あきちんのファインダー競馬

2018年09月19日

あくまでも潰す

山本KID徳郁さんは自分と同世代ということもあり応援をしていた方だったので突然の訃報にはショックを受けました。
その山本さんが言い残した言葉の中で特に印象に残っている一言があります。

「あくまでも潰す。心まで潰す。二度と俺とやりたくないと。」

これを目にしたとき、勝負事はただ勝って満足しているようではダメだと痛感しました。
勝つからには圧倒的に、そして徹底的に叩き潰す。
自分は体育の授業でさえ負けると悔しくて泣いていたような子供だったので、この言葉は強烈に胸に刺さりました。

山本KID徳郁さんのご冥福を心からお祈りします。


さて、先週の中山は雨だったり晴れたり夏だったり忙しかったですけど、ラップは通常営業に戻ったようですね。
加速ラップもあるにはあるけどスローによるいかにもな常識の範囲内の数字でしたし。
ただ三日間とも馬場差があるので比較の難しい開催になってしまった印象です。


セントライト記念

セントライト記念はレースレベルの検証をまだしていませんが、パッと見のイメージでは皐月賞と同じ競馬になったかなと考えています。
決して速いペースではないのに縦長の隊列で進み、離れた二番手追走のジェネラーレウーノが抜け出し、後方待機のグレイルが追いこんで3着。
彼らは皐月賞でも似た競馬で3着と6着で、当時の1,2,4,5着馬は今回出走しておらず、そのまま繰り上がったと(こういう考え方はあまり好きではないけれど)。

レイエンダ セントライト記念

となるとやはり2着に追い上げたレイエンダを評価しないわけにはいきません。
確かに馬柱は「汚れてしまった」けれども、心まで潰されるような負け方はしていない。
次はチャレンジカップを予定しているそうなので、しっかりと勝って賞金を加算して欲しいですね。

ジェネラーレウーノ セントライト記念

それから予想の方は失敗しました。
縦長の前残り必至だと考えケイティクレバーは人気がないので厚く買い込み、タニノフランケルはDNAレベルで中山適性がないと消し、ジェネラーレウーノは上位人気でもあり3着欄のみマークしましたが、ジェネラーレウーノの3着のみは我ながら違和感を覚えていたのも事実です。
◎レイエンダを負かす可能性を認めつつも、どうしてもダービー出走なら買いたかったギベオンを忘れられずこちらを1着に選択してしまった運の尽き。
思い起こせばマイルカップの速い流れを使った直後のギベオンを評価していたので、今回とはまったく事情が違ったのに(苦笑)。

一応ローズSは13番人気のディープ産駒ラテュロス流し三連複で5万馬券を当てていたのですが、〆のセントライト記念がこれで凹みました。
しかし、このセントライト記念の反省を胸に臨んだ今夜の東京記念では一発かましてやりましたよ。
詳しくはまた後日改めて。



akitin1 at 23:30|この記事のURL

2018年09月14日

触りまくってきました

何かと騒がしいミラーレスカメラですが、今日キヤノンでEOS Rを触ってきました。

第一印象は「思っていたより小さい」。
ファインダーも見やすいし、想像以上にいいカメラで当初はまったく購入を考えていなかったのに心が揺らいでしまった(笑)。
タッチパネルでファインダーを覗きながらAFエリアを動かせたり、マルチファンクションバーという聞きなれないものがあったり・・・RFレンズにもコントロールリングなるものが実装され、例えばそこにISO感度を割り当てればクルクル回してさっと感度を変えられたり。

思いのほか、いいっす(笑)。

ただAIサーボで秒間5コマ、精度自体もまだ競馬のレースには厳しいかもという話もあって、これが主役になるのは恐らく東京五輪後の次世代機以降になると予想します。
AF精度もミラーレスの方が最終的には有利だと聞きますしね。
とはいえこのEOS Rでもサブ機としてなら現場で十分使えそうな感じですし、RF28-70mm F2はぜひ使ってみたいっすよね。
値段はさておき(笑)。

それから自分がいちばん興味のあった新しいヨンニッパの話も聞いてきました。
とにかく驚異的な軽さに驚愕(同時に価格にも笑)したわけですが、あまりの軽量化にあたって画質面を犠牲にしていないのか?とぶっこんでみたところ「それはありません」と力強い返事を頂けました。


さて、明日土曜は天気もイマイチなのかな?
個人的に楽しみにしたいのは阪神9R野路菊Sに登場のヴェロックス。
ぶっちゃけ、仕事の都合と体力、金銭面に余裕があれば撮影に行きたかったくらい。
馬券的妙味は限りなくゼロでしょうけど(笑)。


akitin1 at 23:15|この記事のURL

2018年09月13日

追い風参考さぁいこう

日曜帰りの武蔵野線が謎の線路発煙によりダイヤが乱れまくって、さっそく中山の洗礼を受けた開幕週。
ディズニーリゾートのように競馬場内にホテルを・・・なんてお洒落なことは言わないので、せめてプレス室でいいので宿泊OKにしてくれたら中山はマジで泊まります(笑)。

リバーシブルレーン 2歳新馬

グレイシア アスター賞

ディキシーナイト 2歳未勝利

その中山は直線は強烈な追い風で土曜は芝6鞍中5鞍が、日曜は6鞍中4鞍で加速ラップ。
急坂を上がってから更に加速して1ハロン11秒1を叩き出すなんていくら追い風のアシストがあるからって単なる計測ミスじゃね?みたいな数字が連発していた(まぁ公式ラップがでたらめなのは有名な話)
ともかくダートも減速ラップにならないし、芝はG1級のラップばかりでこれを真に受けたらえらい目にあいそう。

昨年の開幕日も芝6鞍中5鞍で加速ラップを記録し、その時の勝ち上り5頭のうち次走以降勝ち鞍があったのは2頭。
ただその2頭がディアドラとノームコアなんすよね(笑)。

セントライト記念当日も6鞍中5鞍で加速ラップになり、勝ち馬5頭のうち4頭が次走以降も未勝利だから基本的にはカモだし、その筆頭がセントライト記念を超速ラップで勝ったミッキースワローだったりする。
唯一アンフィトリテだけがその後も二連勝をキメて現在3戦3勝。

ミッキーグローリー 京成杯オータムハンデ

ノームコア 紫苑S

ただし普段から中山コース勝利馬の次走以降勝ち上がり率を調べていないのでなんとも言えませんが、強そうに「見える」加速ラップも慎重に吟味しないと痛い目に合うのは間違いない。
それにしても紫苑S楽勝のノームコアは本番でもこのラップで走れば、たとえアーモンドアイとはいえのんびりしてはいられないでしょうね。


akitin1 at 23:11|この記事のURL

2018年09月09日

終わりの始まり

中山競馬場

海に行った帰りみたいだ―。

帰り際に知った顔からそう声をかけられた。
確かに夏競馬の間にすっかり焼けていたが、この土日で更に黒くなったのは否定できない。

申し訳ないくらい、クソみたいに晴れた空から降り注ぐ陽射しは容赦なく肌を焦がした。
夏競馬の終わりなんてのは字面上だけだ。


まだ、夏の終わりは始まったばかり。


akitin1 at 23:30|この記事のURL

2018年09月07日

中山ばっちこい

中山だって軽い遠征だし普段なら憂鬱な開催だったりしますが、この夏競馬が終わった直後の9月開催だけはホッとして迎えられます(笑)。
あとはとにかく武蔵野線が無事に動くこと、そして台風が重ならいことを祈るだけ祈ると。

毎週取り上げている2歳世代の話をすれば今夏は中京や新潟よりも北海道組が注目(小倉のヴェロックスみたいのもますが)で、中でも好メンバーになった札幌2歳Sはレースレベルも高く秋へ向けて重要な一戦だったという評価です。
でもタフな減速ラップになったので2歳G1やクラシックという話になれば負けた組の逆襲、改めてクラージュゲリエはいい馬だと確信しました。
あとアフランシールも牝馬同士になればやはり楽しみ。


ホウオウサーベル 2歳新馬

アマーティ 2歳新馬

ダノンジャスティス 2歳新馬

新潟には3週目からの参戦でしたが、自分が撮影した中からあげればホープフルS狙いでホウオウサーベル、牝馬路線でアマーティ、短距離ならダノンジャスティス。
無事に頑張って欲しいです。


さて、昨年の中山開幕週は前残りも多く、400ミリで臨んだゴール前撮影も迫力不足になりがちだった。
だたし紫苑Sはディアドラの豪快な直線一気を筆頭に差しの競馬になったんですよね。
その中で唯一先行しながら2着に踏ん張ったカリビアンゴールドこそが◎の1着付けだったんすよ!
いま思い出しても悔しいですけど、明日の紫苑Sに関しては脚質にはそれほどナーバスにならず、それよりも当地らしいラップ、つまり府中や新潟外回りのような3ハロンの瞬発力戦にはならないということ重要視したい。
となれば関西馬◎サラス。
城崎特別はラスト4ハロンが全て11秒台という阪神2000m戦らしいレースで、それを唯一の33秒台の脚で一蹴・・・これですよ、これ。
いつの間にか本番にリンクする重要なレースになったし、アーモンドアイを脅かす馬が現れるのか、それともアーモンドアイから買える美味しい穴馬の発見があるのか、楽しみです。


akitin1 at 23:02|この記事のURL

2018年08月31日

あの過ぎ去りし時を求めて

北原里英ちゃん

長いようで短い夏競馬も今週末でおしまい。
平成最後の夏というフレーズを何度耳にしたのかわかりませんが、来年になれば××(新元号)最初の夏になるわけで、それこそ毎年やってくる夏はもう二度とやってこない幻の大地。
最初の二週は札幌と小倉へ行ったので、一ヶ月に渡るボクの新潟通いもこの土日でひとまず終了です。

夏の新潟といえば思い出すのはいつだってあの夏の日―。


それはよく晴れた日だった。
気怠さの中、車窓から流れる眩しい景色をよく憶えている。

終点の新潟駅へと向かい新幹線が減速をはじめ、下車する支度をしながらプレイしていたドラクエ9の画面に目をやると誰かとすれ違っていて、下りる前に捌いてしまおうとしたボクに最大のサプライズが訪れた。


「まさゆきの地図を手に入れた」


ドラクエ9をプレイした方にはわかりますよね。
ボクがまさゆきの地図を手に入れたのはいつかの夏の日、新潟駅へ着く直前の新幹線の中でした(同じ車両には自分を含め男性が4人だけ)。
その日の新潟のレースや詳しい日時はまったく憶えていないけれど、車窓から見えた景色と車内の空気だけははっきりと憶えています。



さて、新馬戦に手を出すのも基本的にはこの日曜で終わります。
今年はあまり当たらなかったですね・・・ま、そんな年もありますよ(笑)。
ひとまず明日土曜は新潟5レース、混戦模様の芝千四です。
中から本命はシンプルに社台F生産の関西馬◎ワダツミ、同じくライバルも関西馬クールリアルでいきます。

そして大注目の札幌2歳S!
このメンツは現2歳世代で最初の大一番と言っていい、まさに導かれし者たちで撮影に行きたいというのが本音です。
芝コースは金曜正午発表で稍重ですが明日土曜は晴れ予報だから良馬場への回復も期待できそう。
メンバー最上位の数字(時計の速さではない)を保持しているのは古500万超レベルを余裕で叩きだしたアフランシール、それをウィクトーリアが追う形ながら彼女たちを凌駕していまいそうなクラージュゲリエの脚力はそして伝説へレベル。
穴ならダディーズマインドと書いておきます。

それから日曜の小倉2歳Sも簡単に。
とにかく時計の速い馬場ですが金曜正午で稍重発表、明日土曜は雨予報、しかし日曜は晴れ予報・・・どうなるんや(笑)。
これまでの開催を見ると単純に含水率が低い方が高速ってわけではないんですね。
ともかく重馬場ならセプタリアンが鬼のように速いです。
良馬場ならルチアーナミノル、続いてシングルアップという感じで、大外枠がどうかもジャカランダシティが割って入るかどうか。

来春へ羽ばたくエデンの戦士たちの走り、楽しみです。


akitin1 at 22:07|この記事のURL

2018年08月24日

ご・ね・ん・ぶ・り

小澤陽子アナ

先週末は5年ぶりに札幌記念を撮影せずに新潟競馬場からモニター観戦でした。
いやー、めっちゃ面白かったです・・・観ているぶんには(笑)。

もともとややこしい展開になることも少なくない札幌記念ですが、今年は勝ち馬を撮影できなかったプレスが続出した模様。
自分は◎サングレーザー1着固定だったので進路がなくなった後もずっとサングレーザーを目で追っていましたが、もし現場にいたらそれでもはたしてちゃんと撮れたかどうか・・・いや、オレなら撮れたと言っておきますけど(笑)。
ともかく熱いハイラップの消耗戦、完全に抜け出した復活のマカヒキ、怒涛の直線一気モズカッチャン、ノースペースの見えない内からサングレーザー、いいレースでした。

もちろん13人気4着サウンズオブアース、12人気5着スティッフェリオの2頭は3着付けで持っていましたよ。
それが来ていたらもっといいレースだったのに(笑)。


さて、一時期はクラシックへの登竜門的な出世レースになっていた新潟2歳Sもワールドオールスターの裏になってからはスケール感もダウン気味。
逆に以前のような超大外だとか、内と外で大きく離れた接戦なんて展開が鳴りを潜めて撮影しやすくなっているのはありがたいですけどね。
とはいえ今年は土日を通しての雨予報で重馬場まであるかもしれない。
それこそ内を避けた競馬になるかもしれないし、その辺はしっかり対応したい。


その前に明日土曜は2歳Sと同じ千六の新馬戦が行われ、注目しているファンも少なくないと思う◎スイープセレリタスが登場。
ライバルも下馬評通り森泰斗騎手鞍上の関西馬レッドアネモスで、この2頭の走りに注目。

あとは先行有利な新潟ダートとはいえ、先週日曜は逃げ馬が4戦4勝といつも以上に逃げるが勝ち状態なので、ダート戦は単純に逃げ馬を買ってみます。
で、蓋を開けると知らない馬が逃げたりするんですよね(笑)。


akitin1 at 21:56|この記事のURL

2018年08月17日

やっと始まった夏、新潟

先週末は今年初めての新潟競馬場へ。
札幌だの小倉だのとフラフラしていたので二週間遅れの個人的開幕週、土曜の朝一で食堂のおばちゃんに今年もよろしくお願いしますと挨拶に行きました。
もちろん「少し遅いんじゃない?」と返されましたが(笑)。

足立梨花ちゃん

プリモシーン 関屋記念

これで夏競馬は全場制覇、そして今年もJRA全場制覇だと思ったら今春は京都へ行かなかったので京都が残っていました。
どのみち秋には三冠牝馬(?!)の撮影に行く予定ですけども。

それにしても先週の新潟はプレスが少なかったですね。
確かに重賞があっても夏競馬を撮影に来るプレスは一昔前より激減しているけども、それにしたってあまりに少ないから「まさかねぇ?」なんて話をしていたんすよ。
そうしたらそのまさかでした。

普段は中央の撮影だけで地方競馬に顔を出さないような方たちが日曜の大井にはドッと押し寄せたらしい(笑)。

しかも結局はそれが大正解ですんなりと記録達成ですからね。
追いかけていた自分には構わずたくさんのお客さんの前(現に16057人と大盛況)で歴史的大記録を達成してくださいとの気持ちはありましたが、まったく追いかけもせずこの日だけちょろっと来て美味しいところを持っていかれたのはだいぶイラっときました(笑)。
でもそれがカメラマンとしてのセンスでもあるので、自分はその辺のセンスがないんす・・・。


センスがないといえば新馬戦の予想も今夏はさっぱり当たりませんねぇ(苦笑)。
ただもうあと一ヵ月もないのでもう少しだけお付き合いください。
土曜小倉5Rは人気でもマイネルカゲツとアズマヘリテージのツートップを上位評価しています。
新潟5Rの方はちょっと波乱もありそうな予想になり印の薄いキュアンを狙ってみます。

未勝利戦では小倉1Rが前走ハイレベルの2着◎ミヤケ、新潟1Rは新潟外回りに変わって瞬発力全開のイメージで◎エイシンロード。
前走で同じ未勝利戦を走っていたこの2頭で朝から流れを一気に引き込みましょう。


akitin1 at 22:22|この記事のURL

2018年08月10日

あー夏休みはどこ

トリオンフ 小倉記念

ユタカさん 竹内涼真くん

15時35分発走の小倉記念口取りを撮影せずに競馬場を出れば小倉発16時11分の新幹線に乗って新鳥栖に16時42分着だから17時25分発走の里帰りジョッキーズ二戦目には間に合う―、ということを真剣に考えた先週の日曜日。

あ、追いかけている的場文男騎手の新記録達成の話です。

でも小倉記念のレース後を撮影せず、なおかつ里帰りジョッキーズを必ず二戦とも勝つという確勝が持てない以上はリスクの方が高いので諦めました。
というか、ネタ的には面白いけど実際はけっこー笑えないのでやめました(笑)。
結局は二戦とも負けてしまったので結果オーライでしたが(あの状況なのでスムーズな移動ができたかも疑問)。


タマモサーティーン サードニクス特別

とはいえ月曜、火曜はまた文男さんを追いかけて浦和競馬場へ行きましたよ。
残念ながらあと一歩で新記録達成はお預け、最速で日曜の大井へ持ち越しになりました。
もちろん日曜は新潟なので撮影はできませんし、ここまで追いかけてきたのに無念ではありますが、お盆開催の日曜なら現地はかなりお客さんが入るはずなので自分たちには構わず決めちゃって欲しいですね。
7鞍騎乗でぱっと見だと戦力的にはちょい足りない印象ではありますが、そこは45年育ててもらった大井バイアスがあるはずで文男ダンス炸裂を期待せざるを得ません。
大井競馬場へ行かれる方は歴史的な瞬間をしっかりと焼き付けてきてください。


ヴェロックス 2歳新馬

さて、自分といえばこの夏のハイライトと言ってもいいかな?
ひとまず⇒福島⇒大井⇒函館⇒盛岡⇒浦和⇒中京⇒船橋⇒札幌⇒大井⇒小倉⇒浦和⇒が終わりました。
もちろんこれからも新潟と南関東は続くし、これより動いている人も知っていますが、まぁ自分なりにボチボチ頑張ったかなと思っています。
天候にも恵まれ、楽しみな2歳馬たちとの出会いも多かった。
さよならイエスタデイ!(笑)


では明日の新馬戦に行きますか。
小倉はダートの1000m、ここは信頼のヘニーヒューズ産駒で稽古もばっちりな◎ストレルカを推します。

逆に新潟の方は中の上レベルの馬たちが揃って混戦というイメージで正直狙いが定まっていません。
一応本命候補はローガンテソーロ、ラストクリーガー、トゥルボー、ラティーンセイルの4頭に絞りました。
その中でラストクリーガーとラティーンセイルの2頭は日曜のダート戦を除外されてのスライドなんですよね。
そこがまた悩ましい・・・。

フェニックス賞は◎シングルアップで不動、コスモス賞は新馬戦の味な加速ラップが印象に残った◎アガラスがどんな走りを見せるかに注目です。


akitin1 at 21:08|この記事のURL

2018年08月03日

開幕週でさようなら

札幌競馬場へは年に一度しか行かないけれど、それでも先週の二日間は自分がこれまで行った中でも最高の二日間だったと言い切れる。
30℃ほどあったので地元の方には暑かったようですが、湿気も少なく自分的には気持ちのいい暑さで、少し大袈裟に言えばまるでハワイにでもいるよう。
特に土曜は文字通り雲一つない青空が広がってうっとりしました。

内馬場

それから内馬場もだいぶ様変わりしましたね。
これまでの札幌競馬場内馬場といえばテントがぎっしりと並び「キャンプ場か?!」と勘違いする光景でしたが、リニューアル後はテントの持ち込みが不可になり他の競馬場と似たような感じに。
それでも単純に綺麗だし内馬場の指定席は新しい試みでよさげ、更に二階から見下ろして観戦できるエリアがかなりお勧めです。


コントラチェック 2歳未勝利

レーヴドカナロア 2歳新馬

クラージュゲリエ 2歳新馬

例年は札幌記念の週に行っていましたが、最近はとにかくプレスが増えすぎて気疲れするので今年はお休みして開幕週に変更しました。
もちろん最近のトレンドである開幕週の新馬を目当てにというのも理由の一つで、実際に将来性のある期待馬が勝ってくれましたね。
コントラチェック(未勝利戦)にレーヴドカナロア、そして中でも日曜のクラージュゲリエはクラシック候補と書いておきます。

とまぁ最高の二日間ではありましたが、唯一帰りの飛行機がハマってしまいました。
いや、ちょっと油断して飛行機のチケットを買うのがだいぶ遅くなってしまい、やっと買えたのが千歳発21時の便だったんですよ。しかも奇跡のラスト一席(笑)。
これが少しでも遅れると終電アウトなんですが、空港につくなり目に飛び込んできたのは50分ディレイの文字。

荷物を預けながらお姉さんに「飛ぶ前から終電間に合わないんですが、あとは自分でなんとかしろってことですよね?」と伺ったら「そうなりますね」と淡々と返されたので「ですよねー!ちょっと白い恋人買ってきますね!」と元気に答えておきました(笑)。

それなりに疲れているし羽田で始発を待つのは嫌だなーと絶望していると搭乗口変更と共に30分遅れになったとのアナウンスがありギリギリで終電に間に合うかもと希望の光が。
ところがそれをあざ笑うかのように羽田についたのはきっちり一時間遅れ、着陸した時点で終電はなく、荷物を待っている間に最終のバスが出ていきました。
しかしながら途中までなら帰れる最終のバスに駆け込みで間に合い、そこからタクシーで25時30分にひとまず帰宅できました!


そして今週は大井の文男さんにだいぶ振り回されていますが、一体どんなエンディングを迎えるのか・・・色んな意味で楽しみです(笑)。


明日土曜は新潟でソルドラードがデビューですね。
言わずと知れたダービー馬、そして幻のダービー馬の弟で、父がカナロアに変わって随分と寸詰まりの短距離馬だなぁとカタログを眺めていましたが、一体どんな身体でパドックに現れ、どんな末脚を使うのかやっと見ることができます。
ただし馬券的にはグリグリのド本命馬なのでお勧めはコマノゼニトかな。
逆にド本命でも1着付けで買いたいのは新潟1Rのミディオーサですね。


akitin1 at 22:47|この記事のURL