2014年09月

2014年09月28日

こんばんは。
はぐれミーシャです。

疲れました。
ある大きい仕事に関わったので、エネルギーを使いました。
たくさんの最高の出会いがありました。
感謝です!!!

今週はかなりハードでしたが、ようやく平穏な日々が訪れる(←のだろうか?)。
月曜日は久しぶりの休みなので、ゆっくり休める(←のだろうか?)。

それでも、授業はやってくる。
日曜日も6コマ授業です。
疲れていても、いつも元気に授業をしています。

最近、ある学生と地下鉄の中で話していた時のこと。
はぐれミーシャ「最近さ、おれの冗談、だんだんおかしい方向に行っているよね?」
学生「最近の先生のユーモアはすごいです! この前の『黄身』の話は最高でした」

最初、「黄身の話って、何だっけ?」と思ったのですが、学生に説明してもらって思い出しました。

はぐれミーシャ「卵はさ、黄身がおいしいんだよな。白身なんかぐちゃぐちゃして、味もないじゃん。何のために白身はあるんだよ? 何のためだと思う? (学生たち、ちょっと考える)黄身(キミ)を守るためにある。なんちゃって。おあとがよろしいようで」


拍手が起こりました。
自分でも笑っちゃいました。
こんな冗談を考えたことはなく、とっさに出た言葉だったのです。

よく学生たちもこの冗談のオチの意味がわかったよなあ。
学生たち! 君たちは偉い!

自分では勝手にオリジナルの冗談だと思っているのですが、もしかしたら私よりも先に同じようなことを言った人はいるかもなあ。
ちょっと落語に出てきそうだなあと思ったりもします。

つい最近、見学に来た日本人の人に「先生の授業って、落語を見ているみたいですよ」と言われたことがあります。

実は私の個人教室はいすが5つしかなく、ほとんどの学生はじゅうたんを敷いた床に座っています。
私も床に座って授業をしています。
とは言っても、直に座るのではなく、うちのベロニカちゃんが作った座布団を敷いています。
そして、私の前にはコンピューターを置くための折り畳み式の低いテーブルがあります。
それは落語の時に使う台のような高さなのです。

座布団の上に正座して、目の前に台があるということもあるのですが、私の説明は芝居仕立てのようにすることが非常に多いのです。
一人で数人の役をやりながら説明するのは日常茶飯事。
そこが落語っぽいのでしょうか。

でも、こんなことを書くのは恐れ多いなあ。
だって、落語の世界ってすごいと思うんですよ。
動画サイトで時々、落語を見たり聞いたりしていますが、普通の人が友達に楽しい話をするのとは全然違う世界ですもんね。
芸術の世界ですから。

それにしても、疲れた!
早く寝よう!!!
そして、明日も楽しい授業をしよう!!!!!

akiravich at 04:06コメント(0)トラックバック(0) 
日本語教師の仕事 

2014年09月19日

こんばんは。
はぐれミーシャです。

様々な理不尽なことにも負けずにがんばっています!!!(←また変なコメントが来るかしら?)
人の質問に答えないっていうのは楽でいいんでしょうね!!!!!(←またまた変なコメントが来るかしら?)

今、ミンスクは夜の11時過ぎ。
結構寒いです。
今までは薄手のパーカーを着て、外を歩いていましたが、今は少し厚めの服にしています。

木曜日は結構大変な日です。
授業数は他の日よりも少ないんですが、大学の一年生の授業と個人教室の初心者クラスがあるのです。
まだ勉強を始めたばかりの学生たちの授業はとてもエネルギーを使います。
グッとこちらの世界に引き込んでいかないといけないので(←抽象的な説明ですみません)。

よく聞く言葉があります。
「一年生は簡単だから、大丈夫ですよね」

「一年生を教えるのはそれほど難しくないから」と言って、経験が浅い人や教師としてのスキルがない人に授業を任せるということがあるのです。
でも、一年生って難しいんですよ。
最初の段階でちゃんと教えないと、後々まで響きます。
発音なんか特に、ですね。

それにしても、今日はエネルギーを使ったなあ。
ずっと話しているので、口の中が切れたりすることがあります。
今日は舌の右側が擦れて、ちょっと痛いです。


今日、地下鉄の中で学生のカーチャさんと話しました。
私が最近、SNSなんかでメールを書くときにをつけるようにしているという話になって。

そこで、私が思い出したのはある女子生徒に言われた言葉。
生徒「先生からSNSでメッセージをもらうのが怖いです」
はぐれミーシャ「なんで?」
生徒「先生はメッセージにをつけないからです」
うーん、それって重要なのか・・・

まあ、その子に言われたからではないのですが(←言われたのは2年前だし)、最近はメッセージの中に☺を多用しています。
なんとなくです。
そのほうがもらったほうも気持ちがいいかと思って。

しかし、カーチャさんからは全く逆のことを言われてしまいました。
カーチャさん「最近、先生からのメッセージにはがよくありますが、怖かったです」
はぐれミーシャ「なんで?」
カーチャさん「何か、皮肉なのかと思いましたから・・・(笑)」

俺にどうしろっちゅうねん!!!

まあ、いいや(←いいのか!?)
これからも使おうかな〜♪、どうしようかな〜♪(←真剣には悩んでいない)

それよりも実際の生活の中で本当の笑顔でいたいものです!!!

akiravich at 06:01コメント(2)トラックバック(0) 
日本語教師の仕事 

2014年09月18日

こんばんは。
はぐれミーシャです。

最近のミンスクは結構涼しくなりました。
朝、外に出たら、息が少し白かったです。

体温調節が難しい時期のようで、風邪をひいてしまう人も。
龍二くんもちょっと熱が上がってしまい、明日は幼稚園に行けないかも。

相変わらず忙しいです。
個人教室の学生も私が担当するだけで50人以上。
私が教えている人の数は今現在、150人を超えています。

まあ、このような人数なのは最初だけ。
9月にスタートした学生がお正月まで残る確率はかなり低いです。
半分以上残っていたら、いいほうです。
現に去年の9月にスタートしたグループ、一つのグループは80%以上の高確率で学生が残りましたが、もう一つのグループは50%以下です。
9月に新しくスタートしたグループもできるだけたくさんの人が残るように頑張ってほしいものです。


さて。
今日は昨日の授業のお話し。

私の授業では最初に漢字テストをすることが多いです。
やはりベラルーシ人にとっても漢字は非常に難しいようです。
日本人だって、漢字を勉強するのは結構大変ですよね。

昨日の20時からの授業のこと。
4年目に突入したグループでいつものように漢字テストをしました。

その中に「ひじょうかいだん」という言葉がありました。
ひらがなで書かれた「ひじょうかいだん」という言葉を漢字で書けというものです。

ある学生の答えを見て、ちょっと笑ってしまいました。
そこに書いてあったのは「日常階段」。
はぐれミーシャ「『日常階段』って、普通の階段のこと?」

学生たちも笑ってました。
そういう笑う体験こそ、勉強につながると思っています。
大笑いというわけではありませんが、ちょっとクスッとしてしまう間違いですね。

でも、「日常」という言葉の漢字、正しかったよなあ。
学生たちはよくがんばっていますよ!!!


最近は仕事の合間に休憩がてら、「モヤモヤさまーず2」のDVDを見ています。
力が抜けて、ちょうどいいです。
これは学生の勉強にも役に立つかも。
ドラマやアニメの日本語って、時々リアリティに欠けるときがあるけど、「モヤさま」って、ごくごく普通の町を歩いていることが多いから、すごく身近に感じるし、出てくる町の人の言葉遣いが現実的で面白いかもと思ったりします。

明日も大変だなあ・・・
大学の授業です。
なかなかハードな毎日です。
がんばります!!!

akiravich at 00:06コメント(4)トラックバック(0) 
日本語教師の仕事 

2014年09月06日

こんばんは。
はぐれミーシャです。

いやあ、疲れました。
今日は超ハードスケジュール。
朝8時にうちを出て、うちに帰ったのは22時。

行ったところは・・・
翻訳会社→公証人役場→大使館→大学の文学部→大学の国際関係学部→銀行→市役所→大学の国際関係学部→知人と昼食→個人教室の授業
とまあ、こんな感じです。

iPhoneに入っている万歩計アプリで見ると、午前中ですでに1万歩行っていましたから。
途中で電源が切れてしまったので正確なところはわかりませんが、今日の終わりに見てみると約1万7000歩でした。
日本でかなり太ったので、ちょうどいい運動です。

9月に入って、個人教室の授業も本格化しています。
木曜日は新入生の授業をしました。
その数、28人。
かなりの数です。
外国語の授業で、一つの教室で教えるにはかなり無理がある人数です。
でも、大学なんかだとあるんですかね?

金曜日の18時30分からの授業は2年目のグループ。
このグループ、みんな冗談のセンスがよく、笑いが絶えない授業です。

今日の授業でのこと。
テーマは「〜ことができます」。
その中に「ミラーさんはテニスができます」という文がありました。
私は当然、「みなさんはテニスができますか?」と学生たちに聞きました。

学生たちの答えはほとんどが「できません」。
「できます」と答えたのは二人だけでした。

ここで、一つロシア語の落とし穴が。
以前、同じ質問をしたとき、グループで5,6人が「できます」と答えたことがありました。

ちょっと私はびっくりしました。
というのも、ベラルーシではテニスはすごくお金がかかるのです。
具体的な金額は忘れましたが、どこかの普通のテニスコートの使用料が異常に高かったのを覚えています。

なので、私は「本当にテニスができますか?」と聞きました。
すると、学生たちは「はい。でも、小さいテニスです」。

ロシア語では普通のテニスを「大きいテニス」と表現するのです。
そして、その「小さいテニス」というのは卓球のこと(「テーブルのテニス」という言い方もあります)。
「テニス」という言葉の中に卓球も含めたら、できる人は結構増えますよね。

そのことについて、私は今日の授業で説明しました。
「卓球」、そして「ピンポン」という言葉を教えました。
ちなみに、「ピンポン」はロシア語でも「ピンポン」です。

すると、7月に日本に短期留学したローマ君から質問。
ローマ君「先生、私はホームステイしていた時、ステイ先のお母さんが時々勉強を手伝ってくれたのです。そのとき、私が正しい答えを言うと、いつも『ピンポン!』と言われたのですが、どういう意味ですか?」

そうか。
そりゃあ、わからないよね。

クイズ番組を例に挙げて、学生たちに説明すると、みんな笑っていました。
ローマ君「そうですよね。変だと思いましたよ」
はぐれミーシャ「じゃあ、こういうシチュエーションでロシア語ではどう言うんですか?」
学生たち「タダーム」(←節をつけて)

おー、それは面白い、ブログのネタにしようと思って、手に「タダーム」と書いてみました。
すると、それがアラブ人にいそうな名前で。
はぐれミーシャ「タダームさんって、アラブ人でいそうじゃない?」
それで、またひと笑い。
でも、本当にいるのかな?

明日は9時から19時まで授業。
間に休みが入るとは言え、なかなかハードです。
9時からは個人教室の新入生。
結構、エネルギーを使うんです。
やっぱり、つかみは大事なので。
がんばろう!!!

akiravich at 05:43コメント(2)トラックバック(0) 
日本語教師の仕事 

2014年09月05日

おはようございます。
はぐれミーシャです。

今、朝の4時20分です。
なぜか目が覚めてしまいました。

今日は大学で今年度初めての授業。
そして、個人教室でも初心者グループのスタート。
やっぱり教室で初めて学生と会うのは緊張するものです。
ちょっと目が覚めて、そのことを考えたら寝られなくなってしまいました。

昨日、このブログに京都に行ったときの話を書きました。
そこではブログで知り合った人に会ったのですが、そのことを書いていていろんなことを思い出しました。

このブログを通して知り合った人、とてもたくさんいるのです。
ベラルーシにロシア語を学びに来る日本人留学生のサポートをしているのですが、このブログに書いた「ベラルーシでロシア語留学しませんか?」という記事を読んで、コメントをくれる人が多いのです。

ある留学生を空港まで迎えに行き、ミンスクに向かう車中で言われたことがあります。
「古○さんって、おもしろい人なんですね」

はぐれミーシャ「どんな人だと思っていたの?」
学生「ブログを読んでいて、とても厳しくて、怖い人だと思っていました」

この手のことは何度か言われたことがあります。
うーん、そんなに怖いかな?
確かにブログには結構厳しいことを書いたりはしていますが、そんなに怖い人間じゃないですよ。
ご安心を。

あと、最近、日本人留学生の数人に言われた言葉。
「うちの母親が先生のブログを読んでいます」

親御さんからすれば、自分の子どもが行っている国の情報は少しでもほしいのでしょうね。
ベラルーシ関連の情報が少なくて、すみません。



このブログを読んで仕事をくださった方もいました。
2011年、日本のある機関の方から通訳の依頼が来ました。
ある機関を通しての依頼だったのですが、その依頼文書の中にはこう書かれていました。
http://blog.livedoor.jp/akiravich/(←このブログを書いている人に通訳を依頼したい)

つまり、その機関の人は私の名前も知らず、ブログを通して私のことを知って仕事を依頼してくれたということです。
これはうれしかったですね。
ずっとブログをやっていてよかったと思いました。
その後、その機関の方がベラルーシを視察に訪れる人などに私を推薦してくださったようで、そのおかげで通訳の仕事がもらえたということが何度かありました。



最近もブログを通したうれしい出会いがありました。
8月14日、日本からベラルーシに戻るときのこと。
経由地のアブダビの空港のトランジットスペースで、効きすぎの冷房で凍えそうになっていると、突然「あのー、失礼ですが、はぐれミーシャさんですか?」。
はぐれミーシャ「はい、そうですが・・・」

その人は私のブログを読んでくださっていた人なのです!!!
しかも、ミンスクに向かう途中!!!

乗り継ぎの飛行機を待っている間、いろいろとお話しをしました。
いやあ、こういうのはうれしいですね。
実際にブログを読んでくださっている方に会う機会というのは滅多にありませんし。
しかも、アブダビで自分のブログの読者の方に会うとは!!!

その方はMr.よっしいというペンネームで、ブログをやっておられます。
漫どころ劇場
私と偶然出会った時のこともブログに書いておられます。
ベラルーシ・奇跡のたより
このサイト、ブログだけでなく、マンガも素晴らしいです。
皆さんもぜひ読んでみてください!!!


直接声をかけてきてくださるのは本当にうれしいです!!!
ブログへのコメントやメッセージももらうたびにうれしくなります。
皆さん、遠慮なくどんどんコメント、メッセージをくださいね。
もしコメント欄に個人的に私にメッセージを書く場合は、コメントの最初に「私信」と書いてくだされば、ブログ上には公開されないようにしますので。

本当はオフ会とかやってみたいんですよね。
読者の方たちと直接会う場を設けてみたいのですが、いまだに解決していない問題もあるので・・・


今日も目いっぱい仕事します!!!
寒いけど、がんばろう!!!

akiravich at 00:38コメント(4)トラックバック(0) 
日本語教師の仕事 | ベラルーシの生活

2014年09月04日

こんにちは。
はぐれミーシャです。

今日のミンスクはくもりでした。
ここ最近は肌寒い天気が続いています。

昨日から個人教室の授業が始まりました。
久しぶりの授業はちょっと調子がつかめなくて、初めてスケートリンクに出たような感覚です(←スケート未経験者の言葉)。

さて。
今日も日本へ行ったときの話をしたいと思います。
私たちは日本に着いた次の日に福井に行きました。
福井には3泊4日の滞在。

それから、私たちは京都へ行きました。
久しぶりの京都です。

京都に行きたかったというのもありますが、今回の訪問の理由は関西方面に留学している学生たちに会うため。
そして、このブログを読んでくださっている方で親しくさせていただいている日本人の方に会うためです。

福井駅からサンダーバードという素敵な名前の特急に乗って、私たちは京都に行きました。
途中の琵琶湖の景色も魅力的です。
ベラルーシも湖などが多く、美しいところは沢山ありますが、車窓から見えるところというのは私が知っているかぎりないと思います。

昼前に京都駅に到着。
私たちにとって、一つのお楽しみが京都駅にはあるのです・・・

IMG_0847それは京都駅のエスカレーター!!!
たかーい!!!
ここのエスカレーター、普通は各階で向きが変わるところなのに、ここはずっとまっすぐエスカレーターが続いていくのです。
うーん、どう説明すればいいのだろう?

IMG_0849こんな感じなのですよ。
ジャッキーチェンが見たら、映画のアクションのアイデアを死ぬほど思いつきそうな場所なのです。
正直、ちょっと怖い高さ・・・

IMG_0851でも、龍二くんはへっちゃら!
高いところが大好きみたいです。
このエスカレーターが気に入ったみたいで、次の日も乗っていました。
私とベロニカちゃんは龍二くんが生まれる前に京都で乗ったことがあったので、京都に行ったら、絶対に龍二くんを乗せてやろうと思っていたので、よかったです!!!

IMG_0862駅のそばのホテルに荷物を置いて、私たちは清水寺に行きました。
思ったより、坂道が長く、暑い日だったので、本当に汗だくになりました・・・

何とか清水の舞台まで到着したのですが、何を思ったか龍二くん、欄干から体を乗り出そうとするではありませんか!!!
清水の舞台から飛び降りてはいけません!!!

私が欄干から龍二くんを引きはがすと、龍二くん、大泣き。
ロシア語で「ちょっと見たかっただけなのに!!!」
そんなわけで、龍二くん、不機嫌。
そんなわけで、写真なし。

ホテルに戻って、シャワーを浴びて、ちょっと休み。
それから、待ち合わせのホテルへ。

IMG_0908ホテルに行く途中、私がかねてから行きたいと思っていた錦市場へ!!!
もうちょっと時間があったら、楽しかっただろうなあ。
次に京都に行ったら、たっぷり時間をとってブラブラしたいところです。

ホテルでは飲み放題・食べ放題を楽しみながら、学生や知人と楽しい時間を過ごしました。
京都には結婚したばかりのエゴールくんとサーシャさんがいます。
この二人、大学で日本語を勉強していました。
もともと私の学生ではなかったのですが、私の教室に通うようになりました。
ずっと見てきていた二人が結婚して、その二人と京都で会えるなんて・・・
日本語を教えている私にとって、学生たちと日本で会うのは一番うれしいことですが、彼らに会うのは非常に感慨深いものがありました。

サーシャちゃんは大阪大学で勉強中。
彼女がお母さんに連れられて、初めて私の教室に来た時のこと、今でも鮮明に覚えています。
まだ15歳だったよなあ。
一年間グループで勉強した後、すごく見込みがある子だったから、もう一人の女の子と一緒にうちに来るように勧めたんです。
二人で文部科学省の奨学金を目指して頑張って、サーシャちゃんは見事合格したのでした。
もう一人のダーシャちゃんを何とか日本へ行かせてやりたいなあ!!!

アーニャちゃんは京都の大学で勉強中。
彼女もうちで教えたんだよなあ。
彼女は感覚が独特で、すごく面白い子。
お酒も強くて、彼女と飲むのは楽しいんだよなあ。
私が心から信頼する学生の一人です。

そして、このブログにもコメントを時々くださる方。
いろいろとお世話になっています。
今度はぜひプロレス談義を!!!

京都の夜は最高に楽しい夜でした。
こんな瞬間があるから、つらくても大変でも日本語教師をやっていられるのです。

IMG_0925次の日の朝ごはんはラーメンです!!!
京都駅の近くの「京都たかばし 本家 第一旭」です!!!

実は東京の明大前にあった「第一旭」には学生時代に何度か行っていて、ぜひ本家で食べてみたいと思っていたのです。
今回、ホテルを京都駅の近くにとったのですが、店が歩いてすぐのところでラッキーでした。

営業時間は朝の5時から。
私たちは朝の7時に行きました。
7時30分からの「ピタゴラスイッチ ミニ」に間に合うようにホテルに戻らないといけませんから。

ラーメンはシンプルですごくおいしかったです!!!
ベロニカちゃんも気に入ったのですが、量が多く、全部は食べられませんでした。
また食べに行きたいなあ。

朝9時過ぎの新幹線で東京へ!
続きはまた今度!!!

akiravich at 05:24コメント(0)トラックバック(0) 
日本の旅 2014 

2014年09月01日

こんばんは。
はぐれミーシャです。

体がだるいです。
理由は二日酔い。
昨日、軽く昼ごはんでも食べましょうということで、日本人留学生二人とベラルーシ人学生二人を呼んだのですが、「軽く」済むはずもなく、どっぷりと飲んでしまいました。
最後のほうは記憶が曖昧で・・・

IMG_0698[1]料理は我ながらおいしかったなあ。
スペアリブです。
見た目がすごい。
うまそすぎ(←微妙な日本語)。

一回ゆでました。
本当なら香味野菜とかと一緒にゆでたかったんですが、面倒だったので、お湯で。
2時間ゆでて、柔らかくなった肉をタレに一晩漬け込みました。
タレは醤油、酒、砂糖、塩、コショウ、すりおろした玉ねぎとニンニクとリンゴ、すりごまで作りました。
それをオーブンで焼きました。

いやあ、本当においしかったです。
もっと改良したら、もっとおいしくできるかも。

今日は朝から完全にダウンしていました。
しかし、やらねばならぬことがあって。

それは9月から日本語を勉強し始める学生のグループ分け。
90人以上の学生が申込してきましたが、実際にその人数が勉強を始めることは普通はありません。
案の定、この2、3日で5人の学生が「やっぱりやめておきます」と連絡してきました。

90人に電話をして、どのグループに入りたいか聞きました。
4つのグループに分けるのですが、例年よりもスムーズに分けることができました。
最終的には82人ぐらいになりそうです。

明日もいっぱいやることがあるなあ。
仕事に関しては不確定要素があまりにも多く、どうにも動きが取りづらいです。
今はできることを精いっぱいやるだけです。

それにしても、胃の具合がよくないなあ・・・
お酒はほどほどにしよう・・・(←うそ)

akiravich at 05:57コメント(0)トラックバック(0) 
ベラルーシの生活 
livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
ベラルーシでの生活は楽しいな♪
メッセージ

名前
メール
本文