あきちんのファインダー競馬

2018年08月03日

開幕週でさようなら

札幌競馬場へは年に一度しか行かないけれど、それでも先週の二日間は自分がこれまで行った中でも最高の二日間だったと言い切れる。
30℃ほどあったので地元の方には暑かったようですが、湿気も少なく自分的には気持ちのいい暑さで、少し大袈裟に言えばまるでハワイにでもいるよう。
特に土曜は文字通り雲一つない青空が広がってうっとりしました。

内馬場

それから内馬場もだいぶ様変わりしましたね。
これまでの札幌競馬場内馬場といえばテントがぎっしりと並び「キャンプ場か?!」と勘違いする光景でしたが、リニューアル後はテントの持ち込みが不可になり他の競馬場と似たような感じに。
それでも単純に綺麗だし内馬場の指定席は新しい試みでよさげ、更に二階から見下ろして観戦できるエリアがかなりお勧めです。


コントラチェック 2歳未勝利

レーヴドカナロア 2歳新馬

クラージュゲリエ 2歳新馬

例年は札幌記念の週に行っていましたが、最近はとにかくプレスが増えすぎて気疲れするので今年はお休みして開幕週に変更しました。
もちろん最近のトレンドである開幕週の新馬を目当てにというのも理由の一つで、実際に将来性のある期待馬が勝ってくれましたね。
コントラチェック(未勝利戦)にレーヴドカナロア、そして中でも日曜のクラージュゲリエはクラシック候補と書いておきます。

とまぁ最高の二日間ではありましたが、唯一帰りの飛行機がハマってしまいました。
いや、ちょっと油断して飛行機のチケットを買うのがだいぶ遅くなってしまい、やっと買えたのが千歳発21時の便だったんですよ。しかも奇跡のラスト一席(笑)。
これが少しでも遅れると終電アウトなんですが、空港につくなり目に飛び込んできたのは50分ディレイの文字。

荷物を預けながらお姉さんに「飛ぶ前から終電間に合わないんですが、あとは自分でなんとかしろってことですよね?」と伺ったら「そうなりますね」と淡々と返されたので「ですよねー!ちょっと白い恋人買ってきますね!」と元気に答えておきました(笑)。

それなりに疲れているし羽田で始発を待つのは嫌だなーと絶望していると搭乗口変更と共に30分遅れになったとのアナウンスがありギリギリで終電に間に合うかもと希望の光が。
ところがそれをあざ笑うかのように羽田についたのはきっちり一時間遅れ、着陸した時点で終電はなく、荷物を待っている間に最終のバスが出ていきました。
しかしながら途中までなら帰れる最終のバスに駆け込みで間に合い、そこからタクシーで25時30分にひとまず帰宅できました!


そして今週は大井の文男さんにだいぶ振り回されていますが、一体どんなエンディングを迎えるのか・・・色んな意味で楽しみです(笑)。


明日土曜は新潟でソルドラードがデビューですね。
言わずと知れたダービー馬、そして幻のダービー馬の弟で、父がカナロアに変わって随分と寸詰まりの短距離馬だなぁとカタログを眺めていましたが、一体どんな身体でパドックに現れ、どんな末脚を使うのかやっと見ることができます。
ただし馬券的にはグリグリのド本命馬なのでお勧めはコマノゼニトかな。
逆にド本命でも1着付けで買いたいのは新潟1Rのミディオーサですね。


akitin1 at 22:47