林アキラの「AKIRAKIA」

ある時は音楽家、ある時は役者、そしてまたある時はさすらいの旅人林アキラのつれづれ日記。 不定期更新ご了承下さいまし。

ここ数日、夜になると涼しくなって、
外を出歩く時の服装が難しいです。
5月も終わりが近づいて来ましたね。
今年は春から音芸の授業やネバーランドの稽古といった
レギュラーで時間枠の決まったお仕事があるので、
曜日感覚や日にちに関しては迷いが少ない感じ。
その反面、
「えっ?もう月曜日?」
「えっ?水曜日になっちゃうの?」
ってな感じで時間経過に追われる場面多し!
故に課題、教材作りや読譜にバタバタしております。
ここに夏以降「ダディ…」のお稽古が本格化してきたり、更にそのあとに控える予定が続くと…(*_*)

いや、今はとにもかくにもやるべき事をしっかりこなさねば!

ここのところおみくじを何回かひく機会があったのですが、
「吉」、「小吉」と言ったなんかホッとする結果が続いて内心ちょっぴり嬉しかったりして…

体も無理のない範囲で動かして夏に向けて体力つけとかなきゃ。
あまり考えたくないけど、
予報によるとどうやら今年の夏は「スーパー猛暑」になりそうだと…(-_-)

頑張るぞ〜(^-^)

なんなんでしょ、この真夏日の暑さ。
体がついていかない〜っ!
まあ、このあとはワタクシ基本建物の中にいるからいいものの、
ビックリです。
新緑が美しく輝いているのを見るのは気持ちいいんですけどね。

さ、お昼ご飯食べたら頑張って作業、作業。
こちらをご覧の皆様もお身体ご自愛下さいね。

「音楽博士のうららかコンサート」、知人、友人、家族からも観たと言う連絡がたくさん入り、嬉しかったです。
コメントいただいたまささん、
ありがとうございます。
自分が作った楽曲が歌い継がれたら、これ程嬉しく、しあわせなことはありません。
どうか末永く皆さまに親しんでいただけますように…
 
さて、今日はワタクシの好きな音楽ジャンルのお話をば。
ブラスセクションが前面に押し出されたブラスロック。
シカゴやチェイスと言ったグループが有名ですね。
1960年代末から1970年代、これらのグループの音楽と出会った時、「なんてカッコいいんだ!」
と聴きまくりました。
中でもシカゴの「イントロダクション」や「長い夜」、
チェイスの「黒い炎」はエレクトーンでもよく弾いていました。
吹奏楽部出身の方は演奏された方もいるのでは?
なんかムシャクシャしてる時に、きらびやかなブラスサウンドが鳴り響くの聴くと、
もう
スカ〜ッ!
(お、珍しくデカ文字!)
って感じ。
実は昨夜久しぶりに「黒い炎」聴いたら
(別にムシャクシャしてた訳じゃないんですが…(^^;)
ついつい次々色々聴いてしまいました。
久しぶりにエレクトーンでも弾いてみようかな。

さてさて、本日放送されたおかあさんといっしょファミリーコンサート
「音楽博士のうららかコンサート」、
お楽しみいただけましたでしょうか?
音楽面でも視覚面でも、仕掛けがいっぱいの今回。
関係したすべての人達の知恵と努力と汗の結晶が
本日放送されたコンサートです。
先日お話した新曲はオープニングで歌われた
「地球まるごとコンサート」。
井出隆夫先生の作詞、オーケストラアレンジは櫻井映子さんで、幕開きにふさわしく楽しく元気で、
自然に手拍子につながる曲を目指しました。

実は今回、音楽スタッフとしてお声掛けいただき、参加していたため、
企画段階からチームの一員となり、
ホールに入ってからは舞台稽古から初日まで、
ずっと客席後方で見守っておりました。
(最終通し稽古では会場にいらしたおさむおにいさん、
けんたろうおにいさん、ひろみちおにいさんともご挨拶出来ました。)
初日に初めて御披露目の曲だったにもかかわらず、
客席から手拍子が自然に起きて、
思わず感動して涙が出てきたワタクシでした。

だいすけおにいさんからゆういちろうおにいさんへ、
スタジオだけでなく、ホールコンサートもしっかりバトンタッチされて、
「おかあさんといっしょ」は日々前進して行きます。
幼い頃、「ブーフーウー」に目を輝かせて、
眞理ヨシコさんといっしょに「おもちゃのチャチャチャ」を歌い、
砂川啓介さんと「元気に一、二」をやっていた私がいたように、
きっと今回のコンサートを観て、
「ガラピコぷ〜」に目を輝かせて、
ゆういちろうおにいさん、あつこおねえさんと
「アイアイ」を歌い、
りさおねえさんと「パント」、
よしおにいさんと「ブンバ・ボーン!」で体を動かし、
だいすけおにいさんが加わった「ぼよよん行進曲」では
飛びはねながら歌うおともだちやおとうさん、おかあさんが日本中にいたことでしょうね。(^-^)

受け継がれて行く「おかあさんといっしょ」…

福田和禾子先生のコンサートの時に歌わせていただいた曲のタイトルどおり
「おかあさんといっしょいつまでも」…

これからも「おかあさんといっしょ」、応援宜しくお願いいたします。

卒業生のひとり
アキラおにいさんより

午前中音芸の授業を済ませ、
お昼休み挟んで午後一でもうひとつボーカルレッスンこなして
帰ってから教材作りしている途中に郵便物受け取ってふと気づけばもう夕方。
最近日が長くなりましたね〜。
初夏なみの気温だし。
今度は建物や乗り物の中が涼しくて、外 が暑いと言う気温差に気を付けなくては。
少し前までは逆だったのに…(^^;
このあとは鍵盤に向かって諸々おさらいの時間。

さて、お知らせをひとつ。
5月3日から6日までNHKホールにおいて
「おかあさんといっしょ」の春のファミリーコンサートが開催されました。
その中の新曲を作曲させていただきました。
今回のコンサートは3月に番組を卒業されただいすけおにいさんがゲスト出演し、
新しいおにいさん、ゆういちろうおにいさんの
記念すべき初のホールコンサートでもあります。
このコンサートが14日日曜日の夕方16時から
Eテレで放送される予定です。
内容や楽曲に関しては、ご覧になっていない方々のためにここでは触れずにおきます。
(もしこちらをご覧の方の中で、会場に足を運ばれた方がいらっしゃいましたら、
その方々もこれからご覧になる方のために…
宜しくお願いいたします。)
ぜひ、放送を楽しみにお待ち下さいね。
ひとりでも多くのちいさなおともだち、
おとうさん、おかあさん、おにいちゃん、おねえちゃん、おじいちゃん、おばあちゃん…
早い話、「おかあさんといっしょ」ファンの皆さまに
楽しんでいただけますように!(^-^)

そう言う自分も放送日は予定入ってて出掛けちゃうので、
既に録画予約してありますです、ハイ。
(^-^)v

まずまずのお天気で大きく崩れる心配はなさそうな東京です。
ワタクシはお仕事がらみで建物の中にいる時間がほとんどなのでちょっぴり残念。

教材用の楽譜作りながら改めて思ったこと。
今や楽譜上ト音記号やヘ音記号ってあの絵柄
(絵柄って言って良いのかしらん?図柄?記号柄?)
が当たり前だけど、
見た目のインパクト、結構ありますよね。
なんとも言えない美しいフォルムだと思う。
今でこそ私含めて打ち込み楽譜が多くなっちゃったけど、
手書きの楽譜だと、作曲家や編曲家の個性が出てておもしろいんですよ。
音符もそう。
性格とかも出るんだろうなあ…

さ、それではまたお仕事に戻ります。

皆さま良い連休をお過ごし下さーい!(^-^)v

7235b309.jpg
9cda635f.jpg
b0a0ecbc.jpg
お天気急変にびっくり!
午前中音芸の授業を済ませて、
お昼食べてタイミング良く一旦部屋に戻ったあたりから
雷さまがゴロゴロ鳴り渡って…
気温と湿度のバランスからも体調崩し安いから、
大型連休、気を付けましょうね。

つつじや新緑が美しい時期です。
先日撮った写真を数枚添えておきますね。
ホッと一息ついていただければ幸いです。

午前中「音芸」の授業を終えて、
先ほど遅めの昼食を済ませ、
このあとのネバーランドの稽古前にお茶飲みながらひとやすみしております。

さて、前回の記事で別役実さんの「スパイものがたり」のタイトルを出しましたが、
以前青山円形劇場で、初演でスパイを演じられた常田富士男さんが再びスパイを演じたバージョンをラッキーにも観る事が出来ました。

この作品の中には名曲「雨が空から降れば」があります。
詞はもちろん別役さん、そして作曲は小室等さんです。
この曲は色々な歌手の方がカバーしております。
どのバージョンを聴いても、
そして自分で歌ってみても、
いつもいつも自然に涙が溢れて来てしまいます。
なんなんだろうな〜、この心の襞に触れまくる哀愁、郷愁、優しさ、切なさ…
どんな歌手が歌ってもそれぞれの個性にピタンとはまってしまう楽曲の凄さ。
お聴きになった事のない方は是非一度聴いてみて下さい。
もう一度言います。
「雨が空から降れば」
名曲です!

深夜寝る前にテレビつけたら2013年に放送された
全国高校演劇コンクールのドキュメンタリー番組の
再放送をやっていて、
ついつい観てしまいました。
皆さん青春していて、こちらもなんか素直に感動してしまいました。
と、同時に自分の高校時代を思い出して無性に懐かしくなってしまって…
中学、高校と演劇部に所属していた自分も
部活に精出していたなあ…と。
当時、静岡県の中部地区の高校演劇部が
作品を持ちより、上演する
「中部高校演劇合同公演」
(略して中高演)
と言うのがありまして、
それに3年間参加しました。
1年生の時は木下順二:作「赤い陣羽織」(音響担当)、
2年生の時は野田市太郎:
作「高等学校数学機廖塀弍蕁法
そして3年生の時は随分背伸びして、
T.ウィリアムズ:作「ロング・グッドバイ」(出演)。
なんか作品の色が見事に違ってて、
思わず笑ってしまう…(^-^)

昨年山田和也さんのワークショップをお手伝いした際
話していたら、
偶然にも山田さんも「高等学校数学機廚忙廚そ个ある、
と話が出て二人で盛り上がってしまいました。
台本を持っているので持っていって山田さんにお見せしたら、
「懐かしい〜!」
と、もうひと盛り上がり。

他の学校の公演を観るのも楽しみで楽しみで、
別役実さんの作品を知ったのもこの中高演でだったなあ…
「堕天使」を上演した学校があって、
なんか衝撃的だった記憶があります。
(後で知ったのですが、僕が入学する前の年に、
うちの高校の演劇部がなんと別役さんの
「スパイものがたり」を文化祭で上演していた!
別役作品でしかもミュージカルですよ。
結構ススンデたんじゃん、うちの高校!)

残念ながら自分が卒業してから数年後、
演劇部は部員が集まらないままみんなが卒業してしまい、
廃部…
この悲しいケース、結構ありますよね。
特に文化系は…(^^;

ここをご覧の皆さんにも部活動の思い出って
色々おありでしょうね。
運動部、文化部それぞれに。

その延長上で舞台のお仕事出来てる自分は幸せ者だなあ、と
つくづく思うのでありました。


この4月から音響芸術専門学校(以下音芸と略させていただきます。
学校でも略名で呼ぶことが多いので
(^-^))
の講師を務めさせていただいています。
一年生、二年生共に「ボーカルテクニック」と言う講義名で
先週からスタートしました。
学生の皆さんに分かりやすく、楽しい講義を進める事が出来るよう、カリキュラムを立てています。

で、今日はお仕事3本立てのスケジュールです。
午前中音芸の授業、昼から一本別のボーカルレッスンを担当し、
夕方から夜にかけてネバーランドのお稽古。
なので、エネルギーちゃんとチャージするために
1日のスタートは朝食から。
という事でしっかり朝食取りました。
ブランのパン、野菜のスムージーポタージュ、フルーツトマトにバナナに愛媛きよみ、
そしてアーモンドミルク。
健康的でしょ?
どうしても楽譜作業とかで夜型になると朝食抜いちゃうことがあるのですが、
最近は食べられる時は出来るだけ負担のかからないものをしっかり取るよう心がけております。
では、今日もスタート!
行ってきま〜す。(^-^)v

このページのトップヘ