76edfc22.jpgゴールデンウィークも残りわずか。

そんな中、マックな生活が続いている。

マクドナルド。
現在の日本におけるジャンクフードのリーダーといってもよいであろうそれは、確実に日本人の身体を壊している。

しかし「マック」と呼ぶのは東日本に限定されるらしく、関西圏では「マクド」といわれているようである。

なぜか。

それは「マッキントッシュ」との差別化が…全く関係はしていないと思う。

しかし、今の私にはとっても関係している。
マッキントッシュが欲しい症候群なのである。

さあ、残り少ない休日をエンジョイしにいこう。


akiradoor at 13:58コメント(2)トラックバック(0) 

2006年05月05日

アダルトなこどもの日

「今日は何の日だっけ?」

こどもの日である。

私は大人になってしまった。

それなりに「大人の事情」も発生してしまう。

ああ、ピーターパン。
そんなことを考える子供の日であった。

akiradoor at 23:55コメント(0)トラックバック(0) 

2006年05月03日

マックな一日…デビュー!

以前から、桃族の稽古帰りに“Macがいい”という話をしている。
私は、以前から周囲との互換性を考え、Windowsしか使っていない。

しかし、話を聞けば聞くほど、店頭のMacをいじくればいじくるほど、Macが欲しくなる。

そんな私に、ふとした拍子に突然訪れた“マック生活”

気がついたら、そこはなんとも言えない世界であった。

続きを読む

akiradoor at 23:59コメント(0)トラックバック(0) 
Now!
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ