2015年06月03日

アグニヨガ 火の世界 

これは今 重要な教えです。是非お読みください

普通の人々が将来の安全に関して考えないのはあまりに重要な問題です。神話は金銭の時代についてすでに語っていますが、それによれば人々が金銭に異常に固執してしまう時、金銭の対極にある火が接近するということです。

多くの人々が火によるこの惑星の決定的破壊のことを本などで読んではいるでしょう。二千年前に火が地球を滅ぼすことが指摘されました。数千年前には賢者たちは火による危険を人々に警告しました。科学ではこのような予知は不可能です。だれも惑星規模の思考はできないからです。

ですから我々はこの脅威を警告します。人々が逃れることはとても難しいことです。しかしこの天命を憎んではなりません。我々はみなさんに助けの手を差し伸べます!

<シェアリング>
***火に触れたら破壊はもちろんですが、すべての記憶が消去されるのですね。

そうです、いいこと言っていただいたと思います。宗教や、精神世界の指導者たちは記憶の保存にもとづいて発言しています。それが集合的なものであれ、個人の刷り込みであれ記憶の反復に過ぎないのです。火はこれらのすべてを破壊します。

今までの教えは何も残らなくなりますし、それをセミナーなどで伝えていた人たちでさえ覚えていられなくなります。彼らは精神の向上のために働いたのかもしれません。しかし例外を除けば消されてしまいます。リーダーたちはこういう厳しい現実をどう思うのでしょうか。彼らは力が足りなかったのです。

***その例外というのはどういうことですか。

白色同胞団とマハ・チョ―ハンといわれる勢力に守られれば、記憶は保存されます。良いものや美しいものをさらに発展させる方法を死後界で教えてくれますが、その前に同胞団の仕事をするように命令されます。

しかし記憶は保たれているのでこの人たちは自己の霊の神話性を継続できるのですが、それは簡単には説明できません。地上において自分の霊統を守っているのはいい場合がありますが、同胞団に認めてもらえるかどうかが鍵です。

こうした主観への傾斜はやむを得なかったのですが、今は大至急転換しなければなりません。死んでみるまで分からないというのではリスクがありすぎるからです。

***ではセミナーの主催者、霊能者、占い師などは危険になるのですか。

一番危険の淵にいる人たちです。なぜなら他者に影響をあたえるからです。ここにいて同朋団の意図のために働く人は危険から逃れられますし、仮に死んでも莫大な幸福を得られます。

***火はお金を破壊するのですね。

生きていくためにお金は今は必要ですが、もうすぐ通用しなくなります。火はすべての個人財産を奪いますから、理想的には少し先に放棄しなければならないでしょう。






---------------------------------------------------------------------
akiranaoi at 00:08│Comments(0)修行 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
直居 あきら
ミスティック
アストロロジャー
詩人

2022年の仮説終末への
ことばのシャワーです。
Archives
Visits
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Total Hits
無料カウンター
Recent Comments