あきちんのファインダー競馬

2020年09月22日

2020/09/21 20:13

アランバローズ ゴールドジュニア
(Canon EOS-1D X Mark III EF400mm f/2.8L IS III USM アランバローズ ゴールドジュニア)

今年からジュニアーがジュニアになり、重賞に格上げされた昨夜のゴールドジュニアは第1回に相応しい好メンツになったかなと思う。
今年は南関東2歳馬たちを執拗に追いかけているのでこの南関東最初の2歳重賞は是が非でも当てる・・・と意気込みましたが、結局は外れました(笑)。

そんなことはどうでもいいとして、36秒0−1分27秒0の数字は優秀ですね。
同日同条件のC1クラスが37秒4−1分27秒8、前日のB1B2が36秒4−1分27秒1だからB1B2級の数字です。
これを悠々と逃げ切るアランバローズは船橋最強から世代最強へ一歩踏み出した。
デビュー戦でいきなりC2クラスを超える数字を叩き出し、続く月花香特別でC1級、そして今回がB1B2と上昇中。
しかも今回は休み明けのパフォーマンスでもあり、次が本当に楽しみ。
一つだけ注文があるとすれば初戦、二戦目と減速ラップでの勝利で、今回は瞬発力戦にどう対応するかを注目していたのにまさかの減速ラップになってしまったこと。
引き続き課題として注目したい。

上り最速で2着に追い込んできたマカベウスは外回りとはいえ千四は本質的に短いと思う(しかも減速ラップになってしまったし)。
それこそ大井千八あたりで瞬発力勝負になれば能力全開では?

そして3着のサウスワールドは門別から移籍組。
早々と手応えがなくなったように見えたのに、そこから踏ん張っての3着だからやはり門別組は一味違いますねぇ。
20日の5Rでも門別からの移籍初戦スマイルキューティが単勝1.7倍で楽に逃げ切り勝ち。
どうしたって門別組は強いし、今年もその辺の付き合い方が馬券のキモでしょうね。

残念だったのは9着大敗のソウマトウ。
前回はゲートを出ずまったく競馬にならず、今回は最内枠からまともに出れば余裕で巻き返せると予想したけれどまたゲートを出ず(苦笑)。
二連勝はどちらもハイレベルだったし、人気もなくなってくるはずなのでどこかで穴をあけてくれれば・・・。


akitin1 at 11:42