カフェ

2011年01月14日

こんばんは。
はぐれミーシャです。

ちょっと風邪気味です。
今のベラルーシは気温マイナス5、6度あたりをさまよっています。
こういう中途半端な寒さの時は逆に風邪を引きやすいんですよね。
道は雪が半分溶けたような状態でグチャグチャ。
歩きにくくてしょうがありません。

今は大学は試験期間なので、普通の授業はありません。
その代わり、いろんな雑用があって・・・
昨日は税務署へ行って確定申告。
今日も人に会ったり、いろいろと用事がありました。

そんな中。
昨日のことですが、私はあるカフェへ寿司を食べに行きました。
「カフェで寿司?」と思われるかもしれませんが、ベラルーシでは普通のこと。
私が働いている寿司バー「マンガ」も正式にはカフェというカテゴリーに入っています。

なぜ他の店に行ったのかというと、偵察の意味もありますが、ただ単に興味があったから。
実は私の学生のナースチャちゃんや数人の学生が「あの店の寿司はおいしいですよ!」とすごく勧めてきたんです。
なので、彼らの言葉を信用して行ってみることに。

昨日はまず大学へ行って雑務を片付けました。
そして、そのカフェへ。
結構前から行きたかったんですよ。
でも、なかなか自由になる時間を見つけることが出来なくて。
私が自由な時間を持てるのは学生が苦しんでいる試験期間だけなのです。

カフェへ行く前に、私はある男の子に電話をしました。
彼は私の元学生で、2年ほど前に日本語をやめてからは寿司の店で働き始めたのです。
そして、今はまさに行こうとしている店で働いているのです。

電話をしてみると・・・
彼は爆睡中だったらしく、超不機嫌。
実はそのカフェ、24時間営業の店なので、おそらく朝まで働いていたのでしょう。
昨日は非番だとのことで、彼の寿司は食べられず。

それにしても、寿司を出す店が24時間営業だなんて・・・
すでに怪しい・・・

その店は地下鉄の終点「インスティトゥート・クリトゥールィ」から歩いて5分ほどのところ。
店の名前は明かしませんが、内装は店名の通り、車をモチーフにしたものになっています。

私が座るとウェイトレスの子がメニューを持ってきてくれました。
その店は寿司の専門店ではないので、他にもいろんなメニューが。
でも、メニューのカテゴリー分けが車の部品の名前になっていて。

例えば・・・
クランクシャフト(ピザ)
冷却装置(冷たい前菜)
トランスミッション(温かい前菜)
燃料(スープ)
などなど・・・
わかりにくいわ!!!

肝心の寿司は・・・
ピストン(寿司)
うーん、巻き寿司の形から来ているんだろうか・・・

どんな寿司があるのかなと思ってみると、これまた意味不明の名前が目白押し。
・あぐろ巻き・・・いわゆるかっぱ巻き。「あぐろ」って何だろう?
・レバー巻き・・・レバ刺しが巻いてあるのかと思った。巻いてあるのは白身魚とマグロ。なぜ「レバー」?
・天才巻き・・・海老、マンゴー、きゅうりが巻いてある。「マンゴー」? 冗談でしょ?
他にも「イクラ」が「イクロ」になっていたりと、微妙な間違いがたくさん。

そして、セットものの名前が笑える。
値段の安いものからご紹介!
・「ヤクザ」66100ルーブル(←約1780円)
・「東京」85390ルーブル(←約2300円)
・「ケンゾク トラ」88810ルーブル(←約2400円)
・「数独」168390ルーブル(←約4500円)
高くなるとネタが良くなるわけではなく、量が増えます(←ベラルーシではネタが限られていますから)。

それにしても、恐ろしい名前ばっかりだなあ。
「ヤクザセット」はどこがヤクザなのかな。
寿司の名前に「数独」はないだろ・・・
「ケンゾク」って「眷属」と書くらしいけど、意味を調べるエネルギーなし。

とりあえず代表的な寿司を注文してみることに。
サーモン、うなぎ、いずみ鯛、海老、マグロ、イカ。
巻き寿司はサーモン・アボカド巻き。
これもベラルーシのすし屋ではよく見かけるものです。
そこに味噌汁とミネラルウォーター。

その味噌汁なんですが、メニューには「Широ Мисо」と書いてあって。
日本語で読むと、「しろみそ」。

ここには二つの間違いがあります。
ベラルーシの大抵の寿司屋では「みそしる」を「みそしろ」と書いています。
この店の場合は「みそ」「しろ」の順番を逆にして、さらに間違いを重ねているわけです。

10分ほどして「しろみそ」登場。
器がでかい!
味噌汁の器じゃなくて、ちょっと大きめのご飯茶碗みたいな。
量としてはベラルーシの寿司屋で出てくる味噌汁の2.5倍ほどはあるかと思います。

まずビジュアルにびっくり!
だって、表面に胡麻と四角く切られた海苔が浮いているんですもん!
まあ、胡麻も海苔も好きだから、個人的には問題ないが、味噌汁としては・・・

で、味のほうは普通。
可もなく不可もなくといったところ。

ベラルーシの寿司屋ではよくあることなのですが、味噌汁を飲みきらないと次の料理が出てこないことがあるのです。
まあ、ヨーロッパの料理と同じ考え方ですね。
まずスープ、みたいな。
日本みたいに全てが同時に出てくるのではなく、前菜、スープ、メインディッシュみたいに順番に出てくるのが多いのです。

味噌汁が出された瞬間、直感で「味噌汁の飲みきらないと寿司は出てこない」と理解し、頑張って飲む。
しかし、量が多くなかなか減らない。
しかも、かなりの熱々。
私は熱いのが好きなのですが、それでも軽く口の中をやけどしました・・・

すると、味噌汁の底にサプライズが!!!
なんと、海老が出てきたではありませんか!!!
なぜ!?
ぶつ切りの海老が出てくる出てくる。
味にそれほど影響していないのがなかなか素敵。

そんなショッキングな味噌汁の後は寿司!

ビジュアル的にはかなりヤバイ感じのスーパーの寿司をイメージしていただければ。
小さな小舟のような食器に盛られていたのですが、あまりにも貧相な見た目で萎えました。

肝心のお味のほうですが・・・
まずい!!!
まず、シャリが酸っぱすぎるのと、ご飯がやわらかくて団子みたい。
握り方がどうこう言うレベルじゃありません。
握ったのが崩れるからか、海苔で帯を締めた感じにしていました。

食器も問題。
醤油を入れる小皿は出てきませんでした。
食器の脇のほうに醤油を入れるコーナーがあるのですが、その幅が狭く、寿司を醤油につけることができない。
無理やり押し込んでやっと寿司が醤油に到達する状態。

しばらくして気づいたのは注文したサーモンが忘れられていること。
文句を言う元気もなし。

握り寿司のネタのほうは普通。
まあ、ベラルーシでは寿司関係のネタの業者が限られているので、そんなに差が出ることはありません。
それにしても、ネタが薄いなあ・・・

巻き寿司も食べてみる。
すると・・・アボカド、かてぇ!!!
トロッと、ネトッとした感じは皆無。
全く味がないし、硬いし。

「マンガ」ではアボカドの状態が悪いときはお客に「すみませんが、今日はアボカドが硬いものしかないので、この巻き寿司はお勧めできません」とはっきり言います。
これは正直でいいですよね。
変なものを出されるより100倍ましです。

食べているうちにだんだん気持ち悪くなってきた・・・
こんな寿司をお勧めした学生は何を食べたんだろう・・・

全部で40000ルーブル近く払いました。
日本円で1000円ちょっとですが、ベラルーシの感覚ではかなり高い昼食になりました。
もうあの店には二度と行かないと思います。

店を出て思ったのは、「マンガ」がいかにまともかということ。
もちろん、他の店と比べた場合、という意味ですよ。
日本の寿司にはもちろんかないません。
でも、昨日の店に比べたら雲泥の差です。

何度か日本人のお客様と「マンガ」へ行ったことがあるのですが、たいていの人は「普通に食べられる」というリアクションでした。
私も同意見です。

もちろん、日本の本格的な寿司とは違いますよ。
でも、海のないベラルーシで日本ほどの新鮮な魚を求めることが間違っていますし。
下手な回転寿司やスーパーのパックの寿司よりはむしろおいしいんじゃないかと思うこともあります(←感覚、麻痺してますかね?)。

今日は久しぶりに「マンガ」に行きました。
最近は忙しかったのもあるのですが、あまり仕事もなく、行っていなかったんですよ。
で、また春の新メニューを作ることに!
何を作ろうかな・・・
材料や調理器具など、あまりにも多い制約の中で何が出来るか考えるのは至難の業です・・・

まあ、とりあえずは風邪を治そう。

明日は大学で試験。
6時間近くはかかる長丁場。
今日は早く寝よう・・・

akiravich at 05:12コメント(9)トラックバック(0) 

2010年08月07日

ご無沙汰しています。
はぐれミーシャです。

暑いですねえ!!!
ベラルーシも結構暑いです。
昨日は36度までいきました。

今はまだ朝なので涼しいです。
天気予報を見ていると、夜中と日中の温度差が10度近くあるんですよ。
今はまだ過ごしやすいです。

それにしても、モスクワのほうは大変ですね。
森林火災ですか。
泥炭が燃えているとのことでしたが、ベラルーシでもよく泥炭は燃えるんです。
でも、今回のロシアでの火災ほど大規模になることはありません。

私は今週は大学のいろいろな手続きに奔走していました。
夏休みなのですが、それでもすることはいろいろあって。
でも、休みであることに変わりはないので、割と気楽でした。

それにしても、町を歩き回るのは暑かった!
今年の暑さはベラルーシにしては異常です。

昨日も11時ぐらいから外を歩いていたのですが、汗がドンドン出てきて。
辛かった・・・

一緒にいた方と「お昼ごはんでも食べましょう」ということになって。
町の中心、オクチャブリスカヤにいたので、「マンガ」に行くのも遠いし、中心部は味の割には値段が高い店が多いし・・・

と考えたとき、あるカフェを思い出しました。
それは「私のイギリスのおばあさん」という店。
以前にもこのブログでご紹介したことがある店です。
2009年4月16日「ミンスクにもまともなカフェがあるんです!『私のイギリスのおばあさん』」

この季節、ミンスク市内にはいたるところにオープンカフェがあります。
その店も例外ではなく、細い歩道に合わせた細いオープンカフェがありました。

そこにはかわいい感じのウェイトレスがいました。
「お昼のメニューはありますか?」と聞くと、ニッコリしてメニューを渡してくれました。
ミンスクにはサービスが異常に悪い店があったりするので、その時点で対応が悪ければ他の店にするつもりだったのです。
でも、その女の子は感じがよかったので、その店で食事をすることにしました。

ご一緒した方はそのカフェに座っていた女性たちが飲んでいた飲み物が気になったらしく、「あれと同じ物がいいです」
私がウェイトレスに「あの女性たちが飲んでいるのは何ですか?」と聞くと、「自家製のレモネードです」
めっちゃおいしそう!
死ぬほど暑かったですからねえ。
氷がごっそり入っていて、レモンががっつり入っていて。
さっそくレモネードを注文。

ちなみに、ベラルーシではあんまり冷たいものは飲まないんですよ。
日本だと、どこの店に行っても水やジュースは氷が入っているじゃないですか。
ベラルーシでデフォで氷が入っているのはマクドナルドぐらいで、他の店では「氷を入れてください」とお願いしないといけないのです。

ベラルーシ人には猫舌が結構多いのですが、極端に冷たいのもダメなようです。
おいしいのにねえ。

P8061604これがそのレモネード!
救われました!
すっごいのどが渇いていたんです。
値段は日本円にすると200円ほどなので、ベラルーシにしては高い飲み物になりますね。
これはうちでも作れそうだなあ。
ああ、おいしかった!!!



P8061605これは私が注文したサラダ。
ベーコン、チーズ、カリカリトースト、トマト、サラダ菜で構成されています。
取り合わせはいいと思うんですが、ベーコンがカリカリじゃなかったのが残念。
角切りのパンでクルトンを作ったほうがおいしいと思いました。
でも、このビジュアルはベラルーシのレストランでは滅多に見られないものですね。


P8061607これがメインのオラトキという料理。
ロシア語の発音をそのまま使うと、「アラトキ」と言ったほうが近いですね。
これはパンケーキのようなものです。

これが最高においしかった!
周りはカリカリ、中はふわふわ。
バターやクリームチーズをつけたり、スモークサーモンと一緒に食べます。
どれをつけても取り合わせは最高!
いやあ、久しぶりにミンスクのカフェでヒットです!
これなら、また食べに行きたいなあ。
値段も350円程度のものだし。

P8061608最後にレモネードのオレンジバージョンを。
うーん、これは薄いオレンジジュースみたいだな。
でも、ちゃんとオレンジを絞っているから、まあまあおいしい。

いやあ、いい店だ!
何と言っても、ウェイトレスがいい!
まあ、たまたまいい娘に当たったんでしょうけどね。

早く涼しくなってくれないかなあ。
もうちょっと涼しいと過ごしやすいんですけどね。

P8061612これは昨日の龍二くんとベロニカちゃんです。
龍二くん、だいぶ大きくなりました。
おととい病院に行ったときには体重6300g、身長62cm。

龍二くん、もうすぐ3ヶ月です!

akiravich at 13:46コメント(2)トラックバック(0) 

2009年04月16日

今日のBGMはバッハの「インヴェンションとシンフォニア」。
演奏はもちろんグレン・グールドです。
これ、BGMなんて言っちゃいけない感じ。
思わず聴き入ったりします。

そういえば、高校のとき、インヴェンションはたくさん練習したなあ。
2声のインヴェンションは全部弾きましたよ。
もう一度弾いてみたいなあ。

今日は待望のお休み!
しか〜し。
今、夜の20時過ぎなのですが、気分がすぐれないのです。
というのは、ベロニカちゃんと二人で映画館に行ったのですが、その最中に気分が悪くなって、途中で出てきてしまったんです。
今は少し落ち着きました。
せっかくの休みなのに、あっという間に終わりそうな気配・・・

今日は先週の水曜日に行ったカフェを御紹介したいと思います。
ミンスクに住んだことがある方、いらっしゃったことがある方なら分かると思いますが、ミンスクは町の中に気軽に入れるような店が少ないんですよ。
日本だとプ○ントとか、ド○ールとかのチェーン店系を始めとして、他にもたくさんありますよね。
ミンスクだとマクド○ルドはいつも人が一杯だし、他の店は値段が高かったり、雰囲気が怪しげだったりと、気軽に入るには問題がある店ばかりなのです。
カフェと言っても、ほとんどバーという感じの店が多いですね。
カフェという名でカフェっぽいのが現れ始めたのは、そんなに昔のことではありません。
私がベラルーシに来た9年前は、カフェらしいカフェはなかったように思います。

まあ、いいや。

P4081998この店の名前は「Моя английская бабушка」(営業時間 9:00 - 23:00、住所:カール・マルクス通り36 ул. К. Маркса, 36 電話番号:227 22 24)です。
場所はミンスクの中心、地下鉄のオクチャブリスカヤ駅から歩いて3分ほどのところにあります。

店名を日本語に訳すと「私のイギリスのおばあさん」。
よくわかんない店名ですけど、何か「イギリスのおばあさん」って、ゆらゆら揺れるいすに座って、レースのひざ掛けをかけて、編み物をして、時折、片手でブランデーのグラスをまわし、もう一方の手で膝の上のシャム猫をなでるような感じですか(←途中からイメージが間違っているような気が・・・)。
冗談はさておき、落ち着いた英国調の店内を期待して、いざ入店!

P4081985P4081995地下にある店内は柔らかい光に包まれた心地よい空間。
インテリアなどの知識はないのですが、何となく英国風に感じてしまいます。
そこかしこにアンティークなインテリアや絵画が飾られていて、いい雰囲気。
ベロニカちゃんは「ちょっとここまでくるとやり過ぎな感じもするけど」と言っていましたが、まともなカフェがほとんどないミンスクで、このような空間は貴重だと思います。

P4081984メニューは各ページに古い白黒写真(←本当に古いのではなく、古い感じの)があって、また雰囲気を盛り上げる感じ。
ただ字体が美しくカールしているせいで、ちょっと読みにくいなあ。
ここに来たことがある人から「ちょっと高いよ」と聞いていたので、覚悟して行ったのですが、思ったよりも安くてホッとしました。
でも、普通のところよりは高いですけどね。
で、ベロニカちゃんは「温かいリンゴのケーキ アイスクリーム添え」と「トロピカルフルーツティー」、私は「ティラミス」と「アールグレイティー」を注文。
「ティラミス」がイギリスとどう関係があるのかは聞かないでください。
関係ないですから。

P4081986このくまはクロークにコートを預けたときに受け取ったもの。
背中のところに番号が縫ってあるんです。
どこまでも英国風。
かわいいんですけど、片腕がとれているんですよ。
何か意味でもあるんですかね?
私のもベロニカちゃんのも片腕がありませんでした。

P4081996壁際には展覧会の目録などがあって、自由に手にとって見ることが出来ます。
私のそばにあったのは、サザビーズのオークションのカタログ。
それは「ロシアアヴァンギャルド」の特集。
カンディンスキーとか、ゴンチャロワ、リシツキー、ラリオーノフなどの絵画が載っていて。
載っていた値段はオークションのスタートの値段なんでしょうか。
カンディンスキーとか結構好きなので、買えるはずもないのに、買えたらいいなあと妄想。

P4081989P4081990そうこうしているうちに、ケーキが登場。
左の写真は私が注文した「ティラミス」(10740ルーブル、約380円)。
右の写真はベロニカちゃんの「温かいリンゴのケーキ アイスクリーム添え」(11430ルーブル、約400円)です。
盛り付けが同じだということは、気づかなかったことにしてください。
ちなみにオレンジ見えるのは、実はみかんです。

私のティラミスですが、これはティラミスではありませんね。
ティラミスっぽいけど、違うケーキです。
でも、おいしいからいいかな。
ティラミスといえば、高校生のとき、モスバーガーで食べたのが初めて。
どうしてもあのときの味の記憶が基準になっちゃうなあ。
高校の同級生がクラスメイトの女の子に「モスのティラミスは『ティラモス』っていうんだよ」と言われ、モスバーガーに行った時に「ティラモス、ください」と言って、店員に怪訝な顔をされた、という話を思い出しました。

ベロニカちゃんのケーキのほうがおいしかったなあ。
温かいケーキと冷たいアイスクリームの組み合わせ。
そういう温かいのと冷たいのを組み合わせるのって結構はやっていると聞いたんですけど、ベラルーシで出会うのは初めてですね。

P4081992ベロニカちゃんも満足気。
甘いもの、大好きですから。
ここのケーキはあまり甘すぎず、私も気に入りました。
ベラルーシの甘いものは全体的に甘すぎるものが多いのですが、これだったら普通に食べられます。
値段もそんなにしょっちゅうは食べられませんが、時々なら全然OK。
今回の会計は合計で30250ルーブル、約1080円になりました。

P4081987絵を見ながらケーキを食べるのもいいですね。
紅茶もおいしかったです。
さすが「イギリスのおばあちゃん」!
ちなみに、ベロニカちゃんはアールグレイの香りが苦手なのですが、私は大大好きです。

普段使いできるようなお店があるのはうれしいことです。
そんなにしょっちゅうは行けないでしょうけど、静かに時を過ごしたいときにはいいかと思います。

関係ないですけど、ウェイトレスはメイド服っぽいのかなあと思っていたのですが、チェックの柄のスカートをはいている普通のウェイトレスでした。
サービスは中の上と言ったところでしょう。

今日はもう休みます。
明日は授業は少ないのですが、いろいろと用事があって大変です。
では、おやすみなさい・・・

akiravich at 03:45コメント(0)トラックバック(0) 
livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
ベラルーシでの生活は楽しいな♪
メッセージ

名前
メール
本文