2015年03月10日

原爆詩の朗読をします。

大変ご無沙汰しております。
はぐれミーシャです。

とても忙しいです。
というか、とても忙しかったです。

ご覧になられた方もいらっしゃると思いますが、日曜日の17時からNHK BS1の「地球アゴラ」という番組に出演させていただきました。
その準備がなかなか大変でした。
福島の未来についての番組だったんですが、非常に責任が重い仕事でした。
生放送だったのですが、本番は自分なりに楽しめました!

何と言えばいいんだろう・・・
最近、心が乱れています。
乱れて、ちぎれて、壊れて、溶けて、消えて・・・
うーん、41歳でも心は・・・惑い、惑わし、惑わされ・・・

当然と言えば当然だけど、自分以外の何かに規定された「自分」という者があって。
それは私の場合は先生であったり、父親であったり、夫であったり。
自分で自分がわからなくなっているのに、なのに・・・周りに決められた自分が「自分」であると思うことが楽で。
急に本当の自分と向き合うとどうしたらいいのか・・・

乱れた心を支えてくれるのは学生たち。
授業が終わって、「ちょっと飲んでいかない?」という私の言葉に呼応してくれた学生たち。
私の心の乱れに、学生たちは自分の心の乱れをさらけ出し答えてくれる。
みんな迷っている。
みんな惑っている。
みんなありがとう。



正直、41歳になって、焦りが出ています。
今、この年齢になって、自分は何ができるんだろう?
何か自分が生きていた証しを残したいと思うようになりました。

今、私がやろうとしていること。
それは原爆詩の朗読。

実はこのアイデアはかなり前からありました。
NHKのドキュメンタリー番組で、吉永小百合さんが朗読されているのを見て、ベラルーシの人にも広島・長崎のことを知ってもらいたいと思ったのです。

最初は日本から誰かに来てもらって、朗読してもらうことを考えていました。
もし吉永小百合さんが来てくださったら、ベラルーシの人にもっと広島・長崎のことを知ってもらえるだろうと思いました。
長崎のアナウンサーの方々も原爆詩の朗読をやっていると聞いたので、何とか来てもらえないかと思いました。
でも、やはりベラルーシは遠い・・・

そのあと、私の頭に浮かんだのは、学生たちと朗読すること。
例えば、日本語を勉強しているベラルーシ人学生が日本語で読み、ロシア語を学んでいる日本人留学生がロシア語で読む。
でも、学生たちにとって原爆詩を読むのは精神的負担が大きすぎる・・・

ここ最近の心が乱れている中、ふと私は思いました。
何の前触れもなく。
「原爆詩の朗読をやってみよう」

以前からやりたかったこと。
他人任せにしないで、まず自分でやってみよう。

でも、自分の心と体を通して、原爆詩を体験することは怖い・・・
でも、やりたい。

もうすぐ東日本大震災から4年。
チェルノブイリは4月26日で29年。
いまこそ、やるべきとき。

私は何度か読む練習をし、それを信頼する学生の一人に聞いてもらいました。
「伝わった?」「伝わりました・・・」

正直、自分がどこまでいけるか、不安があります。
自分の限界が見てみたいです。
自分をギリギリまで追い込んでみたいです。

夜中、練習をしています。
精神的な負担が大きく、練習を終えるとぐったりしてしまいます。
あるお母さんが書いた詩は・・・龍二くんのことを置き換えてとらえてしまって、涙が出てしまいます。

3月21日、土曜日の19時15分から私たち夫婦が経営している「東洋語センター」の教室で朗読をします。
もしそれがうまくいけば、自分が働いている大学でも朗読会をします。
そして、4月26日のチェルノブイリ事故の日に汚染地域に行って、朗読会をしたいと考えています。

akiravich at 04:53コメント(0)トラックバック(0) 
チェルノブイリ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール

akiravich

山形県出身。
2000年からベラルーシ共和国の首都、ミンスク在住。ベラルーシ国立大学文学部・日本語教師。目指すのはベラルーシの金八(略してベラ金)。
愛する妻ベロニカちゃんと愛する龍二くん(5歳)とのベラルーシ生活!
日本の皆さまにベラルーシ一般国民目線のベラルーシを御紹介!

Twitter プロフィール
ベラルーシでの生活は楽しいな♪
メッセージ

名前
メール
本文