おかし

2010年06月02日

こんばんは。
はぐれミーシャです。

今日は何か無駄に疲れた日でした。
予定がいろいろと狂ってしまい、そのせいで時間をつぶす羽目に。
普段は時間がなくて困っているのに。

まず、私が働くことになる寿司バーへ行きました。
私が作った料理を置いてきたのです。

それから、大学の日本語教師たちで食事。
それは楽しい時間を過ごせたのでよかったんです。

ところが、その最中、ベラルーシ語の先生からショートメールが。
いつもは14時25分から授業なんですが、今日は12時45分からに変更になったのを忘れていたんです!!!
申し訳ないことをしてしまった・・・

本当はベラルーシ語の授業を受けて、それからもう一度寿司屋に行って話しをする予定だったのですが、私が忘れてしまったことからドンドン予定が変わってしまって。
寿司屋のマネージャーとは17時過ぎに会う約束をしていたのですが、することがないので、町をぶらぶら。
そんなの久しぶりだなあ。


モーツァルト:交響曲第40番&41番<ジュピター>モーツァルト:交響曲第40番&41番<ジュピター>
アーティスト:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 カラヤン(ヘルベルト・フォン)
販売元:ユニバーサル ミュージック クラシック
発売日:2009-07-16
クチコミを見る
CDを買いに行きました。
カラヤン指揮のモーツァルトです。
うーん、私がカラヤンのCDを買うのって何年ぶりだろう。
私は高校時代はバーンスタインばかり聴いていて、カラヤンはそんなに好きじゃなかったんですよ。
今聴くと、結構いいなあと思うこともありますけどね。

それにモーツァルトもそんなに好きじゃないんです。
なぜか好きになれないというか。
好きなのは・・・
交響曲40番、41番、ピアノ協奏曲20番、レクイエムぐらいでしょうか。
あと、ドンジョバンニも好き。

行くところもないので、寿司屋へ。
16時15分ぐらいに入ったのですが、軽く寿司をつまみ、コーヒーを飲みながら、マネージャーを待ったのですが、なかなか現れない。
毎週火曜日は会議があるから遅くなったら待っていてと言われたのですが、それにしても遅すぎ。
結局、2時間待ちました。

そこにはマネージャーの他に、その寿司屋2店舗の総料理長も現れました。
そして、私が作ったものの試食。

さーて。
私が今回作ったのは抹茶アイスクリーム。
日本語のサイトで見たレシピで作ったのですが、これが困難を極める作業だったのです・・・

一回目 先週の木曜日 初体験のお味は?
このときは大失敗。
というのは、卵黄と牛乳でアングレーズを作ったまでは良かったのですが、生クリームが泡立てられず。
おかしいなあと思ってパッケージを見ると、その生クリームは脂肪分12%。
そりゃあ、無理だ。
出来上がったものは口の中で氷が感じられて、アイスクリームのまろやかな口溶けとはならず。
でも、味自体は良かったんですよ。

二回目 先週の土曜日 生クリーム大作戦
近くの大型スーパーで脂肪分35%の生クリームを購入。
喜び勇んでアイスクリームを作ったのでした。
しかし・・・
抹茶をケチったからか、生クリームが濃すぎるのか、乳製品の味しかしない。
一回目よりも氷の感覚は少なくなりましたが、それでも口溶けはあまりよくないです。
やっぱりアイスクリームメーカーがないとダメなのかなあ・・・

三回目 昨日 執念のアイスクリーム
リベンジ!
抹茶、思いっきり入れました。
生クリーム少なくしました。
そして、出来上がったアイスクリームは甘さが足りないものの、今までで一番バランスがとれたものでした。
口溶けは相変わらずよくないのですが、これでトライしてみます!

で、話を元に戻します。

マネージャーはすでにお昼に全て味見していたのですが、一番気に入ったのは・・・何と一回目の失敗作。
一番甘くてお茶の味が濃いんです。
生クリームが泡立てられなかった分、乳製品の味が邪魔していないので、抹茶そのままの味になったのです。

総料理長と三人で改めて試食。
総料理長、ほめすぎ。
「これはいい! いろいろ改良すればもっとおいしくなるよ」
二人でどう改良すればいいかの話で盛り上がりました。

総料理長も一番気に入ったのは一回目のもの。
他の人たちもみんな一回目がいいと言ったそうです。
うーん・・・

どうして口溶けが悪いんだろう?
やっぱりアイスクリームメーカーみたいな機械を使わないとダメかなあ。
ゆっくり攪拌しながら冷やしていくような。

それにしても、みんな甘いのが好きだよなあ。
まあ、一回目のは結構砂糖を入れたんですよ。
でも、冷やすと砂糖の味ってそんなに感じなくなるからちょうどよかったのかも。

明日は総料理長と一緒に料理をします。
冷しゃぶ、つけめん、なすのあげだしなどを一緒に作ります。
店で出すためには具体的な分量などを割り出さないといけないからです。

これは結構大変だよなあ。
だって、プロと一緒に料理するんだから。
変なことできないなあ。

最近、写真が少ないですが、明日はきっちりと撮ります。
本当は今日の抹茶アイスも写真を撮ろうと思っていたんですよ。
でも、カメラを忘れちゃって・・・

明日は他にもいろいろな手続きなどがあって大変です。
頑張ろう・・・

akiravich at 04:27コメント(0)トラックバック(0) 

2009年04月21日

寒い!
冬に逆戻りするんじゃないかと思ってしまう寒さです。
こういう季節外れの寒さはちょっと体にこたえます。

今日は最近の出来事を写真つきで御紹介したいと思います。

P4180040これ、白樺のジュースです。
白樺からとったジュースなんですよ。
白樺の木に穴を開けたり、傷をつけたりして、そこから出てくる汁を集めるだけなんです。
水色っぽいのはペットボトルで、ジュースそのものはちょっと白く濁った液体。
味的にはちょっとくせのあるミネラルウオーターという感じでしょうか。
効能としては、血液をきれいにするとか、利尿作用があるので腎臓にいいとか言われています。
興味のある方はインターネットで検索してみてください。
とにかく体にいいらしいです(←大ざっぱな説明ですみません)。

ベラルーシではお店にも良く売っているのですが、それはかなり薄められたもの。
全体の10%でも白樺ジュースが入っていればいいほうで。
はっきり言って、ただの砂糖水ですね。
市販のものは飲んでも何の効果もないと思われます。

ベラルーシでは国の許可を得ないと白樺ジュースはとってはいけないことになっているんです。
毎年、不法にとって捕まっている人がいます。
そういえば、うちのジュースは誰がとったんだろう・・・
写真に写っているジュースは100%、白樺からとったものだそうです。

P4180042これはチョコレート。
ベラルーシの世界遺産「ベロヴェジの森」と名づけられたおかしです。
去年、ベロヴェジの森に行った時のレポートはこちらから
私とベロニカちゃんの大好きな場所です。
今年も行きたいなあ。

P4180045P4180047箱を開けると、中に小さい箱がたくさんあって。
絵柄がベロヴェジの森に住んでいる動物や植物、名所などなんですよ。
そして、一つ一つの箱の中は味が違うチョコレートになっているんです。
中にはすごくおいしいのもありましたよ。

こういう大きい箱のおかしは贈答用なのですが、今回は私達だけで食べています。
なぜなら、賞味期限が思いっきり切れているからです。
でも、食べます!
賞味期限は完全に無視です。
このことに関しては2008年10月18日「賞味期限が切れても食べることは勇気ではない」に書いています。

P4180038P4180039次の写真は麻婆豆腐です!
これは土曜日の晩ご飯。
私はいつも大学の同僚で韓国人のハンナさんから豆腐を買っています。
私がベラルーシに来た9年前、その頃は大学の近くに豆腐屋さんがあったんですよ。
それが結構おいしくて、時々買っていたのです。
でも、ある日行ってみたら閉店してしまっていて。
その後、約7年間、ベラルーシでは豆腐を食べるチャンスがなかったのです。
今はハンナさんのお陰で豆腐が食べられます!

元々、麻婆豆腐は私の得意料理の一つ。
日本にいたときは良く作っていました。
しかし、7年間も作っていないと腕はなまるもので。
なかなか満足のいく味が出せなかったのですが、先週の土曜日に作った麻婆豆腐は自分でも納得のいく味。
辛すぎず、ちょうどいい味になりました。
本当はトウチーとか使いたいんですけどね。
日本に帰ったら、買ってこよう。

P4180041最後の写真は、土曜日にうちに勉強に来ているダニエラちゃんが書いてくれた絵。
この絵に描かれているのは私とダニエラちゃんのグループの学生達。
教科書を持っている猫が私なんですって。
他の学生もかなりそっくり。
一番上のガンダムはガンダムおたくのオレグ君。

ダニエラちゃんは16歳のかわいい女の子。
日本に行って、マンガの勉強をしたいんですって。
いつもマンガを書いているそうで、時々私にも読ませてくれます。
いつか彼女の夢がかなうといいなあ。

と、まあこんな感じです。
最近撮った写真がたまっていたので、一気に載せてみました。

明日も仕事が忙しいなあ。
でも、朝はどこへも行かなくてもいいんですよ。
たまにはゆっくり寝よう・・・

akiravich at 00:01コメント(0)トラックバック(0) 

2008年10月02日

今日は休み・・・のはず。
久々の休みを楽しむ・・・はず。
でも・・・はずはず(←新しい擬態語)。

昨日の朝から声が枯れていて、困ってます。
昨日の朝は大学の一年生の授業。
声がかすれているとかじゃなくて、完全に枯れてしまって。
ちょっと咳をすると、声が出るんですが、かなり苦しい状態。
風邪とかじゃないんですよ。
熱もないし、調子もすこぶる(←久しぶりに使った表現)いい。
声だけが枯れている(←声だけだったらいいのだが・・・)。

今日は休みなんだけど、朝の9時から13歳のアレクセイ君の授業。
彼はいい子なんですよ。
13歳の割には勘が良くて、教えやすい。
でも、声が出なくて辛い。
日本茶を飲みながらだましだまし声を出していく。

10時に彼が帰った後は休み。
で、朝ごはんを食べて寝ようと思ったら、電話が。
相手は私が二年ほど教えている13歳の男の子のお父さん。
そのお父さんが数日前に電話してきて、「ぜひ一緒に食事をしながらお話ししたい」と言っていたのです。
で、15時に寿司屋で食事の約束!
わーい、わーい、すしだ!

日曜日の夕食がいまだに残っていて、その残りを朝ごはんとして食べる。
朝ごはんに高野豆腐を食べるのはベラルーシでは超ぜいたく。

その後、お風呂に入る。
こんな時間にお風呂に入るのは、私かしずかちゃんぐらいのものだろう。
私はお風呂の中で雑誌や本を読むのが好き。
今日は夏に頂いたレコード芸術を読みながら、のんびりとお風呂を満喫。

その後、昼寝。
なんて贅沢なんだろう!
でも、あんまり熟睡できず。
一時間ほどの睡眠。
それでも、今の私には超ぜいたく!

そこから、寿司屋へ。
寿司屋の名前はプラネタ・スシпланета суши。
直訳すると「寿司の惑星」。
ミンスク市内には「惑星」が数箇所。
たぶん、5箇所ぐらいでしょうか。
最近、増殖中。
今日、私が選んだのはニャミーガ地区にあるいくつかのレストランが合体したようなところの「寿司の惑星」。
今までの経験では、そこの「惑星」が一番ベストの「惑星」だと思っていたのですが・・・

その「惑星」は結構不便なところにあって、地下鉄の「レーニン広場」駅からは急ぎ足で10分の道のり。
小雨の降る中、歩きながら数件の電話を片付ける。

「惑星」に到着した私を待っていたのはお父さん。
中で待っていればいいのに、外で待っているところが律儀。

PA011941
PA011939
中の雰囲気は日本っぽい感じ。
でも、ちょっとずれている感じが素敵。
この店には何度も来たことがあるのですが、自分でお金を払ったことは一度もないんですよね。

そもそも、「寿司の惑星」はベラルーシで最初にできた寿司屋。
ロシアにもあるチェーン店です。
できたのは確か5年以上前だったと思います。
初めてできたのは「独立大通り」にある店舗。
そこに初めて行ったのは、映画のロケ。
サンクトペテルブルクからの俳優が来なかった場合の予備として、結局はエキストラとして参加したんですよね。
でも、寿司は食べられず、お茶だけ。

「寿司の惑星」は当時から値段は高く、客層はお金持ちだけ。
普通の人は行けませんよ。
だって、二人でちょっと食べただけで日本円で5000円ぐらいするんですよ。
それなのに、味が回転寿司レベルでは・・・

PA011942
招待してくれたお父さんは心臓外科医。
ベロニカちゃんのお母さんの心臓を手術して、命を救ってくれた医者です(2008年9月3日「ちょっとこわ〜いベラルーシの病院」に出てきます)。
ものすごく忙しい人なので、会うのは一年半ぶり。
彼はベラルーシでも指折りの心臓外科医で、国際会議などでヨーロッパ中を飛び回っているのですが、意外にも寿司は初体験。

彼とはやはり息子の勉強の話。
息子を来年の夏に日本に行かせたいとのこと。
できれば、私の知り合いや親戚のところでホームステイできればうれしい、という申し出。
うーん、誰のところでホームステイできるだろう・・・
他にもいろんな受け入れ組織なんかがありそうだけど・・・
と考えていたら、「来年の夏は日本に帰らないの?」という質問が。
帰りたいけど・・・お金がないんですよね。
本当に帰りたいんだけど・・・

すると、お父さんから提案。
「じゃあ、うちの息子と一緒に行ってもらえますか? 費用はこっち持ちで」
えええ!!!
でも、かなり高いですよね。
「お金は重要じゃなくて。私は息子を日本へ行かせたい。あなたは日本へ行きたい。需要と供給が一致しているわけで」

協力は約束しましたが、どのような形にするかは未定。
いろいろと手続きが面倒そうだなあ・・・

PA011943
肝心の寿司!
これが最悪!
今までも「惑星」では何度か食べたことがありますが、今まで食べた中では一番ひどい寿司でした。
何がひどいって、ネタが悪すぎる。
一番まずかったのは白身魚。
色がくすんでいて、食べたらやばそうな色。
近くの市場で売っている冷凍物の魚を解凍しただけに見えました。
他の寿司もひどすぎ。

醤油は注文時に「スタンダードになさいますか? ライトになさいますか?」って聞かれるんですよ。
「スタンダードで」って答えたら、「かなり塩辛いですが大丈夫ですか?」と聞かれたのです。
でも、その「スタンダード醤油」出てきてびっくり。
明らかに水で割ってます。
こんな風にして節約しているんでしょうけどね。

この船盛りの寿司。
メニューの写真とは違ってかなり貧相。
値段、いくらだと思います?
これで日本円で約7000円。
7000円ですよ!
味もひどいし、量も全くお腹いっぱいにならない程度。
なので、追加注文しちゃいましたよ。

PA011940
寿司屋の壁のデザインがかなりおかしくて。
「麦」って何が言いたいの!?

17時ぐらいに食事が終わって、そこから郵便局へ。
日本からの荷物が届いているという連絡があったので、それを受け取りに。
でも、17時50分にベロニカちゃんや大学の同僚と一緒にデザートが美味しい店に行こうって約束していて。
なので、郵便局までダッシュ。
寿司屋で飲んだビールが効いて、なかなかたどり着けず。
荷物を受け取り、タクシーに乗ったときは、まだ間に合うと思っていたのですが・・・

運悪く渋滞にがっつりはまって。
なかなか動けず。
仕方なく、うちに帰って荷物を置いて地下鉄で待ち合わせ場所に行こうと思っていたのを、途中までは同じタクシーを使うことに。
うちの近くまで来て、「だいたい7ドルぐらいかな?」と運転手に聞くと、「10ドルだよ」とのお答え。
私は郵便局で荷物を受け取ったときは、かなり荷物が重いのでタクシーを利用してるんですよ。
だから、その郵便局からうちまでの料金は把握してるんです。
「俺はこの区間をタクシー利用してるけど、7ドル以上とられたことはないんだよね」と言うと、運転手「じゃあ、7ドルでいいよ」
なんじゃ、それ!?

荷物を置いて、またタクシーへ。
それも渋滞がひどくて、途中下車して地下鉄へ。
結局、デザートの店に着いたのは30分遅れ。

PA011944
お店は以前にもこのブログでレポートした「Beze」(2008年8月23日の投稿をご覧ください)。
今日は「りんごのシュトルーデル」(←ザ・ロックのマイクパフォーマンスを思い出すのは私だけでしょうか・・・)。
相変わらずおいしかったです。
他の人が注文したものもつまみ食いしましたが、なかなかおいしくて。
うちの大学の同僚は「ちょっと甘すぎる感じもしますが」。
確かに言われてみれば・・・

PA011945
実はバレエ学校留学中のMちゃんも誘ったのですが、学校の行事か何かでキャンセル。
なので、ベロニカちゃんの妹を誘ってみました。
結婚式を目前に控えているのに、全然いつもと変わらない様子。
この調子ならマリッジ・ブルーはないでしょう・・・

さて、うちに帰って、荷物を開ける。
これが一番楽しい瞬間!
ベラルーシに住んでいて、一番うれしい瞬間の一つです。
外国に住んでいると、やっぱり日本のものが恋しくなるんですよね。

箱の中はビデオや本、食料品から、ベロニカちゃんのためのアクセサリーまで満載。
とてもうれしかったです!

私が最も楽しみにしていたものは、あるCD。
それは片桐麻美というアーティストのCD。
以前、私は持っていたのですが、誰かに貸したまま行方不明になっていて。
私が15歳の頃から愛してやまなかった歌手です。
そのCDを聞きながら、このブログを書いていたのですが、好きな曲になると手が止まってしまいました。

明日は朝の8時半から大学で授業。
今、夜中の1時5分前。
早く寝なきゃ・・・

それにしても、この声、どうしよう?
声が出なくても、授業はやるよ!
明日は恐怖の7コマ(×1時間半=10時間半)授業。
どんなことがあっても授業はやります。
プロレスラーは多少の怪我があっても、試合に出るじゃないですか。
私もこういう状況には逆に燃えてしまうタイプ。
明日の授業が乗り切れたかどうかは、明日書きます。
がんばるぞ!

akiravich at 06:56コメント(0)トラックバック(0) 

2008年08月23日

今日は朝からオリンピックで大興奮!
なんてったって金メダル、しかも一気に二つですから!
ボートって興味なかったんですけど、見てると面白いです。
でも、オリンピック終わったら見ないんだろうなあ・・・

今日は夕方からカフェ「Beze」に行って来ました。
そう、わざわざカフェに行って来たんです。
どうしてかというと、そこでうちの学生ターニャちゃんとナージャちゃんがアルバイトしているからです。
「ぜひ来てください」と前から言われていたので、8月の初めに一度行ったのですが、出勤の日じゃなかったようで、二人はいなかったのです。
今日は二人とも出勤するということで行ってみました。

場所はミンスクの中心部、独立大通りにあります。
道を挟んで反対側にグム百貨店があります。

P8221731
中は落ち着いた色調のインテリアで統一されています。
4年ほど前にも来たことがあるのですが、そのときとは全く別の店のよう。
以前は殺風景などこにでもあるようなカフェでしたから。

中に入ってキョロキョロしていると、ターニャちゃんが出てきました。
いつものようにニコニコ笑って、私たちを席に案内してくれました。
店内はほぼ満員。
人気あるんですね。

ターニャちゃんの話しでは「今日、ナージャさんは出勤したいウエイトレスが多かったので、お休みになりました」
うーん、残念。
彼女がアルバイトしているところ、見てみたかった。

この店のお勧めはデザート。
4年前に来たときはひどかったんですよ。
全くおいしくなくて、ベラルーシの平均的なカフェという感じでした。
私たちが8月の初めに来たときは、ベロニカちゃんはさくらんぼのシュトゥルーデルを、私はカシスのシャーベットを食べたのですが、これが予想以上においしくて。
ベラルーシでこんなデザートは食べたことがありません(日本ではあります)。
今日もかなり期待していきました。

今日はベロニカちゃんはクレープにバナナとチョコレートソース、私はりんごのシュトゥルーデルを選びました。
ターニャちゃんは「先生、このケーキは量り売りなんですが、ここに書いてある100gだと少ないですよ」
そうなんですよ。
こちらのカフェやレストランでは量がグラムで表示されているのです。
よく見ると、100gの値段。
安いからこれにしようと思ったのに。

でも、100gって言われてもピンと来ませんよね?
そんなにお腹も空いていなかったし、お金もそんなになかったので、「100gでいいよ」とターニャちゃんには言いました。

そして、少しだけ日本語で会話。
ターニャちゃん「ナージャさんは今日の朝、私と一緒に『しゅっしょ』したのですが、今日は働きたいと言う女の子が多くて・・・」
私「それって『しゅっしょ』じゃなくて、『しゅっきん』でしょ!刑務所じゃないんだから!」
こんなところに来て日本語を教えなくてもいいのに・・・
やっぱり日本語教師は日本語教師・・・
まあ、普通の人が聞いても、つっこむかな。
かなりうけました。

さて、デザートのほうですが・・・
P8221726
これはベロニカちゃんが注文したクレープ。
バナナとイチゴ、そこにチョコレートソースがかかっていて、バニラアイスクリームが添えられています。
普通においしいです。
クレープとバナナとイチゴとチョコレートとアイスを組み合わせたらこんな味になるだろう、と想像していただければわかりやすいと思います(←そのまんまということです)。

P8221727
これは私が注文したシュトゥルーデル。
これは結構おいしかったです。
そうそう、前回ベロニカちゃんが食べてたさくらんぼのシュトゥルーデルがおいしかったから、注文したんだよね(そのデザートはヨーグルト添えとなっていたのですが、ヨーグルトは市販のごく普通のやつでガックリ)。
まあ、アップルパイのさくさくしていないやつ、という感じ。
メニューには英語でアップルパイと書いてあったのですが、アップルパイではありません。
それにしても、100gは少なかった!
ケーキよりも添えてあるホイップクリームのほうが大きいし。
たまにはターニャちゃんの言うことも聞かないといけないなあ。

さて、お値段のほうですが、クレープは11910ルーブル(約600円)、シュトゥルーデルは4980ルーブル(約250円)、ベロニカちゃんが飲んだにんじんジュースが1120ルーブル(約50円)、合計18010ルーブル(約900円)です。
高い!
念のためにもう一度書きますが、私の月給は約3万円ですから。
日本人が喫茶店で900円使うのとはわけが違います。
来ているお客さんもちょっとお金持ちっぽい感じの人ばかり。
一般のベラルーシ人はなかなか行けないでしょう。
私だって、簡単には行けませんね。

でも、いい店だなあ。
サービスもまあまあだし。
ターニャちゃんのサービスは100点ですけど。
でも、今日でアルバイトやめちゃうんですよね。
残念。

ベラルーシにはまともなカフェがほとんどありません。
サービスも悪ければ味も悪くて、わざわざカフェに行く意味がないんですよね。
私も気軽にカフェに入るということはなく、人と待ち合わせをしたり、交渉ごとをしたりするときに利用するだけです。
でも、このカフェなら日本人の人を連れて行っても恥ずかしくないかなという気がします。
サービスはもうちょっとがんばって、愛想よくしてほしいかな。
ターニャちゃんみたいに他のウエイトレスもニコニコしてくれたら、もっといい店になるのに!
味的には今までベラルーシで食べたデザートの中で一番です。

このお店の基本情報です。
カフェ「Beze」
住所:独立大通り18(プロスペクト・ニザヴィスィモスチ18)
営業時間 10:00〜1:00
кафе "Безе"
Тел.: (017) 328 64 09, (044) 723 52 78,
Адрес: пр-т Независимости, 18
Время работы: 10:00 - 01:00

akiravich at 04:19コメント(4)トラックバック(0) 
livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
ベラルーシでの生活は楽しいな♪
メッセージ

名前
メール
本文