あきちんのファインダー競馬

2018年10月13日

お金は大事だよ

自分の場合、東京や中山を捨てて関西に行くのはそれなりのリスクが伴う。
まず単純な交通費、自分の代わりに頼んだ分のギャラの支払い、本来は仕事になるはずだった収入がゼロに、などなど。
自分の好きな時に好きな場所で好きな馬を好きなように撮るというのは理想だけれど、ぶっちゃけお金は大事です。

そんなわけで明日は◎アーモンドアイの三冠達成を撮りに行きます。


akitin1 at 23:47|この記事のURL

2018年10月12日

連戦連勝対究極兵器

予想を書いた途端に毎日王冠は完敗でした(苦笑)。
実はその翌日の南部杯は三連単4点で38.2倍、続く水曜の東京盃もキタサンミカヅキ1着付け三連単20点で311.2倍を当ててるんですよ。
ちなみにその前の週の日本テレビ盃もガチガチの三連単9.3倍を当てていたので、実は交流重賞三連勝中だったりしました。
その連勝を止めてくれたのが昨夜のレディスプレリュードで3着にぶっこんだブービー人気アルティマウェポン。
久しぶりに100回予想しても買えないと完敗を認めざるを得ない結果です。
さすがFFシリーズで猛威を振るった究極の武器、そしてモンスター。


今回は写真なし(楽しみにしてくれている方にはスミマセン)の駆け足で明日の大注目レース東京9Rプラタナス賞を。
少数精鋭のいいメンバーです。
その中から推すのが◎ダイシンインディーで、ダート除外からの芝参戦となった新馬戦7着は致し方なし、前走こそが彼の真の姿でいきなり古500万弱の数字をマーク。
好メンバー相手のここでも臆することはない。

勝ちっぷりが同じように派手だったガルヴィハーラは脚力こそ証明したがペースが遅く数字の裏付けはまだない。
逆にここで速いペースでも答えが出せればかなり楽しみな逸材になる。
この2頭はどちらもゴールドアリュール産駒ですね。

他で数字を持っているのはペイシャリルキス、ラインカリーナ、ホールドユアハンドの内枠3頭。
しかし、いずれも距離が課題にはなると思います(枠も外が欲しかったかな)。
とにかく暮れの全日本2歳優駿に向けて必見のレースです。


akitin1 at 23:13|この記事のURL

2018年10月06日

高速府中千八

風邪はすっかりよくなりましたが、その影響で色々と仕事も押してしまい、昨日はブログの更新を諦めました。
とはいえどうせサウジアラビアロイヤルカップで単勝1.3倍のグランアレグリアが本命です!なんて誰でもわかることしか書かないからいいや、と思ったのも確か(笑)。

でもやっぱり書いておけばよかったかなぁ。

もちろんグランアレグリア1着固定の三連単でしたけど、2着付けはブービー人気ドゴールと4番人気アマーティの2頭だったんすよ。
結果、三連単フォーメーション8点で120.6倍的中でした。


という訳で今日はちゃんと書いておきますよ(笑)。
レース前に「重馬場の今日はやめて良馬場の毎日王冠でしこたま買えばエエ」と話していたエプソムカップからあっという間にこの日が来ました。
毎日王冠は◎ダイワキャグニー。
極端な話、高速の府中千八以外どこで買うの?というくらいの馬です。


akitin1 at 22:11|この記事のURL

2018年10月04日

金沢の夜は寒かった

白山大賞典

グリム 白山大賞典

グリム 白山大賞典

グリム 白山大賞典

金沢に行きミツバを買って(1番人気ビリ)風邪を引いて帰ってきました。

年に一度の楽しみである行きつけのラーメン屋がまさかの閉店で出鼻を挫かれ嫌な予感はしていたんですよ。
火曜昼間こそ普通に仕事をこなしたものの、帰りの新幹線から体調が悪くなり、昨日は船橋で朦朧としていました。
いや、正確には武蔵野線を避けて、多少帰宅が遅くなるものの座って帰れる都心を突っ切る路線に切り替えたところ人身事故に巻き込まれて散々な目にあった帰りの電車がクライマックス。
某駅の便所近くで体調の悪さと絶望感で蹲っていたのは自分です(笑)。


ミツバ 白山大賞典

それにしても白山大賞典のミツバは不可解だった。
いくら走る気をなくしたからってこのメンツ相手に大差シンガリでのゴールは何かアクシデントがあったとしか考えられない。
鼻出血や心房細動ではないんですかね?
ジョッキーも「手応えがなくなった」との見たまんまの談話だけでしたし・・・。

ブービー負けのドンフォルティスは以前から短距離の差し馬だと考えているので、これで短距離に専念してくれればありがたいです。
来年の黒船賞で会おう(笑)。


ケイティブレイブ 日本テレビ盃

そして昨日は船橋で日本テレビ盃。
とにかく堅い重賞で、今年も中央勢4頭の争いになり(ヒガシウィルウィンはやはり一枚落ちる)、結果も7着までが人気通りという堅実さで今年も銀行レースを継続です。
そんなわけで自分も9.3倍の三連単を当ててやりましたよ!
たまにはイイっすよね!←熱でボーっとして考えるのが面倒だった?


akitin1 at 23:57|この記事のURL

2018年10月01日

BOY(無事に終わってよかった)

スプリンターズS

深夜の暴風雨や通勤時間の混乱を考えれば、あの雨だけで済んで本当によかったと思える。
幸い自宅の最寄り駅にも大きな遅れもなく19時40分には着くことができたし(20時から運休だった)。

あ、日曜の話ですよ。

ファインニードル スプリンターズS

ファインニードル スプリンターズS

川田将雅騎手 DAIGOさん

とはいえ恥ずかしくなるくらいに予想は論外でしたね(笑)。
でも勝ったファインニードルは昨年の1着固定本命馬だったんですよ。
更に言えば11番人気2着のラブカンプーは6番人気2着の葵Sで2着付けに買っていた。
もっと言えば13番人気3着ラインスピリットは16番人気だった高松宮記念で軸流しをしていたし(出遅れ15着)、続く京王杯SCもまた軸流しで14番人気5着だった。


つまり・・・時代がやっとオレに追いついたと。


さて、明日も阪神開催がありますが金沢競馬では大一番の白山大賞典もあります。
恐らく中央に売り上げを持っていかれてしまうので、ぜひ金沢の方もよろしくお願いします。


akitin1 at 23:20|この記事のURL

2018年09月29日

帰りたい、帰れない

チャロネグロ 500万下

ジョアン・モレイラ

今日の中山はさっそくモレイラマジックが炸裂しまくりで、向こう正面で動いても、早め先頭で粘らせても、何をやっても変幻自在のスーパージョッキーぶりを中山でも猛アピール。
中でも必殺技だと感じているのが札幌で何度も魅せられた4角まくりからのぶっちぎり(今日はチャロネグロの500万下)。
あれ、なんなんすかね(笑)。


それはそうと明日の阪神は中止になりましたが、関東圏は逆に昼間はまだ台風の影響が少ないことが厄介になっているような気がします。
中山開催は無事に行われるでしょうが、台風の影響がピークになるのは開催後からで、恐らく武蔵野線は瀕死でしょう。
つまり競馬場へ来ることはできても帰ることができない片道切符の可能性があると。

ちなみに同じ武蔵野線、京葉線沿いでいえば幕張メッセでX JAPANとTWICEのライヴが、越谷レイクタウンではきゃりーぱみゅぱみゅのリリイベがあったりしますし、横浜アリーナでは女子バレーボール世界選手権の日本対オランダが行われたり・・・盛りだくさんすよ(苦笑)。


そんなわけで雨のスプリンターズSは前述モレイラ騎手のナックビーナスはもちろん、中山得意のキャンベルジュニア、昨年が強い3着で今年は更にスピードアップを感じる(朱鷺Sの内容から)ワンスインナムーン、渋馬場歓迎香港ラッキーバブルズあたりを考えています。

それから今週末のレープロの表紙には昨年撮影したレッドファルクスを使ってもらっているので、現地に来られた方はぜひ記念に貰ってください。
ただし中山競馬場へ来られる方はそれなりの覚悟を持って(笑)一緒にスプリンターズSデイを楽しみましょう。


akitin1 at 23:31|この記事のURL

2018年09月28日

なんとか無事の開催を

先週の金曜は毎年恒例の東京ゲームショウに行ってきました。
ここ最近は日本でも一気にeスポーツが広まり、来年の国体にも登場するってんだからスゴイですよね。
それにこれは自分の印象ですが、eスポーツ選手ってグラドルとの絡みがあったり、なんだか結構モテそうじゃないですか?

自分がゲーセンに入り浸っていた頃も格ゲーが上手いヤツはモテるにはモテましたけど・・・ヤローどもにモテた?だけですよ。
スト2から始まり、餓狼伝説でのド派手な超必殺技、鉄拳での流れるような10連コンボ、そして鉄拳2キングのワンダフルメキシカンコンボ・・・大勢のギャラリーから声があがるのは快感でした。
しかしゲーメスト(アーケード専門誌)を暗記するまで読み、授業中もコンボのイメトレ、そして小遣いをつぎ込んで得られたのはヤロー共の野太い歓声・・・生まれたのが早すぎたのか。

まぁともかくゲームショウで撮影してきたコンパニオンのお姉さんたちは時間のある時にでもインスタに上げるので興味のある方はそちらをご覧ください(笑)。
そしていずれはeスポーツの選手としてゲームショウに登場できるよう頑張ります(割とマジ)。


シュテルングランツ 東京記念

シュテルングランツ 東京記念

シュテルングランツ 東京記念

さて、そのゲームショウの二日前は大井競馬場で今年からS1に格上げされた伝統の東京記念でしたが、セントライト記念の反省を活かして◎カツゲキキトキトを負かすとすれば文男の単騎逃げシュテルングランツ!とソツなくまとめられて三連単343.9倍を拾えました。
文男さんは重賞を勝つたびに最年長重賞勝ち記録を更新していく毎回がメモリアルですから的中も嬉しさ倍増。
更にこのシュテルングランツは文男さんと一緒に京都のJBCに参戦予定ってんだから盛り上がりますよね。

とはいえまずは目の前の台風開催を乗り越えなければなりません。
中山は恐らく土日とも大丈夫でしょうけど、日曜の帰りは果たして電車がまともに動いているのかどうか。
今週末は幕張メッセでX JAPANのライヴもあるし京葉線&武蔵野線の運休はマジで命取りになります。
なんとか無事に日曜が終わって欲しい。

明日土曜の一押しは阪神1Rレクスミノルと中山9Rディアンドルの2頭で、これは人気でも逆らえません。
薄目ならダートに戻って阪神9Rホールドユアハンド。


akitin1 at 22:56|この記事のURL

2018年09月19日

あくまでも潰す

山本KID徳郁さんは自分と同世代ということもあり応援をしていた方だったので突然の訃報にはショックを受けました。
その山本さんが言い残した言葉の中で特に印象に残っている一言があります。

「あくまでも潰す。心まで潰す。二度と俺とやりたくないと。」

これを目にしたとき、勝負事はただ勝って満足しているようではダメだと痛感しました。
勝つからには圧倒的に、そして徹底的に叩き潰す。
自分は体育の授業でさえ負けると悔しくて泣いていたような子供だったので、この言葉は強烈に胸に刺さりました。

山本KID徳郁さんのご冥福を心からお祈りします。


さて、先週の中山は雨だったり晴れたり夏だったり忙しかったですけど、ラップは通常営業に戻ったようですね。
加速ラップもあるにはあるけどスローによるいかにもな常識の範囲内の数字でしたし。
ただ三日間とも馬場差があるので比較の難しい開催になってしまった印象です。


セントライト記念

セントライト記念はレースレベルの検証をまだしていませんが、パッと見のイメージでは皐月賞と同じ競馬になったかなと考えています。
決して速いペースではないのに縦長の隊列で進み、離れた二番手追走のジェネラーレウーノが抜け出し、後方待機のグレイルが追いこんで3着。
彼らは皐月賞でも似た競馬で3着と6着で、当時の1,2,4,5着馬は今回出走しておらず、そのまま繰り上がったと(こういう考え方はあまり好きではないけれど)。

レイエンダ セントライト記念

となるとやはり2着に追い上げたレイエンダを評価しないわけにはいきません。
確かに馬柱は「汚れてしまった」けれども、心まで潰されるような負け方はしていない。
次はチャレンジカップを予定しているそうなので、しっかりと勝って賞金を加算して欲しいですね。

ジェネラーレウーノ セントライト記念

それから予想の方は失敗しました。
縦長の前残り必至だと考えケイティクレバーは人気がないので厚く買い込み、タニノフランケルはDNAレベルで中山適性がないと消し、ジェネラーレウーノは上位人気でもあり3着欄のみマークしましたが、ジェネラーレウーノの3着のみは我ながら違和感を覚えていたのも事実です。
◎レイエンダを負かす可能性を認めつつも、どうしてもダービー出走なら買いたかったギベオンを忘れられずこちらを1着に選択してしまった運の尽き。
思い起こせばマイルカップの速い流れを使った直後のギベオンを評価していたので、今回とはまったく事情が違ったのに(苦笑)。

一応ローズSは13番人気のディープ産駒ラテュロス流し三連複で5万馬券を当てていたのですが、〆のセントライト記念がこれで凹みました。
しかし、このセントライト記念の反省を胸に臨んだ今夜の東京記念では一発かましてやりましたよ。
詳しくはまた後日改めて。



akitin1 at 23:30|この記事のURL

2018年09月14日

触りまくってきました

何かと騒がしいミラーレスカメラですが、今日キヤノンでEOS Rを触ってきました。

第一印象は「思っていたより小さい」。
ファインダーも見やすいし、想像以上にいいカメラで当初はまったく購入を考えていなかったのに心が揺らいでしまった(笑)。
タッチパネルでファインダーを覗きながらAFエリアを動かせたり、マルチファンクションバーという聞きなれないものがあったり・・・RFレンズにもコントロールリングなるものが実装され、例えばそこにISO感度を割り当てればクルクル回してさっと感度を変えられたり。

思いのほか、いいっす(笑)。

ただAIサーボで秒間5コマ、精度自体もまだ競馬のレースには厳しいかもという話もあって、これが主役になるのは恐らく東京五輪後の次世代機以降になると予想します。
AF精度もミラーレスの方が最終的には有利だと聞きますしね。
とはいえこのEOS Rでもサブ機としてなら現場で十分使えそうな感じですし、RF28-70mm F2はぜひ使ってみたいっすよね。
値段はさておき(笑)。

それから自分がいちばん興味のあった新しいヨンニッパの話も聞いてきました。
とにかく驚異的な軽さに驚愕(同時に価格にも笑)したわけですが、あまりの軽量化にあたって画質面を犠牲にしていないのか?とぶっこんでみたところ「それはありません」と力強い返事を頂けました。


さて、明日土曜は天気もイマイチなのかな?
個人的に楽しみにしたいのは阪神9R野路菊Sに登場のヴェロックス。
ぶっちゃけ、仕事の都合と体力、金銭面に余裕があれば撮影に行きたかったくらい。
馬券的妙味は限りなくゼロでしょうけど(笑)。


akitin1 at 23:15|この記事のURL

2018年09月13日

追い風参考さぁいこう

日曜帰りの武蔵野線が謎の線路発煙によりダイヤが乱れまくって、さっそく中山の洗礼を受けた開幕週。
ディズニーリゾートのように競馬場内にホテルを・・・なんてお洒落なことは言わないので、せめてプレス室でいいので宿泊OKにしてくれたら中山はマジで泊まります(笑)。

リバーシブルレーン 2歳新馬

グレイシア アスター賞

ディキシーナイト 2歳未勝利

その中山は直線は強烈な追い風で土曜は芝6鞍中5鞍が、日曜は6鞍中4鞍で加速ラップ。
急坂を上がってから更に加速して1ハロン11秒1を叩き出すなんていくら追い風のアシストがあるからって単なる計測ミスじゃね?みたいな数字が連発していた(まぁ公式ラップがでたらめなのは有名な話)
ともかくダートも減速ラップにならないし、芝はG1級のラップばかりでこれを真に受けたらえらい目にあいそう。

昨年の開幕日も芝6鞍中5鞍で加速ラップを記録し、その時の勝ち上り5頭のうち次走以降勝ち鞍があったのは2頭。
ただその2頭がディアドラとノームコアなんすよね(笑)。

セントライト記念当日も6鞍中5鞍で加速ラップになり、勝ち馬5頭のうち4頭が次走以降も未勝利だから基本的にはカモだし、その筆頭がセントライト記念を超速ラップで勝ったミッキースワローだったりする。
唯一アンフィトリテだけがその後も二連勝をキメて現在3戦3勝。

ミッキーグローリー 京成杯オータムハンデ

ノームコア 紫苑S

ただし普段から中山コース勝利馬の次走以降勝ち上がり率を調べていないのでなんとも言えませんが、強そうに「見える」加速ラップも慎重に吟味しないと痛い目に合うのは間違いない。
それにしても紫苑S楽勝のノームコアは本番でもこのラップで走れば、たとえアーモンドアイとはいえのんびりしてはいられないでしょうね。


akitin1 at 23:11|この記事のURL