2014年12月

2014年12月30日

こんばんは。
はぐれミーシャです。

今日(月曜日)は休みでした。
先週は毎日のように個人教室のテストがあり、疲労困憊。

ある日のスケジュール
8時〜12時 1.5年生の会話試験
12時〜13時30分 2年生の筆記試験
13時45分〜18時 1年生の会話試験
18時〜22時 パーティー!

しかも、前日もパーティーで23時まで飲んでいました。
きつかった・・・

でも、学生たち、みんな楽しみにしているんですよ。
大学とは違って、個人教室は趣味の範囲で勉強したい人も超本気の人も一緒に勉強しています。
だからといって、私は授業の難易度を下げたりすることは一切ありません。
かなり緊張感を強いられる試験を課すというのも彼らにとってはかなりのプレッシャー。
その代わりと言ったらなんですが、「お疲れ様!」という意味を込めてパーティーをするのです。

日本人留学生も交えてのパーティーはとても盛り上がりました。
それにしても、4日連続はきつかった・・・


ところで。
年の瀬ですね。
そんなわけで・・・

今年のネタは今年のうちに(^^♪

今年の夏、私はベロニカちゃんと龍二くんと3人で日本へ行ったのですが、そのときのこと、書き留めておきたいと思っていながら、12月まで来てしまいました。
なので、今日は私にとって非常に印象に残った夜について書いてみたいと思います。

「印象に残った夜」とは言っても、ロマンティックだったわけでも、エロティックだったわけでもありません。
私の場合は・・・
飲みティック、食べティックです!!!

いつものように、日本滞在中、私は日本全国を飛び回っていたわけですが、そのときは山形での飲み会でした。
ベラルーシでFacebookで偶然、昔の先輩を見つけて友達申請をしたんですが、そこで「日本に帰ったらぜひ飲みましょう!」と約束していたのです。
その先輩というのは、中学校時代、吹奏楽部で一緒だった横尾先輩です。
飲み会には先輩の弟で、私の後輩に当たる(←ややこしい)横尾くんも来てくれました。

3人で向かったのは私の実家がある村山市のお隣、東根市にある「料理処しぶや」さんです!!!(←しぶやさん、読んでますか?)
隣町ですが、私は初めて行きました。
私の父は行ったことがあって、「すごくおいしいよ」と聞いていたので、すごく楽しみにしていたのです。

IMG_0590最初のおつまみがいきなり炭火焼!!!
はまぐりじゃあ〜りませんか!!!
ベラルーシではなかなか貝類が食べられないので、これはうれしい!!!
日本酒が進みます。

そうそう。
「料理処しぶや」さんは日本酒の品ぞろえが半端ないんですよ。
思い出せないほどたくさんの種類があって(←つまり、酔っぱらっていたから思い出せないということです)。
とにかくおいしかったのだけは覚えています。

IMG_0592よーく見てください。
牡蠣が網の上ではなく、直接炭火の上へ。
っていうか、こういう焼き方、ありナンスか!?
豪快にもほどがあるっすよ!!!
当然のごとく、最高においしかったです!!!
あああ、牡蠣が食べたい・・・

ちなみに、私は牡蠣は大好きですが、生牡蠣はちょっと苦手。
若い時に牡蠣にあたったことがあって・・・
夏、北海道に行ったとき、ある方に寿司屋に連れて行ってもらったんです。
そこで生牡蠣が出てきて。
せっかく御馳走してもらっているのに食べないのは失礼だろうと思って、「ええい!」と思い切って食べたんです。
すると、まあ何ということでしょう。
これがすっきりしていて、何の臭みもない。
おいしかったのですが、それでもやはり苦手感は否めず。
これは心理的なものですよね。

そこで、御馳走してくれた方に「とてもおいしいです」と言うと、「僕、食べなくてもいいから、君が食べてよ」ともう一つ生牡蠣を。
20年ぶりの生牡蠣、いきなり2つというのはなかなか・・・
一瞬躊躇しましたが、食べました。
おいしかったなあ・・・

IMG_0593魚の名前、失念。
山形の「だし」のように細かく切った野菜が添えられています。
皮がついているのがいいですよね。

追記・・・横尾先輩から連絡があり、これは金目鯛だったようです。

IMG_0595ここで肉の登場!
タンとか豚肉とか、もうカーニバル!!!
うちの奥さんに写真見せたら、「何で一人で行ったの!?」と軽くキレられました。
来年は一緒に行こう!

IMG_0596「なめろう」です。
これはお酒が進む。
うーん、思い出すと食べたくなる・・・

魚はたぶん、アジだったと思うんですよ。
ベラルーシには刺身で食べられるほど新鮮な青魚は入ってきません。
サバとかは冷凍で輸入されていますが、しめサバならいけるのかなあ・・・
でも、私にはそんな勇気はない!!!

IMG_0600ホッケだ!
わーい、わーい!!!
テンション上がる!!!
しかも、七輪に乗り切らないサイズ!!!

IMG_0601でかっ!!!
うまっ!!!
ベラルーシだとこういうのは食べられないですよね。

そういえば、干物とか、うまいですよね・・・
だんだん、苦しくなってきた・・・

IMG_0598わさび!!! 
自分ですりおろして、味噌をちょこっと混ぜて。
これまた酒が進むなあ。
しぶやさん、さすが酒飲みのツボをよく知っている。
日本酒の足ツボマッサージや!!!(←彦摩呂風)

IMG_0597魚を持っているのがしぶやさん、丸呑みしようとしているのが横尾先輩。
もーぅ、二人ともお茶目なんだから!!!

横尾先輩には吹奏楽部でとてもよくしてもらいました。
外見もほとんど変わっていないし、性格も中学生の時と同じく明るくて、それでいてまじめで。
すごくホッとしました。


ここでお店のご紹介。
食事処しぶや
山形県東根市大字東根甲549


山形でも内陸部の東根市で、これだけ新鮮な魚が食べられるなんて!
山形を訪れた方は一度足を延ばしてみてはいかがでしょうか?


来年、日本へ帰るのが楽しみです!
しぶやさん、来年は家族みんなでお邪魔しま〜す!

akiravich at 04:26コメント(0)トラックバック(0) 
日本の旅 2014 

2014年12月26日

こんにちは。
はぐれミーシャです。

相変わらず忙しいです。
いろいろとやることがあって・・・
昨日の夜も半分寝ながら仕事をしていました。

私の場合、仕事が終わるまでが仕事なので、どこまでが正規の仕事で、どこまでが残業なのかも区別がありません。
21時30分まで仕事をして、うちへ帰って晩ごはんを食べて、夜中の1時まで宿題のチェックやら、いろいろと仕事するというのはいつものことです。

そんな調子なので、休めるのはお正月や夏休みぐらい。
今からお正月が楽しみでしょうがありません!

お正月の前に一仕事。
個人教室では毎年2回、テストをしています。
筆記試験と面接試験。
結構、本格的にやります。
そして、試験が終わったらパーティー。
今週は木曜日から日曜日まで4日連続でパーティーです。
大変だ・・・



さて。
最近の授業でこんなことがありました。
一番キャリアが長いグループの授業。
例によって、例文を完成させる問題が宿題でした。

ある課の中で「〜かけ」という文法が出てきました。
それは「食べかけのりんご」とか「晩ごはんを食べかけた時、電話が来た」などのような使い方をする文法です。

そこにこんな文が。
テーブルの上には                パンが                   
学生たちはこの下線部に自分で考えた文を入れなければなりません。

ほとんどの学生は
テーブルの上には食べかけのパンが置いてあった
と書いたのですが・・・

ある学生は次のように書きました。
テーブルの上には切れかけのパンが置いてあった

私はすぐに「キレそうになっているパン」をイメージしてしまいました。
そして、長州力(←長州小力?)の「キレてないですよ!」をイメージしてしまいました。

それを学生に言うと、爆笑。
学生「そのパンは何に対してキレてるの?」「切られそうになったからじゃない?」

「賞味期限が切れかけのパン」とかならギリギリいけそうな気もしますが、それなら「賞味期限が切れかけたパン」と言うだろうなあ。
そもそも、「〜かけの」という風に「の」を使って名詞につないでいくパターンってそんなに多くないように思います。
「食べかけのリンゴ」「飲みかけのジュース」は普通に言いそうですが、「読みかけの本」は言うかなあ?
個人差もあるでしょうね。
「何かを言いかけて、彼女は黙ってしまった」というのはあるでしょうが、「言いかけの話」という言い方はしないだろうし。

よくこのようなシチュエーションで学生に「どうしてこういう言い方はできないんですか?」と聞かれることがありますが、これはもう理由はないですよね。
ないものはないとしか言いようがない。
私は「それはロシア語も同じでしょ?」と具体的な例を挙げます。
つまり、文法的には間違いではないけど、ロシア語ネイティブは言わない、という言い方はたくさん見つけられるのです。


学生の間違いというのは考えさせられるものが多いです。
そういうの集めたら、一冊の本ができるかもしれません。
今度から集めてみたいと思います。

そういえば、こんなのもありました。
最近のテストでの間違い。
あさって(    )木曜日です。
カッコの中に助詞を入れる問題です。

ある学生の答え。
あさって( も )木曜日です。
明日も木曜日、あさっても木曜日、しあさっても木曜日・・・
毎日が木曜日・・・って、どういうこと?
ちょっとニコッとしてしまう間違いには時々、救われます。

明日も会話試験だ!
がんばろう!

akiravich at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 
日本語教師の仕事 

2014年12月25日

おはようございます。
はぐれミーシャです。

軽く二日酔いです。
でも、緑茶を飲んでいたら、だいぶぬけてきました。

「二日酔いということは・・・昨日飲んだんでしょ!」と思った人は鋭い!
はい、飲みました!!!

昨日は結構なハードスケジュールだったのですよ。
朝は大学でちょっとした用事があって。

そのあとは銀行へ。
ちょっとここには書きにくいのですが、今、ベラルーシは経済状態が非常に悪いです。
ロシアルーブル急落の影響をもろに受けています。
両替所に行列ができたり、電気製品の買い占めがあったりなど、ドタバタしている感じがあります。
外貨を手に入れるのが難しいのです。
まあ、これまでも同じようなことは何度かありましたから、何とか乗り越えられると思います・・・

急いでスーパーで買い物をして、それから帰宅。
うちではすでに学生のカーチャさんが待っていました。
彼女と二人で文書の翻訳。

そこに私が借りているオフィス用スペースの大家さんから電話が。
大家さん「今すぐ来られるか?」
大急ぎでオフィスへ。
まあ、オフィスと言っても、教室として使っているのですが。

大家さんは非常にお気楽なおじさん。
会うのは契約の更新をするために年に一回程度なのですが、メチャメチャ楽しいです。

そして、急いでうちへ。
急いで翻訳の続きをやりました。
スキャンしようと思ったら、スキャナーが作動しない。
プログラムをインストールしなおして事なきを得ましたが、ちょっと焦りました。

私が急いでいたのはわけがあって。
昨日はみんなで食事に行く約束をしていたのです。
実は10月3日、私の誕生日に学生からレストランのお食事券をもらっていたのです。
有効期限が3か月なので、早く行かないともったいないということで、行くことにしたのです。

しかも、昨日はクリスマスイブだしね。
まあ、ベラルーシ人はクリスマスそのものは祝いますが、イブは特に関心がないようで。
「イブイブ」という言葉を学生に言ったら、学生たち爆笑。

それに、今日はカトリックのクリスマス。
ベラルーシはカトリックはそれほど多くなく、国民の80%以上がロシア正教。
でも、12月25日は国の祝日になっています。

ベロニカちゃん、龍二くんの3人で出かけるのも久しぶり。
実は最近、龍二くんの幼稚園でお遊戯会があったのですが、私は大学の授業とかぶってしまい、見られなかったのです。
なんか家族から自分だけ遠くなっている感じがして、すごく悲しかったです。

IMG_2865[1]これがその時の写真。
これまでは龍二くんはみんなの輪の中に入らず、他の子たちが踊ったりしているのを傍観していることが多かったのですが、今年はちゃんと参加したようです!!!
別に龍二くんが他の子と仲が良くなかったというわけではなく、龍二くんは自分がしたくないことは徹底的にしない性格なんです(←私と全く同じ)。
でも、今年はちゃんと他の子たちと一緒に行動できたようで、私もホッとしました。
私と同じように一匹狼もいいけど、やっぱり協調性も多少はあった方がいいでしょうから(←多少は、ね)。

IMG_2893[1]これはサンタクロースのような人。
ロシア語から直訳すると「マロースじいさん」。
サンタクロースと何が違うのかは検証する・・・かも。
もし読者の方が興味があれば、します(←興味ないですよね?)。


さーて、みんなで出発だ!
久しぶりに家族でお出かけ!!!

IMG_0850[1]地下鉄の中で。
年の瀬だからか、最近、地下鉄はどの時間帯も混み混み。
駅も人でごった返していました。






IMG_0857[1]復元された旧市役所の近くにある銅像。
馬と馬車がかなりリアルに再現されています。
みんな記念写真を撮るスポットです。










私たちが行った店の名前はГамбринус(ガンブリヌス)
住所はplošča Svabody2です。
無理やりカタカナにすると、プロシチャジ・スヴァボドィ2です。
店の外観の写真、撮るの忘れた!!!

学生たちに聞いても、非常に評判がいい店なんですよ。
楽しみ!!!

IMG_0859[1]ビールのメニューがすごい!!!
「パブ」ですから当然ですが、ベラルーシでこの品揃えは奇跡的!!!
どれにしようか迷います・・・
とりあえず、一杯目はギネスにしました。

IMG_2918[1]何杯目か忘れましたが、店名そのままのビール「ガンブリヌス」です。
チェコのビールです。
いろんなビールを飲みましたが、全部おいしかったです!










IMG_2916[1]これはタルタルステーキ。
私とベロニカちゃんは無類の生肉好き。
すっごくおいしかったです。
願わくば、薬味だけじゃなくて、何かソースをつけてほしかったです。

IMG_2915[1]温かいサーモンのサラダ。
ちょっとソースがしょっぱかったけど、おいしかったですよ。

IMG_0890[1]これはスペアリブ。
めっちゃ柔らかかったです。
ゆでた後、焼いたんでしょうね。
ホースラディッシュのソースが脂っぽさを中和してくれて、いいバランスでした。

IMG_0892[1]これは魚介類のグラタン。
ホワイトソースがただの生クリームなのはご愛嬌。
エビがおいしかったです。
久々に魚介類を食べたような気がします。

IMG_0895[1]これはビゴス。
ポーランドやリトアニアの郷土料理です。
ベラルーシでは食べるチャンスがないので、ベロニカちゃんの妹の旦那、アンドレイくんが「食べてみたい!」と言ったのです。
これは酸っぱいキャベツ「ザワークラウト」と肉を一緒に煮込んだもの。
これはおいしかった!
好き嫌いが分かれるかもしれませんが、私は大好きな味です。

IMG_2922[1]この日、私的に一番のヒットだったのは、このプレッツェル。
注文した時、「15分ほどお待ちいただくことになりますが、よろしいですか?」と言われました。
なんでだろうと思っていたら、焼き立てを持ってきたのですよ!!!
プレッツェルというと固くて、やたらしょっぱいイメージがあったのですが、焼き立てのプレッツェルは柔らかく、味も最高!!!
ちょっとびっくりしました。
サイズも大きくてびっくり。
龍二くんも気に入っていました。

ここまで写真を見て、「注文しすぎじゃない?」と思われたかもしれません。
私たちだけでなく、ベロニカちゃんの妹夫婦と子供も一緒だったとは言え、結構な量です。

というのは、学生からもらったお食事券、結構な金額だったのです。
150万ルーブル、今のレートで言うと・・・レートがコロコロ変わるからなあ・・・
まあ、大体、16000円ぐらいということにしておきましょう。

これって、結構な額ですよ。
もったいないから、150万ルーブルをちょっとオーバーするぐらいの勢いで注文しようということで(←会計は170万ルーブルでした。狙い通り!)。
料理が一皿10万ルーブル以上とちょっと高めだったのですが、それでも食べきれないぐらいの料理を注文することができました。

IMG_0882[1]龍二くんはアイスクリームが大好き。
口に入りきらないほどのアイスクリームを食べようとしています。











私一人だけ先に帰宅。
というのは、私の古い教え子二人がうちに遊びに来ることになっていたのです。

IMG_0896[1]町の中心のカトリック教会。
教会の前に止まっているのはテレビの中継車です。
ベラルーシではカトリックのクリスマスと正教のクリスマスの礼拝は生中継するのです。









IMG_0898[1]これは10月広場。
どでかいクリスマスツリーが立っています。
雨の中を走っていたのですが、12月なのに、なんで雨?
今年も暖冬かな・・・

うちではから揚げと卵焼きを作って、学生たちと軽く飲みました。
ナージャちゃんとカーチャちゃん、学生時代から変わらずにぎやかでした。
二人ともベラルーシにいることはほとんどないので、会えてうれしかった!!!

それにしても、よく飲んで、よく食べたなあ。
ガンブリヌス、また行きたいです。
この店はFacebookのページがあるので、チェックしてみてくださいね。
ベラルーシにいらした旅行者の方にもおすすめです。

学生たちには感謝だなあ。
久しぶりに家族サービスできたし、何より料理がおいしかったし。

これから4日連続で試験&パーティー。
がんばるぞ!!!

akiravich at 15:51コメント(4)トラックバック(0) 
ベラルーシの食生活 | レストラン・カフェ

2014年12月10日

こんにちは。
はぐれミーシャです。

ベラルーシは毎日寒い日が続いています。
マイナス4〜5度です。
でも、これはまだまだ序の口。
これから本格的な冬に向かっていきます。

今日はずっと前から書こう書こうと思っていながら、書いていなかったことを書こうと思います。
書くというよりは写真が中心になります。

それは・・・
ベラルーシのコスプレです!!!
私はそんなにコスプレについては詳しくないんですよ。
でも、ベラルーシではだいぶ前からコスプレ熱が高かったのです。
なので、いつか紹介できればと思っていたんですよ。

私がベラルーシに来たのは2000年ですが、その当時は日本のアニメはそれほど知られていなかったように思います。
ただ、ポケモンは放送していました。
昼の15時30分から放送していたのを覚えています。
今、私のところで勉強している20代半ばから後半ぐらいの学生たちは「ポケモン、見てました!」という子が多いです。

確か、2003年か2004年のことだったと思います。
ミンスクで初めてアニメのイベントが行われました。
私の学生も参加したので話は聞いています。

最初はアニメ好きの掲示板がスタート。
掲示板に登録している人がコスプレをやったりして集まる小規模のイベントだったはずが、200人近く集まってしまい、近隣の人から警察に通報され、警官が来てしまったと聞いています。

今ではアニメのイベントは巨大化。
完全にビジネス化しています。

前置きが長くなりましたが、写真を紹介します!!!
写真に出ている本人たちには了解を得ています。
写真の転用はしないようにお願いしますね。

8o09LgO_qZAこれは私の学生だったカーチャちゃん。
すでに日本語は辞めてしまっていますが、会うとちゃんと挨拶してくれる良い子です。
何のキャラかは私もわかりません。

_l9Co8OYbIgrI7mVQ4_DGkq3LCo2qBbhU9b4_SsqfiBMD6VJyRmazx4元々かわいい子がコスプレしたら、そりゃあかわいくなりますよ。
彼女が日本でコスプレしたら、人気が出そう。













































































3Ichd5hCHQcこれは今も勉強しているオーリャちゃんの写真です。
勉強はもう4年目になっています。
彼女も元々はアニメおたくだったんだよなあ。










CQ0SAg_3L0IkY8Xym0MzBMもう一人の子も名前はオーリャちゃん。
二人は仲良し。














彼女たちに「これは何のコスプレ?」と聞くと、答えは「これはオリジナルです」。
つまり、特定のキャラクターに扮するわけではなく、自分で考えた架空のキャラクターに変身するというわけです。
理由を聞くと、そのほうが安上がりだから、ということ。
特定のキャラクターになろうとすると、ベラルーシでは作るのが難しいこともあるようで。
手に入る材料で作るというのが基本のようです。

そうそう。
彼女たちはコスチュームを自分で作ったり、裁縫が得意なアニメおたく仲間に頼むのだそうです。

自分で作ることにはすごく意味があるとは思います。
しかし、うちのベロニカちゃんに言わせると、「かなり大ざっぱな作り方だね」。
ベロニカちゃんは服のデザインや裁断が専門なので、わかっちゃうんですね。

そういうわけで、自分の学生たちにコスプレをやっている子たちに、「うちの奥さんに注文すると、作ってくれるよ」と言ったのですが、やはりプロが作ると料金が高い。
やっぱり、自分で作るほうが安上がりだし、思い入れもあるというものなのでしょうか。

4男の子も紹介します。
これはうちの学生のヴィターリー君。
なかなかのいい男です。
彼は最近、日本に旅行に行って帰ってきたばかりです。
これは何のコスプレだろう?
たぶん、何かのキャラクターだと思うんだけど・・・









312なかなか本格的。
彼は東京でずっと夢見てたメイドカフェに行ったそうなんですが、女の子たちが「英語話せないんで」とキャピキャピ(←死語?)と楽しそうに入店を断られたそうです。
いまどきは外国人のお客も多いだろうに。

ちなみに、ベラルーシにはメイドカフェはありません。
モスクワにはすでにあるようですね。
私が学生たちに「ミンスクに作ったらどうだろうか?」と聞くと、「アニメおたくは喜ぶと思いますが、勘違いする男性が続出すると思います」
つまり、変な店だと思っちゃう男が多い、という意味です。
そう考えると難しいかな・・・


また新しい写真を手に入れたら、ご紹介しますね!!!

akiravich at 00:53コメント(4)トラックバック(0) 
ベラルーシの文化 | ベラルーシ人

2014年12月09日

こんばんは。
はぐれミーシャです。
ご無沙汰しております。

今日は休み!!!
日本時間ではすでに火曜日ですが、今、ミンスクはまだ月曜日です。

何もしませんでした。
いや、何かしました。
部屋を軽く掃除したり、メールを書いたり。
どこへも行かなくてもいいのはうれしいことです。
休みの日はドラマを見たり、大好きなプロレスを見たりします。

プロレス!!!
私の趣味はクラシック音楽鑑賞、料理、そしてプロレス。
プロレスだけが異質に見えますが、私の中では絶妙なコンビネーションなのです。

自分が好きなものは友達や知り合いにも知ってもらいたくなるのが人間の常。
うちのベロニカちゃんは私の影響でプロレスが好きになりました。
好きな選手はKENTAです(←明らかに顔で選んでいる)。

学生たちに「私の趣味はプロレスです」と言っています。
中には「プロレスはショーですよね?」と言ってくるのがいて、そういうときはプロレスの素晴らしさについて詳し〜く説明してあげます。

IMG_0739日曜日のグループに週刊プロレスを持っていったら、女の子たちが「この体、すごいよね」「顔が怖すぎる!」とレスラーたちを評価し始めて。
学生の一人が、あまりにも私が「プロレスはおもしろいよ!」と言うので、Youtubeでオカダ・カズチカVS棚橋弘至の試合を見たのだそうです。
それで、ちょっとはまってしまったようで。
イケメンの棚橋よりもオカダのほうが気に入ったと言っていました。

あるグループでは私が「見たいですか?」と聞くと、「見たいです!!!」という反応。
そこで見せたのはマット・ジャクソンとニック・ジャクソンのヤングバックスVSアレックス・シェリーとKUSHIDAのタイム・スプリッターズのIWGPジュニアタッグ選手権。
飛んだり跳ねたりのほうが受けますし。
学生たちもかなり喜んでいました。
学生のナターシャちゃんは「もっと見たいです!」
Youtubeで新日本プロレスを中心に見ているようです。


今年の夏はたくさんプロレスを見ました!!!
滞在中、4回も見ることができました。

一回目は郡山で。
新日本プロレスのKIZUNA ROAD最終戦でした。
福島市でのイベントに参加した後、郡山までプロレスを見に行ったのです。
本当はAJスタイルズが見たかったのですが、この大会は不参加。
でも、試合はおもしろかった!!!

二回目は私の地元、村山市でのイベント。
ZERO1MAXの大谷晋二郎選手がやっているいじめ撲滅イベントのプロレスです。
大谷選手は新日本のJr時代からずっと見てきた選手。
まさか地元で試合が見られるとは!!!

IMG_1227一緒に記念撮影をしてもらいました。
写真を撮った後、龍二くんに「汗でぬれちゃったね。ごめんね」と言ってくれました。
気遣いが素晴らしい人です。
一人一人のお客さんに丁寧に対応なさっていた大谷選手が印象的でした。

三回目は新日本プロレスG1クライマックス山形大会!
今年のG1クライマックスは参加選手の数が過去最高。
そして、私が一度見たいと思っていたAJスタイルズも参加。

しかし!!!
AJスタイルズは山形大会不参加!!!
参加選手が多いトーナメントなので、期間中、一回は必ず誰かが休むということになるのです。
AJスタイルズの休みが山形大会にあたってしまったのです!!!
ショック!!!

TNA AJスタイルズ P1 Tシャツ
TNA AJスタイルズ P1 Tシャツ
AJスタイルズはアメリカのビッグネーム。
以前から試合は何度か見ていました。
まさか継続的に日本の団体に参戦するようになるとは思っていませんでした。

2014年4月5日両国での突然の乱入劇から5月3日のIWGP戴冠。
IWGPを獲ったときは高橋裕次郎の乱入もあったわけですが、次のリターンマッチではオカダ・カズチカに完勝。
私はオカダを応援していたのですが、あの試合のAJの動きを見て、何度も鳥肌が立ちました。

それはAJの動きが独特だからです。
その時々合わせて、体が動いていくさま。
一瞬のひらめきときらめき。
他の選手には真似できません。

ベラルーシに戻ってから、私は今年のG1開幕戦の札幌大会、AJスタイルズVSオカダ・カズチカの試合をベロニカちゃんと一緒に見ました。
私は試合前に「AJは男の俺が見てもかっこいいんだよ」と言ったのですが、試合が終わるころにはベロニカちゃんの目もハートマーク。
ベロニカちゃん「彼は目がとてもきれい♡」
ちょっとだけ嫉妬しました。
でも、気持ちはわかる。
彼の一挙手一投足がかっこいいのですよ。
入場の時に両手を重ねるポーズとか。

それにしても!
AJの試合が見たかった!!!
彼がIWGPチャンピオンである間はずっと日本に来続けるだろうと思っていたのですが、AJスタイルズはすでに王座陥落。
来年の夏まで継続参戦してくれれば・・・

そして、四回目は山形大花火。
あの大仁田厚が有刺鉄線電流爆破デスマッチをやったのです。
元々、私はFMW信者。
当然、大仁田選手にもものすごい思い入れがあります。
川崎球場の引退試合にも行きましたし、駒沢体育館の復帰戦にも行きました。

DSC01714この日のベストショット!!!
火花がすごくて、写真はなかなか難しいのです。
兄と二人で行ったのですが、兄はどちらかというとUWFやアルティメット好き。
電流爆破のことは「まあ、ショーみたいなもんだろ」みたいな気持ちで行ったようですが、実際の爆破を目にして、興奮気味に「思ったよりすごいな」。
見たことがない人も、実際に行ってみるとそのすごさがわかりますよ。
電流爆破や有刺鉄線のすごさは改めて書いてみたいです。

DSC01708DSC01733大仁田選手はやはりすごいレスラー。
FMWの頃とはあまり変わっていないかも。
元々、その頃も動きがすごく速いわけでもなかったですし。
泥臭いプロレス、でも痛みが伝わるプロレス。
久しぶりに試合を見て、感動しました。

それにしても、一か月半で4大会は多かったなあ。
ベラルーシに住んで、ビデオしか見られない私にとっては大贅沢!!!

去年も見に行ったのですが、そのときの写真はブログに出していませんでした。
写真を勝手にブログに出すのはまずいのかなと思ったので。
でも、みんな出しているようですので、私も出してみたいと思います。
去年のG1クライマックス仙台大会です。
写真はありませんが、そのときのことは去年も書いています。

Изображение 885オカダ・カズチカVS柴田勝頼。
これはこの仙台大会のベストバウトだと思います。
スタイル的には全くかみ合わない二人がスパークしていくのを見て、ゾクゾクしました。

Изображение 868いい写真!
うまくタイミングがとらえられました。
矢野通VSカール・アンダーソン。
最後は急所攻撃からの丸め込みで矢野選手の勝利。
反則なのに、会場は拍手喝さい。

DSC01030大会翌日、会場の仙台サンプラザ横のモスバーガーで、偶然、矢野選手に遭遇!!!
私たちが朝ごはんを食べているところに入ってきて、ベロニカちゃんと「話しかけようか? どうする?」と散々迷った挙句、話しかけたのでした。

ここでの矢野選手はリング上とは違い紳士的でした。
とても話しやすかったです。
私たちにとっては最高の思い出になりました!!!
矢野選手! 応援してます!!!


あああ、プロレス見たい!!!
来年の夏まで待つしかないのかな・・・
来年も日本でプロレスに行くぞ!!!
AJスタイルズの試合が見たい!!!

akiravich at 05:05コメント(2)トラックバック(0) 
プロレス 
livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
ベラルーシでの生活は楽しいな♪
メッセージ

名前
メール
本文