あきちんのファインダー競馬

2018年08月17日

やっと始まった夏、新潟

先週末は今年初めての新潟競馬場へ。
札幌だの小倉だのとフラフラしていたので二週間遅れの個人的開幕週、土曜の朝一で食堂のおばちゃんに今年もよろしくお願いしますと挨拶に行きました。
もちろん「少し遅いんじゃない?」と返されましたが(笑)。

足立梨花ちゃん

プリモシーン 関屋記念

これで夏競馬は全場制覇、そして今年もJRA全場制覇だと思ったら今春は京都へ行かなかったので京都が残っていました。
どのみち秋には三冠牝馬(?!)の撮影に行く予定ですけども。

それにしても先週の新潟はプレスが少なかったですね。
確かに重賞があっても夏競馬を撮影に来るプレスは一昔前より激減しているけども、それにしたってあまりに少ないから「まさかねぇ?」なんて話をしていたんすよ。
そうしたらそのまさかでした。

普段は中央の撮影だけで地方競馬に顔を出さないような方たちが日曜の大井にはドッと押し寄せたらしい(笑)。

しかも結局はそれが大正解ですんなりと記録達成ですからね。
追いかけていた自分には構わずたくさんのお客さんの前(現に16057人と大盛況)で歴史的大記録を達成してくださいとの気持ちはありましたが、まったく追いかけもせずこの日だけちょろっと来て美味しいところを持っていかれたのはだいぶイラっときました(笑)。
でもそれがカメラマンとしてのセンスでもあるので、自分はその辺のセンスがないんす・・・。


センスがないといえば新馬戦の予想も今夏はさっぱり当たりませんねぇ(苦笑)。
ただもうあと一ヵ月もないのでもう少しだけお付き合いください。
土曜小倉5Rは人気でもマイネルカゲツとアズマヘリテージのツートップを上位評価しています。
新潟5Rの方はちょっと波乱もありそうな予想になり印の薄いキュアンを狙ってみます。

未勝利戦では小倉1Rが前走ハイレベルの2着◎ミヤケ、新潟1Rは新潟外回りに変わって瞬発力全開のイメージで◎エイシンロード。
前走で同じ未勝利戦を走っていたこの2頭で朝から流れを一気に引き込みましょう。


akitin1 at 22:22|この記事のURL

2018年08月10日

あー夏休みはどこ

トリオンフ 小倉記念

ユタカさん 竹内涼真くん

15時35分発走の小倉記念口取りを撮影せずに競馬場を出れば小倉発16時11分の新幹線に乗って新鳥栖に16時42分着だから17時25分発走の里帰りジョッキーズ二戦目には間に合う―、ということを真剣に考えた先週の日曜日。

あ、追いかけている的場文男騎手の新記録達成の話です。

でも小倉記念のレース後を撮影せず、なおかつ里帰りジョッキーズを必ず二戦とも勝つという確勝が持てない以上はリスクの方が高いので諦めました。
というか、ネタ的には面白いけど実際はけっこー笑えないのでやめました(笑)。
結局は二戦とも負けてしまったので結果オーライでしたが(あの状況なのでスムーズな移動ができたかも疑問)。


タマモサーティーン サードニクス特別

とはいえ月曜、火曜はまた文男さんを追いかけて浦和競馬場へ行きましたよ。
残念ながらあと一歩で新記録達成はお預け、最速で日曜の大井へ持ち越しになりました。
もちろん日曜は新潟なので撮影はできませんし、ここまで追いかけてきたのに無念ではありますが、お盆開催の日曜なら現地はかなりお客さんが入るはずなので自分たちには構わず決めちゃって欲しいですね。
7鞍騎乗でぱっと見だと戦力的にはちょい足りない印象ではありますが、そこは45年育ててもらった大井バイアスがあるはずで文男ダンス炸裂を期待せざるを得ません。
大井競馬場へ行かれる方は歴史的な瞬間をしっかりと焼き付けてきてください。


ヴェロックス 2歳新馬

さて、自分といえばこの夏のハイライトと言ってもいいかな?
ひとまず⇒福島⇒大井⇒函館⇒盛岡⇒浦和⇒中京⇒船橋⇒札幌⇒大井⇒小倉⇒浦和⇒が終わりました。
もちろんこれからも新潟と南関東は続くし、これより動いている人も知っていますが、まぁ自分なりにボチボチ頑張ったかなと思っています。
天候にも恵まれ、楽しみな2歳馬たちとの出会いも多かった。
さよならイエスタデイ!(笑)


では明日の新馬戦に行きますか。
小倉はダートの1000m、ここは信頼のヘニーヒューズ産駒で稽古もばっちりな◎ストレルカを推します。

逆に新潟の方は中の上レベルの馬たちが揃って混戦というイメージで正直狙いが定まっていません。
一応本命候補はローガンテソーロ、ラストクリーガー、トゥルボー、ラティーンセイルの4頭に絞りました。
その中でラストクリーガーとラティーンセイルの2頭は日曜のダート戦を除外されてのスライドなんですよね。
そこがまた悩ましい・・・。

フェニックス賞は◎シングルアップで不動、コスモス賞は新馬戦の味な加速ラップが印象に残った◎アガラスがどんな走りを見せるかに注目です。


akitin1 at 21:08|この記事のURL

2018年08月03日

開幕週でさようなら

札幌競馬場へは年に一度しか行かないけれど、それでも先週の二日間は自分がこれまで行った中でも最高の二日間だったと言い切れる。
30℃ほどあったので地元の方には暑かったようですが、湿気も少なく自分的には気持ちのいい暑さで、少し大袈裟に言えばまるでハワイにでもいるよう。
特に土曜は文字通り雲一つない青空が広がってうっとりしました。

内馬場

それから内馬場もだいぶ様変わりしましたね。
これまでの札幌競馬場内馬場といえばテントがぎっしりと並び「キャンプ場か?!」と勘違いする光景でしたが、リニューアル後はテントの持ち込みが不可になり他の競馬場と似たような感じに。
それでも単純に綺麗だし内馬場の指定席は新しい試みでよさげ、更に二階から見下ろして観戦できるエリアがかなりお勧めです。


コントラチェック 2歳未勝利

レーヴドカナロア 2歳新馬

クラージュゲリエ 2歳新馬

例年は札幌記念の週に行っていましたが、最近はとにかくプレスが増えすぎて気疲れするので今年はお休みして開幕週に変更しました。
もちろん最近のトレンドである開幕週の新馬を目当てにというのも理由の一つで、実際に将来性のある期待馬が勝ってくれましたね。
コントラチェック(未勝利戦)にレーヴドカナロア、そして中でも日曜のクラージュゲリエはクラシック候補と書いておきます。

とまぁ最高の二日間ではありましたが、唯一帰りの飛行機がハマってしまいました。
いや、ちょっと油断して飛行機のチケットを買うのがだいぶ遅くなってしまい、やっと買えたのが千歳発21時の便だったんですよ。しかも奇跡のラスト一席(笑)。
これが少しでも遅れると終電アウトなんですが、空港につくなり目に飛び込んできたのは50分ディレイの文字。

荷物を預けながらお姉さんに「飛ぶ前から終電間に合わないんですが、あとは自分でなんとかしろってことですよね?」と伺ったら「そうなりますね」と淡々と返されたので「ですよねー!ちょっと白い恋人買ってきますね!」と元気に答えておきました(笑)。

それなりに疲れているし羽田で始発を待つのは嫌だなーと絶望していると搭乗口変更と共に30分遅れになったとのアナウンスがありギリギリで終電に間に合うかもと希望の光が。
ところがそれをあざ笑うかのように羽田についたのはきっちり一時間遅れ、着陸した時点で終電はなく、荷物を待っている間に最終のバスが出ていきました。
しかしながら途中までなら帰れる最終のバスに駆け込みで間に合い、そこからタクシーで25時30分にひとまず帰宅できました!


そして今週は大井の文男さんにだいぶ振り回されていますが、一体どんなエンディングを迎えるのか・・・色んな意味で楽しみです(笑)。


明日土曜は新潟でソルドラードがデビューですね。
言わずと知れたダービー馬、そして幻のダービー馬の弟で、父がカナロアに変わって随分と寸詰まりの短距離馬だなぁとカタログを眺めていましたが、一体どんな身体でパドックに現れ、どんな末脚を使うのかやっと見ることができます。
ただし馬券的にはグリグリのド本命馬なのでお勧めはコマノゼニトかな。
逆にド本命でも1着付けで買いたいのは新潟1Rのミディオーサですね。


akitin1 at 22:47|この記事のURL

2018年07月27日

ミラーレス、お金足りないです

すっかり週一ブログに成り下がっていますが継続は力なりとも言いますし、のんびりと続けていくことが大事かなぁとか思ったりしとります(笑)。

さて、更新が滞っている間にニコンがフルサイズミラーレスを発表しましたね。
詳しいスペック面が不明ですがソニーのα9に対抗してくるでしょうから、それなりのものにはなるでしょう。
最近の競馬カメラマン界ではキヤノンからニコンへ乗り換える人がちらほらいて、更にはソニーの方も若干ですがいます。
この発表で今後どんな流れになっていくのか、自分はオリンパス片手に見守りますよ。

アドマイヤジャスタ 2歳未勝利

あ、ミラーレスはオリンパス使いなんです(上の写真はオリンパスで撮影したアドマイヤジャスタ)。
規格がマイクロフォーサーズなのでとにかく小さくて軽く、機動力という武器の威力は計り知れないものがあります。
ソニーにしてもニコンにしても、いくらミラーレスとはいえフルサイズだとレンズは結構なデカさになるんですよね(厳密にはニコンはまだ不明ですが)。
そうなってくると自分的にはあまりフルサイズミラーレスに魅力を感じられなくて(現段階では)。

あとはキヤノンがどう攻めてくるのか。
とはいえ富士フイルムも200ミリF2にF1.0のレンズまで出してくるようですし、オリンパスも新しい超ハイエンドカメラを予定なんて噂もあるので、各社のミラーレス攻防にはワクワクしています。

しかしながらいちばんの問題は・・・金銭面というのが切ない(苦笑)。


そんなわけで福島⇒函館⇒中京と彷徨い続けるこの夏もまだ中盤戦、例年以上に交通費で大赤字疑惑がありのたうち回っております。
なんとか使ってもらえる撮影をしなければ・・・。


ひとまず明日土曜の新馬戦は新潟5Rが◎ミトロジーで相手もタイセイセイヴァーとグレイシアだから堅そう。
逆に小倉の方は◎ビップナディアで攻めてみます。

それからかなり期待しているのが札幌でベールを脱ぐアルママです。
今年の岡田総帥英ダービー登録馬の真打ちここに登場!
総帥のラッパが更に勢いを増す圧勝期待!!

akitin1 at 23:34|この記事のURL

2018年07月20日

夏本番すぎる

先週末は福島の予定を函館に変更して岡山の奇跡函館記念を撮影してきました。
金曜夕方の便で現地入りしましたが函館空港が濃霧のため視界不良で着陸できない可能性があり、実際に着陸できず上空で30分ほど待機してなんとか降り立つことができました。
まさに奇跡っすよ。
その後はいつものように月曜盛岡、水曜は浦和で撮影をして早くもまた週末って感じです。


アフランシール 2歳新馬

アフランシール 2歳新馬

で、楽しみにしていたのが日曜芝千八の新馬戦で、ディキシーナイトでまずイケると予想していたんですよ。
そしたら一気にぐーんと交わされてしまい「アレ?」と拍子抜けしたんです。
ところが後日レースを検証して納得、めっちゃハイレベルじゃないですか(笑)。
上り3ハロン瞬発戦の古500万超レベル、これを唯一の上り34秒台で突き抜けたアフランシール・・・これも札幌2歳Sみたいですね。
もうホントに土曜札幌2歳S、日曜新潟やりましょうかね?
以前一度だけやったことあるけど、結構しんどかったからなぁ・・・。

デンバーテソーロ 2歳未勝利

それからダートの未勝利をぶっちぎったデンバーテソーロも古500万級の数字をマークで普通にエーデルワイス賞本命候補でしょう。


ホウショウレイル 2歳新馬

ホウショウレイル 2歳新馬

そしてTwitterなんかではかなり話題になっていますが水曜浦和の新馬戦でとんでもない馬が現れました。
単勝1.4倍ホウショウレイルが800m戦なのに2着を3秒も千切って、馬なりでマークした走破時計47秒1は19年前のレコードにわずか0秒4差という超破格のもの。
他陣営の調教師やオーナーからも「とんでもない馬が出てきた」と人もまばらな1Rなのにザワザワと異様な雰囲気になりました。
実績ある小久保厩舎所属で普段は浦和では騎乗しない御神本騎手がこの一鞍だけのために乗りに来て、祖母は芝ダート関係なく追い込みまくったゲイリーイグリットで父がヴィクトワールピサ。
どんな馬になっていくのか見守りたい。


さて、明日の対象新馬戦は西と東で4鞍もあるので忙しいです。
まず中京は5Rが内の人気馬たちも上位評価ですが本命は◎マイサンシャインでいってみます。
逆に6Rは一番人気濃厚でも◎エイシンオーディンが安心かなと。

福島5Rはゲインスプレマシーと◎キタサンバルカンの二強、6Rは混戦ムードも◎ジュラブスカイトが一歩リード。


akitin1 at 23:30|この記事のURL

2018年07月13日

最強魂

本日発売された競馬最強の法則8&9月合併号は現体制で最後の最強になります。

予想でも写真でもいい、とにかく競馬でメシを食ってやると足掻いていた時に拾ってくれたのが競馬最強の法則だった。
編集部で雑用のバイト(笑)から対談の撮影や馬券術に合わせたイメージカットなど・・・たくさんの経験を積ませてくれました。
今の自分があるのは間違いなく競馬最強の法則のお陰です。

自分もいつまで続けられるかわかりませんが、最強生まれの最強育ちとして胸を張ってこれからも足掻き続けます。
本当に本当にお世話になりました。
そしてありがとうございました。

生まれ変わる10月号も楽しみにしています!


さて、今週末は三連休でW杯決勝もありますが、中央競馬は函館のみ重賞とちょっと一息付けそうな番組ですね。
自分の狙いは2歳戦なのであまり関係ないですけど(笑)。

そういえば先週中京の未勝利戦を楽勝したセプタリアンは速いですねぇ。
馬場差はあるけど古500万を楽に超えるくらいの数字じゃないですか?
次は小倉2歳Sを予定しているようですが、これでは余裕の本命候補と言わざるを得ません。

その中京では明日は芝1400mの新馬戦が一鞍。
予想をしていると人気どころのルチアーナミノル、ローゼンクリーガー、ラミエルあたりが上位評価で堅いレースかなと思っていたところ、最上評価が印の薄い◎ララフォーナになりました。
これはちょっと一発を期待してみたいです。

福島5Rの方は◎ミリオンゲーム、穴はゲートが速いマイネルシウン。
続く6Rは◎ナンヨーオボロヅキでいきます。


akitin1 at 23:20|この記事のURL

2018年07月06日

素朴な疑問

朝から衝撃的なニュースばかりが聞こえてきましたが、中でも角居調教師の逮捕には単純に驚きました。
昨日もスパーキングレディーカップの川崎競馬場で見かけてばかりでしたし・・・。


ミッキーブラック 2歳新馬

ミッキーブラック 2歳新馬

気を取り直して、2歳戦も数が増えて忙しくなってきましたが、先週末の福島で行われた中で印象に残ったのは日曜千八のミッキーブラックですね。
そもそも1番人気ではないということが意外でしたが、数字は平凡ながら4角外を回しての直線一気はインパクト十分で、ラスト4ハロン戦をロングスパートで一蹴した脚力はホープフルS候補と言っておきます。


ダディーズマインド 2歳未勝利

ホールドユアハンド 2歳新馬

千八の未勝利を勝ったダディーズマインドもいい素材でした。
3歳未勝利弱レベルの数字ですし、2着馬を差し返した味のある内容も◎。これもまた札幌2歳Sへ向かうようですね(笑)。
あとはダートの新馬戦を楽勝したホールドユアハンドも3歳未勝利級の数字で速力があります。

中京、函館からは日曜函館の重馬場を勝ち上がったパイロテクニクスが3歳未勝利弱レベルの数字で走破しており重馬場は鬼、血統からはダートもOKに思えます。


さて、明日は馬場悪化が心配される中京ですが、新馬戦の予想では馬場適性をほとんど無視しているので普段通りいきます(笑)。
まず5Rはスタートが速そうな◎パープルヌーンの粘りこみを狙い、穴はダンツスピリットとヒルノベルゲンの2頭。
続く6Rは英ダービー登録馬マイネルエイブが登場ですが本命には黙ってヘニーヒューズ産駒◎クレッセントムーンをマークし、シゲルヒスイが一緒にきてくれたら最高な感じで。
それから1Rの未勝利は普通に◎セプタリアン。

予報がよくなってきた福島の新馬は◎イチゴミルフィーユ。
何といっても可愛いし美味しそう、名前が。

そして重賞もない明日土曜福島が盛り上がっているワケはこれですよね、開成山特別オジュウチョウサン57キロ。
馬券的な話をすれば他の馬から買いたいですが、障害でこれだけぶち抜けて強い馬が平地を走ったらどうなるのか?という素朴な疑問にそれなりの答えが出るというのは大変興味深いしです(障害G1と平地しか走らず、一度だけ平地で3着にぶっこんできたメルシーエイタイムの例はありますが)。
あとはこの500万特別のためにどれだけお客さんを呼べるのか、というのも楽しみだったりします。
プレスが多くなりそうなのはうんざりしますけど(笑)。



akitin1 at 20:48|この記事のURL

2018年07月04日

ロシアより熱い

福島競馬場

土曜も更新するつもりでしたが寝不足で迎えた35度オーバーの夏競馬は身体が堪えたようで、開催後は宿へ戻るといつの間にか気絶していました。
どのくらいヤバかったというと、立ち寄ったコンビニで1540円のお会計に自分が支払ったのは10504円で、レジのオジサマも気にせずに打ち込んでしまい、意味不明のおつり8964円を見て二人は顔を見合わせながら「あれ?」というくらい。
疲れてますね、はい。

ところがそんな時に限って予想もいいところを突くんですよ(笑)。
ミッキーブラックの勝った福島の新馬こそ三連複26.9倍の手堅い的中でしたが、キンシャサノキセキ産駒ワンツースリーだった中京6Rはブルスクーロ1着固定三連単で216.2倍でした。

メイショウテッコン ラジオNIKKEI賞

メイショウテッコン ラジオNIKKEI賞

メイショウテッコン ラジオNIKKEI賞

メイショウテッコン ラジオNIKKEI賞


ラジオNIKKEI賞も三連単はフィエールマン⇒キボウノダイチ⇒メイショウテッコンの順番違いでしたが、キボウノダイチ流し三連複も持っていて54.1倍と上手くリスクヘッジが成功。

ひとまず毎年恒例の佐藤錦も無事に買って帰れました。
今週末も更新できるように頑張るので、もし更新がなくても温かい目で見守ってくれたらと思います。



akitin1 at 23:12|この記事のURL

2018年06月29日

世界でいちばんヤバイ夏 ‐2018Ver.‐

別にワールドカップに夢中になりすぎて忙しいってワケじゃないはずなのに(日本戦は観てもいなかった)、ちょっとバタバタとしてしまい週中に大井分も書ききれず結局は週末のだけの更新になってしまいました。
それにしてもポーランド戦のためにロシア入りした知人はあの試合を現場でどう見届けたのか・・・帰国したらたっぷり土産話を聞かせてもらいます。


ウインゼノビア 2歳未勝利

先週の府中2歳戦は3鞍で、どれもSペースの3ハロン瞬発力勝負だから数字的なインパクトはイマイチですが、土曜の未勝利戦は悪くなさそうですね。
ウインゼノビアは3馬身差楽勝の順当勝ちで、次はコスモス賞を予定とあるからこれも札幌2歳Sが目標でしょうか。
いやぁ今年は人気ありますね、札幌2歳S。


アンブロークン 2歳新馬

エメラルファイト 2歳新馬

アンブロークンの勝った日曜新馬戦は上位3頭がそのまま能力上位、土曜の新馬は前残りを唯一上り33秒台で2着に追い上げたミディオーサに注目。
そのミディオーサは続戦で22日の中京か29日の新潟へ向かうらしいですが、22日の中京はアドマイヤジャスタも予定しているらしい。

阪神と函館からは評判馬が揃っていた阪神日曜の新馬戦をぶっちぎったブレイキングドーンが印象的。
数字も古500万弱の可能性があり、3着を離して2着に差し込んだセプタリアンは次走鉄板っぽい。
あと数字は目立たないが、3ハロン加速ラップになった函館のアスターペガサスも念のためチェックしておきます。


さて、明日からは中京開催となり新馬戦はこれまで以上に要チェックですよね。
開幕の土曜5Rは8頭立てでノーザンF産が2頭・・・しかもその2頭で堅いという予想になってしまった(苦笑)。
どうやって買おうか悩みますが、ともかくアドマイヤマーズとケイデンスコールの二強。

逆にこちらはさっそく福島らしく5Rの芝千二には社台F、ノーザンF産馬がゼロの乱打戦。
上位評価はニシノゴウウン、ラブインブルーム、それからガーデンコンサートで、穴はマイネルアプラウスとゴールデンチョイス。

続く6Rは混戦でラブミフォーエバーとシットリでうっとりしたい。
1Rの未勝利戦は前走内容からクイーンズテイスト、フィッシュダイブ、ダディーズマインドで素直に決まって欲しい。


それでは我々フリーランス(全員がとは言いません)にとっては交通費のために働く地獄の夏競馬を今年も満喫してきます!


akitin1 at 23:15|この記事のURL

2018年06月23日

半端ない、おやすみなさい

眠気半端ないってもーな感じなので手短にいきます。

今年も評判馬が揃い注目される宝塚記念当日の阪神5R新馬戦は◎ホウオウライジン。
穴はブレイキングドーン、モサ、メイショウソウライの3頭。

東京5Rも出走14頭中ノーザンF産5頭、社台F産1頭と阪神に負けていない好メンバー。
本命は前売り2番人気◎クィーンユニバンスで、穴は前売りケツ人気クラウンオペラ。
あとは7番人気マイネルオニキスも。

宝塚記念は香港からわざわざやってきた◎ワーザー、一発を期待したいのが人気薄のディープインパクト牝馬スマートレイアー。
彼女は前走も軸流しで買いましたが、あのメンツを相手にシンガリ大外ぶん回しで一瞬3着はあるかも?と思えたほど追い上げてきたのだから半端ない熟女でしょう。


akitin1 at 23:10|この記事のURL