しばらくは、ツイッターでお会いしましょう(^^)

coffee5年間続けてきたブログでの「感じたこと日記」ですが、しばらく、ツイッターにて感じたことを、瞬間瞬間、徒然なるままに綴りたいと思います。

http://twitter.com/runrun_akita

元々、「感じたこと日記」はツイッター的なブログ(私信)でした。そういう意味で、ツイッターとの出会いは、「感じたこと日記」にピッタリのツールが登場した!と、喜んでいます。

これまでも、今も、これからも、時は刻々と刻まれ、綿々と気持ちは連なっていきます。そんな様子をツイッターで綴っていけたら、つながり続けられると思っています。

また、このブログも再開するかもしれません。そのときまで・・・。
☆引き続き、エ・ム・ズの様子はスタッフ日記(ブログ)でお伝えしております。

http://blog.livedoor.jp/staff_emuzu/

おはようございます!

339108e9.jpgツイッターに思わずつぶやいてしまいましたが、ゴキゲンな朝を迎えています。
マリオット名古屋なう。
わざわざ一時間の打ち合わせのために
奈良からいらっしゃる方をお待ちしています。

 百合の香り、すごい!
ホテルロビーの生花は、そのホテルの顔です♪マリオットは名古屋で一番。

みなさまもゴキゲンな1日を
お過ごしくださいませ。
香りが届けられないのが残念です♪


twitter はじめました ♪
フォローおねがいします ♪

http://twitter.com/runrun_akita

わぁ!いい天気ですね

c45c649d.jpg庭の椿も咲き始め、桜もちらほらです。 春爛漫もすぐそこまで。 ウキウキしますね(^.^)b


twitter はじめました ♪
フォローおねがいします ♪

http://twitter.com/runrun_akita

ごほうび

5d9626cd.jpg今日の私にごほうび。
たくさんのハッピーに乾杯(^^)/▽☆▽\(^^)

いやぁ、いい日だった。
まだ終わらない今日を「いい日だった」と決める。

まだ終わらない人生を「いい人生だった」と決める。

すると不思議!なことが起こるもんだ。

事業家とその事業について

7f9eaaf9.jpgエティックの山内さんがおっしゃっていた言葉が、ここのところ頭をよぎる。

「やっている事業が社会に必要な事業だとしたら、属人的であってはならない」

わたしたちの仕事は、どうしても属人的になりがち。そうではなく、いかに愛を残したままシステムにするか?

咲き誇る百合を眺めながら、自分に深く問いかける。

引き寄せられる不思議

57642c1a.jpg京都に来ています。三十三間堂の駐車場が満車で、敷地内の特設駐車場に案内されました。

入口までの道すがら、引き寄せられるように入ったのが養源院。

来年の大河ドラマの主人公江姫ゆかりの寺。先だって脚本を書かれた田渕久美子さんにイベントでお会いし、本を読んでいるところだった。

江姫の位牌に手を合わせながら、「女の人生はドラスティック」という田渕さんのコトバと、田渕さんの香水の香り、そして田渕さんの鋭く色っぽい目を思い出しました。

ベベモンロー

a198b6af.jpg原田隆史先生のご紹介で、ベベモンローというブランドのニットの展示会に行ってみました。

ベベモンローを立ち上げたステキな女性は、原田先生の従姉妹さん。合言葉は「一寸先は光やで〜(笑)」

明るさは、バリューですね。とくにこういう時代、明るいっていう付加価値が商品の本質的な価値になるんだと思います。

ベベモンロー、ステキです♪

ランラン・ランチ♪

4633b3f5.jpgランチ3000食をつくり、みんなとランラン・ランチする!運動中です♪

炭水化物、たんぱく質、ビタミン、ミネラル…わたしたちの脳に必要な栄養素を楽しく味わいながらのミーティングは、三倍も五倍も十倍も深い繋がりを場にもたらします。

一つのミーティングで半年くらいの仕事が進む?たとえてみるとそんな感じです。

なんて、わかりにくいかな?最近、ツイッターを始めたら文章がまとまらなくなってきちゃいました(^^)v

ラッピング講座

7e1e1f98.jpg今日、はじめてラッピング講座を受講しました。

楽しい(^^)v

包装紙とリボンの組み合わせ次第で、いかようにも変化する箱の容姿。

紙の角と角を合わせ、化粧折りを施す。なんて日本的なのでしょう。昨年から始めた和装に通じるものもあり、はまりそうです♪

日比先生、ありがとうございました!

いよいよ発売開始です♪

2f07dee7.jpg届きました。見本!いよいよ来週から書店に並びはじめます!

九冊目となると確かに慣れてはくるものの、書店で見かけるとその場を立ち去りたくなるものです。

今回の本は広く一般のビジネスパーソンに読んでいただけるように、事例を中心に書きました。

1 楽しい
2 分かりやすい
3 使える

女心がご理解いただける本に仕上がったと思います。
お役にたてますように!
livedoor プロフィール
最新コメント
  • ライブドアブログ