名前

2012年09月16日

こんばんは。
はぐれミーシャです。

今は土曜日の夜23時23分。
まったりしています。

普段はまったりできないのですが、今日はまったりです。
というのは、ベロニカちゃんと龍二くんが実家に行っているから、うちに一人でいるんです。
みんなでにぎやかなのもいいけど、一人の晩酌もなかなか乙なものです。

深夜食堂 第二部【ディレクターズカット版】 [DVD]深夜食堂 第二部【ディレクターズカット版】 [DVD]
出演:小林薫
販売元:アミューズソフトエンタテインメント
(2012-04-27)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
まったりと見ていました。
日本でマンガを読み、すっかりはまっていた「深夜食堂」。
ドラマになってもなかなか乙なものです。
最初のまったりした歌が何とも言えないです。

ああ、俺もこういう食堂、やりたいなあ。
今も飲食店をやりたいという気持ちはかなり強く持っていて。
最近、知り合いに相談したのですが、もしかしたら数年後にはどこかで仕事をさせてもらえるかもしれません。

IMG_6575
そんなはぐれミーシャの晩ご飯はこちら。
ローストビーフ丼です。
二日前に作ったローストビーフが余っていたので、それをどんぶりにしてみました。
ソースは煮詰めた赤ワインに肉汁を加え、醤油、塩、胡椒で味を整え、最後にバターを溶かし込んで、ちょっとフランスチック。
これは激ウマでした!!!
ちょっと言葉を失いました。
盛り付けが下手なのが今後の課題です。
今度はソースにゆずこしょうを入れてみよーっと。

IMG_6577
ビールはミンスクのアイスホッケーのチームのマークが入ったもの。
中身は普通のビールかな。
でも、何かいい感じ。

久しぶりに超まったり。
でも、このまったりに至るまでは結構な時間がかかっています。
今日は12時から個人レッスンが一つ。
13時半から弁論大会の原稿の添削が一つ。
16時から19時までの初心者クラスの授業。
19時から20時半までは女の子二人組の授業。
うちへ帰ったのが21時過ぎで、電話で同僚と授業の打ち合わせ。
それから、学生とスカイプで原稿の添削。
それから、料理。
まあ、よくやるわ・・・

初心者クラス。
今年も結構な数が集まりました。
3つグループを作り、そのうちの二つは私がやっています。
それぞれ、人数は25人。
18平方メートルの部屋に25人入るのですから、かなりの狭さ。
それでも、できるだけ多くの人たちに日本語を学ぶ機会を、という気持ちがあります。
まあ、多いのは最初だけで、一ヶ月ぐらいするとどんどん減っていくのですが・・・

19時からの授業は日本語を始めて三年目のダーシャちゃんとサーシャちゃん。
二人とも日本への留学を目指している17歳。
初心者クラスで疲れ切っていたのですが、彼女たちとの授業は楽しくてやりやすいです。

その授業でたまたまマクドナルドの話になりました。
ダーシャちゃんが「今日、私はマクドナルドに行きました」
私の教室の近くに新しい店舗がオープンしたのです。
私も行きましたが、不慣れなせいか、オペレーションが遅く、かなり待たされます。

ダーシャちゃんはかなり華奢なのに、フライドポテトをがっつり食べる女の子。
ラージサイズのポテトを二つぐらいぺろりと食べちゃいます。
でも、彼女はベジタリアン。
ベジタリアンでありながら、カロリーを気にしないところが素敵です。

彼女に冗談で「ポテトだけじゃなくて、アイスクリームも食べたんじゃないの? もしかして、ポテトにアイスクリームをつけて食べたりしていないよね?」と言うと、ダーシャちゃんは「はい」。
隣にいるサーシャちゃんも「はい。おいしいです」
はぐれミーシャ「えっ!? 本当につけて食べるの!?」
二人「本当です!」
冗談で言ったのに。

イメージできますか?
ベラルーシのマクドナルドで言うところのアイスクリームというのは、日本ではソフトクリームのようなもの。
それにポテトをつけて食べるんですよ。
二人によると、友達にもそういう食べ方が好きな人がいるとのこと。
うーん・・・

やっぱり学生と話すのは楽しいですね。
いろいろと発見があります。

発見といえば、この前の金曜日。
二年目のグループでの会話。

なぜか会話が恋話に。
私の過去の話。
はぐれミーシャ「東京にいた頃、付き合い始めて三日目ぐらいまで彼女の苗字を知らなくて。『苗字、何だっけ?』って聞いたら、すごい怒ってた」
ある女子学生「私なんか、付き合っている人の名前を知らなかったこと、ありますよ」
えええ!!!
そんなこと、あるの!?(←私も人のことは言えないが・・・)

確かにベラルーシでは友達でも苗字は知らないなんてことはあるかもなあ。
下の名前だけで通っちゃうことが多いし。

しかも、ベラルーシでは「付き合っている」という言葉が非常に曖昧。
ロシア語から直訳すると「会っている」という言葉なのです。
つまり、友達として会っているのか、恋人として会っているのかという境界線がわからないことがあるのです。

日本では「好きです」「付き合ってください」というところからスタートするものでしょうが、ベラルーシではそういう手続き(←?)を踏むことはあまりありません。
つまり、日本のように彼・彼女という関係になる境目がはっきりしないということになります。
そこが悩ましいところなのです(←今の私にとっては悩ましくもなんともないのですが)

はぐれミーシャ「彼の名前を知らないなんてこと、あるの!?」
学生たち「あります」「あってもおかしくはないです」
うーん・・・それ、自分が彼の立場だったら最高に嫌だなあ・・・

はぐれミーシャ「じゃあ、苗字を知らないってのは?」
学生たち「それは普通です!」「よくあることです!」
えー・・・

他の学生たちに聞いたら、「そういう人たちもいるかもしれませんが、そうじゃない人の方が多いと思いますよ」
ちょっと安心。
でも、そういう人たちがいるのがすごい。
せめて名前は知っておきましょうよ。

ここでの「学生たち」は全員女性でした。
男はどうなんですかね?
たぶん、彼女の名前は知っていると思うんだけど・・・

12年住んでいても、いろいろと知らないことがあるんだなあ。
まあ、今日書いた話は一般的なベラルーシ人のことじゃないかもしれないけど。

明日も6コマ授業。
そろそろ寝ないと・・・

P.S.
苗字を知らなかった彼女というのはプロレスファンの女の子。
お互いに技をかけたりしていたのですが、ある日、三沢光晴のまねでフェースロックをかけたら本気でキレた女の子です(←この情報、必要だったでしょうか・・・)。

akiravich at 06:05コメント(8)トラックバック(0) 

2010年05月01日

おはようございます。
はぐれミーシャです。

今日は5月1日、メーデーです。
日本だと労使交渉とか、そんなイメージでしょうが、ベラルーシのメーデーはただのお祭り。
ベラルーシにも労働組合はあるのですが、機能が全く違っています・・・(←これ以上は書けません)

っていうか、最近、書きにくいテーマが多すぎます。
ロシアに住んでいる日本人のブログなんか読むとすごく面白いんですよ。
いろいろと本音で書いているんでしょうけど、ベラルーシで同じようなことを書いたら・・・(←うーん、書きにくい・・・)

今日もなかなかいい天気です。
日差しがあったかい。
う〜ん、いい感じだなあ。

今日は休みだというのに、私は仕事。
授業が4つあります。
そして、大掃除の続きが。
正直、ちょっとうんざりしています。

今日もまた会社の話です。

おととい、私は市役所に行って、必要な書類を受け取ってきました。
これで市役所での手続きは全て終了!
と思っていたのですが・・・

夜、ベロニカちゃんが書類を見ていて、大変な間違いに気づいたのです。
そこに書いてあったのは、「F○○○○○WA AKIRA」ではなく、「F○○○○○W AKIR」という名前。
苗字も名前も最後の「A」が書いてありません。
つまり、私の名前が「アキラ」ではなく、「アキル」と書いてあるのです。

朝になって、すぐにベロニカちゃんが市役所に電話。
ベロニカちゃんが「名前が間違っているんですけど」と言うと、「何言ってるの!? そんなわけないでしょ!」と逆ギレ。
ベロニカちゃんがよく説明したら、その担当者、自分が作成した書類を確認して、「『F○○○○○W AKIR』。正しいでしょ」。
ベロニカちゃんが「最後に『A』が必要なんです」と説明しても、なかなか理解してもらうのは難しかったようです。
最後には「私のミスです。訂正するので、また後で連絡します」と言ってくれました。

どうしてこういうことが起こったのかと言うと、ロシア語の名前や苗字で「A」で終わるのは女性だからです(←男性の名前で「A」で終わるものもありますが、それは例外的です)。
愛称形(←日本語で言えば「君」「ちゃん」をつけたようなもの)の場合は「A」で終わることもありますが、そういう名前も正式な名前はほとんどが子音で終わります。

例えば・・・
男性の名前
Vladimir、Aleksandr、Oleg、Ivan、Denis、Ruslanなど
女性の名前
Ekaterina、Aleksandra、Elena、Lyudmilaなど

女性の名前は例外なく「A」で終わります。
だから、その担当者の女性は書類には正しい名前が書いてあったのに、「男なのだから、『A』で終わるはずがない」と勝手に判断して書き換えたんですね。
その担当者曰く「『A』で終わっているから、生格で書いたのかと思ったわ」
「生格」というのはロシア語の格変化の一つで、日本語で言う「てにをは」の形の一つです。

実は昨日、銀行に行ったときも同じようなことが。
私は書類に「AKIRA」と書いたのに、担当者は「AKIR」と書いていて。
「『A』をつけてください」と言っても、担当者は「???」。
「日本人の名前ですから」と言ったら納得したような顔をしていました。

他にも病院で似たようなことがありました。
病院から健康診断の案内が来たとき、そこに書いてあったのは私の名前と性別「女」。
名前が「A」で終わっていたから、女だと思われたんですね。
病院に行って、私は女ではないと説明しました。

ちなみに、苗字に関しては女性でも「A」で終わらないことは多いです。
その辺の話は改めて・・・

何かややこしい話ですみません。

今日も頑張って仕事します!

akiravich at 14:59コメント(10)トラックバック(0) 

2008年08月21日

昨日はベラルーシ人にとって、とてもうれしい日でした。
ベラルーシ人待望の二つ目の金メダル!
種目は女子ハンマー投げ。
オリンピック新記録(76.34m)を出しての優勝。
ベラルーシ人は本当にハンマー投げとか砲丸投げとか、強いんですよね。
何故なんでしょう?

最初に彼女のプロフィールをご紹介します。
1982年3月28日、モギリョフ州クリチェフ市で生まれる。
2007年の世界陸上大阪大会では予選落ち。
2008年のヨーロッパ選手権で優勝し、シーズン最高記録をマーク。
オリンピックには初参加。
8月18日に行われたハンマー投げ女子の予選では69.77mの記録で、11位で予選通過。
身長186センチ、体重85キロ。

この情報の元ネタはhttp://news.tut.by/olimp/115366.htmlです。
写真もいっぱい載っています。

この人、きれいですよね。
ベラルーシ美人という感じ。
そして、すごくスタイルがいい。
うちの奥さんもテレビで彼女を見たとき、ハンマー投げの選手だとは思わなかったそうです。
確かにあのスタイルは100mとかマラソンとか、走るほうの種目の選手に見えますよ。
他のハンマー投げの選手はイメージどおり、体の大きい人ばかり。

一つ気になることが。
彼女の名前のこと。
北京オリンピックのレポートを始めてから、ずっと困っているんですよね。
Yahoo!の北京オリンピック特集のページでベラルーシ人選手の結果を調べているんですけど、名前がベラルーシ語だったりロシア語だったりするんですよ。
どちらかと言うと、ベラルーシ語のほうが多いかも。

おそらく、オリンピックに参加が決まったときに名前を登録するんでしょうけど、そのときはパスポートに書いてある名前で登録すると思うんですよね。
パスポートにはその人の名前はベラルーシ語と英語で書いてあるのです。
その英語訳はロシア語からではなく、ベラルーシ語からのものです。
私も「居住許可証(вид на жительство)」という長期滞在者用の身分証明書を持っているんですけど、それはロシア語とベラルーシ語が一緒に書かれています。
(その居住証明書は見た目、ベラルーシ人のパスポートと違いはありません。それを持っていれば、ベラルーシ人と同じ権利を持つことができます。ただ参政権がないんです・・・)

ベラルーシの公用語はロシア語とベラルーシ語。
普段の生活でベラルーシ語を使う人はほとんどいません。
しかし、書類などではどちらも一緒だったり、ベラルーシ語だけだったりするんです。
それで、ちょっと混乱してしまうことがあるんですよ。

金メダリストの名前もインターネットでの表記は「アクサナ・ミアンコワ」ですが、これはベラルーシ語。
ロシア語だとОксана Менькова、オクサーナ・メニコヴァになります。
日本ではどちらで表記したらいいんですかね?
これ、どちらも正しいんですよ。
ベラルーシのサイトではロシア語のほうの表記になっています。

でも、ベラルーシ語で人の名前を呼ぶことって、全然ないですよ。
この金メダリストの名前はまだいいほう。
もっとひどいパターンがあります。
例えば、オリガさん(Ольга)という名前の人、ベラルーシ語で発音するとヴォリガさん(Вольга)、そのベラルーシ語のバージョンを英語表記にするとヴォルハさん(Volha)になってしまうんですよ。
原型がわからないですよね・・・

最近、私の学生が日本に書類を送る必要があって、一緒に書類に必要事項を記入したんですよ。
彼女はこのブログにも一度登場していますが、彼女の苗字はグリコさん。
これがベラルーシ語から英語にしたものだとHulkoさん、つまりフルコさんになっちゃうんです。
彼女に町で見かけたとして、「フルコさん!」と声を掛けても、彼女は絶対に振り向かないと思います。

ベラルーシ語については改めていろいろと書きたいと思います。
結構、ぐちゃぐちゃしているんですよね。
ベラルーシ語、私も勉強したいとずっと思っていて、なかなかかなわないんですよね。
今年の夏はがんばろうと思っていましたが、その夏ももう終わりそうだし・・・
悲しい・・・

akiravich at 18:52コメント(0)トラックバック(0) 
livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
ベラルーシでの生活は楽しいな♪
メッセージ

名前
メール
本文