テニス

2009年06月07日

サッカー日本代表!
ワールドカップに出場決定!
すごーい!

ベラルーシ時間では17時5分に試合がスタート。
でも、私は18時から授業があるので、最後まで見ることが出来ない・・・

「でも、前半だけでも応援しよう!」と喜び勇んでテレビをつけたのですが、テレビでの中継はなし!
ユーロスポーツというチャンネルがあって、そこで中継してくれるだろうと期待していたのですが・・・
それに今朝、イラン×北朝鮮の試合を生中継で放送していたんですよ。
だから、日本の試合も生中継すると思っていたのに・・・
うーん、残念・・・

その時間はテニスの全仏オープンの女子の決勝の生中継でした。
まあ、ヨーロッパの人にとっては、サッカーのアジア予選より全仏オープンのほうが大きいイベントであるのは仕方がないところです。

私は女子テニスが大好き!
決勝の顔合わせは私の大好きなディナラ・サフィナとスヴェトラーナ・クズネツォヴァでした。
勝ったのはクズネツォヴァ。
サフィナは何か調子が悪かったですね。
すごく残念・・・

日本代表の試合、Yahooの速報で流れを追っていました。
勝って良かったです!
いやあ、本当にうれしい!

ずっとこのブログを読んでいらっしゃる方は御存知かと思いますが、私は9年前、ウズベキスタンに住んでいたことがあります。
「住んでいた」と言っても、それは一ヵ月半だけのこと。
しかし、私にとっては2、3年分ぐらいの濃密な時間だったのです。

今でもよく覚えていますが、大学の副学長が町を案内してくれるということで待ち合わせしたのが、今日、日本代表がウズベキスタン代表と戦ったパフタコールだったのです。
地下鉄の駅で待ち合わせだったのですが、30分近く早く来てしまったので、その辺を散歩することに。
「何か聞いたことがある名前だなあ」と思っていたら、スタジアムが見えて。
「そうだ! ここで日本代表が試合したことがあったんだ!」と思い出したのです。

今、インターネットで調べたのですが、それは1997年10月11日、パフタコールスタジアムで「日本×ウズベキスタン」の試合が行われています。
これはW杯フランス大会の予選でのこと。
私はテレビで見ていました。

その時のメンバーを見ると、カズ、川口、名波、秋田、井原、中田など、そうそうたるメンバー。
これだけのメンバーがあのウズベキスタンに行くというのは、何かイメージできません。

そういえば、その時のメンバーだった一人がベラルーシにお忍びできていたという話を聞いた事があります。
何でもチームメイトにベラルーシの選手がいたのだそうで。
寿司屋に入り浸って、「この国、つまらないなあ」という言葉を連発していたそうです。

1997年の試合の結果は1対1の引き分け。
かなり苦しい試合だったと思います。
ウズベキスタンはカウンター攻撃が鋭かった印象があります。
前線にポーンとボールを放り込んであとはなし崩しにみたいな。

スタジアムの印象は「むき出し」という感じ。
日本の大きいスタジアムだと、スタジアムへの入口を入ると売店なんかがあったりしますが、ここは入口がそのまま観客席への入口になっていました。

7月の真夏でだったからでしょうか。
スタジアムの中は誰もいなくて、とても寂れた感じでした。

そうそう。
ものすごく暑かったんですよ。
私がいたときは最高気温が50度。
パフタコールスタジアムのそばを歩いたときも、暑くてクラクラしました。
遠くにかげろうが見えましたもん。

私がウズベキスタンにいたときの話は「はぐれミーシャ純情派」のカテゴリを御覧ください。

何かウズベキスタンの話が出ると、いろんなことを思い出します。
忘れられないこと、たくさんありましたから。

それにしても、日本が勝ってよかった!
外国にいると、日本にいたときよりも「日本人」であることを強く感じます。
今からワールドカップが楽しみです!

akiravich at 03:25コメント(4)トラックバック(0) 

2009年01月28日

今日から一年生の授業開始!
朝の8時半はきついナリよ。
でも、今日も楽しく授業が出来ました。

授業は11時20分まで。
そして、東洋語講座の部屋へ。
そこには韓国人のハンナさんが。
ハンナさんはずっと前からうちの大学で韓国語を教えている女性。
非常にいい人です。

先週、豆腐を売ってもらったのですが、昨日も電話で豆腐を注文したのです。
そのとき、ハンナさんは「キムチも作ってるんだけど、欲しい?」
わたしゃ、飛び上がりましたよ!
だって、辛いもの好きの私にとって、キムチは最高に好きな食べ物の一つ。
なので、キムチも一キロ注文したのでした。
「おいしくなかったら、お金返すから」って、連発してましたけど、見た目は最高においしそう!

そして、急いで帰宅。
なぜ急いでいたのかというと、全豪オープンテニスの生中継を見るためです。
私が大大大好きなエレーナ・ドキッチが準々決勝で、ディナラ・サフィナと対戦するのです!!!
おとといの試合を見て、私は彼女の完全復活を確信しました。
昔のプレーを思い出しました。

テレビをつけると、第3セット。
この全豪オープンでは、全試合第3セットまでもつれ込んでいます。
サフィナは現在世界ランキング第3位の強豪。
ドキッチが表舞台から姿を消した後、なかなか好きなテニス選手が見つけられず、一年ぐらい前にプレーを見て、好きになったのがサフィナだったんですよ。
うーん、サフィナも大好きだけど、今日はドキッチを応援しよう・・・

12時半から学生が勉強に来たので、泣く泣くビデオを撮ることに。
14時に学生が帰ったら、すぐにビデオ再生!

ゲームは一進一退。
ドキッチは今はオーストラリアの選手(←元々はユーゴスラビアの出身)。
なので、会場はドキッチに対する応援でものすごい。
ドキッチの集中力はすごかった!
愛想笑いなど全くなし。
それでいいんだよ〜!
精神的に崩れることなく、どんな場面でも感情をボールだけに向けて、ひたむきな姿。
感動しました!

特に第9ゲームでドキッチがブレークした場面。
私は泣きそうになりましたよ。
これが何年も表舞台に立っていなかった選手のプレーなのか!と。

プレー中、コートに入ったか、つまりインかアウトかの判定に疑問がある場合、選手はビデオでのプレビューを求めることが出来ます(←無制限に出来るわけではなく、決まった回数しか出来ません)。
ドキッチも何度かプレビューを求めたのですが、アウトの判定だったのが、ビデオ判定ではイン!
線審の判定が何度も覆されました。
一方、サフィナがビデオ判定を求めたときは、全て「アウト」。
何か不思議なエネルギーを感じざるを得ませんでした。

最後は・・・
サフィナの勝ち!
ドキッチの粘りはすごいものがありましたが、やはり世界ランキング3位の実力。
ドキッチには心から拍手を贈りたいです。
これからもグランドスラムをはじめ、いろんな大会に顔を出してもらいたいものです。

授業も終わり、晩ご飯の時間!

P1272004念願のキムチ!
写真、うまく撮れなくてゴメンナサイ。
まだ漬かりが浅い感じでしたが、おいしく頂きました。
割とソフトな感じですね。
うちのベロニカちゃんは辛いものが苦手なんですが、それでも食べられましたから。
これで豚キムチとか、キムチチゲとかしよう!

P1272005P1272008左側は豆腐と豚肉の炒め物、右側は豆腐とわかめの味噌汁です。
この豆腐、おいしいんですが、すごく固いんですよ。
食べたことないんですけど、沖縄の島豆腐とか固いって言いますよね?
あんな感じなのかなあ。
イメージとしては、ものすごく密度の濃い、豆腐味のういろうという感じです。
なかなか味が入っていかないんですよ。
豚肉はいい感じに味がついているのに、豆腐にはあまり味が入っていないんです。
煮込んだほうがおいしいかもね。
味噌汁のほうは無難においしかったです。
こういうシンプルな味噌汁、いいなあ。
っていうか、ここがベラルーシであることを一瞬忘れました・・・

次に、豆腐が仕込まれるのは金曜日。
土曜日にハンナさんに会って、売ってもらう予定です。
おからもただでくれると言っています。
おからって、卯の花以外にどうやって料理すればいいんだろう・・・
ちょっとレシピを研究しないと!

大豆製品は体にいいって言いますよね。
なので、これからは積極的に採っていきたいと思います。
もう35歳ですからね。
体のことを考えないと。

P1261997今日のおまけ写真。
ベロニカちゃんが作った新作、「黒ニャコ」です。
かわいいでしょ?
何とも言えず、かわいい顔をしています。

明日は休み!
なのですが、大学の同僚で、中国語の先生とトルコ語の先生が結婚して、明日は大学の同僚みんなでお祝いするんですよ。
顔を出さないといけないので、純粋な休みではないですね。
でも、仕事はないから、それだけでも喜ばないと・・・

akiravich at 05:05コメント(0)トラックバック(0) 

2009年01月26日

今日は久しぶりの7コマ授業。
朝の8時半から夜の9時まで日本語を教えるのは、間に休憩があったとは言え、かなり厳しいものがあるナリよ。

ちょっと愚痴ってもいいですか?
今日は新しいグループをスタートさせたんですよ。
普通は9月に学生を集めるんですけど、ちょこちょこと「日本語を勉強したい!」という電話が来るので、思い切って、1月スタートのグループを作ってみることにしたのです。
集まったのは9人。
今回は宣伝などはすることなく、知り合いや学生からの紹介だけにしたので、人数はいつもより少ないのです。
いつもだと、30人ぐらい集まることもありますからねえ。

でも、今日の授業に来たのは7人。
一人は妻帯者の男性で、家族が入院しているということで来られず。
もう一人は何の連絡もなし。

まあ、それはいいんですよ。
でも、今日来た学生のうちの一人、30代と思われる女性なのですが、非常に態度に問題があったのです。
私は「授業は楽しく!」というのを信条としているので、授業には私の冗談がそこかしこに挿入されます。
しかし、その女性は笑ったり笑わなかったり。
冗談を言っても、笑ってくれないのって、怖いんですよね。

その女性、非常に真面目。
「余計なことを言わないで、早く授業を進めろ!」的なオーラをプンプンと発散。
それは正しいんだけど、私には私のペースがあるので。

そして、「日本文化に触れる意味で、授業の最後に折り紙をしたりすることがあるんだけど、やりたいですか?」と聞くと、他の学生はみんなうれしそうにうなづくのですが、彼女だけは「やりたくない」と言い出す始末。
私が「どうして?」と聞いても、「やりたくないものはやりたくない」とのお答え。
私の立場はどうなるのよ!?

その女性、自分で日本語を自習したらしく、ちょっとだけ日本語の言葉なんかは知っているんですよ。
そういうのって、逆に手に負えないんですよね。
私が「みなさん、知っている漢字がありますか?」と聞くと、彼女は何も言わずに立ち上がり、私のほうへツカツカと歩いてきて、ペンをよこせとジェスチャーで要求。
私が持っているホワイトボードに書いた漢字は「日本」。
微妙に間違っているし。
そういうでしゃばりなタイプ、ベラルーシでは時々見受けられるんですが、ここまでひどいのは初めて。

周りの学生とも全く合わせようとしないし。
隣にいた男子学生が「私が日本語を勉強しようと思ったのは、東洋文化に興味があって・・・」と少し深い話をし始めたとき、その女性は「バカらしい!」と言わんばかりの態度を思いっきり周りに見えるようにとっていました。
他の学生たちをバカにするような態度。
かなり難しい人が来ちゃったようです。

それでも、最後のほうは柔らかくなって、私の冗談にも真っ先に反応して笑ってくれたりしましたが、これでは先が思いやられます。
周りの学生たちとの温度差は歴然。
これではいつか衝突が起こる可能性があります。
あー、困った・・・

今までもいろんな学生を相手にしてきました。
精神的に不安定な子や、非常に攻撃的な子。
でも、今日のようなケースは初めてです。
学生としてじゃなくて、人間として問題があるというケース。
年齢的に若いと扱いやすいのですが、年齢も結構上ですからね。
来週の日曜日、どのような態度に出るかを見てから、対処の方法を考えようかと思います。

さて。
ここからは一転して楽しい話題。

P1241990見てください!
豆腐ですよ!
私の大学の同僚で、韓国人の先生ハンナさんが作ったものです。
昨日、国家試験の前に東洋語講座の部屋に行ったら、ハンナさんがいて。
話をしていたら、「日本人は○○を食べる?」と聞かれて。
韓国語だったので、最初は意味がわからなかったのですが、彼女がバッグから出したのは豆腐!
久々の思いがけない豆腐との再会に驚いた私が「えっ、これ、どうしたんですか!」と聞くと、「うちで作ったのよ」。
元々はベラルーシの韓国大使館の人たちのために作ったのだそうですが、これからはいろんな人に分けていきたいと考えているのだそうです。
私が「次に作ることがあれば、私にも売ってください」と言ったら、「じゃあ、この豆腐、持っていっていいわよ」
やったー!
ハンナさん、私が8年前にベラルーシに来たときから、ずっと知り合いなんですけど、ものすごくいい人。

豆腐の味ですが、なかなかおいしかったですよ。
手作り感がすごく出ています。
かなり固くて、密度が濃いです。
韓国の豆腐って食べたことがないんですけど、こんな感じなんですかね。
丁寧に作った感じがしました。
こんなのがいつも食べられたらいいんですけどね。
ハンナさんは一週間に一回ぐらいのペースで作れればと言っていました。

P1241992昨日の晩ご飯は麻婆豆腐でした。
うちの母親が麻婆豆腐の素を送ってくれたんですよ。
でも、正直に言えば、麻婆豆腐は私の得意料理。
素がなくても作れるんですけど、せっかく送ってくれたのだから、使わないとということで。
久しぶりのマーボは最高でした!

この豆腐なら、焼いたりするのがいいかなと。
豚肉と炒めて、最後に溶き卵を絡めたり。
豆腐チゲにもいいかも。
あとは肉豆腐なんか、どうですかね!
あー、また食べたい!

P1241989これ、何だかわかりますか?
大豆です!
最近、新しくアニメグループに加わったセルゲイ君が持ってきてくれたんです。
その男の子はベラルーシの科学アカデミーに勤めていて、先週会ったときに「アカデミーに自分で大豆を育てている人がいる」という話をしてくれたんですよ。
なので、「売ってくれるかどうか、聞いてもらえる?」と頼んだんです。
実は自分で豆腐が作れないかなあ、と思っていたんです。
まあ、今ではその必要もないわけですが・・・

すると、セルゲイ君、土曜日の授業が終わると、リュックサックから大きい袋を取り出し「どうぞ」。
袋を開けたら、そこには大豆の山が!
かなりの量ですよ。
「『どうぞ』って、どういう意味?」と聞くと、「その人に話を聞いたら、先生にプレゼントしたいと言ったんです」
やったー!

大豆って、料理したことないなあ。
どんなレシピがあるのか調べないと・・・

今日は一つ、ものすごくうれしいことが!
朝の8時半の出張授業を終えて、うちに帰ったのが、10時40分。
テレビをつけると、全豪オープンの生中継。
司会開始前のウオーミングアップ。
よく見ると、試合に出るのは私が一番大好きな選手、エレーナ・ドキッチじゃありませんか!
2002年ぐらいから、表舞台から遠ざかっていたドキッチ。
もう彼女のプレーは見られないのかとあきらめていたのです!
私が彼女のプレーを最後に見たのは、2003年、ウインブルドンでシャラポワに敗れたときでした。

試合がすごく見たかったのですが、11時からアニメグループの授業だったので、泣く泣くビデオにとることに。
そして、夜の11時過ぎから見始めたのですが、これが大熱戦。
相手はロシアのアリサ・クレイバノワ。
19歳の新鋭です。

久しぶりにドキッチを見て、昔のプレーを思い出しました。
粘り強いラリーを続ける姿を見て、私は感動しましたよ!
彼女のプレーには瞬間的な輝きとひらめきがあります。
それは彼女の集中力の高さが生み出すものです。
私が一番大好きな選手です。

3時間あまりに及ぶ熱戦はドキッチの勝利!
涙が出そうになりましたよ。
完全復活と言ってもいいんじゃないでしょうか。
何年も遠ざかっていた世界の一線に戻ってくるのは容易ではなかったはず。
「お帰りなさい!」と言いたいですね。

インターネットで彼女の名前で検索したら、彼女のポスターを売っているサイトを見つけました。
「このポスター、欲しい!」と言ったら、うちのベロニカちゃん、かなり嫉妬していました。

ドキッチの次の相手はロシアのディナラ・サフィナ。
うーん、実はサフィナも好きなんですよね・・・
でも、やっぱり応援するのはドキッチです!

akiravich at 08:49コメント(4)トラックバック(0) 
livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
ベラルーシでの生活は楽しいな♪
メッセージ

名前
メール
本文