あ〜今日は無性に
katu
が喰いたいなぁ〜


そう言っている、もしくは既に食べている偉い人がいたら、こうツッコミましょう。
DSC04474
ってなわけで(どんな!?)、今日はボードゲーム「カツカレー喰ってるばあいか!?」の開封の儀です〜。
上写真は外装。


カレー色な箱にシンプルだけど、どこか可愛らしい、そしてカツカレーと一発でわかるイラスト ステキ


先日のゲームマーケット2014秋で入手した本作。
ちらほら名前を聞いて気になっていたので買っちゃいました〜


ではでは、いつもの開封の儀のとおり、箱裏も堪能しましょう〜。
DSC04475
プレイヤーは責任野党の党首なんだwww
いいですね〜


どうやら適正価格を模索するゲームのようです。
製作はチキンダイスゲームズさん。
ゲームデザインは、以前当ブログで紹介したボードゲーム「エイジ・オブ・クラフト〜大建築時代」と同じ、北条投了さん。


プレイ可能人数は4〜6人。30分程度ってのもイイですね
楽しみです
(今日は開けるだけだけど)



■2種類のカード


さあ、早速開封〜
DSC04476
実父付きのビニール...もとい、ジップつきのビニールに入っているカード2種類。
そして説明書が出てきました〜。


カツカレーが来るかと思いきや、すきやきが。
イイですね。「お。すきやきもあるのかー」と思いました。
(そりゃ全部カツカレーで、色んなカツカレーの適正価格を模索ってことはないでしょww)


では、カードたちを見ていきましょう〜
まずは、お金カード(名称はテキトー)
DSC04477
70円に始まり、最高額は、1200万円!
いろんな金額のカードがあって、これらをプレイヤー達に配りきってゲームをするようなので、色んな価格が出せるってことですね〜


カードの裏面は...
DSC04478
渋い。
モノトーンがカラフルな商品カードを際立たせますっ


そしてカラフルな商品カードは、こんな感じ。
DSC04479
商品カードパキッっとした色がステキ
そしてどのイラストも可愛らしく&わかりやすいです


カードの内容は、もちろんカツカレーに始まり、海外旅行、カップ麺、誕生日プレゼント...清き一票までww
さらっと説明書を読んだ感じだと、中央に置かれた商品カードを1枚めくり、それについて各プレイヤーが適正価格と思う金額を手札から出すみたい。


そして一番高い金額を出した人が落札者なんだけど、次に高い金額カードと比べて2倍以上の差があると、落札者が次点に移るって感じ。
まあ、詳しくはリプレイ編をいずれ書くと思いますのでそちらで。


商品カードはランダムに出されるんだけど、ある程度段階があって、カードの裏に...
DSC04480
A〜Dまで印字されている。
それぞれのレベル内はシャッフルするのでランダム。


これらをDが一番下で、Aが一番上になるように順に重ねていくみたい。
Dは一枚しかなくて、清き一票ww


■同点の場合


開封したら、もちろん説明書の読み込み。
読み込みってほど量がないので、サラッと読めました


文中に、とても気に入った箇所が
同点の場合は、より数字の高い商品カードを得ていたプレイヤーが優位とします。それでも判定できなければ、そのプレイヤー同士で「古今東西現役の代議士」もしくは「腹痛ガマン競争」を行って、決着をつけてください。
(出典:カツカレー喰ってる場合か 説明書)
腹痛ガマン競争www


オレ自身あるわー
こういう感じ、大好きです
プレイが楽しみだわー


「カツカレー喰ってる場合か!?」は、amazonに売ってるみたいでーす。
カツカレー喰ってる場合か!?
カツカレー喰ってる場合か!?


プレイしたらリプレイ書きますね〜
【リプレイ貼り付け予定地】


ではまたっ