2011年04月13日

爆弾テロ事件の捜査に進展

ルカシェンコ大統領は13日、13日の朝5時に爆弾テロ事件が解明されたと発表しました。
12日の21時、容疑者が拘束されました。
容疑者たちは発砲などの抵抗をすることもなく、速やかに拘束されました。
そして、13日朝5時、容疑者たちが自白するに至りました。
誰がどのようにこのテロを実行したかは解明されましたが、その動機に関してはまだ捜査中です。
この容疑者たちは2008年7月の独立記念日での爆発事件、2005年9月のヴィテプクスでの爆発事件への関与についても供述している模様です。

また続報が入り次第、更新します。

akiravich at 20:53コメント(1)トラックバック(0) 
ミンスク 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by CSO   2011年04月14日 01:06
事件が早急に解決されて良かったですね。しかし、解決が早すぎるような。。。謎です。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール

akiravich

山形県出身。
2000年からベラルーシ共和国の首都、ミンスク在住。ベラルーシ国立大学文学部・日本語教師。目指すのはベラルーシの金八(略してベラ金)。
愛する妻ベロニカちゃんと愛する龍二くん(5歳)とのベラルーシ生活!
日本の皆さまにベラルーシ一般国民目線のベラルーシを御紹介!

Twitter プロフィール
ベラルーシでの生活は楽しいな♪
メッセージ

名前
メール
本文