ラジオ

2010年02月07日

おはようございます。
風邪気味です。

P2071214今日の朝の写真です。
空が赤かったので撮ってみました。
日本にいたときって、こういう空はあまり見たことがないように思うのですが、ベラルーシではよく見ますね。

これから仕事です。
今日は7コマです。

まあ、いつもの日曜日なのですが、それにプラスして翻訳の仕事が入っているので、そのプレッシャーがきついです。
内容が前回のものよりもかなりハードなんです。
でも、やるしかないのだ!

そうそう。
翻訳の仕事のためにノート型PCを買おうかと思っています。
大学での空き時間などが多いので、その時間を有効に使うためです。
まあ、ノート型PCと言っても、ネットブックのようなものですが。
あんまり高いのは買えませんし。
Samsungので350ドルぐらいのがあるので、それにしようかと思っています。
ワードとエクセルが使えればいいので、そんなに高性能のは必要ないんです。
でも、大きい出費だなあ・・・

昨日も授業は7コマでした。
あ、一つキャンセルになったから6コマだ。
でも、それって大きな差ではありません。

昨日の朝、私はNHKラジオ第一放送「地球ラジオ」という番組に出演しました。
このブログでも告知しましたが、お聞きになってくださった方はいますでしょうか?

ちょっと緊張しました。
ベラルーシのラジオやテレビは全く緊張しないんですけど、さすがにNHKは緊張しますね。
日本のラジオは以前、KBC九州朝日放送の番組に出させていただいたことがありますが、そのときはそんなに緊張しなかったんですけどね。

その話をアニメお宅の学生にしたんですが、みんな「NHK」という名前、よく知っているんですよ。
NHKも世界クラスなんだなあと思ったら、実は「NHKへようこそ!」というアニメがあって、それでその名前を知っているのです。
ここでのNHKは日本放送協会ではなく、「日本ひきこもり協会」の略だそうですが。

もちろん、アニメ抜きで知っている人もたまにいますよ。
日本文化に関心を持っている人なんかは知っていることがあります。

あと、アニメお宅じゃない学生も知っています。
うちの大学の学生はみんな知っています。
というのは、実は教科書の中に「NHKを見学したいんですが、どうしたらいいですか?」という例文が出てくるのです。

でも、うれしかったなあ。
だって、全国放送のラジオですよ。
短波放送もしていますから、世界中で聞くことが出来ますし。
うちの両親も聞いていたみたいで、喜んでましたね。
いくらベラルーシのテレビや映画に出ても、両親は見られませんから。

ベラルーシのテレビ局は全部制覇したんですよね。
全ての局の番組に出演したことがあります。
ウチの学生には冗談で「次はBBCかな?」と言っているのですが・・・

さあ、今日も頑張ろう!

akiravich at 16:41コメント(6)トラックバック(0) 

2010年02月06日

こんばんは。
はぐれミーシャです。

まだ2学期は始まっていないのに、すでに疲れています。
1月はかなり無理をしていたので、なかなか疲れが取れないんですね。
だましだましやっていく感じになるでしょう。

今日は久しぶりに大学へ行きました。
来週から始まる2学期の時間割を知るためです。

時間割って、私にとってはとても大事なもの。
というのは、時間割によって、自分の生活のリズムも決まってくるし、休みの日も決まってくるのです。

基本的に、大学でも学校でもсмена(←「スメーナ」と読みます)というシステムがあります。
それは授業が行なわれる時間帯を規定しているものです。
第一スメーナは午前から14時ぐらいにかけて、第二スメーナは14時ぐらいから夜にかけてというのが一般的。
例えば、今の2年生は第二スメーナなので、授業はほとんどが13時から19時にかけてです。
1年生は第一スメーナなので、朝の8時半から13時ぐらいに授業があります。
どのスメーナになるのかは大学側が年度の初めに決めます。

私は第一スメーナの方が好きなんですよね。
つまり、朝の授業の方が好きなんです。
というのは、朝のうちに仕事をやってしまって、後は自由になるほうが気が楽というか。
夕方に授業があると、朝からちょっと気が抜けない感じがして。
まあ、プライベートレッスンがたくさんあるから、ずっと気は抜けないんですけどね。

今日、大学へ行ってみたら、私が担当する授業は割りといい時間帯。
月曜日 14時半〜17時20分
水曜日 16時〜18時50分
土曜日 13時〜15時50分
全部で6コマ(1コマは90分)になります。

そして、今、同僚の一人が日本へ研修に行っているので、その代わりとして、木曜日の13時〜15時50分の2コマもプラスされます。

でも、火曜日と金曜日は大学へ行かなくてもいい!
わーいわーい、すごーい!

先学期は火曜日を休みに設定していたのですが、今学期も火曜日は完全フリーな日にできそうです。
金曜日はうちでレッスンはあるけど、大学へ行かなくてもいいのはかなり気が楽。
大学への往復だけで1時間はかかってしまいますから、その分を他の仕事に当てればいいので。

先学期の時間割とそう変わりがないので、私としては便利。
時間割ががらっと変わったりすると、生活のリズムも変わってしまうんですよ。

そういえば、今日は給料をもらいに行ったんですけど、めっちゃ少なくてショック。
だって、728000ルーブルですよ。
約25000円ですから。
うーん、一応日本語科の主任なんだけどなあ・・・

P2051211でも、いつものようにちゃんと大学の食堂へ行きました!
給料をもらった日は食堂で値段を気にせずに好きな皿を取るのが、はぐれミーシャ仕事の流儀。
月に一度の大贅沢です。

今日は普通にレッスンを4つしました。
それから、日本人留学生を迎えに空港へ。
思ったよりも早くパスポートコントロールなどをクリアしたようで、予想以上に早く彼女たちを学校の寮まで送り届けることが出来ました。

さあ、これから寝ます。
明日はNHKラジオ第一放送の「地球ラジオ」に出演です。
日本時間の17時5分からの放送です。
みなさん、ぜひお聞きになってください!


・日本国内で視聴するには

国内では、NHKラジオ第1放送でお聞きいただけます。

関東は594KHzです。

その他の地域は下記をご参照下さい。

http://www.nhk.or.jp/res/tvres5/h50302.htm



放送は海外でもお聞き頂けます。

地球ラジオHPからインターネットラジオでお楽しみください

http://www.nhk.or.jp/gr/



・リアルタイムで番組を聴く場合は

地球ラジオHP→TOPページ右下→【放送中に番組を聴く】を選択してブロードバンドラジオを聴取できます



・画像を見る場合は

地球ラジオHP→TOPページ右下→【放送中のスタジオを見る】を選択してスタジオの様子と出演者の写真の画像配信をご覧いただけます。

※画像は出演中のみです。



・放送後に番組を聴く場合は

地球ラジオHP→TOPページ右下→【前回の番組を聴く】→【 (日)放送分 5時台】

※放送1時間後から1週間、お聞きになれます。

akiravich at 08:25コメント(2)トラックバック(0) 

2010年02月03日

こんばんは。
はぐれミーシャです。

大きな仕事も終わり、ゆっくり休んでいます。
昨日はベロニカちゃんのお母さんの誕生日だったので、ベロニカちゃんの実家に泊まりました。
今のうちにエネルギーを充電しておきたいと思います。

みなさまにお知らせです。
2月6日の土曜日、私はNHKラジオ第一放送の地球ラジオという番組に電話で出演します。
時間は17時5分〜18時50分です。
私が出るのは前半のほうです。

いつもはブログで文字だけですが、今回は声の出演。
私としてもうれしい限りです。
うちの家族や親戚にも聞いてもらえるし。
ブログを読んでくださっている方々にも聞いてもらえればうれしいです!!!





・日本国内で視聴するには

国内では、NHKラジオ第1放送でお聞きいただけます。

関東は594KHzです。

その他の地域は下記をご参照下さい。

http://www.nhk.or.jp/res/tvres5/h50302.htm



放送は海外でもお聞き頂けます。

地球ラジオHPからインターネットラジオでお楽しみください

http://www.nhk.or.jp/gr/



・リアルタイムで番組を聴く場合は

地球ラジオHP→TOPページ右下→【放送中に番組を聴く】を選択してブロードバンドラジオを聴取できます



・画像を見る場合は

地球ラジオHP→TOPページ右下→【放送中のスタジオを見る】を選択してスタジオの様子と出演者の写真の画像配信をご覧いただけます。

※画像は出演中のみです。



・放送後に番組を聴く場合は

地球ラジオHP→TOPページ右下→【前回の番組を聴く】→【 (日)放送分 5時台】

※放送1時間後から1週間、お聞きになれます。

akiravich at 00:44コメント(0)トラックバック(0) 

2008年03月24日

42239793.JPG今日はパーティー。
あの若きセルゲイが4月1日に日本へ行ってしまうので、そのお別れ会ということだったんですが、ちょっと違う感じのパーティーになりました。
というのは、モスクワでロシア語を勉強しているTOMOさんがミンスクに来ていて、その御相手をうちの学生がやっていたのです。
なので、一緒に飲みましょうということで。

いやあ、楽しかった!
TOMOさん、楽しい人でした!
っていっても、一回り違うんですけど、僕はそんなに感じなかったですね。
感じたほうがよかったのかなあ・・・
実は彼女、僕がロシア語を勉強していたときに参加していた学生演劇集団「コンツェルト」のメンバーだったんです!!!!!!
いやあ、こんなところでコンツェルトの人間に会うとは思わなかったなあ。
いろいろ、思うところはあります。
コンツェルトがなければ、僕の人生は変わっていたと思いますから。
TOMOさん、また会いたいですね。
招待状、とりますよ。
今度はゆっくりベラルーシを満喫してもらいたいです。

実は今日は朝から夫婦喧嘩で、パーティーどころではなかったのです。
けんかはもちろん、ロシア語です。
実はロシア語のほうがケンカしやすいんですけど。
今、お客さんが帰って、ようやく正常化したところです(仲直りという言葉は今回のケンカの場合あてはまらないので)。

そうそう、なんででしょうね。
僕、こっちで日本語できれるとき、大阪弁になっちゃうんですよ。
「何いうとんねん!」と叫んだことが、一回あります(それは独身時代に付き合っていた彼女に対して。ベラルーシ人です)。
大阪の人が聞いたら、そんなの本当の大阪弁じゃない、と言われるんでしょうけど、ケンカのときって、大阪弁のほうが楽なんです。

まあ、それだけじゃなくて、僕の中には大阪に対する想い、すごくあります。

僕は今でも、いつまでも「南海ファン」です!!!!!
野球が好きな人は知ってると思いますが、今のソフトバンクホークスです。
本当に好きで、僕が中学3年の時にダイエーに身売りされたときは、泣きましたよ。
南海については、いつか書きますよ。
ダイエーとか、ソフトバンクとかは、ホークスではない! と思っています。

そして、やしきたかじんが好き。
中学生のとき「やっぱ好きやねん」とか、「ICHIZU」とか聞いてました。
中学生が聞く音楽じゃないですよね。
一般的には、ね。
でも、僕は大好きでした。
それから、クラシック音楽の道に入って、聞かなくなってましたけど、今、聞きたいです。

大阪といえば・・・
僕、中学時代、ラジオばっかり聞いてたんです。
その代わり、授業で寝てたんですけど。
出身、山形なのに、ラジオ大阪(「ぬかるみの世界」だったかな?)とか、RKB毎日放送(これは福岡ですけど・・・)とか聞いてましたね。
オールナイトニッポンはマイナーな人ばかり聞いてました。
例えば、そんなに売れていなかった伊集院光とか。
すごいおもしろかったですよ。

そして、僕が大好きだったのが片桐麻美。
知らないですよね。
オールナイトニッポン第二部のパーソナリティーだったんですけど。
北海道出身のシンガーソングライターで。
すごく心に沁みる歌を歌う人です。
山形で高校受験する当日も、2時半に起きて、彼女のラジオを聴いていました。
僕にとっては忘れられない歌手です。
CD、誰かに貸して返ってこないんですよね。
誰かも覚えていないし。
悔しいです。

南海ホークスも、片桐麻美も、コンツェルトも、いつか別個に投稿したいです。
日本を離れていると、愛しかったものが、より愛しく感じられます。

だいぶ、テーマと離れちゃいましたね。
パーティーは夫婦喧嘩の影響で、料理の数が少なくて、ちょっと納得いきませんでした。
TOMOさん、もう一度、うちに来てくださいね。

うちの2年生、クセーニャちゃんとアリーナちゃんがお菓子を作ってきてくれたんですが、すごくおいしかった!!!
あれだけ美人で、料理もできたら、日本へ行って大変なんじゃないかなあ。
もてそうな気配がプンプンしてます。

昨日は、一日にこのブログを読んでくれた人が20人を突破しました!
初めてです!
すごくうれしかったです!

今日はいい日でした。
すごい夫婦喧嘩だったけど、今、うちの奥さんは何事もなかったかのように、静かに本を読んでます。
知り合いのTさんからもメールがきたし。
久しぶりなんで、うれしかったなあ。

akiravich at 07:45コメント(3)トラックバック(0) 

2008年03月08日

542936a8.JPG今日は風邪気味です。
明日とあさってはお休みなので、ゆっくりしたいと思います。

さて、ミンスクの街中でこんなポスターを発見しました。
あのお騒がせロシア娘グループ、t.A.T.u.のコンサートのポスターです。
まだいたんですね。
もうやってないのかと思いました。
行ってみたい気もするんですが、火曜日で夜は授業があるのでダメです。
生t.A.T.uはちょっと見てみたかったな・・・
でも、またキャンセルとかされるとねえ・・・

ベラルーシではt.A.T.uが人気があるのかというと、そうではありません。
もうブームは過ぎ去ってます。
今では若い人は聞かないだけじゃなくて、「あれはひどい」と言う人が多いです。
僕はそんなに嫌いじゃないんですけどね。

ベラルーシにはロシアの歌手達がよくやってきます。
というのは、ベラルーシでのコンサートにはよくお客さんが入るからだそうです。
逆に言えば、ロシアではそれほど客の入りが良くないということなのでしょうか。
全盛期を過ぎた様な歌手が来ても、そこそこチケットが売れるのだそうです。
田舎に昔人気のあった歌手がやってくるのをイメージしてもらえればわかると思います。
コンサートに行く客層も、その歌手が好きだからというよりは、高いチケットを買うこと自体にステータスの高さを求めるというタイプが多いようです。

元々、ベラルーシではポップスやロックはロシアのものを聞くことが多かったのです。
ベラルーシの歌手もいるにはいましたが、ベラルーシ人たちが見向きもしないような感じで、テレビやラジオで流れるのもロシアの歌手、または欧米の歌手のものでした。

しかし!
2年ほど前に、国の方針で「ラジオやテレビで流す音楽の75%はベラルーシの歌手、グループのものにしなければならない」ということになったのです。
例えば、日本のテレビやラジオで、毎日「花笠音頭」や「佐渡おけさ」が流れるようになったのを想像してもらえればわかると思います。
当初はラジオ局などでは、リスナーが少ない深夜の時間帯にベラルーシの音楽を集中させて、昼はそれまで通りロシアの音楽をかけていましたが、あるときから、昼間の時間帯も75%以上をベラルーシ音楽にするように、となりました。

ところが、その頃はベラルーシにはプロとして通用するような人材が全く不足していて、最初の頃は「こんなに歌が下手なのに、歌手になれるの?!」というひどいレベルの歌手が次々と登場して、閉口したものです。
これに喜んだのは、ベラルーシの歌手達です。
それまではベラルーシ人に見向きもされなかったのに、突然、ベラルーシのスーパースターになったのですから。
そもそも、それまではベラルーシのポップス、ベラルーシのロックというジャンルそのものが存在しなかったのです。

ベラルーシ人なんだから、ベラルーシの音楽を聞こう、というのはある意味、正論です。
それについては、僕は結構賛成です。
というか、歌そのものがよければ、歌手がうまければ、どこの人かは関係ないということです。
今でもベラルーシの歌手、というだけで毛嫌いして聞かない人は多いんですけどね。

今では、そこそこ聞けるかなあというレベルの歌手やグループも増えてきました。
(もちろん、ひどいレベルの歌手も健在ですが)
例えば、「Дети детей」(直訳すると「子供の子供」)というグループはいいです。
まあ、そのグループのボーカルのアーニャちゃんが友達なんですけど、すごくいい歌を歌います。
彼女は元々劇場の女優で、最近は歌手としての活動が忙しくて、なかなか会えないんです。
コンサートはいつも大入り満員で、なんか遠い存在になっちゃったなあ、という感じです。

ベラルーシの歌手やグループについては、また改めてレポートしますね。
日本にも紹介できればいいんですけどねえ・・・

akiravich at 03:36コメント(4)トラックバック(0) 
livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
ベラルーシでの生活は楽しいな♪
メッセージ

名前
メール
本文