あきちんのファインダー競馬

2019年11月16日

2019/11/16 15:34

来月8日は香港か阪神か中山か、撮影者のセンスが問われると先日書いたばかりでしたが8日の中山カペラSになんとあの「えなこ」が来場すると発表されました。
彼女が来るとただでさえヤバそうなのに、もしコパノキッキングななちゃんが勝ったりしたらななこえなこでとんでもないことになりそう。
さて、どうしたものか・・・(気持ちは8割がた中山へ)。


コントレイル 東京スポーツ杯2歳S
(コントレイル 東京スポーツ杯2歳S)

それはさておき、今日の東スポ杯2歳Sはとんでもない結果になった。
アルジャンナとラインベックを一瞬で置き去りにしてぶち抜けたコントレイルの走破時計はまさかの1分44秒5。
2Rでもレコードが記録されたように高速馬場なのは承知しています。
しかしそれでもこの数字はちょっと異様なモノ。

10月6日毎日王冠は58秒5−1分44秒4(含水率14.5%&15.8%)、同14日府中牝馬Sは58秒3−1分44秒5(含水率16.9%&17.8%)、そして11月16日東京スポーツ杯2歳Sは58秒8−1分44秒5(含水率15.7%&14.9%)。
ちなみに含水率はゴール前と4コーナーの数字です。
単純比較にはなるけれど、例え馬場差があってもこの時期の2歳馬が古馬重賞と互角の数字で走るなんてほとんどあり得ないレベルの話ですが、実際にあり得てしまった。

スゴイですよ、本当に。


akitin1 at 23:42