アニメ

2014年12月10日

こんにちは。
はぐれミーシャです。

ベラルーシは毎日寒い日が続いています。
マイナス4〜5度です。
でも、これはまだまだ序の口。
これから本格的な冬に向かっていきます。

今日はずっと前から書こう書こうと思っていながら、書いていなかったことを書こうと思います。
書くというよりは写真が中心になります。

それは・・・
ベラルーシのコスプレです!!!
私はそんなにコスプレについては詳しくないんですよ。
でも、ベラルーシではだいぶ前からコスプレ熱が高かったのです。
なので、いつか紹介できればと思っていたんですよ。

私がベラルーシに来たのは2000年ですが、その当時は日本のアニメはそれほど知られていなかったように思います。
ただ、ポケモンは放送していました。
昼の15時30分から放送していたのを覚えています。
今、私のところで勉強している20代半ばから後半ぐらいの学生たちは「ポケモン、見てました!」という子が多いです。

確か、2003年か2004年のことだったと思います。
ミンスクで初めてアニメのイベントが行われました。
私の学生も参加したので話は聞いています。

最初はアニメ好きの掲示板がスタート。
掲示板に登録している人がコスプレをやったりして集まる小規模のイベントだったはずが、200人近く集まってしまい、近隣の人から警察に通報され、警官が来てしまったと聞いています。

今ではアニメのイベントは巨大化。
完全にビジネス化しています。

前置きが長くなりましたが、写真を紹介します!!!
写真に出ている本人たちには了解を得ています。
写真の転用はしないようにお願いしますね。

8o09LgO_qZAこれは私の学生だったカーチャちゃん。
すでに日本語は辞めてしまっていますが、会うとちゃんと挨拶してくれる良い子です。
何のキャラかは私もわかりません。

_l9Co8OYbIgrI7mVQ4_DGkq3LCo2qBbhU9b4_SsqfiBMD6VJyRmazx4元々かわいい子がコスプレしたら、そりゃあかわいくなりますよ。
彼女が日本でコスプレしたら、人気が出そう。













































































3Ichd5hCHQcこれは今も勉強しているオーリャちゃんの写真です。
勉強はもう4年目になっています。
彼女も元々はアニメおたくだったんだよなあ。










CQ0SAg_3L0IkY8Xym0MzBMもう一人の子も名前はオーリャちゃん。
二人は仲良し。














彼女たちに「これは何のコスプレ?」と聞くと、答えは「これはオリジナルです」。
つまり、特定のキャラクターに扮するわけではなく、自分で考えた架空のキャラクターに変身するというわけです。
理由を聞くと、そのほうが安上がりだから、ということ。
特定のキャラクターになろうとすると、ベラルーシでは作るのが難しいこともあるようで。
手に入る材料で作るというのが基本のようです。

そうそう。
彼女たちはコスチュームを自分で作ったり、裁縫が得意なアニメおたく仲間に頼むのだそうです。

自分で作ることにはすごく意味があるとは思います。
しかし、うちのベロニカちゃんに言わせると、「かなり大ざっぱな作り方だね」。
ベロニカちゃんは服のデザインや裁断が専門なので、わかっちゃうんですね。

そういうわけで、自分の学生たちにコスプレをやっている子たちに、「うちの奥さんに注文すると、作ってくれるよ」と言ったのですが、やはりプロが作ると料金が高い。
やっぱり、自分で作るほうが安上がりだし、思い入れもあるというものなのでしょうか。

4男の子も紹介します。
これはうちの学生のヴィターリー君。
なかなかのいい男です。
彼は最近、日本に旅行に行って帰ってきたばかりです。
これは何のコスプレだろう?
たぶん、何かのキャラクターだと思うんだけど・・・









312なかなか本格的。
彼は東京でずっと夢見てたメイドカフェに行ったそうなんですが、女の子たちが「英語話せないんで」とキャピキャピ(←死語?)と楽しそうに入店を断られたそうです。
いまどきは外国人のお客も多いだろうに。

ちなみに、ベラルーシにはメイドカフェはありません。
モスクワにはすでにあるようですね。
私が学生たちに「ミンスクに作ったらどうだろうか?」と聞くと、「アニメおたくは喜ぶと思いますが、勘違いする男性が続出すると思います」
つまり、変な店だと思っちゃう男が多い、という意味です。
そう考えると難しいかな・・・


また新しい写真を手に入れたら、ご紹介しますね!!!

akiravich at 00:53コメント(4)トラックバック(0) 

2012年04月24日

こんにちは。
はぐれミーシャです。

IMG_5035
今日のベラルーシは春の陽気です。
マフラーもいらない季節になりました。

今日はベラルーシの祝日です。
ラードゥニッツアというお祭りです。
この日はお墓に行って、亡くなったご先祖にお祈りを捧げます。
先週はイースター(復活祭)だったのですが、復活祭は生きている人のために、ラードゥニッツアは亡くなった人たちのために、ということらしいです。

何にしても、私にとっては貴重な休み。
そんな休みだからこそ、ブログを書こう!と思ったのです。

先週までの通訳の仕事は大変でした。
肉体的にも精神的にも、です。
それでも、私にとっては非常に貴重な体験ばかりでした。

その通訳の仕事に伴って、本業の日本語教師の仕事のほうはお休みが多くなっていました。
それに、精神的にもどうしても通訳のほうにエネルギーがいってしまって・・・

おとといの日本語の授業が本格的な復帰という形になりました。
やっぱり学生と過ごす時間は楽しいですね。
でも、疲れがたまっているからか、冗談にいつものキレがありませんでした・・・

日曜日は相変わらず7コマ授業です。
つまり、日本語を10時間半教えるんです。
これはきついですよ。

特に最後の授業はきつくて。
19時15分から20時45分までの一コマ。
生徒はオーリャちゃんとレーナちゃんの二人だけ。
まだまだ初心者の二人ですが、なかなか頑張っています。

今彼女たちが勉強しているのは「みんなの日本語」という教科書の第12課。
形容詞の過去形や比較級、最上級などの勉強です。
この課にはみんなが苦しむフレーズがあります。

それは「去年の冬はあたたかかったです」。
この「あたたかかった」が言えない学生が多いんです。
よくある間違いは「あたたたかった」
これでは「た」が多すぎます。

おとといの授業ではレーナちゃんも苦しみました。
どうしても「あたたた」と言ったところで止まってしまうのです。
レーナちゃん「『あたたた・・・』 あれ?違うなあ。『あたたた・・・』」
はぐれミーシャ「『あたたた』じゃなくて、『あたたかかった』だよ」
レーナちゃん「あたたた・・・あたたた・・・」
私が心の中で「北斗の拳かよ!」とつっこみを入れていたのは言うまでもありません。
何度かゆっくり発音しているうちに、レーナちゃんもちゃんと発音できるようになりました。

ちなみに、ベラルーシでは「北斗の拳」はほとんど知られていません。
うちの学生のガンダム君ぐらいでしょうか。
彼はかなり「北斗の拳」が大好きで、テーマソングをよく口ずさんでいます。
彼は「好きな歌手はクリスタルキングです!」って言ってたなあ・・・
ベラルーシのアニメおたく、おそるべし・・・

ブログの更新を再開したのはいいのですが、内容はまたダラダラしたものになってしまいました。
まあ、もともとが私の日記のようなものなので、ご容赦ください。

今日はたまった仕事をのんびり片付ける日にあてたいと思います!

akiravich at 17:17コメント(6)トラックバック(0) 

2010年10月02日

こんにちは。
はぐれミーシャです。

寒い!
おそろしく寒いです。
うちの温度計は8度。

っていうか、急に寒くなりすぎ。
私は寒さには滅法弱いので、すでに泣きそうです。

しかも、この時期はセントラルヒーティングが入っていないから、余計寒いんです。
何度か忘れましたが、ある一定の温度以下の日が数日間続かないと暖房は入らないんですって。
うちも大学も寒くて、まいってしまいます。

私は相変わらず忙しいです。
こうやってブログを書いている今も次の授業までのちょっとした空き時間なんですよ。

授業数は多いですね。
大学の授業が週14コマある上に、プライベートで作ったグループが7つありますから。
うちにいる時間が少ないです。

新しく勉強を始めたグループはなかなか調子がいいです。
希望者があまりにも多く、グループを二つに分けたのですが、それでも全然ダメで。
18平方メートルの部屋に25人近くを押し込んで勉強するんです。
もうちょっと大きい部屋を借りればよかったんでしょうけど、今の私の経済力では今の部屋が限界で・・・

同じような日本語学習希望者を集めたと思っていたのですが、すでにグループごとに違いが出始めています。
火曜日と金曜日に一コマずつ勉強するグループは割りとまじめなグループ。
15歳の女の子が二人入ってきたので、「大丈夫かな」と心配していたんですよ。
というのは、それぐらいの年頃の子って、学校の延長みたいに考えて、私の授業でも騒がしかったり、言うことを聞かなかったりすることが多いんです。
でも、その子たちはとてもいい子で安心しました。
高校生ぐらいの子が騒ぐと、大人の学生がいやな顔をしたりして、雰囲気が悪くなるんですよ。

でも、昨日新しく加入した子たちはうるさかったなあ。
その女の子二人は私が教えている大学の学生。
他の学科の子なのですが、私の教室まで来て、「日本語を勉強したいんです」と言ってきたので、グループに入れたんですよ。
17歳で大学生だというのに、子供みたいで。
同じグループの子たちと初対面なのにすごく仲良くなってて、私が話している最中もうるさかったので厳しく注意しました。
全く・・・

nihon_lesssons_2_rそのグループにはカメラマンの男の子がいるので、撮ってもらいました。
いい記念になりますね。
一年経っても、みんな残っているといいなあ・・・

というのは、この手のグループって、辞めていく人が多いんですよ。
それは私が厳しいからというのもあるんだけど、やっぱり日本語は難しいんですよね。
挫折していく人は多いです。

もう一つのグループは日曜日のグループ。
日曜日の朝、8時15分から。
絶対に人が集まらないだろうと思っていたら、平日のグループより人が多くなったんですよ。
確か、27人ぐらいだと思います。

このグループは名前がまだ覚えられないんですよ。
人が多いし、同じ名前の子が多いし。

こちらはちょっと騒がしい子が数人いるかな。
でも、私がまじめに話しているときは聞いてくれます。

でも、あまりにも人数が多いので、コントロールするのが大変。
普通、語学学校だったら少人数のほうがいいんですよね。
でも、少人数制にすると、入学を断らなきゃならなくなりますし。
私は出来るだけみんなに学ぶチャンスをあげたいと思っているんです。
学生たちには勉強を始める前に「グループは人数がすごく多いんですけど、大丈夫ですか」と確認をとってから始めます。

それにしても、学習希望者が多いです。
日本のアニメの影響力はとどまるところを知らないようです。

ああ! 書きたいことは山ほどあるのに!
少しずつですかね、書いていきますよ。

龍二くんと一緒にいる時間が少ないのがすごく寂しいです。
最近、ドンドンかわいくなっていて、少しでも一緒にいられる時間が楽しくて仕方ありません。

P9181858お風呂上りの龍二くんです。
龍二くんはお風呂が大好き!
足をバタバタさせて喜んでいます。

明日は私の誕生日。
でも、明日は恐怖の8コマ授業。
今年は休まないで働くことにしました。
がんばらないと!

akiravich at 22:23コメント(2)トラックバック(0) 

2010年08月22日

こんにちは。
はぐれミーシャです。

今日のミンスクは涼しくて過ごしやすい天気です。
一週間ほど前までの暑さがうそのように、この数日間は涼しいんですよ。
急に変わりすぎです。

涼しくなったからか、うちの龍二くんもよく眠ります。
昨日は17時半に寝て、23時まで起きなかったんですよ。
本当はみんなで散歩に行こうと思っていたのですが、あまりにもぐっすりと寝ているので起こすのはしのびないということで、寝せておいたのです。
23時過ぎに起きたのですが、おっぱいを飲んだらまた熟睡していました。

日曜日!!!
休める日曜日は私には滅多にありません。
私にとって、日曜日は一番忙しい日ですから・・・

もしかしたら、今日が最後の休みの日になるかもしれません。
純粋に仕事もなく、誰にも会う必要がない日というのは、私にとっては非常に貴重なのです。

来週はなかなか忙しいんですよ。
9月1日から大学の新学期ですから、その準備で何度か大学へ行かないといけないと思います。
あー、行きたくないなあ・・・(←本音)

だって、だって。
仕事量が半端じゃないんだもん。
もうこのブログで散々愚痴ったから書きませんが、身の危険を感じるほどの仕事量です。

今日は休もう。
ゆっくりお風呂にでも入って。

そうそう。
以前からこのブログを読んでいる方はご存知かと思いますが、ベラルーシでは夏の間、二週間ほどお湯がストップします。
ベラルーシではセントラルヒーティングならぬ「セントラルお湯」なので、お湯を配給している組織がストップすると、蛇口からはお湯が出なくなるのです。

うちは昨日からお湯が復旧。
この二週間はシャワーの代わりに、大鍋でお湯を沸かしてお湯浴びしていましたから。
やっぱりシャワーはいいですね!

それにしても。
やることが多いなあ。
いろいろと買い物もあるし。

7月から授業用の教室を借りているのですが、その部屋には椅子と絨毯ぐらいしかなくて。
机と本棚を買おうと思っているのです。
やっぱり何か書き物をしたりする机は必要だし、日本語関係の本やプリントを収納するための棚は必要。

そして、ソファー。
私は授業の部屋を本当の教室のようにはしたくないんですよ。
教室にあるような机があって、みたいな。
私のうちでの授業はいつもみんなソファーや椅子、または床に座ってやってました。
机はなしです。
だから、みんな必然的に膝の上や本の上にノートを置いて、文法の説明を書いたり、漢字のテストを書いたりしていました。

これは学生たちもみんな「ソファーがいいです」って言ってるんですね。
緊張をほぐす効果があると私は考えています。

実際、心理的な面を重視する教授法もあるんですよ。
例えば、授業が始まる前に教室に流れる音楽はモーツァルト、部屋の隅には観葉植物、壁の色にも気を使う、なんてのか。

あと、学生たちに好評なのが、休憩時間のお茶。
これでリラックスできるし、休憩の後の勉強にも集中できるというわけ。
だって、アニメグループの授業は2コマですから、3時間も勉強することになるんです。
人間って、そんなに集中力は続かないですよね。

お茶にもこだわります。
うちのベロニカちゃんなんかは「普通の市販のでいいんじゃない? 飲む人数も多いんだし」と主婦らしい意見なのですが、私はお茶を専門に扱っている店でおいしいお茶を買います。
多少、高くてもおいしいのを買います。
時々、日本から送ってもらった日本茶も出します。
それは学生にとってはうれしいことですよね。

そのために、私は電気ポットを買いました。
ベラルーシでは沸かすだけで保温が出来ない電気ケトルしかなかったのですが、つい最近、日本のように沸かして保温も出来るポットを見つけたのですよ。
うちの場合、特に日曜日は学生も多いし、私もよくお茶を飲むので、必需品と言えるでしょう。

あと、コピー機やプリンターも買わないと。
いろいろと一体になっているのを買うつもりです。

それにしても、出費が大きいなあ。
頭痛い・・・

P1280182何にも写真がないのも寂しいので、載せてみました。
4年前、結婚直前の頃の写真です。
二人とも、ちょっと変わりましたね。
この写真では私は今よりちょっとやせてて、ベロニカちゃんは髪の色がもっと明るくて。
懐かしいなあ。

これはベロニカちゃんの職場の女の子たちと一緒にピッツァを食べに行ったときの写真です。
ベロニカちゃんは服を作る仕事をしていたんです。
龍二くんが大きくなったら、また仕事をすると思いますが、たぶん個人経営でやることになると思います。
まあ、服を作る会社は給料があまりにも悪く、その上、労働時間が長いので・・・

久しぶりに古い写真を見るとおもしろいなあ。
今日はゆっくり写真でも見るとするか・・・

akiravich at 20:08コメント(0)トラックバック(0) 

2010年07月27日

こんばんは。
はぐれミーシャです。

今日は割りと涼しくて、いい一日でした。

結局、寿司屋には行きませんでした。
マネージャーさんが今日まで休暇をとっていたので。
明日、行きます。

今日は10時半からプライベートレッスンを二つ。
最近、朝早く起きるくせがついてしまい、昼ごろになると眠くなるんですよ。
授業の最中もちょっと眠かったです・・・

それから、今借りているオフィススペースの公共料金の支払いに。
めんどくさかった・・・

それから、うちに帰って昼寝。
そして、龍二くんとお散歩。

そういえば。
最近、龍二くんのお気に入りはアンパンマンなんですよ。
うちにはアンパンマンのうちわがあるのですが、それを見るとニコニコっと笑うんです。
やっぱりアンパンマンはみんなのアイドルですね!

でも、ベラルーシにアンパンはないなあ・・・
「アンパンマンって何?」って聞かれたらどうしよう?

そもそも、アンコがありません。
小豆がないんですよ。

何度か日本から持ってきた、または送ってもらった日本のアンコ入りお菓子をベラルーシ人に食べてもらったことがあるのですが、評判は散々です。
一応、食べてはくれますが、「おいしい」と言ってくれた人は非常に少ないです。

アンパンマンって、私が子供のときは絵本で読んでいました。
幼稚園に絵本があって、私は大好きでした。
でも、その頃はアニメはなかったよなあ。

それにしても。
龍二くんはアンパンマンに反応するんですよ。
うちわを見せるとにっこり笑って。
うちわを違う方向に動かすと、目もそっちに動いて。

これはDVDを買ってあげないとなあ。
ソビエトのアニメもいいものが多いんですが、日本のも見せたいし。

ちなみに、うちのベロニカちゃん、アンパンマンに似ていると思ったんですよ。
結構前から言っていたのですが、三年前、初めてベロニカちゃんと日本へ行ったとき、ベロニカちゃんは初めてアンパンマンを見ました。

P8060197これは東京タワーの遊園地で撮った写真です。
初対面のアンパンマンを見て、ベロニカちゃん「ちょっと似てる・・・」

今でも、私は龍二くんにアンパンマンのうちわを見せるとき、「ほら、これはお母さんだよ」と言っています。
すると、ベロニカちゃんはバイキンマンを指差して、「ほら、これはお父さんだよ」と言っています(←日本語で)。


DSC00732最近の私たちの写真です。
龍二くんはちょっと眠そうです。

今度、写真館にでも行って、ちゃんとした写真を撮ってもらおうかなと思っています。
あっ、でもフラッシュとかはダメなのかな?

今は「家族の時間」。
9月からは「仕事の時間」が圧倒的に増えるから、今のうちに家族と一緒にいたいですね。
龍二くんと一緒だと、ベロニカちゃんも私も楽しいです!

akiravich at 06:13コメント(2)トラックバック(0) 

2010年06月13日

こんばんは。
はぐれミーシャです。

かなり疲れています。
まぶたが重いです。

今日は朝の9時から試験をしました。
昨日は筆記、今日は口頭です。
口答試験だけなのに、14時までかかってしまいました。
時間を使いすぎました。
試験の結果は順当という感じでした。

大学のこと、もっといろいろ書きたいのですが、誰かがこのブログを読んで、誰かに報告しているらしいんです。
なので、下手なことは書けません。
まあ、その報告している人には心から「ご苦労さん!」と言いたいです。

試験というのは学生だけではなく、教師もすごくエネルギーを使います。
なので、私は試験の日は他の仕事は極力入れないようにしているのですが、今日はその後で授業を3つしました。

試験が終わってすぐに向かったのはアニメグループのオレグ君の家。
先日も書きましたが、私は授業をする場所がなくて困っています。
月曜日にもう一度不動産屋に電話をして相談したいと思っています。

オレグ君の家はミンスク中央駅のすぐそばにあります。
古くからある家が立ち並んでいるところです。

その手の古い建物はマンションの中の天井が異常に高いんです。
ソビエト時代のスターリン様式なんかだと、天井が高くてドアが恐ろしく大きいのがあったりしますが、そんな感じなんですかね。

オレグ君は私の学生の中でも、一番のアニメおたく。
恐ろしくいろんなものを持っています。
アニメのDVDだけではなく、アニメグッズなどもすごいです。
なので、今日はオレグ君の部屋を大公開!

P6121280まず、部屋に入ると目に付くのは、壁中に貼られたポスター。
一枚一枚に思い入れがあるようですが、私にはどれがどのアニメのキャラなのかは皆目見当がつきません。
私も子供の頃は部屋に前田日明のポスターを貼っていたなあ・・・(←まだヨーロッパ修行から帰ってきたばかりのものです)






P6121281そして、本棚の中にはフィギュアが大量に!
どうやって集めたんだろう?
オレグ君の話では、日本のアマゾンなどの通販サイトで買っているそうです。
お金もかなりかかるだろうに・・・
ベラルーシでこのフィギュアの量はかなりのものです!
ちなみに、私はフィギュアを買ったことはありません・・・






P6121282もちろん、机の上もこの通り。
マウスパッドがすごいなあ・・・

オレグ君はガンダムが大好き!
ガンダムのプラモデルなんかもたくさんあります。
私も誕生日のプレゼントにもらいました(←作ったのはベロニカちゃんです。私は細かい作業が苦手なので・・・)。

P6121283ここでオレグ君本人に登場していただきましょう!
ガンダムのシャアのコスチュームです。
ここまで来ると、ちょっと尊敬しちゃいますよ。
よくやるなあ。
好きだとここまでやってしまうというのは、アニメおたくに限ったことではないのでしょうけどね。
それにしても、彼はすごいです。

オレグ君は顔出しOKどころか、顔出し希望なので、顔が見える写真を公開しましょう!

P6121285左手にあるのは「コブラ」ですよね。
私は北斗の拳とか、あの手のアニメやマンガはあまり見ないのですが、「コブラ」だけは見ていました。

右手に持っているのは「キャプテン・ハーロック」の・・・なんでしょう、サーベルですかね。
サーベルと言うと、私はタイガー・ジェット・シンしか思い浮かびません・・・

オレグ君に「ブログに載せてもいい?」と聞いたら、「ぜひ載せてください!」
こんなに喜んでもらえると私もうれしいです!

日本のアニメおたくは、私の中のイメージは「電車男」の主人公。
秋葉原に行くと、かなり力の入っている人を見ることがありますよね。
でも、ベラルーシのアニメおたくも燃えていますよ!

akiravich at 04:55コメント(6)トラックバック(0) 

2010年04月20日

おはようございます。
はぐれミーシャです。

今日は快晴。
明るすぎて、早く目が覚めてしまいました。

私、あんまり長く寝られない体質なんです。
どんなに疲れていても、8時とか、遅くても9時には目が覚めちゃう。
最高に頑張って、10時ですね。
だから、学生が「今朝、12時に起きました」とか言うとちょっとうらやましい感じもします。
でも、あんまり長く寝てると、その日の半分を損してしまったような気がするんですよね。

でも、昨日はきつかったなあ。
6時に目が覚めちゃって、そのまま仕事をしていたんですが、一日中眠くて仕方がなかった。

そんな一日の中、昨日は「日本語を勉強したいです」という人が二人も現れました。
一日で二人、というのはなかなか珍しいことです。

今年度(←ベラルーシの大学や学校は9月からです)に入ってからは、家庭教師の数は減らしていたんですよ。
体力的にもたなかったので。
でも、最近、「もうちょっと増やしても大丈夫かな」と思うようになっていて。

この前、アニメグループの学生に「皆さんの周りで日本語を勉強したいと言っている人はいますか?」と聞いたら、3人が手を挙げました。
7人中3人ですから、結構な数です。
他のグループの学生からも「先生、私の友だちが日本語を勉強したいと言っているんですが、9月になったら、また新しいグループを作るんですか?」と聞かれています。

それにしても、学習希望者が多いなあ。
ほとんどはアニメ好きの若者。
ベラルーシでのアニメ人気はとどまるところを知りません。

以前は学習希望者のほとんどは日本で働いていたホステスさんでした。
大体5、6年ほど前までは私のところに通ってくる女性がいたのですが、今は一人もいません。

日本へ行くホステスさん自体が少なくなったようで。
日本で働いていて、私が日本語を教えた女性に偶然(←ここ、大事ですよ!)会ったとき、「全然、日本へ行くチャンスがなくて・・・」と言っていました。

その辺の話は2009年10月10日「ホステスさんの日本語」をご覧ください。
その頃の話で忘れられない面白い話があるので、過去の記事の中から再録します(←使いまわしですが、何か?)。

もう一つの話。
私が女の子のうちに教えに行ったときのこと。
以前は自分のうちじゃなくて、出張レッスンに行ってたんですよ。

その女の子のマンションに入ると、その子は「いらっしゃいませ!」。
はぐれミーシャ(ガクッとして)「それ、どういう意味か知ってるの?」
女の子「ええ、もちろん。ズドラーストヴィチェ(こんにちは)という意味ですよね?」
笑うしかなかったですね。

そして、帰るとき。
はぐれミーシャ「じゃあ、ダスヴィダーニャ(さようなら)は日本語で何て言うか知ってるよね?」
女の子「もちろん、知っています」
はぐれミーシャ「じゃあ、言ってみて」
女の子「また来てね!」
コケました。




今、ベラルーシの日本語学習希望者は確実に増えています。
ミンスクの語学学校にも日本語を教えるところが2、3ヶ所あります(←正確にはわからないので)。
私の元学生が教えているところもあって、そういう学生には私が自分の持っているノウハウの全てを教え込んでいます。
だって、学習希望者が増えても、教師が増えなかったら、そして、教師の質が上がらなかったら、全く意味がないですから。

自分自身のレベルも下がらないように気をつけないと!
常に新しい方法を模索し、同時にこれまでの教え方に磨きをかけていくことが必要だと思います。

頑張るぞ!

akiravich at 15:24コメント(5)トラックバック(0) 

2010年04月05日

こんにちは。
タイトルを見て、「はぐれミーシャ、気でも狂ったか?」と思われた方がいるかもしれませんが、今日の私は極めて正常です。

今日は復活祭!
ということで、授業は全てお休み。
何か今日は働いたりしてはいけない日なんだそうです。

つまり、久しぶりの完全オフ!
純粋に何もしなくてもいい日というのは、お正月以来じゃないかな。

今日は朝から教会へ行きました。
ベロニカちゃんが作ったイースターエッグや復活祭のパン(クリーチというものです)を清めてもらうためです。

P4041312うちから歩いて10分ぐらいのところに巨大な教会が建設されています。
まだ完成していないようですが、できたらミンスクでもかなりの規模の教会になると思います。

これはロシア正教の教会です。
この時期になると、いろんなことを思い出します。
私も東京でロシア正教の教会に通っていましたから。
その頃の話は2008年4月30日「復活祭の思い出」をご覧ください。

P4041315建設中の教会の隣に、この木造の教会があります。
これもかなり新しい物です。

ベラルーシでは田舎のほうに行くと、かなり古い木造の教会が残っていたりするんですよ。
私は結構好きです。
ほとんど廃墟になっているような教会も結構味があるもので。



P4041313かなりたくさんの人が集まっていました。
教会の周りに人が集まり、そこに自らが持ってきた卵やパンなどを並べます。
そこに司祭の人が来て、水をかけて回るのです。
その水はお祈りで清められているので、その水を浴びた食べ物も清められたことになるんだそうです。



今日はうちへ帰って、アニメ鑑賞!
実は昨日、私の学生のO君が「タッチ」を持ってきてくれたんですよ。
一体どこで見つけてくるんだろう?
どこかの国のサイトでダウンロードしたようです。

「タッチ」!
私は大好きでした。
やっぱり南ちゃんは永遠のアイドルですよね。
野球マンガの金字塔と言っても過言ではないと思います。

そういえば、マンガのほうは歯医者の待合室でしか読んだことがないんだよなあ。
アニメは何度も見たけど。
甲子園の季節になると、よく再放送してますよね。
毎年、夏は「タッチ」を見るのが年間行事化してました。

O君も「タッチ」はかなり気に入っているようです。
彼のあだ名は「ガンダム」。
「超」がつくほどの「ガンダム好き」です。
私の誕生日のときなんか、ガンプラとか、ザクの人形をくれるんですよ。
私、ガンダムは嫌いじゃないですが、そこまでではないので・・・

私は中学時代のある出来事を思い出しました。
私はラジオが大好きで、深夜放送からお昼の番組まで幅広くラジオを聴いていました。

中学三年のある日、私はラジオたんぱ専用のラジオを買ってもらいました。
私が聴きたかったのは「めざせ!高校一直線!」という番組。
これは高校入学を目指す受験生を応援するというコンセプトの番組(だったと思います・・・まあ、タイトル的にはそんな感じですし)
夕方の時間帯に放送されている番組でした。
その番組のパーソナリティーが南ちゃんの声でお馴染みの日高のり子さんだったのです。

その番組の中で視聴者と電話で直接話すというコーナーがあって。
普通、そういうのって視聴者からの電話が殺到するから全くつながらないのが普通ですよね(←例えば、日曜日の夜のニッポン放送のアイドルの番組は全くつながらなかった)。

でも、私はあるとき、運良く電話がつながったんです!
ラジオ局の人が「スタジオとつなぎますから、このままで待っていてくださいね」
私はドキドキ。
だって、あの日高のり子さんですよ!

そして、スタジオとの会話。
その日の番組のテーマは「バレンタイン」。
日高さん「古○君は好きな子とかいるのかな?」
その頃、私は初恋&片想いの真っ只中。
普通だったら恥ずかしくて、そんなこと誰にも言えませんが、山形県でラジオたんぱを聴いている人は少ないだろうし、それに同級生が聴いているとも思えなかったので、「はい、います!」と答えてしまいました。
これが南ちゃんの力でしょうか(←?)

すると、日高さんは「えー、じゃあ、告白しちゃいなよ!」
えー、まじですか!?
日高さん「バレンタインデーは女の子が告白する日だけど、男の子が告白してもいいよね」
私は思わず「はい!」と答えてしまいました。

最後に日高さんが「じゃあ、南ちゃんの声でメッセージを送りますね」
おお!!!
南ちゃん「古○君、(内容失念)けど、がんばってね!」
ヒデキ感激! いや、はぐれ感激!

あの南ちゃんの声で「がんばってね!」なんて言われたら・・・もうどうすればいいんですか!?
あの声を思い出しただけで、どんぶり飯三杯はいけます(←意味不明)。

次の日、学校に行くと、同級生の一人が私の所に来て、「昨日、ラジオ聴いたよ。あれ、お前だったの?」
幸いなことに、彼は非常にいいやつで、「心配するなよ。誰にも言わないから」
まさか聴いている同級生がいるとは・・・

昨日、この話を学生にしたのですが、「タッチ」を持ってきてくれたO君、「先生! ずるいです!」
はぐれミーシャ「何がずるいのよ」
O君「僕も話したいです!」
まあ、そうだろうなあ。
だって、あの南ちゃんですから!

ああ、そうそう。
結局、告白したのかっていう話ですね。
しませんでした。
できませんでした。
高校受験を控えて、二人きりになるチャンスを作るというのは非常に難しかったんです。
南ちゃん、ごめん!


明日は映画の撮影!
国立美術館でやるそうです。
明日から木曜日までの4日間は毎日撮影。
授業はお休みになります。

私の役は台詞がないんですよ。
でも、その回のキーパーソンのようなので、いないと困るような役だそうで。
映画は待ち時間が異常に長いので、リラックスしてやりたいと思います!

akiravich at 02:55コメント(0)トラックバック(0) 

2009年06月30日

今日もすごく暑かった!
やっぱり夏ですね。
先週までは雨がちの天気だったのに、今は雨は少なく、かなり蒸し暑い天気です。
外をちょっと歩いただけで汗をかきますよ。

今日は朝から授業・・・と思ったら、曜日を勘違い。
というわけで、最初のレッスンは13時から。

のだめカンタービレ VOL.1 (初回限定生産) [DVD]のだめカンタービレ VOL.1 (初回限定生産) [DVD]
出演:川澄綾子
販売元:角川エンタテインメント
発売日:2007-04-13
おすすめ度:4.0
クチコミを見る
思いがけず空き時間が出来たので、「のだめカンタービレ」というアニメを見ることに。
今日は一気に最終回まで見ました。
面白かった!
私たちは最初に上野樹里が主演したドラマのほうを見たのですが、どちらが面白いとか、言えないですね。
どちらも面白いです。

このアニメやドラマを見て、クラシックファンになった人も多いのではないでしょうか。
私もこのアニメを通して、いろんな曲を初めて聴きました。
例えば、エルガー「ヴァイオリンソナタ」、ドヴォルザーク「交響曲第5番」などなど。
他にも、今までも知っていたのに、もっと魅力的に聴こえたりした曲もありました。

続きが見たいです!

私たちはコーヒーを飲みながらアニメを見ていました。
こんな暑い日なので「アイスコーヒーにしよう」と提案したのです。

ベラルーシの喫茶店ではアイスコーヒーやアイスティーをほとんど見たことがありません。
去年の夏、一度だけ「News Cafe」というところでアイスティーを飲みました。
あとは見たことがないですね。
ベロニカちゃんも一度も見たことがないと言っています。

何で冷たいのがないんですかね?
簡単に言えば、習慣の違いなんでしょうが。

私はウズベキスタンにいたとき、「暑いときは熱いものを飲んだほうがいい」と言われて、悶絶していたことを思い出しました。
コーラとかを買おうとすると、「そんな冷たいのは体に毒だ!」と言われるんですよ。
まあ、その理屈はわかるんですけど、気温は50度ですよ!
死にます(←でも、今、生きてます。はぐれミーシャの7不思議)。

ベロニカちゃんの意見では、ベラルーシは日本ほど暑くないし、暑い季節も長く続かないからではないかとのこと。
そうかもね。

今日もかなり暑かったですね。
なので、私たちはスーパーにアイスクリームを買いに行きました。

P6291611こんな感じです。
アイスクリームには見えませんよね。
ロースハムのようにパッケージの両側が留めてあります。
その片側を切って、ニュルッと絞り出す感じにしました。
中はクラシックなバニラアイスにキャラメルのソースが絡んでいました。



P6291616そして、アイスクリームをちょっと冷めたコーヒーに浮かべてみました。
「それって、アイスコーヒーじゃないじゃん!」と思った、そこのあなた!
細かいことは気にしないように!

まあ、いわゆるコーヒーフロートですな。
なかなかおいしかったです。
そりゃあ、店で飲むような感じにはなりませんけどね。

でもね、コーヒーとアイスの組み合わせなんだから、ある意味「アイスコーヒー」なんじゃないの!?(←はぐれミーシャ、最後の抵抗)

ベロニカちゃんの話では、子供の頃、ミンスク市内の喫茶店で一度飲んだことがあるそうです。
アイスコーヒーはないのに、コーヒーフロートがあるとは、これ如何に?

そういえば、私が高校生だった頃、好きになった先輩が超天然で。
あるとき、その先輩が男の子に誘われて喫茶店に入ったときのこと。
メニューにあった「アイスコーヒー」を見て、「これって、コーヒーにアイスクリームがついてくるの?」と男の子に本気でたずね、彼の度肝を抜いた、なんてエピソードがありました。
うーん、一理あるなあ・・・(←一理ない?)

アイスコーヒーなんて、どこにでもあるのかと思っていたんですけどね。
それを言ったら、私の故郷、山形の「冷やしラーメン」もそうですけどね。
私は冷やしラーメンは日本中どこにでもあるものだと思っていたんですよね。
ところが、東京に行ってみたら、冷やし中華はあるけど、冷やしラーメンはない。
かなりカルチャーショックでしたね。
「暑いんだから、熱いラーメンじゃなくて冷たいラーメン」って、自然な発想だと思うんですけど。
最近は冷やしラーメンもいろんなところで食べられるようで。
山形県人としてもうれしいです。

それにしても、暑いなあ。
今、夜の22時50分。
外はちょっと風があって涼しいのですが、部屋の中は空気が動かないからか、余計に暑く感じます。

明日は久々に劇場へ。
バレエを見に行きます。
ベラルーシ国立オペラ・バレエ劇場は今年になって改修工事が終わったんです。
リニューアルオープンの後は行っていなかったので、すごく楽しみです!

akiravich at 04:53コメント(4)トラックバック(0) 

2009年04月29日

たった今、アニメを見たところです。
タイトルは「秒速5センチメートル」。
今回が二回目です。
以前にもこのブログで感想を書いたことがあります(←2009年2月14日「秒速5センチメートルを見て」)。
胸を締め付けられるような切なさを感じながら、今日の記事を書きたいと思います。

今日は完全オフ。
わーい、わーい。
いつものように朝の7時には目が覚めてしまったのですが、その後、軽くインターネットサーフィンをした後、11時過ぎまで熟睡。
私にとっては非常に珍しいケースです。

起床後はまたダラダラとインターネット。
今日はベラルーシの祝日なんですよ。
どんな祝日かは説明するのがちょっと億劫で・・・(←ベラルーシブログのくせに!)

P428010315時半ぐらいに入院中のベロニカちゃんのところへ。
暖かい、っていうか、暑い!
すっかり春ですよ。
ジャンパーを着ていったのですが、すぐに脱ぎました。
汗をかくほどの暖かさです。

P4280106名前はわかりませんが、きれいな花だったので。
白い花なんですが、町の中で時々見かけました。
きれいです。

ベロニカちゃんが入院しているのはミンスク市内の第5病院というところなんですけど、何か規制がゆるいんですよ。
外出届とか出す必要もなく、みんな勝手に外出してますから。
私達もブラブラと散歩することに。

ベロニカちゃんに「どこへ行きたい?」と聞くと、「文明の香りのするところへ」(←直訳です)との答え。
とりあえず、パルチザン大通りへ行くことに(←すごい名前の通りだなあ)。
ベロニカちゃんは病院の外に出られるのがうれしいようです。

P4280107大通りに出て最初に目に入ったピッツェリアに入ることに。
名前は「プラネータ・ピッツァ」。
直訳すると「ピザの惑星」。
何故、惑星?

実はミンスクにはいろんな惑星があるんですよ。
まず代表格は「寿司の惑星」(планета суши)
薬局の「健康の惑星」(планета здоровья)。
そして、老舗の「惑星ホテル」(гостиница планета)。
他にもあったような気がしますが、忘れました。

でも、普通、私は「惑星」という言葉は使いません。
ロシア語の「プラネータ」という言葉をそのまま使います。
それは理由があります。

ある日、うちの大学の現地人日本語教師に「今度のレセプションはどこであるんですか?」と聞いたときのこと。
彼の答えは「ああ、『惑星ホテル』ですよ」。
一瞬、意味がわかんなくて。
理解するまで結構時間がかかりました。

こういう固有名詞のときは訳さないほうがいいですよね。
じゃないと、意味なんかわからなくなりますから。

ちなみに、ミンスク市内にあるホテルの名前。
直訳すると、全く意味不明になります。
例えば・・・
「ホテル・ツーリスト」(турист)→「旅行者ホテル」
「ホテル・スプートニク」|(спутник)→「衛星ホテル」
「ホテル・オルビータ」(орбита)→「軌道ホテル」

まあ、いいや。

お客さんはまばら。
逆に静かでいいなあ。

P4280109今日はベロニカちゃんのところへ、ベロニカちゃんが自分で作った猫(←私達は「ニャコ」と読んでいます)を連れて行きました。
ニャコもピッツェリアでリラックスモード。
かわいいでしょ?

P4280114まだ夕方の16時なのに、ビールで一杯。
っていうか、ベラルーシに住んでいると、昼酒をすることの後ろめたさとか、全く感じません。
だって、みんな飲んでるから。
今日みたいな祝日は町中に酔っ払いが溢れているんですよ。
気をつけないと。

P4280119私はピッツァで一杯飲むことにしました。
私はどこに行ってもピッツァ・マルガリータしか注文しません。
何か「その店の味がわかる」とか、そういう意味じゃなくて、ただ単にすきなんです。
16センチのミニサイズで7840ルーブル(約270円)は他の店と比べても安いかも。
味も普通においしかったです。

P4280115これがベロニカちゃんの注文したデザート。
その名も「トロピカル」。
どこがトロピカルやねん!
キウイ使ってるからかなあ。
これで9650ルーブル(約340円)。
アイスクリームが180gというなかなかの量です。

P4280117P4280121ニャコも甘いものには目がないようです。
さすが、作った人(←ベロニカちゃん)の魂が乗り移っているというか・・・

結局、払ったお金は25750ルーブル(約900円)。
安っ!
私達が時々行くピッツェリア「テンポ」だったら、これで40000ルーブルは軽くいっちゃうとおもうんだけど。
「ピッツァの惑星」、なかなかやるな。

ホルスト:組曲「惑星」ホルスト:組曲「惑星」
アーティスト:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 カラヤン(ヘルベルト・フォン)
販売元:ユニバーサル ミュージック クラシック
発売日:2008-10-08
クチコミを見る
ちなみに、「惑星」と言えば、ホルストですよね!
最近、HMVのサイトでカラヤンの旧盤を視聴したのですが、これが思いのほか良くて。
辛口の批評が多いみたいですけど、私には関係ないのだ!
気に入ったものは仕方ない。

ホルストの「惑星」。
私がまだ中学生で、吹奏楽少年だった頃、強く憧れた曲でもあります。
ズービン・メータのCDを持っていたのですが、何かなじめませんでした。
日本に行ったら、このカラヤンのディスク買おうかな・・・

その後、私とベロニカちゃんは地下鉄パルチザン駅の近くをブラブラ。
デパート「ベラルーシ」や靴屋さんなどを見て、さて、何をしようかと思ったとき、ベロニカちゃんは「植物園に行かない?」と提案。
確か、植物園は5月1日オープンのはずだけど・・・

地下鉄ではるばる植物園まで行ったのに、案の定、まだオープン前。
どこに行こうかと考えて、思い当たったのは、うちの大学からバスで5分ほど行ったところにある公園。

P4280123ここの近くのうちに家庭教師に来ていたことがあって、それでこんなところを知っていたんです。
今日は祝日だから人も多いけど、普段は全く人がいなくて、すごく落ち着くところなんです。
ミンスクは公園が多いんですけど、その中には酔っ払いなどのガラの悪いのが集まるようなところも多いんですよ。
でも、その点、ここは比較的安全。

ベロニカちゃんと二人、結構歩きました。
その後、バスでパルチザン大通りに戻り、ベロニカちゃんを病院まで送って、今日の散歩は終了!
久しぶりの外出でベロニカちゃんも楽しかったようでした。

明日はベロニカちゃんも退院できるのではないかと期待しています。
これは病院の医者が決めることなので何とも言えないのですが、ベロニカちゃんの場合、健康に何の問題もないわけですから。

私は明日も休み。
ベロニカちゃんが無事に退院できたら、二人でお祝いすることにしています。
仕事のことは忘れて、ゆっくり休もう・・・

akiravich at 06:32コメント(4)トラックバック(0) 
livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
ベラルーシでの生活は楽しいな♪
メッセージ

名前
メール
本文