あきちんのファインダー競馬

2018年09月13日

追い風参考さぁいこう

日曜帰りの武蔵野線が謎の線路発煙によりダイヤが乱れまくって、さっそく中山の洗礼を受けた開幕週。
ディズニーリゾートのように競馬場内にホテルを・・・なんてお洒落なことは言わないので、せめてプレス室でいいので宿泊OKにしてくれたら中山はマジで泊まります(笑)。

リバーシブルレーン 2歳新馬

グレイシア アスター賞

ディキシーナイト 2歳未勝利

その中山は直線は強烈な追い風で土曜は芝6鞍中5鞍が、日曜は6鞍中4鞍で加速ラップ。
急坂を上がってから更に加速して1ハロン11秒1を叩き出すなんていくら追い風のアシストがあるからって単なる計測ミスじゃね?みたいな数字が連発していた(まぁ公式ラップがでたらめなのは有名な話)
ともかくダートも減速ラップにならないし、芝はG1級のラップばかりでこれを真に受けたらえらい目にあいそう。

昨年の開幕日も芝6鞍中5鞍で加速ラップを記録し、その時の勝ち上り5頭のうち次走以降勝ち鞍があったのは2頭。
ただその2頭がディアドラとノームコアなんすよね(笑)。

セントライト記念当日も6鞍中5鞍で加速ラップになり、勝ち馬5頭のうち4頭が次走以降も未勝利だから基本的にはカモだし、その筆頭がセントライト記念を超速ラップで勝ったミッキースワローだったりする。
唯一アンフィトリテだけがその後も二連勝をキメて現在3戦3勝。

ミッキーグローリー 京成杯オータムハンデ

ノームコア 紫苑S

ただし普段から中山コース勝利馬の次走以降勝ち上がり率を調べていないのでなんとも言えませんが、強そうに「見える」加速ラップも慎重に吟味しないと痛い目に合うのは間違いない。
それにしても紫苑S楽勝のノームコアは本番でもこのラップで走れば、たとえアーモンドアイとはいえのんびりしてはいられないでしょうね。


akitin1 at 23:11