あきちんのファインダー競馬

2019年11月08日

2019/11/03 15:38

ムイトオブリガード アルゼンチン共和国杯
(ムイトオブリガード アルゼンチン共和国杯)

先週末の土日は府中から動くことを考えたりもしなかったけれど、今週末の土日は本当に本当に悩んだ。
土曜は府中と京都、日曜は府中と京都と福島で。

金銭面だけを考えれば遠征費がかからず、安定して仕事もある土日府中で鉄板。
ぶっちゃけ、今も頭を抱えています。

どこでもドアはいつ開発されるのか。


まず明日土曜は楽しみにしていたデイリー杯2歳Sですよ。
数字トップは古1勝クラス級のハイレベルになった新潟2歳Sより2着馬ペールエール。
デイリー杯2歳Sは京都外回りと行ってもロングスパート戦ではなく3ハロン瞬発力戦になることがデフォルトなので適性面も問題なく素直に本命です。
ここを勝って朝日杯FSとなれば新潟2歳Sの上位2頭が2歳王者だったなんて可能性も無きにしも非ず。
15年前には実際にそんなことも起きたし(1着マイネルレコルト、2着ショウナンパントル)。

府中では4Rの未勝利戦が9頭立てながら好素材が揃いましたね。
前走は勝ち馬が強すぎただけのヴィズサクセス、いい瞬発力のあるレイコックアビー、加速ラップを追い上げたソフトフルート、そして入線した直後に先頭へぶち抜けていたゼノヴァース。
うーん、ゼノヴァースに本命!

それから6Rの新馬戦。
調教でがっつり動いているアドマイヤルプスの評判がいいのかな?
信頼と実績のヘニーヒューズ産駒ですし、走りそうな雰囲気はありますが、ここには自分の注目馬ナイルリバーも登場なんすよ。
ファシグティプトン・ガルフストリームセールで調教タイム10秒フラットを叩き出し77万5000ドルの高値で落札された同馬は一体どんな川・・・いや、どんな馬なのか。
あまり話題に上がることのないダートの新馬戦ですが注目してください。


akitin1 at 23:43