あきちんのファインダー競馬

2018年05月19日

ゴーゴー明日をつかまえろ

今年の3歳牝馬路線は力関係がレースの見た目と直結して分かりやすいというか、ハッキリしている印象がありますね。
それでいて主要レースは古1000〜1600万レベルを確保しており決してレベルも低くはない。

オークスは基本的にはこれまで世代を引っ張ってきたラッキーライラック、それらを次元の違う走りで叩き潰したアーモンドアイ、別路線から驚異のロングスパートが武器のサトノワルキューレという上位人気3頭の争いで特に異論はありません。
この3頭が府中の2400mでやりあうのは本当に楽しみで、どう撮影しようか週半ばから色々と妄想しまくりでしたよ(笑)。

ただし、馬券の話になれば少しでも妙味を求めたくなるのが競馬ファンの性ってやつ(笑)。

前述3頭の順番付けを明確にしつつ「もう一枠」になんとか入り込める馬を探したい。
そこで買ってみたいのがウスベニノキミ。前走は前をカットされて位置取りを下げてしまい、直線も外へ出すのに手間取る場面。それでいてボチボチ伸びていたのなら、前売り13番人気の無欲の直線一気でどさくさ紛れの差し込みに期待してみたい。


akitin1 at 22:52