きゃばりこさんのーとぶっく

きゃばりこ記別館です。考へるヒント的Linkばかりぺたぺためもめも。

キアリ様奇形・脊髄空洞症

【杏林製薬】こむら返り

https://www.kyorin-pharm.co.jp/prodinfo/useful/doctorsalon/upload_docs/140558.pdf

2014年4月
ドクターサロン58巻5月号
獨協医科大学越谷病院神経内科教授 宮本智之 (聞き手 山内俊一)

山内 宮本先生、こむら返りというのは私も糖尿病を専攻している関係でしばしば遭遇する訴えなので、なかなか困ることも多いのです。まず神経学的にいって、こむら返りの原因、あるいはメカニズムといったほうがいいのかもしれませんけれども、このあたりはどうなっているのでしょうか。
宮本 こむら返りは不随意に突然起こる有痛性の骨格筋の収縮です。特にふくらはぎ(腓腹部)、太もも(大腿の伸筋・屈筋群)、あるいは足の細かい筋肉(足固有の筋)に多く生じます。生理的なものもあるのですけれども特に運動後とか運動中、あるいは一番多いのは睡眠中に生じることが多いようです。
先生がおっしゃったこむら返りの原因というかメカニズムですけれども、運動ニューロンの過剰な興奮が引き金となって病的な筋収縮が起こると推察されています。そこで過剰な筋収縮が起きて血流が阻害されて筋の虚血を起こしているので、痛みとか、そういうものを伴うということが推察されます。
山内 過剰な筋収縮に伴って血流障害、これは当然電解質異常なども伴いやすいと思われますので、そういったあたりが全般的に来ているのだろうなというところですね。先ほども少しお話がありましたが、運動中に起こりやすいというのは、よくサッカー選手などでも見られますね。ただ、一方で安静睡眠中にも多いという、全く別の環境でも起こりやすいというところがあって、このあたりはわかりにくいところなのでしょうか。
宮本 こむら返りの約7割の方は夜間に経験するといわれていまして、夜間頻回なのはふくらはぎの筋の灌流圧とか、あるいは細胞膜の電解質の移動が横になったときに変化するのではないかという話もあります。
山内 電解質にもいろいろありますが、主因、主犯とみなされている電解質となりますと何なのでしょうか。
宮本 治療の経験からいいますとナトリウムチャンネルをブロック、神経の興奮を抑制するような作用がある薬で抑えられることが知られていますので、ナトリウムチャンネルの異常が神経の興奮を起こしているのではないかと推察されます。その他に自己免疫の病気で全身性のこむら返りを起こすような神経の難病があるのですけれども、そういったものはカリウムチャンネルの異常も指摘されておりまして、そういった特殊な病気もあります。
山内 ナトリウムに関してですがこむら返りを起こしやすい方に特に低ナトリウム血症が目立つという、そこまでのエビデンスはないとみてよいのでしょうか。
宮本 原因の一つには低ナトリウム血症の方で起きやすいということがあるのですけれども、こむら返り自身が種々の疾患で起きまして特に低ナトリウム血症の方々に多いかというと、そうでもないようです。
山内 こむら返りを一度も経験したことがないという方も珍しいと思われますが、高齢者に多いとみてよいのでしょうか。
宮本 特に高齢者では女性に多いともいわれています。65歳以上の約6割の患者さんに夜間こむら返りの経験があるということが報告されております。
山内 経験的には毎日のように起こすというと病的といっていいのかわかりませんが、少し注意したほうがいいなという感じでしょうね。
宮本 そうですね。毎日起こる方は予防が非常に問題になるかと思います。
山内 さて、実際に起こったときの治療の話に移りますが、発作時はむろん非常に痛みが激しいわけですがこれは皆さんストレッチで瞬間に治ることが多いことをよくご存じです。ただ、これはあくまで屈筋群のほうが侵されたときだけで、ストレッチできないような筋肉でも起こることがありますね。
宮本 はい。
山内 こういった場合はどうやったらいいのかということですが。
宮本 確かに大腿の屈筋群あるいは、ふくらはぎの筋収縮によって底屈状態が持続した場合には、その筋肉を伸ばすということが治療になると思うのですけれども、例えば前脛骨筋などの下腿の前のほうの筋肉がこむら返りする場合もあると思うのです。そういった場合はストレッチは非常に難しいのではないかと思います。
山内 そういう場合は結局、そばに薬剤を置いてそれでおさめるというかたちになるのでしょうね。
宮本 対症的に過剰な興奮を抑えるような薬物を用いるしかないのかなと思います。
山内 具体的にはどういった薬剤を用いていらっしゃいますか。
宮本 こむら返り自身にエビデンスの高い薬というのは実際、保険適用上もないと思うのですけれども、ただ、経験的にいろいろな薬が試されています。一つは抗てんかん薬の一種を用いたり、あるいは日本では漢方薬が使えるので経験的に漢方薬を使って急場をしのぐということはされていると思います。
山内 具体的に抗てんかん薬もいろいろありますけれども、よく先生がご使用されるものとしてはどういったものがありますか。
宮本 実際てんかんの患者さんに対して用いる量ではないので少ない量なのですけれども、ただ、副作用もあるので、比較的少ないものを選ぶ。それは患者さんと相談しながらになるのですけれども例えば最近ですと、ガバペンチンという薬を用いることがありますし、あるいはクロナゼパム、カルバマゼピン、フェニトインといって昔からの抗てんかん薬も効果があるといわれています。
山内 それは起きてからということですね。
宮本 こむら返りに対しての予防投与というのは実際多くはされていないと思いますので、先ほど先生がおっしゃったように、毎日起きるような人に関してはそういった予防投与を行うこともあるかもしれませんが時折経験する人に関しては急場をしのぐような頓挫療法というか、そういったことになると思います。
山内 漢方薬としてはどういった薬が使われるのでしょう。
宮本 日本ではそういった治療選択があるので例えば芍薬甘草湯、五苓散が比較的有名で使われていると思います。
山内 これは1回分の頓服で出されるものなのでしょうか。
宮本 そうです。こむら返りが発症したときに芍薬甘草湯を頓服でのむ場合もあるし、頻度の高い人は就寝前に予防投与するというケースもあると思います。
山内 こむら返りは高齢者に多いのですが片一方で有名なのが、妊婦さんがけっこう悩まされるケースもあります。妊婦さんなどですと薬もなかなか、今言ったようなあたりですと使いづらいものも多いのでしょうね。
宮本 そうですね。
山内 安定剤的なものとか筋弛緩薬とか、そういったものはいかがなのでしょう。
宮本 一般の高齢者では安定剤のような薬とか筋弛緩薬を用いる場合もあると思うのですけれども、妊婦さんにはなかなか用いにくいと思います。妊娠を契機に起きる原因としてはマグネシウムとかカルシウムの低下ということが報告されていますので、強いエビデンスはないのですけれども少しマグネシウムを投与すると妊婦さんのこむら返りにはよいという報告もあります。
山内 とりあえず夏場などですと脱水補正といったものもありますから、特に日中を中心にしてスポーツドリンクなどで電解質を補うことも予防的には意味があるのではないかと考えてよいでしょうか。
宮本 おっしゃるとおりだと思います。血液循環量、血漿の循環量も非常に関連しているということがいわれていますので日ごろからそういった脱水予防、夏場もそうですけれども特にこむら返りを繰り返す人は夜間にトイレに行くこともあるかもしれないですけれども、スポーツドリンクなどを飲まれるといいと思います。
山内 夜起こすような方も例えば夏であれ冬であれ、最近室内の暖冷房がきいていますのでああいったものなどで思わぬところで足が非常に冷えてきたとか、そういう機械的な刺激が原因になっていることもありうるとみてよいですね。
宮本 はい。温度管理も非常に重要なことでありまして先生がおっしゃったように、足が冷えてしまうというのも誘因の一つになりますので、温度管理は非常に気にかけていいことだと思います。
山内 ありがとうございました。



きゃばりこさんの発作痛中の左前肢ビビビ(15秒くらいから)もこむら返りなんですかね?
ガバペンも五苓散も飲んでてこうなっちゃったら芍薬甘草湯の出番かっ!?

ストレッチは無理だから虚血って痛いのなら温めればいいのかな?
でもホリホリして自分でまぎらわせてるようだし、それがストレッチ的なことになっているのか?
確かに床を引っ掻く時、前肢裏側の筋に体重がかかって伸ばせてるよね。

【厚労省】医薬品リスクの程度の評価「メチコバール」

https://www.mhlw.go.jp/shingi/2005/11/s1114-4e.html

平成17年11月14日(月)

ビタミンB12(メコバラミン)
メチコバール錠250μg/メチコバール錠500μg
 
薬理作用
・メコバラミンは、生体内補酵素型ビタミンB12の1種であり、ホモシステインからメチオニンを合成する
メチオニン合成酵素の補酵素として働き、メチル基転位反応に重要な役割を果たす。
・神経細胞内小器官へよく移行し、核酸・蛋白合成を促進する作用
・軸索内輸送、軸索再生の促進する作用
・髄鞘形成(リン脂質合成)の促進する作用
・シナプス伝達の遅延、神経伝達物質の減少を回復する作用を有する。

重篤ではないが、注意すべき副作用のおそれ
薬理・毒性に基づくもの
0.1~5%未満(食欲不振、悪心・嘔吐、下痢)

特異体質・アレルギー等によるもの
0.1%未満(過敏症)

適応
末梢性神経障害

用法用量
通常、成人は1日3錠(メコバラミンとして1日1,500μg)を3回に分けて経口投与する。
ただし、年齢及び症状により適宜増減する。
本剤投与で効果が認められない場合、月余にわたって漫然と使用すべきではない。水銀及びその化合物を取り扱う職業従事者に長期にわたって大量に投与することは避けることが望ましい。


愛犬の神経症状が増悪しそうだなって時にメチコバールを試してみる気になったので、めも。

【NCBI】小脳梗塞が疑われた犬23匹の神経症状

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27267355

2016 Jun 

原題「Neurological signs in 23 dogs with suspected rostral cerebellar ischaemic stroke.」

BACKGROUND
In dogs with ischaemic stroke, a very common site of infarction is the cerebellum. The aim of this study was to characterise neurological signs in relation to infarct topography in dogs with suspected cerebellar ischaemic stroke and to report short-term outcome confined to the hospitalisation period. A retrospective multicentre study of dogs with suspected cerebellar ischaemic stroke examined from 2010-2015 at five veterinary referral hospitals was performed. Findings from clinical, neurological, and paraclinical investigations including magnetic resonance imaging were assessed.
(意訳)この研究の目的は、小脳梗塞の疑いのある犬の梗塞形態と関連した神経学的徴候を特徴付け、
その症状と予後を報告することであった。
5か所の動物病院で2010-2015年に検査された小脳梗塞の疑いのある犬の回顧的研究を実施。
MRIを含む臨床、神経学、内分泌学からの所見を評価した。

RESULTS
Twenty-three dogs, 13 females and 10 males with a median age of 8 years and 8 months, were included in the study. The Cavalier King Charles Spaniel (n = 9) was a commonly represented breed. All ischaemic strokes were located to the vascular territory of the rostral cerebellar artery including four extensive and 19 limited occlusions. The most prominent neurological deficits were gait abnormalities (ataxia with hypermetria n = 11, ataxia without hypermetria n = 4, non-ambulatory n = 6), head tilt (n = 13), nystagmus (n = 8), decreased menace response (n = 7), postural reaction deficits (n = 7), and proprioceptive deficits (n = 5). Neurological signs appeared irrespective of the infarct being classified as extensive or limited. All dogs survived and were discharged within 1-10 days of hospitalisation.
MRIで前小脳動脈からの梗塞が確認された犬23頭(年齢中央値8歳、メス13 オス10)について調査した。
キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルが9頭で最も多かった。最も顕著な神経障害は歩行障害で
11頭は目標で止まることができず(測定過大)、4頭は測定過大なしの運動失調、6頭は歩けなかった。
次いで、捻転斜頸(13頭)、眼振(8頭)、威嚇反応消失(7頭)、姿勢反応障害(7頭)、固有感覚障害(5頭) だった。
これらの神経症状はMRI上の梗塞の拡がりと無関係に現れた。全ての犬は、1~10日後には退院した。

CONCLUSIONS
Dogs affected by rostral cerebellar ischaemic stroke typically present with a collection of neurological deficits characterised by ataxia, head tilt, and nystagmus irrespective of the specific cerebellar infarct topography. In dogs with peracute to acute onset of these neurological deficits, cerebellar ischaemic stroke should be considered an important differential diagnosis, and neuroimaging investigations are indicated. Although dogs are often severely compromised at presentation, short-term prognosis is excellent and rapid clinical improvement may be observed within the first week following the ischaemic stroke.
小脳梗塞の犬では梗塞の場所・範囲に関係なく、運動失調、捻転斜頸、および眼振という典型的な神経障害を現す。これらを急性発症した場合、小脳梗塞は重要な鑑別診断とみなされ画像診断が必要と思われる。
しばしば発症時に重い症状が出るが予後は良好。梗塞後、1週間以内の早い回復が観察されることがある。
mri


キャバリアに多いと「犬と猫の神経病学」にもあったし、やっぱ後頭骨が上から小脳ぎゅーぎゅー
押して変形させてんのが(つまりキアリ様奇形が)要因じゃないの(≡ω≡.)…?

【日獣会誌】交通性水頭症に合併した脊髄空洞症の犬の1例

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jvma1951/57/1/57_1_46/_pdf

日獣会誌57,46~48(2004)(2002年11月12日 受付.2003年9月1日 受理

ペットクリニックハレルヤ。

要 約
3ヶ月齢のミニチュアダックスフンドが頸部痛、旋回運動、頸部の引っ掻き行動を主訴に来院した。
MRI装置による中枢神経系の検査で重度の水頭症に付随した頸髄の脊髄空洞症を認めた。
プレドニゾロンとアセタゾラミドを用いた内科療法を試みたが症状は改善されず、安楽死を行った。
病理組織学的検査で、交通性水頭症と頸髄の水脊髄空洞症と診断した。
頸髄疾患の1つとして脊髄空洞症を鑑別しなければならないことが示唆された。
 
一部抜粋
症例
70日齢、雄のミニチュアダックスフンドが頭部と前肢の疹痛で来院した。神経学的検査で異常は認められず
ピロキシカム(0.3mg/kg,sid,経口投与)を1週間用いたところ症状は改善した。
しかし、100日齢時に左旋回運動と頸部の引っ掻き行動が発現したため再来院した。
一般血液生化学検査は正常で,整形外科学的身体検査にも異常はなかった。
神経学的検査では意識レベルは正常で、対光反射、眼瞼反射、威嚇反射は左右とも正常であった。
歩行は左旋回運動を伴い,右半身の不全麻痺と固有知覚反射の低下があった。また両眼に急速相が
右側の水平眼球振盪を認めたが、頭部の姿勢変化による眼球振盪の変化は認めなかった。
頸部の触診により著しい同部の引っ掻き行動の誘発を認めた。頭頸部X線検査ですりガラス状に拡大した
頭蓋冠と頭蓋骨の菲薄化がみられた。頸椎の異常は見られず、歯突起も正常であった。
水頭症が疑われたためMRI検査を行った。検査はイソフルランによる全身吸入麻酔下で行 った(略)。
mrid
アセタゾラミド(10mg/kg,bid,経 口投与)、プレドニゾロン(1mg/kg,bid,経 口投与)による
内科的治療を行ったところ、眼球振盪は認められなくなった。しかし
意識レベルの低下、
起立歩行不能、
威嚇反射の消失、
姿勢反射の低下など神経症状が悪化し、
さらに食後に突然鳴き出し頸部を痛がることが頻繁となったため、MRI検査から1カ月後に安楽死処置した。(略)

考察 
本症例で認められた神経症状のうち、頸部痛および頸部の引っ掻き行動は頸髄の脊髄空洞症によって
引き起こされたものであると思われる。(略)この症状は脊髄内空洞形成に伴って脊髄視床路の
障害と灰白質の介在ニューロンが障害され、その結果それら支配下の皮膚感覚が異常をきたして
痛みなどの感覚が生じると推測されている。
また脊髄視床路は脊髄側索に含まれており、本症例の病理組織検査でも空洞形成が脊髄背側から側索の方向へ拡大していた。また、人での脊髄空洞症患者では胸腔内圧や腹腔内圧の上昇によっても臨床症状の悪化が報告されている。
本症例でみられた食後の症状の悪化はこれに類似しているものと考えられた。
獣医領域では、脊髄空洞症の原因は,先天性の要因が関与していると考えられている。
特に水頭症と合併している症例が大部分を占めている。
犬で実験的にルシュカ孔を閉塞させると水頭症と脊髄空洞症が同時に発生することが報告されており、
臨床的にもルシュカ孔の閉塞で水頭症と脊髄空洞症が発症すると考えられる。
しかし、今回の症例では組織学的にルシュカ孔の閉塞は認められなかったため発症原因の詳細は不明である。
人における脊髄空洞症の治療は症例によっては外科手術が有効とされており、V-Pシャント術、後頭孔減圧術や空洞くも膜シャント(S-Sシャント)術が行われている。
内科療法には脳圧降下や脳脊髄液の産生抑制を目的としてデキサメサゾン、プレドニゾロン、炭酸脱水酵素阻害剤が投与されている。しかし、治療効果は個体によりさまざまで安定した効果は得られていない。
本症例では水頭症が重度であったため内科療法に対する反応が乏しかったと考えられ、可能であれば早期に外科的治療を行うべきであったと思われる。
組織学的には脊髄空洞症は水脊髄症、脊髄空洞症、水脊髄空洞症に分類されるが空洞形成に伴う脊髄実質
の圧迫により種々の神経症状を呈するため、組織学的な分類よりは脊髄内での空洞発生部位とその程度が
臨床上重要な問題になるのではないかと考えられる。MRIの普及により脊髄空洞症の報告例が多く見られるが、脊髄内に形成された空洞の病理組織学的検査を行っている報告例は少ない。
今後は脊髄内での空洞形成部位とその程度、臨床症状との関連について検討する必要があろう 。


2015年発行「犬と猫の神経病学/脊髄空洞症」によると
先天的に後頭蓋窩が狭くて小脳尾側部の脊柱管内への変位(ヒトのキアリⅠ型に酷似)
して空洞症を併発しているのが、キャバリア。
小脳の脊柱管内への明らかな変位が認められなくても空洞症発症しているのが
ヨークシャー、テリア、チワワ、ポメラニアンなどの小型犬種。
この場合、小脳尾側部の頭側への圧迫・大槽の狭小化・延髄尾側の屈曲などの異常所見は高率にある。
ミニチュア・ダックスフンドは重度の水頭症を併発することが多い。
ダックスは画像所見がヒトのダンディーウォーカー症候群に酷似。ただ、小脳虫部の形成不全は無い。

「髄液の流れが普通ではなくなり脊髄に空洞ができる」という現象は同じだけど
犬種によって要因が違う、というのがここ10年でわかってきたらしい。
と、この2004年のPDFを読んでおもいましたまる。

【健康文化振興財団】医用サーモグラフィ

http://www.kenkobunka.jp/kenbun/kb28/sakai28.pdf

健康文化28号 2000年10月発行

春日井市民病院 酒井美知子

各種の画像診断法の中でより侵襲の少ない診断価値の高い方法が求められており、放射線を使用しない超音波検査やMRIの進歩・普及には目をみはるものがあります。ここでは、サーモグラフィ検査法をご紹介させていただきたいと思います。
サーモグラフィとは、物体表面から放射される赤外線を計測記録して熱画像や温度分布図(グラフ)として表すもので、実用化されているものに赤外線サーモグラフィと液晶サーモグラフィがありいろいろな分野で利用されています。日本でサーモグラフィが画像診断の一部門として医療の分野に応用されたのは1967年のことになります。
最初は赤外線サーモグラフィが用いられ10年ほど遅れて液晶サーモグラフィも登場しました。無侵襲な検査法として期待されながらも充分な臨床応用には遠い道のりがありましたが、1981年には健保採用が認められ、今では、装置の開発に伴って画像解析が進み赤外線サーモグラフィを主流に広く応用されてきています。他の画像診断法が構造画像の解析を主体としているのに対し (といいましても最近では機能解析もずいぶん進んでまいりましたが)、サーモグラフィ法は生理機能画像をみるもので、体表温度の背後に潜む生理変化をいかに的確に画像化するかという努力が地道に続けられてきました。
自然な状況下では、体表面は、体内で発生した熱を体外に放出して体温の恒常性を保つ重要な働きを持っています。流入熱としては、血流によって運ばれてくる熱量・深部から伝導されてくる熱量・体表組織そのものの代謝によって産生される熱量があります。一方流出熱としては、放射・発汗や蒸散・対流による3種類があります。これら6種類の熱量のバランスがくずれることにより皮膚温変化を生じ、サーモグラフィで異常像としてとらえられることとなります。
私とサーモグラフィとの出会いははるか 20 数年も前のことになりますが、振動障害におけるレイノー現象のサーモグラムでした。そのときは何気なく受け入れていた検査法でしたが、のちに脊髄空洞症患者のサーモグラフィ所見がMRIで描出される空洞の偏在とぴたりと一致した症例に遭遇してから興味を覚え、主に脊椎症や脊髄疾患・乳がんなどを対象に検査を進めてまいりました。
では、臨床の場で実際に利用されている疾患について述べてみましょう。

1. 脈管系疾患のサーモグラフィ
脈管は熱を伝達する重要な経路であり、その障害は何らかの温度変化を伴うことから、サーモグラフィ検査の最も良い適応の一つにあげられます。閉塞性動脈硬化症(ASO)や閉塞性血栓血管炎(バージャー病、TAO)、糖尿病や膠原病による末梢循環障害、静脈瘤や静脈血栓などに利用されています。
これらの疾患に対しては、病変の検出や進行度の把握だけでなく、薬剤や外科的治療の効果判定にも威力を発揮します。(略)
2. 運動器疾患のサーモグラフィ
各種関節疾患、脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアなどの脊椎疾患、神経障害や片麻痺などの神経疾患が対象の主なものです。たとえば椎間板障害などで神経根症状のある患者では、患側の dermatom と概ね一致した低温域が観測されます。その機序は障害神経支配領域の筋温低下や痛みに対する反射性の皮膚血流量低下と考えられています。
3. 乳がんのサーモグラフィ
乳がんの診断は、触診・マンモグラフィ・超音波検査によってなされることが殆どですが、私どもはスクリーニング検査と高危険群の経過観察にサーモグラフィを用いています。診断率だけからいえば他の診断法に比べ決して満足できるものではありませんが、他の診断法では検出できなかった非触知・非浸潤がんが発見できたり、他の診断法によって異常なしとされたもののサーモグラフィでは異常高温域を有する症例の経過観察中にがんが発見されることも多く、乳がん診断の補助診断法の一つとして有用な検査法です。(略)
4. 皮膚疾患のサーモグラフィ
末梢循環障害のほか、皮膚の炎症・腫瘍・変性・萎縮などで病理変化に応じて高温化・低温化を示します。
5. 痛みのサーモグラフィ
痛みの原因となる器質的異常所見に乏しい患者さんに多く遭遇します。また疼痛は個人の感受性や表現の仕方によって大きく異なり、客観的にとらえるのはなかなか困難です。そこで、サーモグラフィによる痛みの客観的診断が試みられています。
他にも多くの分野で利用されているサーモグラフィですが、決して病名の診断を行う検査法ではありません。
現時点では、皮膚温に変化を来す疾患の病態をより的確に把握する補助診断法と位置付けられます。

冷却や温熱・運動・血管拡張剤剤などの負荷試験を加えることにより病態の検出がより明確にできるよ
うになり、また、画像処理の方法にも左右差だけではなく温度勾配や負荷前後のサブトラクションなどの解析が進んできました。また、最近では、人工関節の力学的適合性の評価など応力画像評価法としての利用も試みられており、サーモグラフィの有用性は高まっています。
(略)。
記事検索
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文

↑このページのトップヘ