ベラルーシの生活

2016年01月01日

みなさま、あけましておめでとうございます!
本年もよろしくお願いいたします!!!

今日の音楽はラヴェルのピアノ曲。
ラヴェルと言ったら、ペルルミュテール!と思っているのは私だけでしょうか?
今年最初にかけたCDは何故かクーベリックが指揮したマーラーの交響曲第5番。
特に5番は好きじゃないのですが、なんでだろう?
最近、自分でも理由がよくわからないまま、選曲しているような気が・・・

実は今日は仕事をしていたのですよ。
ちょっと急な仕事が入ってしまって、コンピューターとにらめっこ。
結構大変な仕事だと思っていたのですが、思ったよりは早く終わってよかった・・・
でも、元旦からかなりの集中力を要求されました。
今はワインを飲みながらのんびりしています。


去年はいろいろありました・・・
一番大きかったのはベロニカちゃんのお母さんが亡くなったこと。
このブログには書いていなかったかもしれません。
去年の3月25日に亡くなりました。

お母さんとはいろいろありましたが、最後の数年間は私は仲良くしていました。
ベロニカちゃんの実家で年越しパーティーをしたのですが、お母さんがいないのはやはり寂しいです。

そんなこともあって、ベロニカちゃんは「去年はあまりいい年じゃなかった」と言っていますが、私にとってはどうだったろう!?
新たな出会いがあったり、別れがあったり。
楽しいこともあったような気がしますが、いろいろありすぎて・・・

自分にとっては「辛抱の年」でした。
体調を崩したこともありました。
あまりにも仕事が多く、歯を食いしばって働いていた日々もありました。


今年はなんかいいことがありそうな気がする!!!
根拠はない!!!


結構、大きい仕事も控えています。
私自身もいろいろと仕掛けようと思っています。
去年は広島の原爆詩の朗読だけでしたが、今年は自分を高めるチャレンジもしていきたいです。


さーて、あと3時間半後には箱根駅伝が始まります!
インターネットTVでずっと見続けます!!!
でも、時差の関係でミンスク時間の夜中の2時にスタート。
毎年眠い目をこすりながら見ています。
あー、楽しみ!!!


今年はできるだけ平和な記事が書けるように努力していきたいと思います。
今年もはぐれミーシャをよろしくお願いいたします!!!


akiravich at 22:43コメント(0)トラックバック(0) 

2015年12月31日

日本のみなさん、あけましておめでとうございます!!!
今年もよろしくお願いします!!!


ベラルーシはまだ大みそかの夜の7時。
私は一人でうちに残ってブログを書いています。
ベロニカちゃんと龍二くんは実家の方に行きました。
私も追いかけていきます。

今日の音楽はロシアの伝説のピアニスト、ソフロニツキーが演奏したスクリャービン。
今年を締めくくる音楽がスクリャービンって、どうよ。
しぶいだろ〜。
ソフロニツキーというピアニスト、素晴らしいんですが、どれだけ日本で知られているのかなと気になりました。
ピアノ好きな人なら知っているはず!



今日は大みそかだというのに大忙し。
朝から市場で買い出し。
うちに帰ってすぐに、私の個人教室のあるウルチエ地区へ。

駅の近くの本屋でベロニカちゃんへのお正月プレゼントを買いました。
この5〜6年は毎年本をあげています。
元々、うちの奥さんは本を読むのが好きな人なので。

そのあと、知り合いと食事しました。
それから、教室へ。
学期末は各グループでパーティーをして、そのままパーティーをするのですが、おとといのパーティーの片づけがまだだったのです。
それにしても、4日連続試験&パーティーはつらかった・・・
でも、学生たちや日本人の留学生のみなさんはとても楽しんでいたようで、よかったです。

それから、うちに帰って、スピーチコンテストの指導。
前にも書きましたが、うちの教室でコンテストをすることにしたのです。
教室の発表会のようなものです。
今日、指導しないと、日程的に厳しかったので、2人の学生はスカイプで、一人の学生は私のうちまで来てもらって指導しました。
日本語を教えるのに、大みそかも正月も関係ねえ!!!(←でも、ちょっとは休みたいかも・・・)



昨日は久しぶりに劇場に行ってきました。
ベロニカちゃんと二人だけの外出はなかなかありません(←龍二くんはベロニカちゃんの妹のところへ預けました)。
元々、私たちは劇場で出会ったんですよ。
まだ龍二くんがいなかった頃は多い時で、週に3回は劇場で劇を見ていました。
それぐらい筋金入りの演劇好きなのです。

昨日見たのは、私が大好きな「ART」という劇。
2008年10月22日「ART」
だいぶ昔の記事ですが、この劇について書いたことがあります。

たぶん、10回近くは見ていると思います。
何回見ても笑えるし、心が震える劇。
男3人のコメディーなのですが、友情と愛情、友情ゆえの憎しみなど、全てが人生を深く見通した素晴らしい戯曲なのです。

私が大好きな劇。
でも、同じものはもう2度と見られません。
http://news.tut.by/culture/460364.html俳優の一人が亡くなってしまったのです(ロシア語ですみません)。
セルゲイ・ジュラヴェリさん。
61歳でした。
私が大好きだった劇「ART」はもう見られません。
彼がいなければこの劇は成立しません。ミンスクの劇場で上演されていた三谷幸喜の「笑いの大学」では向坂役を超ハイテンションで演じていました。

だいぶ前になりますが、私がベラルーシのお正月映画に出たとき、現場で彼と一緒になりました。
私が「『ART』や『笑いの大学』いつも見ています」と言うと、とても嬉しそうに「本当? 日本人に『笑いの大学』を見てもらえるのはうれしいな」と言ってくれました。
私の出演シーンは「帰りたくなーい! おお、ベラルーシよ!」と泣きながら叫ぶという場面(←撮影3時間、出演時間10秒)だったのですが、彼は「今のよかったよ!」「こうしたほうがいいよ」とずっと話しかけてくれました。
ご一緒したのは一回だけですが、心に残る思い出です。

彼の「ART」、もう一度見たいです。
でも、それはもうかないません。
あの血管が切れそうなハイテンション演技、一世一代の芸でした。

そもそも「ART」自体がもう見られないだろうと思っていたら、劇場のポスターに「ART」の名前を見つけてびっくり!
すぐにチケットを買ったのです。

3人の俳優のうち、一人だけ変わるのかと思っていたら、全員入れ替えになっていました。
特に、イヴァン役のヴィクトル・マナーエフさんの名人芸が見たかったのですが・・・

見に行った感想は・・・非常に残念なものでした。
イヴァン役をやったのは私とベロニカちゃん、共通の友人。
彼は若手の中では最高の俳優ですが、イヴァンのような意志薄弱な人間を演じるのには向いていません。
彼はカリスマ性が半端ないのです。
どんなに精神的に弱っちい役をやっても、どうしても彼の俳優としての強さが前面に出てしまいます。

他の二人もいただけませんでした。
まだこなれていない印象も受けましたし、完全にミスキャストだなあと思う瞬間もたくさんありました。
体形も年齢も俳優としての癖も、全てが合っていないのです。

演出には腹が立ちました。
かつての演出家と同じ人なのですが、イヴァンの超ハイスピード長台詞で、パンツになるまで服を脱ぎ、また服を着るという演出に何の意味があるのか、私は強く問いただしたいです。
あんな天才的な演出ができる人なのに・・・

劇が終わって、私は泣きそうになりました。
かつての「ART」を思い出しながら。



さあ、ここまでは前置きです(←長すぎるだろ!)

もう紅白歌合戦は終っていますよね。
紅白といえば・・・
小林幸子!!!
大みそかの風物詩といっても過言ではありません。

実は、うちの教室の学生にそっくりな学生がいるのです!
FBで写真を公開したところ、ほとんどの人から「似ている!」または「(部分的に)似ている!」という反応が返ってきました。

imageどうですか? 似ていると思いませんか?(←本人の承諾を得て写真を公開しています)

彼女の名前はジアナちゃん。
9月から日本語を始めたばかりの初心者です。

小林幸子の写真を見せたら、本人も「ちょっと似てるかも・・・」。
周りの学生たちも「どこか似ているところがあるかも」。
私の目には激似なんですが、皆さんいかがですか?
紅白の豪華な衣装を着たら、本人と区別がつかないかも・・・

彼女に「小林幸子は日本でとても有名な歌手なんだよ」と言うと、「うれしいです! 私も歌を歌っているので」。
ジャンルはポップパンク。
私が「着物を着て、演歌を歌ってみたら?」と言ったら、「歌ってみたいです!」。

ベラルーシ初の演歌歌手、誕生か!? 
そうなったら、私がプロデューサーになろう!!!


すでにお正月が来たみなさん!
あけましておめでとうございます!!!

まだのみなさん!
よいお年を!!!

akiravich at 18:30コメント(0)トラックバック(0) 

2015年09月05日

こんばんは。
はぐれミーシャです。

今、23時20分。
うちに帰ったのが1時間前。
晩ごはんを食べて、明日の授業の準備をしているところです。

今日は朝からいろいろと雑用。
そのあとは大学の予備学部へ。
それから、個人教室に行って、書類の整理。
それから、授業が2コマ。

新入生の授業はエネルギーを使います。
たとえるならば、短距離走の感覚です。

今日はひらがなを書いて、発音の規則を教えました。
発音は最初が肝心。
「よく聞いて!」「書いてある文字を見ないで!」と何度も言いながら、私の発音に集中させます。
まず集中して聞くことに慣れさせないといけません。
「読むために聞く」というよりは「聞くために読む」というのが私のスタイル。
彼らの発音を聞きながら直す私のほうも集中力が要求されます。

日曜日は別の初心者グループの第一回目の授業。
こっちは未成年が多いから、授業の雰囲気とかのコントロールが難しそう・・・
でも、みんな日本語を勉強したくて来ているわけですから、その期待には応えたいです!


さて。
新学期が始まる直前、私は町を歩いていました。
たまたま入ったショッピングモールでこんな店を見つけました。

DSC_0692[1]25000ルーブル均一ショップ!!!
語呂が悪い!!!

ついにベラルーシにも○○均一の波が!
時々、日本人の方に「ベラルーシには100円ショップはないんですか?」と聞かれるのですが、皆さん、できましたよ!
25000ルーブルショップが!!!

25000ルーブル、正確には25000ベラルーシルーブルと言っても、あまりピンとこないかと思います。
円になおすと、今日(2015年9月4日)のレートでは、約170円。
お、100円ショップの感覚に近いのか!?
でも、数字が大きいなあ。

店に入ろうとしたら、シャッターが半分閉まっていて、入れませんでした。
肝心の商品のレポートができなくて・・・まあ、店内は撮影禁止だから、写真はいずれにしても無理だったのですが。

でもなあ、数字のキレが悪いなあ。
ちょっと他の数字でやってみよう!!!

100ベラルーシルーブルショップ!!!(→日本円で約70銭→何を売っている店だ!?)

1000ベラルーシルーブルショップ!!!(→日本円で約7円→5円チョコ専門店ならやっていけそう。っていうか7円チョコってあるのか!?)

10 000ベラルーシルーブルショップ!!!(→日本円で約70円→ちょっとリアリティーが出てきたぞ!)

100 000ベラルーシルーブルショップ!!!(→日本円で約700円→数字が大きくて、○○均一のお得感が感じられない!)

1 000 000ベラルーシルーブルショップ!!!(→日本円で約7000円→もはや超高額福袋を買う感覚だ!)


やっぱり25000ルーブルぐらいがちょうどいいのかな・・・
今度店に行ってみよう!!!

明日は朝の9時から夜の9時までずっと日本語の授業!!!
早く寝よう・・・

akiravich at 05:44コメント(0)トラックバック(0) 

2015年08月17日

大変ご無沙汰しております。
はぐれミーシャです。

本当に久しぶりですね。
いつものように日本に一時帰国していました。

今回は7月5日から8月13日まで。
結構、長かったです。
でも、一年間のストレスや疲れを取るにはこれでも短いぐらい。

今回はうちのベロニカちゃんと龍二くんとは日程をずらしました。
二人は二週間早く日本へ行き、二週間早くベラルーシに帰りました。

理由は簡単。
暑いから!!!
ベロニカちゃんが「日本の8月の暑さを耐える自信がない・・・」と言ったので、8月になる前にベラルーシに帰れるような日程にしたのです。

それにしても。
暑かった!!!
日本は暑いですね。
年々、暑くなっていませんか?
去年よりも今年のほうが暑かったように思います。

DSC_0638[1]「暑かった」と過去形で書けるのはベラルーシにいるから。
今、ベラルーシはちょうどいい感じの気温なのです。

これは8月14日、私がベラルーシに帰った次の日に撮った写真。
やっぱりベラルーシの方が涼しいわ。
気温はそこそこあるのに、全然汗をかきません。
湿度が日本よりも低いですからね。
過ごしやすいです。

というか、日本の夏がきつ過ぎます。
ちょっと外を歩いただけで汗だくになるのは私だけでしょうか。
日本に住んでいたときはそんなに汗っかきなほうではなかったのですが、ベラルーシに住み始めて太ってからは汗が滝のように。
自分の周りの人がかわいそうになるぐらいの量の汗。
太りたくはないものです。

でも、ベラルーシではほとんど汗をかかない。
何、これ?
デブ天国!?

せっかく日本から持ってきた汗拭きシートが全然役に立たないという嬉しい悲鳴。
日本もこんな感じならいいんだけどなあ。

本当に日本では汗に悩まされました。
まあ、東京で気温35度越えの日にラーメン二郎でラーメンを食べ、店を出た直後の滝汗に不満をこぼす私にも非があることは否定しません。

DSC_0648[1]今日はベロニカちゃんと龍二くんの3人で公園でお散歩。
私も一緒というのは非常に珍しいこと。
普通、私は日曜日は9時から19時まで日本語を教えていて、家族3人で出かけるというのは滅多にないことなのです。
龍二くんはずっと「アイスクリームが食べたい!」と言い続け、結局、散歩中、2回もアイスクリームを食べたのでした。

DSC_0652[1]今日の散歩の帰りに撮った写真。
噴水と図書館がいい感じ。
このブログをあまり読んだことがない人のためにコメントすると、この写真の不思議な形の建物は国立図書館。
ダイアモンドをイメージしたデザインです。

今日、というか日本時間では昨日になってしまいますが、最高気温は22度。
最高です!

でも、私がベラルーシに帰る直前ぐらいはものすごく暑かったようで、36度ぐらいまで気温が上がったそうです。
なぜか、私たちの住んでいるマンションは死ぬほど暑いのです。
扇風機なしではかなりきついです。

ちなみに、エアコンはベラルーシではそれほど普及していません。
5〜6年前は学生たちに聞いても、うちにエアコンがある人はほとんどいなかったのですが、今はだいぶ増えました。
とは言っても、10人中1人ぐらいのもの。
しかも、持っている人のほとんどが「全然使いません」
まあ、使わなくても、ベラルーシでは生活できるもんなあ。

ベラルーシに帰ってきて、日本ほど暑くないことに感動し、「俺はベラルーシに帰ってきたんだなあ」という実感を覚える、ということはありました。
しかし、それ以上にベラルーシに帰ってきたことを実感することが。

それは・・・
お湯がない!!!
私のうちのお湯が出ないのです!!!

旧ソ連圏ではよくあることのようですが、夏の2週間ほどの間、保守点検のためにお湯がストップするのです。
ベラルーシでは日本のように瞬間湯沸かし器がうちに備え付けられていることもありますが、それは非常に古いマンションの場合。
普通はセントラルヒーティングのお湯です。
町中が一斉にストップするわけではなく、地域ごとに交代でストップされてしまうのです。
いつもは私たちが日本に行っている間のいいタイミングにお湯がストップしていたのですが、今年はもろにその時期に当たってしまったんです。

その間はシャワーも浴びられません。
冷たい水でシャワーを浴びる人もいますが、うちでは大きい鍋にお湯を沸かしています。
不便なことは不便なのですが、そんな不便なあなたも丸ごと好きです、ベラルーシ。

私にとっては日本から帰ってきてからが一年のスタートのような感覚があります。
今年もはぐれミーシャは走り続けます!!!

akiravich at 03:13コメント(13)トラックバック(0) 

2015年04月09日

こんにちは。
はぐれミーシャです。

ちょっと風邪気味です。
実はおととい映画の撮影があったんですが、その現場がものすごく寒くて・・・
一緒に撮影に行った日本人留学生の皆さんは大丈夫だろうか・・・

これを聴きながら書いています。
マタイ受難曲は久しぶりに聴くなあ。
一度でいいから、合唱で歌ってみたい曲の一つですね。
メンゲルベルグはほとんど聴かないんですが、どうなんだろう?
テンポの動かし方とかがすごい・・・

私の学生たちのリレーブログ、読んでいただけましたか?
ベラルーシ人のリレーブログ 今日もベラってますぅ!
スタートしたばかりなので、まだ記事が一つしかありませんが、これからドンドン記事を増やしていきたいと思います!
学生のブログにコメントをいただいたら、その学生がお返事のコメントを書きますので、ぜひコメントをお寄せいただければと思います。



記事のタイトルがちょっとやっつけ感が・・・
すみません。

今日のミンスクは晴れ。
真っ青な空に飛行機雲がきれいです。

でも、数日前は雪が降ってました。
4月ですよ!?
なぜ今頃、雪が!
でも、一度5月に雪が降ったこともあったしなあ。

そんなわけで(←どんなわけだ?)、今年のお正月のことを書いてみたいと思います。
もう4か月も経っていますから、書く意味がないかもしれませんが、せっかく写真を用意したので・・・

IMG_2937やっぱり年越しそばがないと、お正月は迎えられません!
即席のかえしを作り、そばつゆを作りました。
これがなかなかおいしかったです。

IMG_2944龍二くんはそばが大好き! 
山形でもそば屋さんが喜ぶほどの食べっぷりです。

龍二くん、昆布と鰹節できっちり出汁をとった料理はすごくよく食べるんですよ。
舌が肥えているのでしょうか。

IMG_2954[1]クリスマスツリー! 季節外れ! 季節外れの恋! 吉沢秋絵!(←これが分かった人はおニャン子世代です)
毎年、ベロニカちゃんと龍二くんが頑張って飾りつけをするのです。

それにしても、吉沢秋絵は歌唱力がなかったなあ・・・
でも、それがたまらなくよかったりして。
結構、好きでした。

IMG_2960[1]お正月は龍二くんもプレゼントがもらえるから大好き!
これは何かのロボット。
夢中になって、ずっと遊んでいました。

ベラルーシではお年玉をあげる習慣はありません。
でも、プレゼントとしてお金をあげることはあります。

IMG_2970[1]これは私が龍二くんにプレゼントしたもの。
内容は「子どもの素朴な疑問に答える」というもの。
これ、なかなか面白いんですよ。
例えば、「どうして人は汗をかくの?」「どうして水は氷になるの?」「どうして月は形が変わるの?」
これは大人が読んでもなかなか面白い本です。
ベロニカちゃんも楽しそうに読んでいました。

IMG_2975[1]龍二くんがもらったプレゼント!
ペンもおもちゃもうれしいね!!!


IMG_2978[1]これは私があげた寿司Tシャツ。
私も同じのを着ているのですが、それを見て、「僕もほしい!」と龍二くんが言ったので、インターネットで注文したのです。
龍二くんも日本人だから、寿司Tシャツは似合うよね(←あまり論理的ではないような気もしますが・・・)


IMG_2977[1]お正月は料理もがんばります。
これはローストビーフです。
かなり赤いですが、きっちり火は通っています。
ローストビーフはおいしいのはもちろんですが、作っていて楽しいんですよ。
切る瞬間がたまりません!!!
これをわさび醤油とグレービーソース(←ちょっとだけ醤油も入れて)につけて食べると、たまりません!!!

IMG_2947これはスペアリブ! 
実は大失敗の料理です。
日本のある料理雑誌のレシピの通りに作ったのですが、全然おいしくない。
私は普段、レシピの通りに料理をするということはありません。
自分の頭の中にあるレシピを自分なりに解釈して、作るのが普通です。
これは失敗したなあ。
肉が硬いし、脂も落ちていない。

私は普通、1時間〜1時間半ぐらい茹でたスペアリブをタレに漬け込んでから焼きます。
そうすると、肉は柔らかいし、脂も落ちているからヘルシーだし。


今年のお正月はベロニカちゃんの実家へは行かないで、家族3人で過ごしました。
割と静かなお正月でした。

いつか日本でお正月を迎えてみたいですね。
除夜の鐘を聴きながら、静かに迎えるお正月。
いいですね・・・


毎年、この季節になると、日本へ帰りたくなります。
やっぱり一年に一回、日本へ帰るのは楽しみですよ。
ああ、寿司食べたい・・・

今日はこれから授業がたくさん!
大学の授業が一コマ、8歳の女の子の家庭教師、二人の女の子の補習、そして個人教室の授業が2コマ。
なかなか大変だ・・・

でも、いい天気だし、心も晴れ晴れ。
がんばろう!

akiravich at 17:43コメント(0)トラックバック(0) 

2015年03月31日

こんにちは。
はぐれミーシャです。

昨日、ミンスクは雪が降りました。
3月も終わりだというのに・・・

でも、それほどびっくりすることではありません。
7、8年前は5月に雪が降ったことがありますから。

私はいろいろとドタバタしていました。
身内の不幸もあり、なかなか心が落ち着かないです。

いつものように、日本語教師の仕事もたくさんあります。
それに加えて、チョコチョコと細かい仕事があったりして。

忙しい時はその辺のピッツェリアやカフェで食事をします。
外食は高いのであまりしないようにしているのですが、急いでいるときなどは仕方がありません。
日本円に直すとそれほど高くはないのですが、給料の水準を考えたら、かなり高いと言わざるを得ません。

そんなある日のこと。
私はよく立ち寄る某ピッツェリアに行きました。
テレビの制作会社に寄って、そこからまっすぐ自分の教室に向かう前の時間を利用しました。

そのとき、私は原爆詩の朗読の準備をしていました。
それに伴って、食事を制限したり、トレーニングをしたりして、やせようと努力していました。
朝や昼はリンゴやヨーグルトだけ。
夕食も野菜中心で、ご飯の量はいつもの半分以下にしていました。
その店ではいつもなら牛肉のカルパッチョとかピッツアを注文するのですが、その日は野菜中心のメニューにすることにしました。

この時期、ミンスクのレストランではпостное менюというものをよく見かけます。
それはイースターの前に食事制限をする時期があり、そのための特別メニューのことです。
この時期は肉や魚はご法度です。
細かく見ていくと、日によって食べていいものと悪いものが決まっているのだそうです。
例えば、この日は油は使ってはいけない、とか。
でも、普通はそこまで細かく見ないのが普通です。

ベラルーシ人の多くがキリスト教徒。
ほとんどがロシア正教で、次に多いのがカトリック。
プロテスタントも増えています。
まあ、いずれにしても、キリスト教徒が大多数。

しかし。
この食事制限を守っている人というのはそんなに多いわけではないんですよ。
私の個人教室の生徒、約100人近くいるのですが、その中でその宗教的決まりを守っている生徒は一人もいません。
年齢層にもよるのでしょうか。
3月にNHKBS1の「地球アゴラ」という番組でご一緒したベラルーシ人の医師(←40代後半ぐらいに見える)は制限を守っていました。

ダイエット中の私にとっては好都合。
早速、特別メニューを頼んでみました。

DSC_0060[1]野菜サラダです。
そのまんま。
何の変哲もない普通の野菜サラダです。
値段を忘れてしまいましたが、野菜だけにしては結構高かったような・・・

DSC_0061[1]これはブロッコリーのスープ。
おいしそうに見えますよね?
でも、これが・・・

全然おいしくないんです!!!
スープと言うよりはブロッコリーのピューレ。
味付けはほぼゼロ。
離乳食みたいな。

っていうか、こういうスープならやっぱり牛乳を使ったり、生クリームを使ったりしてクリーミーにさせるだろ。
そして、裏ごしとかしてなめらかにするだろ。
でも、これはただ茹でたブロッコリーをミキサーにかけただけ。
やられた!!!

でも、乳製品もダメなんだよなあ。
これは大変だ・・・

ダイエットのおかげもあり、朗読会の時までにはかなりやせました。
しかし、今は完全にリバウンド。
何とかもう一度やせられるようにがんばります!!!

akiravich at 15:07コメント(0)トラックバック(0) 

2015年03月25日

こんばんは。
はぐれミーシャです。

ここ最近のミンスクは暖かく、春が来たような感じがします。
でも、油断していると、急に寒くなったりするからなあ・・・

正直、疲れがたまっています。
というのは、先週の土曜日、原爆詩の朗読会があったからです。
その時の話はまた改めてブログに書きたいと思います。

コメントのレスが遅れてしまって、申し訳ないです。
朗読の準備で精神的に余裕がなかったのです。
これからゆっくり返事を書いていきたいと思います。

その朗読会までは食事制限をしたり、エアロバイクでトレーニングしたりして、痩せようと努力していました。
詩を読むのにふさわしい顔と体にしたかったんです。
痩せるには痩せましたが、あとから朗読会の写真を見ると、それほどの効果はなかったような気が・・・

そんな中、私は一日だけダイエットを休み、思いっきり食べてしまいました。
それは先週の月曜日のこと。

なぜ思いっきり食べたのかというと・・・
3月15日がうちのベロニカちゃんの誕生日だったから!!!
家族三人で食事に行ったのです。

行ったのはミンスク市内にあるレストラン「Тифилис (チフィリス)」。
グルジア料理の店です。

グルジア料理と聞いただけで、私的には結構そそられます。
スパイスが効いているイメージもありますし、ガッツリ肉が出てくるイメージも。
日本ではなかなか馴染みがないですよね。

18時ごろ店に着くと、店内は数組の客が。
月曜日のまだ早い時間ですからね。

DSC_0046[1]一番最初に出てきたのはハチャプリ!!!
名前がかわいい!!!

これが最高においしかったのです!!!
イメージ的には上と下がピザ生地みたいなので、真ん中にチーズが挟まれているという感じです。
正直、これで一気にもっていかれました。

DSC_0047[1]これはベラルーシでもスーパーのお惣菜で見かけるナスのロール。
周りがナスで、中にチーズやクルミなどのナッツが。
でも、この店のは何か私にもわからないハーブやスパイスが使われていて独特のおいしさ!!!
うまい!!!

DSC_0052[1]これがメイン。
料理名を忘れた!

タジン鍋の中には鳥の胸肉が。
ここも使われているスパイスがたまらない!!!
白いのはヨーグルトのようなソース!!!
量が結構あって、二人でシェアして十分でした!!!

DSC_0038[1]DSC_0050[1]龍二くんはアイスクリームしか食べませんでした。
そのアイスもかなりおいしかったです。
ベロニカちゃんも料理に大満足!!!

DSC_0059[1]うちへ帰って、私はウイスキーを飲みました。
シングルモルト「アイル・オブ・ジュラ」。
実はそんなに好きなウイスキーではないのですが、免税店で買ってみたのです。
15年ぶりぐらいに飲んだのですが、やっぱりあんまり好きじゃないなあ。
でも、このボトルの形がなかなか美しい。

最後にレストラン情報を。
Ресторан "Тифилис"
ул.Толбухина 3 (Tolbuhina st. 3)
営業時間 11:00〜23:00

今までミンスクでいろんなレストランに行きましたが、今回のチフィリスはダントツで一番!
本当においしかったです。


akiravich at 16:58コメント(4)トラックバック(0) 

2015年01月14日

皆さま、あけましておめでとうございます!!!
今年もよろしくお願いいたします!!!

随分遅いお正月のあいさつになってしまいました。
ダラダラ、ドタバタしていたら、ドンドン時間が過ぎてしまいました。

お正月はダラダラと過ごしました。
映画を見たり、箱根駅伝を見たり(←青山学院大学!すごかったですねえ)、おいしいものを食べたり飲んだり。
今年はそんなに大々的にはお正月のお祝いをしなかったのですが、また今年も恒例のお正月レポートをしますね。
近いうちに。

私はすでに通常営業で働いています。
とは言っても、大学は試験期間で、私は自分の学生の試験は終わりましたから、その分、いつもより仕事は少ないです。

それでも、やることはいっぱいあるなあ。
今、夜の0時30分ですが、やらないといけないことが満載。
まだあまり眠くないから、少しでもやっておかないと・・・

IMG_1051[2]最後に龍二くんの写真を。
昨年末、ベロニカちゃんが龍二くんを迎えに行った時のこと。
うちへ帰ってくると、龍二くんの手にはアイスクリームが。
外は吹雪だよ!

ベラルーシ人の中には真冬だというのに、普通にアイスクリームを食べる人がいます。
龍二くんもベラルーシ生まれだしね!



今年もできるだけ頻繁にブログを更新できるように努力したいと思っています。
これからもお付き合いのほど、よろしくお願いいたします!!!

akiravich at 06:39コメント(2)トラックバック(0) 

2014年11月02日

こんばんは。
はぐれミーシャです。

今朝のミンスクは霧でした。
こういう中途半端に寒い時は風邪をひきやすいんだよなあ。

今日はちょっと授業はきつかったです。
というのは、昨日の夜、学生たちと軽く飲んだので・・・
いずれにしても、9時から20時半までの授業というのはきついです。
明日も9時からだもんなあ。
普通なら19時に終わるのですが、ちょっと授業を休んだ子たちの補習をやるので、うちへ帰れるのは21時ぐらいかな・・・

楽しみなのは月曜日。
だって、毎週月曜日はお休みなんだもん!
仕事はしない日!
今週の月曜日はしっかり休むことにしました。

それにしても、一日ってあっという間に過ぎていくなあ。
日曜日の夜は夜中の3時までYoutubeで日本の歌を聞いていました。
中森明菜から始まって、村下孝蔵の「踊り子」や「初恋」を聞いて、キュンキュンしてました。

月曜日、朝起きたのが10時過ぎ。
常に6時台には起きて、仕事をしていましたから、10時過ぎにベッドを出るというのは非常に新鮮な感覚。
それから、ダラダラと部屋の掃除。
私、掃除が苦手で、自分の部屋はぐちゃぐちゃ。
でも、どこに何があるかはほとんど把握していますから、問題がないといえばないのですが、さすがに限度が・・・

お昼はベロニカちゃんとピッツェリアへ。
たまには外食しないとね!

IMG_0788[1]落ち葉を片づけているところ。
それにしても大がかりだなあ。










IMG_0797[1]
ブラブラと歩きながらたどり着いたところはピッツェリア「カラブリア」
町の中心部からは遠く、立地は全くよくないのですが、うちから歩いて行けるので、何度かお邪魔しています。

IMG_0789[1]内装が変わった!
なかなかいい雰囲気。

そして、店員がニコニコしている!
ベラルーシに来たことがある人ならわかると思いますが、店員のサービスや態度はいまいちの店が多いのです。
ツンデレではなく、ただツンツンしている人が多い中で、あのにこやかさは奇跡的!

IMG_0790[1]ベロニカちゃんと二人で食事をするのって、一か月に1、2回のこと。
テーブルに花やろうそくがあるのは、なかなかロマンチックで、ベロニカちゃん好み。
たまには奥さん孝行しないとね!!!






注文の際、ちょっとしたハプニングが。
ピッツァを食べに来たつもりだったのですが、メニューを見て、カルボナーラを食べてみることに。
私は無類のカルボナーラ好き。
ミンスクのいろんな店でカルボナーラを食べているのですが、私が納得できたカルボナーラはまだありません。
なので、ここでも食べてみることにしたのです。

でも、ピッツァも捨てがたい。
まあ、ベロニカちゃんが頼んだピッツァを一切れもらえればいいか。

そこで、ベロニカちゃんのオーダー。
ベロニカちゃん「ラザニアをお願いします」

えええ!!!
そりゃあないよ!!!


不意を突かれました。
ベロニカちゃん「ピッツァ、食べたかったの? ごめんね!」
私の読みが外れてしまいました・・・



IMG_0793[1]私とベロニカちゃんは無類のカルパッチョ好き。
メニューにあると必ず頼んでしまいます。
この時のカルパッチョは薄切りの牛肉がクルッとロールしている状態できれいな盛り付け。
二人でちょっとテンションがあがりました。
そこに岩塩とコショウをグラインド。
オリーブ油もかければ、もう最高!
願わくば、パルメザンチーズをすりおろしたものを別にもらいたかったなあ。

IMG_0791[1]店員さんのお勧めで、カルパッチョと一緒に食べました。
メニューにはフォカッチャとなっているのですが、これって本当にフォカッチャなの?
フォカッチャって、私のイメージではもっとパンに近いような厚手のものだと思っていたんですが。
これはピザの生地を焼いたもの。
軽くチーズとニンニクが。
これはこれでおいしいので、まあいいか。

IMG_0794[1]そして、カルボナーラの登場!!!
見た目からして、やっちまった感が強いなあ。

食べてみると・・・おいしいけど、これはカルボナーラなのだろうか?
卵の味は全くしないし、黒コショウもかかっていない。
まあ、黒コショウはあとから自分でかけてもいいのだが。
カルボナーラと思わなければ、普通においしいパスタでした。

IMG_0796[1]これがベロニカちゃんの頼んだラザニア。
サーモンみたいなのが入っていました。
味は及第点でした。

それにしても、店自体はとてもいいよなあ。
頑張っている感が結構あって。
あれだけ立地が悪いのに、ちょこちょことお客さんは来ているし。
また行ってみようっと。

そのあとは、スーパーに寄って帰宅。
赤ワインを飲みながら、柿の種を食べ続けました。

そうそう。
柿の種はベラルーシにはないんですよ。
非常に残念なことに。

月曜日に食べたのは、2週間ほど前にいただいたもの。
私は無類の柿の種好き。
マンモスうれぴー!!!(←柿ピー語←のりピー語ではない)
お気遣いいただき、本当にありがとうございました!!!

日曜日を乗り切れば、また月曜日だ!!!
がんばろう!!!

akiravich at 04:14コメント(2)トラックバック(0) 

2014年10月17日

おはようございます。
はぐれミーシャです。

今、朝の7時20分。
まだまだ暗いです。
ベラルーシはこれからもっと日が短くなります。
朝9時ぐらいでも暗いことがありますし。

私はいつものように毎日、授業をしています。
私が教えているグループは9つ。
それぞれのグループが一週間2コマ(←1コマは90分)。
仕事量としては相当なものになります。

学生の数は大体150人ぐらいです。
これだけの人数になると、宿題のチェックが大変。
その他に、翻訳の仕事もちょこちょこ入ってくるし、メールも書かないといけない。

きついんですが、かなり充実しています。
これだけ忙しい中ですが、私もあることの勉強を始めました。
これまでは自分のために使う時間は取れなかったのですが、これからはどんなに忙しくても自分のために使う時間がないとダメだと思ったのです。

最近のミンスクは何故かちょっと暖かいです。
暖かいと言っても、気温は14度ぐらいですが。

IMG_0775近所の道。
いかにもベラルーシの秋らしい感じです。
全体的に黄色の色調が多いですね。
日本の紅葉のように赤くなる葉もありますが、そんなにパーッと赤くなることはありません。
こういう雰囲気、好きです。

IMG_0753ちょっと前は霜が降りたりして、「もうこのまま冬に突入するのかな?」なんて思っていたのですが、最近は暖かくて。

こういう時って、逆に風邪をひきやすいように感じます。
結構、暖かく感じるから、「大丈夫かな」と思って薄着をしてしまうと一発で風邪をひいてしまうことがあります。
現に、私の学生にも風邪をひいている人が多いです。
そして、龍二くんも風邪をひいて、幼稚園をお休みしています。

IMG_0742これはミンスク市内、ニャミーガという地区です。
気持ちがいい天気です!!!
散歩日和だなあ、なんて思うのですが、ゆっくり散歩している時間がないのがつらいところです。

IMG_0744秋になると、こんな実がなっている木をよく見かけます。
これは何だろう?
グミ? ナンテン? ナナカマド?
植物は弱いなあ・・・
通訳するときも木や花の名前が出てくると困ってしまうのです。

もう8時30分。
外もだいぶ明るくなってきました。
どよーんとした曇り空。
これがベラルーシの秋。
秋晴れの日は少ないのです。

この時期のベラルーシ人の関心事はいつ暖房が入るのかということ。
ベラルーシではセントラルヒーティングが普通。
暖房が入るタイミングは・・・えーっと、誰が決めているんだろう?
まあ、誰でもいいのですが。

毎年のことですが、結構寒くなっても、暖房がなかなか入らないことがあります。
「○○度以下の日が○○日続くと暖房が入る」という規則があるらしく、結構寒くなっても、それが数日続かないと暖房が入らなかったりします。
上の写真の霜が降りた頃なんかは室内もかなり寒く、早く暖房が入ればいいのに、とみんな思っていました。

これは一般のマンションの話で、幼稚園や病院などは優先的に暖房が入れられます。
龍二くんが通っている幼稚園ではすでに暖房が入れられているそうです。

これから、どんどん日が短くなって、寒くなるんだろうなあ。
日が短くなるのは私は結構好き。
逆に、夏の白夜っぽいのは苦手です。
だって、22時過ぎなのに明るいんですから。
明るいうちにビールを飲むのはちょっと罪悪感が・・・

今日はちょっとまったりした内容になりました。
毎日忙しいのですが、できる限り更新していきたいと思います!

akiravich at 14:43コメント(2)トラックバック(0) 
livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
ベラルーシでの生活は楽しいな♪
メッセージ

名前
メール
本文