2009年08月21日

ベラルーシの地下鉄で何を読んでもいいというわけではないのだ

日本から帰ってきて、ダラダラと生活しているはぐれミーシャです。
9月1日の新学期を前に、今はエネルギー充電のときです。
今日はどこへも行かず、何もせず、ただただメールの返事だけを書いていました。
9月1日からはお正月までほぼノンストップで突き進む生活になりますから、今のうちに休んでおかないと。

今日は日本の話はお休み。
最近の出来事を一つ。

アドルフに告ぐ (1) (文春文庫―ビジュアル版)アドルフに告ぐ (1) (文春文庫―ビジュアル版)
著者:手塚 治虫
販売元:文芸春秋
発売日:1992-04
おすすめ度:5.0
クチコミを見る
日曜日、ベロニカちゃんの実家に行く途中の地下鉄の中、私は日本から持ってきたマンガ「アドルフに告ぐ」を読んでいました。
存知の方も多いかと思いますが、このマンガは奇妙な運命で結ばれた3人のアドルフの物語。
私の大好きなマンガの一つです。

しかし、私は気づきました。
ここはベラルーシなのだ、と。
私が読んでいたのは、ちょうどヒトラーが大衆の前で演説しているシーン。
ベラルーシの地下鉄の中でこれを読むのはまずかったなあと思ったのです。

というのも、ベラルーシは第二次世界大戦でドイツ軍にメチャクチャにやられた国。
そこでヒトラーやハーケンクロイツなんかが出てくるマンガを読んでいたら、誰だって反応すると思うんですよ。
幸いなことにマンガに気づいた人はいなかったようなので良かったのですが、ちょっと無神経だったなあと反省。

以前にも書きましたが、第二次世界大戦ではベラルーシ人の3人に一人が亡くなっています。
なので、戦争に対する想いはかなり強いのです。

これも以前に書いたことですが、私は学生たちに「ドイツ人が嫌いですか?」と聞いたことがあります。
学生たちの答えは「嫌いではありません」。
つまり、「ファシストは嫌いですが、ドイツ人は嫌いじゃありません」というものでした。
このことは2008年10月12日「ドイツ人は好きですか?」に詳しく書いています。

でも、ヒトラーは全くナチスそのものなわけで。
ベロニカちゃんは普通に反応しましたが、年配の方が見たら「何を読んでるんだ!」ということで、気分を害されるかもしれません。
以後、気をつけます。

それにしても、「アドルフに告ぐ」は傑作だと思います。
ベロニカちゃんに最初の2章を私の通訳付で読ませてあげたのですが、ものすごく面白かったようです。

手塚治虫のマンガは世界中のどこの人が読んでも感動を与えられる素晴らしいものだと思います。
でも、ロシア語には全然訳されていないようです。
何かだいぶ前に、「ブラックジャック」を翻訳した人がいたんだけど、著作権などを全く無視したものだったので、すぐに発売中止になったと聞いたことがあるのですが、本当かどうかはわかりません。

実は以前から手塚マンガを初めとして、日本のマンガをロシア語圏の人に紹介できないかとずっと考えていたのです。
でも、どうしたらいいんですかね?
翻訳して出版すると言っても、その権利を得るのには莫大なお金がかかると聞いたことがあるのですが。
どなたか出版関係のことに詳しい方がいらしたら情報をお寄せいただければうれしいです。

私のアニメおたくの学生たちはインターネットに流出しているマンガを読んでいるようです。
まあ、海賊版と同じことですな。
でも、そういう形じゃなくて、ちゃんと本になった形のほうがいいと思うし、許可を取った上のほうがいいと思うし。

私、アイデアはたくさんあるんですよ。
でも、なかなか実行に移せないんですよね。
あ、これって逃げてる感じだなあ。
「移せない」んじゃなくて、「移さない」んですよね。
はぐれミーシャ、攻めの姿勢を忘れてはならぬぞ!


P8181116P8181115今日のおまけ写真。
これは赤スグリです。
ベロニカちゃんのお父さんがくれたんです。
きれいですよね。
右の写真は砂糖にまぶしたもの。
以前、カシスやブルーベリーでやったように、リキュールを作ろうとしているのです。
半年後が楽しみ!
詳しい作り方などは、2008年7月29日「カシスの誘惑」2009年7月24日「ブルーベリーの誘惑」を御覧ください。

明日もお休み。
何もしたくないです。
仕事のことも考えたくないし、何にも考えたくない。
明日はゆっくり読書でもしようかな・・・

akiravich at 03:25コメント(2)トラックバック(0) 
ベラルーシの文化 | ベラルーシの食生活

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by spedeos   2009年08月21日 18:10
以前日本に来て「ガンダムを作るんだと言っていた」という記事を読みました。

なんと今お台場にガンダムがいるのです。全長は18mで、首が回り、背中から煙が出ます。実物を見ましたが、圧倒されました。

画像は貼れないようなので、情報だけ。(きっと知ってますよね)

さらに神戸には鉄人28号の実物大が立てたられようとしています。

どちらがお好みでしょう?
2. Posted by akiravich   2009年08月21日 21:51
spedeos さん、こんにちは。
等身大ガンダムの話は、ベラルーシのアニメおたくたちも注目していました。
ある学生は「先生、等身大ガンダムの写真を撮ってきてください」と言っていたのですが、行く時間がなくて・・・
鉄人28号はベラルーシでは全く知られていません。
私はおぼろげながらテレビでやっていたのを覚えています。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール

akiravich

山形県出身。
2000年からベラルーシ共和国の首都、ミンスク在住。ベラルーシ国立大学文学部・日本語教師。目指すのはベラルーシの金八(略してベラ金)。
愛する妻ベロニカちゃんと愛する龍二くん(5歳)とのベラルーシ生活!
日本の皆さまにベラルーシ一般国民目線のベラルーシを御紹介!

Twitter プロフィール
ベラルーシでの生活は楽しいな♪
メッセージ

名前
メール
本文