あきちんのファインダー競馬

2018年06月22日

仕事に支障

連日のサッカーワールドカップですが、今夜はアイスランド対ナイジェリアが楽しみですね!
ただ、キックオフが24時なので途中で寝てしまう可能性が大きいですけど(笑)。

先週末の2歳戦ですが未勝利戦も始まり忙しくなってきました。
府中では未勝利1鞍、新馬3鞍の計4鞍が行われましたが、数字上特筆したレースはなかったという結論です。

サワサワ 2歳未勝利

ラインカリーナ 2歳新馬

ロードアクア 2歳新馬

勝ち上がったサワサワ、ラインカリーナ、トーセンギムレット、ロードアクアで1頭上げるとすれば重馬場のダート千四を勝ち上がったラインカリーナ。
同じ重馬場だった翌日の3歳未勝利戦との比較で+1.4差⇒+0.6差なら3歳未勝利級とは言わないまでも上等な数字ですし、後半で詰めているように先行勢が好走してはいますが二番手から6馬身千切った勝ち馬の速力は評価できます。
次は芝のダリア賞を予定しているそうです。

トーセンギムレット 2歳新馬

芝千六で圧倒的1番人気ベルクワイアを競り落として勝ち上がったトーセンギムレットは岩部騎手がレース前から「次元が違う」と話していたように悪い馬ではないはず。
札幌2歳Sへ向かうようですが、今年は札幌2歳Sが目玉の一戦になりそうな気配・・・というか、新潟2歳Sがワールドオールスタージョッキーズと被ってからいまいちメンバーが揃わなくなりましたよね。

阪神の3鞍も数字は平凡ですが、その中では前残りの瞬発力戦を差し切ったショウリュウイクゾが好内容。
これは新潟2歳Sを予定となっていたので、舞台設定は合いそうです。

この週もっとも数字がよかったのは函館の千二を勝ち上がったナンヨーイザヨイで3歳未勝利レベルをマーク。
直線でしっかり加速もできているし、これは函館2歳Sへ向けて本命候補の1頭。


さて、明日の新馬戦も函館は見守って府中と阪神で勝負です。
阪神5Rは◎リップグロスの一強で、相手はよくわかりませんと言っておきます。

東京5Rの方は意外と?レベルが高そうなメンバー構成で良血馬の出走もあり注目ではありますが、ドンヒューズとエメラルファイトの2頭を上位評価とします。
わずかに◎ドンヒューズの予定もヘニーヒューズ?!ともかくどちらかが本命です。


それにしてもブラジル対コスタリカが面白すぎてやばかったですね!
観ながら書いていたのですが、とてもじゃないけどちっともはかどりませんでしたよ(笑)。


akitin1 at 23:30