2009年08月06日

■ スネークレポマンin三鷹

9.8.3.三鷹協働センターレポート1

 前にもちらっと書いたのですが、8月3日の三鷹協働センターの「中学生の為の慰安婦展」に行って参りました。
 さて、前置きです。
 私は全然右翼の自覚はありません。ただ、嘘を吐かれるのが嫌いなだけです。
 誰かに意味もなく馬鹿にされるのも、ムシられるのも嫌い。
 それが日本に関しての、ましてや我々の爺ちゃんばあちゃんを貶めるような嘘だったら、絶対に許せません。だから、慰安婦関連全般は許せません。
 加うるに、三鷹協働センターの一連の欺瞞は放置してはいけないと思っています。あれは絶対におかしい。
 だから慰安婦展の抗議に加わりました。そしてその過程で。
 何故か偶然、ひょんな形で、たまたま私だけが在特会の志士、主権回復の志士の皆様の入場を拒んだ「不可侵地帯」三鷹協働センターにフリー入場出来てしまったのでご報告いたします。
 で、まあ、どうしようか考えたのですが、どうせなら漫画家だし、絵が有った方が分り易いし、アピールもするだろうと言う事で漫画にしました。
 レポート漫画12頁。レポートなので嘘は有りません。漫画ならではの誇張は有りますが、作りの台詞は一個も有りません。記憶を辿って描いた三鷹協働センターレポ、ノンフィクション。
 「続き」からご覧下さい。

 
9.8.3.三鷹協働センターレポート2

 
9.8.3.三鷹協働センターレポート3

 
9.8.3.三鷹協働センターレポート4

 
9.8.3.三鷹協働センターレポート5

 
9.8.3.三鷹協働センターレポート6

 
9.8.3.三鷹協働センターレポート7

 
9.8.3.三鷹協働センターレポート8

 
9.8.3.三鷹協働センターレポート9

 
9.8.3.三鷹協働センターレポート10
10
 
9.8.3.三鷹協働センターレポート11
11
 
9.8.3.三鷹協働センターレポート12/END
12

 
 この頁での著作権は放棄しませんが、部分を利用する場合、意図を変えない(反日プロパに使わない)のでしたら自由にご使用下さい。
 ただしその場合、何か不都合があった時はその責任は当方に有りません。
 責任を追及する場合は、この頁にリンクして、ここをお使い下さいませ。
 この頁上の作品に対しての苦情は、私にドゾ。ただし、私には表現の自由の権利がありますので、不愉快だから下ろせ、などの苦情にはお応えしかねます。
 うあー、終了終了。お絵描き帳に鉛筆一発描きでも、これでなかなか大変だったのだ。
 私の外見はどうも「完全左翼」らしいので、もし次があったら、馴染んでスネークしようと思ってます。ですので画像を撮った方は顔バレ回避の為に(笑)そっとしまって置いて下さい。今度からマスクもして行こうかな(怪しいって)。
 今回は色んな意味で失敗。次回への轍とする所存です。
 
 ←Click!!

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/akito3ta/51703041
この記事へのトラックバック
 党首討論ネットをノーカット中継の可能性が出てきました。 【博士の独り言】 『全編「党首討論配信」考』 http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-2663.html  上記エントリーにて、インターネットにて党首討論全編を中継するサイトの紹介がなされています。 ...
党首討論全編放送か!?!【平成21年 日本躍進・発展の年】at 2009年08月08日 13:33
何を批判したいのか判然としないレポートマンガを読んだ。  ◆ ケシクズ ◆:■ スネークレポマンin三鷹 これのどこが「確かに、この人の批判に正しいことはたくさんある」*1のだろうか。 つまるところ、マイクでヘイトスピーチをアジって妨害する集団に属していても、わ
[ネット][マンガ][戦争][近現代][トンデモ]おそらく本当に新書一冊も読まない人【法華狼の日記】at 2009年08月11日 07:19
この記事へのコメント
すごい…
ご無事でなによりです。

無力な一市民としてはスネークしてくださる方々は神ですが、くれぐれも無茶はなさらないでください。
Posted by 抹茶 at 2009年08月06日 17:13
そうっだたのですか。 大仕事を終わってお疲れ様でした。
ちょっと勘違いしていて失礼しました。
私は遠くから実況中継を見ているだけでした。
3日間仕事の合間に可能な限り見てました。
中の状況も分かってやっと、ある種納得しました。
有難うございました。
Posted by あきら at 2009年08月06日 17:30
これはGJ!
貴兄はヒキコモリのチキンではありませんよ

>「信念」でやっているのなら公開出来る筈
まったく正論ですね
「閉じた世界で何やってんだか」とホントに思います
Posted by たかまる at 2009年08月06日 20:33
実に楽しく拝見させていただきました
Posted by at 2009年08月06日 21:15
お疲れさまでした!
私も中に入ろうとして警察の方が先方スタッフにとりなしてくれたのですが
先方スタッフにばか正直に対応してしまいアウチでした(笑)
あとから警察別の方が「うまくやんなきゃあ」と苦笑されてました。
労をとってくれた警官さんに申し訳なかったです。
ただ貴殿のレポから察するに、私は中に入っても憤りで憤死とまでいかなくても
鼻血くらいは吹いてたかと思います(笑)入らなくて良かったかも。
貴重なレポありがとうございました
Posted by たらこ at 2009年08月06日 21:31
GJ!
乙でした
Posted by めいめい at 2009年08月06日 21:48
おつかれさまでした!!
さすがマンガ家ですね
能力を存分に発揮されて素晴らしい仕上がりだと思います。
大変楽しく読ませていただきました。
ありがとうございます☆
Posted by ぷりん at 2009年08月06日 23:02
GJです。
さすがです。
公安さんwww
お疲れ様でした。
Posted by alm at 2009年08月06日 23:24
お久しぶりです。
また夏コミに出没しますので宜しくお願いします。


>公安の名刺

おおスゴイ。
所轄じゃなくて本庁の公安部だ。
私のヲタ友も所轄から本部公安一課に栄転しました。

>限界

よく分かります。
この友人と中央赤○まつりに潜入した際、彼も「もういい・・・もうお腹いっぱい・・・」と、三時間ほどで気分悪くしてました。

>あっち派

(笑)
Posted by ぐんそう at 2009年08月07日 00:33
うっかりスネークGJです!
マンレポも読めちゃうナイス特典!!
ファンとしては3倍くらい美味しいです♪
チキンな私はニコ生で
「うっかりブレーカー落ちたら
暑くて窓とか開けざるを得ないよねー」
とか無責任カキコしておりました・・・。
(このマンレポニコ動にどなたか
うpなさらないかしら☆)
Posted by fanson(公安って交通安全の略じゃないらしい) at 2009年08月07日 01:35
 ひきこもりを乗り越えよく頑張りました。おっさん感涙。
 入口で親切に接し「門を出るとあいつらに(ry」とアドバイスしてくれた仲○工事似の男性は、西村修平さんの講演会に(スネークとして?!)参加された方のようです。捏造理論武装準備の為か西村さんに色々と質問をしていたとのこと。
Posted by タマちゃん at 2009年08月07日 11:33
面白かったです。
絵を描ける人がうらやましいです。

嫌韓流もいいけど、在特会の漫画とか出たらいいのになあと思ってます。
Posted by shin at 2009年08月07日 22:56
乙です!
月曜日参加したものです。
いい仕事しましたね〜

ぐんそう君、
お友達の栄転した公安一課は
極左過激派担当じゃないんですかあ?
Posted by tombow at 2009年08月08日 00:21
 お疲れ様でした。
 本当に自論に正当性を感じるなら何故こんな引きこもりみたいなイベントにする必要があるのか、全く持って彼らのやることは言行不一致で矛盾しています。

 >流石に吉田清治(中略)辺りの記述は見かけなかった

 彼らの名はこの辺を突っ込まれると不味いので、完全に「いなかったこと」にされたのでしょうか?その一方で海外に撒き散らした「慰安婦強制連行説」はそのままにしているのですから連中のダブスタには吐き気すら感じます。

 >大の大人が中学にまで押しかけて

 侍蟻氏に聞いたのですが、在特会は学校沿いの道路をデモ行進はしたけど校庭には入っていないそうです(今時許可無く校庭にまで押しかけることは出来ませんが)が、実際はどうなのでしょうか?
Posted by KY at 2009年08月08日 18:06
ちなみに金学順の記載もちゃんとありましたよw
韓国の項目にちっさく載っていました。
しかし、あそこでよくメモをとれましたね。勇気に拍手
Posted by 匿名 at 2009年08月08日 19:09
おお、多くのコメント有り難う御座います。
恥を覚悟で、頑張って描いた甲斐が有りました(笑)
展示内容は全然大した事は無かったのですが、隠されると見たくなるのは人情。しかもどんなエログロだよ!と思いますモンね。
でも多分、肝は女性国際戦犯法廷のVTRと集会ではないかと。あれは中学生に見せちゃイカンです。

あ、ラスの方はスネーク仲間(笑)でいらっしゃる。あ、有りましたか金学順。うわ、全然見つけられませんでした。
字が細かくて、また私の頭に入って来ない文章で、微妙に自信がなかったので「無い」でなく「見つけられない」と書きました(笑
抗議の最後に「どうやって入ったんですか、私も入って見ます」と仰った女性がいらしたけど、その方ではないのかな。ちょっと気になってます。

あ、ちなみに蕨デモは私も参加しているので、中学校に入っていない事は断言できます。
ただ、直ぐ脇の道路をデモったので、非難を受けたのは確かです。
発言した若い男は、自らも蕨に言ったニュアンスで話してましたが、顔に見覚えは有りませんでした。
私は蕨駅前で連中に囲まれてギャーギャー言われて、奴らが女一人だから囲めて、男数人には何も出来ずニヤニヤしてたのも知ってます。
卑怯者なのは連中だと、やはり私は思いますね。
Posted by A/T at 2009年08月08日 21:28
お疲れ様でした

「日本を守れ」^^
Posted by くぁz at 2009年08月09日 16:57
 「四トロ掲示板二次会」で「在特会、三鷹の慰安婦展を妨害」の書き込みを見て盛大に噴きました。コーヒー飲んで無くてよかったw。あんな引きこもり的態度で、しかも国家権力にぬくぬくと守られてよくもそんな与太事を抜かせたなと感心してしまいました。「自称」反体制派なんて所詮はこういうもの。いざとなったら手のひらを返して権力にすがりつきますよ。ま既に特亜の権力にべったりですが、そういう自覚が無いのが彼らの不幸でしょう。
Posted by KY at 2009年08月11日 01:06
 どの口で人の絵をヘタクソこれで金とろーってかなんていうのでしょうか??
 
Posted by ラインクラフト at 2009年08月12日 08:47
>ラインクラフト様
言ってるのはこの口だけどそれが何か?wwww
あ、核保有のエントリでボッコられてた人?
あっちではまだ礼儀正しい通行人を装ってらしたのに、こっちでは素直ね。次の悪口は何? wktk
Posted by A/T at 2009年08月12日 16:55
私もネットの情報に触れるようになった当初は、慰安婦なんて問題にするのがおかしい、南京事件なんて嘘だと思っていました。

ですがムキになって色々調べた結果、今では、どちらも特定勢力のプロパガンダとして利用されている側面は否めないものの、非難されても仕方ない要素も事実もあるとの立場です。
そしてこれらの問題を、相手のプロパガンダに反発する勢いのままに問題無いかのように振舞う事は、日本を勝ち目の無い立ち位置に置く事になり逆に国益を損なうとの考えに至りました。

blog主様におかれましては、元慰安婦の方の話をあざ笑ったり、頭ごなしに嘘だと決め付けるのではなく、もう少し真摯な態度で向き合っていただければと思います。
Posted by ask at 2009年08月13日 00:24
 >もう少し真摯な態度で

 便所の落書きを信じろ、とでも言うのでしょうか?ネットで慰安婦や南京問題の虚構を感じるようになった、という例は多いが、逆洗脳されるお目出度い人がいるとはにわかには信じられないw。

 >どちらも特定勢力のプロパガンダ(以下略)

 そこまで知ってて「非難されても仕方の無い事実」って何を具体例に挙げているの?まさか、とっくにばれているニセ写真をまだ「決定的証拠」なんて信じ込んでいるのでは?

 貴方が工作員だ、と断言は避けるが、少なくとも「日本軍最強伝説信者」ということに間違いはないようだね(棒読み)。
Posted by KY at 2009年08月13日 02:08
本気で慰安婦や南京を信じてる人ってまだ居るの?本当に?えーと、本当に、ですか?
じゃあ、お尋ねしますが、30万人もの民間人が虐殺される間、支那兵はどこで何してたんですか?
一般には期間は6週間と言われるけど、そんなにもの長い期間、何で助けに来ないんですか?
また、当時の南京には海外のジャーナリストが大勢いたわけで、何で彼らは「大虐殺!」の外電、打ってないんですか?
あ、きっと私が調べて無いから知らないんですね。馬鹿なblog主に37年当時の海外の報道記事、見せて下さい。
あ、それと、慰安婦に関しての「非難されても仕方ない要素」も教えて下さい。分かりませんので。

いきなり人に「もう少し真摯になれ」って仰るくらいだから、askさんは凄くえらい人なんですね。
最初から「調べもしない、考えもしない。その程度の人間だ」と私を見抜いておられる訳でしょ。
Posted by A/T at 2009年08月13日 04:09
>ラインクラフト

>どの口で人の絵をヘタクソこれで金とろーってかなんていうのでしょうか??

じゃあ とりあえず君の描いた絵を見せてもらおうかw
Posted by ダソナ at 2009年08月13日 04:13
>ask
朝鮮人なんて焼肉屋のおやじしか知らねーし、支那人も詐欺師の知り合いしかいねえw。

そんな昭和30年代(戦争をしらない子供たちさ〜〜〜)生まれの俺に、なにをどう真摯になれと?

Posted by ダソナ at 2009年08月13日 05:16
どうも、askです。
私の書き込みに対するレスがとても攻撃的なことから、恐らく話をしても永久に平行線となり不毛になりそうですが・・・。

>KYさん
■ニセ写真について
恐らく東中野先生の研究について仰られているのだと思います。
写真については南京事件があったと仰る先生方も、それ程重視しておりません。写真は撮影した日時・場所・誰が・何を、などが明確になっていないと、資料的価値が低いからです。従って元々資料的価値が低く重視されていない写真をニセモノと指摘してもあまり南京事件の本質に影響はありません。それは、東中野先生がたかじんの番組に出演した際、ご自身の研究成果を紹介するところで「虐殺があったか無かったかは別として」と強調しているところからも、うかがい知れるでしょう。

反面、写真がニセモノであるとの研究自体は評価できる部分もある・・・と言いたいのですが、東中野先生自身が誤解や曲解を元に結論を出している写真も多数あり、中には本物もあったりして、彼の写真研究は結果として南京研究の場を混乱させるだけに終わってしまっています。


■日本軍最強伝説信者について
2chや動画サイトなどでたまにみる「兵士1人が日本刀1本で100人以上〜」で始まり、「人類史上最大のミステリー」で締める、否定派の方が作り上げた嘘コピペの事でしょうか。
これは、誰もそのような事は言っていないのに「彼らはこういう主張をしている」とでっち上げて叩くという、いわゆる藁人形叩きの典型になります。さすがにこの嘘コピペを以って「だから南京事件は無かった」と主張される方は、こちらのblog主様を含め否定派の方々にも少ないと思いますよ。内容一つ一つを説明するのはスペースが無いので、例えばこちらのサイトなど参照していただければと思います。
http://d.hatena.ne.jp/D_Amon/20090623/p1
Posted by ask at 2009年08月13日 11:17
>A/Tさん
■虐殺の間、シナ兵がどこで何をしていたか
最近、中国人のblogで「このような質問をアメリカ人から受けた」というエントリーが紹介された件ですね。
この質問から想像できる事と、当時の戦線の移動とをあわせて判断するならば、現地の中国軍には南京を奪還できる戦力は無く、戦線を後退させながらの徹底抗戦をしていたと考えられます。日本軍主力も南京での掃討を終えて次の戦地へ向かう事が予測できますし(実際に動いていますが)、何より最も守るべき首都を数日で落とされてもすぐに攻勢に転じられるとは、とても考えにくいです。

というか普通に考えてそれ以外に無いと思うんですが、やはり中国人からすると撤退ばかりの中国軍という事実は受け入れ辛いのかもしれませんね。


■当時の外電
陥落当時南京にいたジャーナリストは5人とされています。これが「大勢いた」にあたるかはともかく、海外での報道はありました。勿論これは、記者たちの見たもの聞いたものを伝えていますので中には事実誤認など含まれますが、報道自体があったことは事実です。
http://www.nextftp.com/tarari/nankinhodo.htm

「当時海外報道が無かった」というのは以前はなぜか否定論者の間で広まりよく主張されていましたが、最近はさすがにそれを仰る方は少なくなりました。
Posted by ask at 2009年08月13日 11:19
■慰安婦についての非難されても仕方ない要素
この問題についてのblog主様の考えがどの程度なのかはわかりませんが・・・「強制連行」の直接的関与1点に絞った論争であれば、これは確かに日本軍に責任は無いとの立場にも、理解できるものはあります。ですが河野談話でもある通り、間接的関与を認めての監督責任との観点であるならば、それは非難されても仕方ない要素といえるでしょう。

慰安婦には個別ケースにより、厚遇された人から業者に騙された人、悲惨な状況に陥った方まで様々います。それがより問題を複雑にしていますが、それら証言の全ては否定できるものではなく、専ら問題はそれらに対するスタンスの違いといえます。

尚、スタンスの違いでそれらは商行為であるから問題ないとする人がいます。
それにしては、人様のblogで申し訳ありませんが、こちらが回答としてわかりやすかったので紹介しておきます。
http://d.hatena.ne.jp/nomore21/20090808/1249753237



私からの回答は以上になります。
ちなみに私は本以外にも、どちらの派のwebサイトも色々と目を通しましたが、南京事件についてはこちらにある「否定論者のよく使うトリックに対する回答」がとてもよくまとまっています。どうぞご一読下さい。
Posted by ask at 2009年08月13日 11:23
すみません、最後のところサイトを書き忘れました。

http://wiki.livedoor.jp/nankingfaq/


長々と失礼致しました。
Posted by ask at 2009年08月13日 11:24
ながっ! しかも多っ! 真摯じゃない人間には辛いなあ。
えっと、大きく分けて三つ? 済みませんがざくっと書きます。
■最初「どこで何をしていたか」。
「普通に考えて」「後退しながら撤退抗戦」「撤退ばかりの中国軍という事実は受け入れ辛いのかもしれませんね」って、想像ですね…。
■二個目「外電」。ask様にさりげなく無知って言われてる私です。なのでここは東中野修道先生に助けて貰います。(あ、中野先生は否定するのかな?)
「南京事件 国民党極秘文書から読み解く」をドゾ。
ask様の上げたスティールやダーディンも疑わしそうですね。
■三個目、「〜要素」。
んん?性奴隷って言うんだから問題は軍の直接の「強制連行」だけでしょう。ぼやかして軍間接的関与とか言われても分りません。
間接関与?例の「募集広告」とか?その頃、売春て罪だったっけ?募集すると罪?河野談話って何故出されたの?明確な軍強制の証拠は何?
売春婦が募集されて出向いて、人によってはたんまり稼いだと言う側面もあるのだから、責められる理由が分かりません。

ask様は「自分に対するレスが攻撃的!」と仰いますが、私に対する貴方の最初の書き込みが攻撃的じゃ無いと言われるので?
いきなり「元慰安婦の方の話をあざ笑ったり」「もう少し真摯な態度で」ですよ。
私どこであざ笑ったんですか?説明文に突っ込んだら「あざ笑い」?「突撃一番」に笑ったら「あざ笑い」?
しかも初の書き込みで「真摯にしろよ」って、私の製作態度の何を見て仰ったか知らないけど、侮辱ですよね。普通おこりますよね?
皆さんの反応は、貴方の行動の鏡と受け取るべきでは?
Posted by A/T at 2009年08月13日 17:53
やっぱり、話あっても平行線になりそうですね。
東中野先生に関しては、確かに今はもう否定する立場に転向しています、私は。

笑った箇所についても、話あってもわかりあえないと思いますので、私の表現した「あざ笑う」部分が適切であったかどうかについては、こちらのHPを訪れた他の方の判断にお任せします。

それでは失礼します。
Posted by ask at 2009年08月13日 18:56
お〜〜っと、逃亡ですか!?
たった一回の意見交換で「やっぱり」って何?
何で貴方に「どこがあざ笑ったのか」と聞いているのに「他の方の判断にお任せ」なんですか?その逃げは卑怯ですよ。
こちらはちゃんと貴方に対応したんですよ。
ちゃんとお答え下さい。どこがどう「あざ笑った」のか。それを言いたくてコメントなさったんでしょ?だから真摯にしろと。
きっちりお答え下さいよ。ここをこう言う風にあざ笑ったじゃないか!と指摘して下さいよ。
私は真摯に答えていますよ。
Posted by A/T at 2009年08月13日 19:41
こういう話をした時、相手の方はなぜか「逃亡」という言葉がお好きなんですが・・・これまでの経験上、1回の意見交換で大体その後の流れはわかります。
お互い1ヶ月も2ヶ月も、分かり合えない意見の交換をして虚しい時間を浪費するのは私ももうたくさんなので、最近は、その場に偶然来てしまった第3者(既にいるとりまきではないですよ)の為に、前述したこのURLのような、否定派に対する論拠を貼って終わりにしています。

http://wiki.livedoor.jp/nankingfaq/

結構効果抜群なんですよ、これ。
掲示板なんかではそれまで否定派が多数だった場所でも、暫くウォッチしているとかなり空気が変わると、経験上知っておりますので。

河野談話についての説明でも、直接的関与による強制連行に固執する人と、管理責任を非難されている部分に理解を示してくれる人は、もう最初のやりとりの時点ではっきりわかれます。そこで物別れになれば、後はいくら意見交換しようとわかりあえません。これは南京事件についてもその傾向ははっきりしています。ですから1回でその後の流れも予想できるし、それは不毛に終わるから無駄なんです。

「攻撃的」「あざ笑う」と表現した部分についても、突っ込んで説明する必要はありません。どちらがシンプルに相手を表現しているか、第3者には十分理解していただける自信はありますので。
Posted by ask at 2009年08月13日 22:23
あら、お帰りなさいませ。では早速。
話題をそらさず、私の質問にお答え下さる?
ask様は何故、第三者を気になさるの? 効果的?何が?私の質問を避けて理解し合えると?それは、ナイ。
>第3者には十分理解していただける自信はありますので。
第三者、この際関係ない。

私は今、貴方にストレートにお聞きしています。貴方に質問しています。
元々貴方が「振った事」です。「あざ笑った」「真摯に向き合え」と。
ですから「私」の「質問」に、貴方が「真摯に向き合って」答えて下さい。

>「攻撃的」「あざ笑う」と表現した部分についても、突っ込んで説明する必要はありません。

いえ、必要が有ります。お答え下さい。
どこの部分をどう、私は「あざ笑った」のですか?
明確にどうぞ。他の演説は要りません。簡単でしょ?
Posted by A/T at 2009年08月13日 23:13
 さすが中立面する茶々松君は違いますね。
 慰安婦問題の本来の争点はあくまで「官憲による奴隷狩り的強制連行」だったはずが、決定的な物証は見つからず、これまで論拠とされてきた吉田証言や「自称慰安婦」の証言は次々と虚構や矛盾が露呈したので「強制連行あった派」は「強制性」なる造語を発明?して論点のすり替えを行っています。それで強制連行説は海外に発信し続けているから悪質なものです。
 南京のニセ写真やニセ証言にしても、虚構が発覚しても肯定派はまともに訂正や謝罪もせずに放置プレイを決め込み、それらは相変わらず「南京大虐殺の決定的証拠」として流通し続けています。これらのニセ証拠を訂正もせずに放置しておく連中の態度を見続けてきた身としては、何をもって「結構効果抜群ですよ」と言えるのか不思議でなりません。どうやらaskさんは「立証責任」とか「悪魔の証明」という言葉を知らないようですね。
Posted by KY at 2009年08月13日 23:17
 で結局茶々松君はここででも私の質問に答えてくれないんだね(棒読み)。
Posted by KY at 2009年08月15日 00:19
せと先生のブログからきました。
すごいおもしろいっ!!!
しかも漫画だからすんなり読めるし、状況もわかりやすいですね。
これからも活動がんばってください。
こちらにも、ちょくちょくおじゃまさせていただきます。
Posted by じょあ at 2009年08月16日 10:12
ひきこもりと言いながらも行動しているところがエラク偉いww
GJ!!! でも、スネークのスネークには気をつけてくださいね。

あと、この手の話題はどうしても現実、対立構造があるから詳細に描きすぎると、ドロドロとしたものになりがちですが、ブログ主さんの画風だと結構あっさり(ドロドロとしたものを感じずに清々しく?)と読めました。

漫画の画風がこういう話題に合っているのかな? 濃い内容をあっさりとした印象で読ませる画風だな、と思いました。素人の印象ですが……。漫画、人気出るといいですね。
Posted by 通りすがりです at 2009年08月16日 12:08
早速お気に入りに登録させていただきます
Posted by masashi at 2009年08月16日 12:25
追伸
せと弘幸Blog『日本よ何処へ』
より来ました。
Posted by masashi at 2009年08月16日 12:51
さすが漫画家の先生、絵で見ると文章より様子がよくわかって面白かったです。
Posted by 瀬戸さんのブログから来ました at 2009年08月16日 13:02
強制連行しかり南京大虐殺しかり従軍慰安婦しかり何故、特アは「捏造」した事しか主張しないのだろう?
従軍慰安婦は当時別に他の国でも当たり前の様に存在していた訳だし・・・

逆に言えば特アの主張は「捏造」し話を大袈裟にしないと国際社会に相手にされないって事?
当時の日本軍は国際的は諸々の規定に則り戦争に参加していた証左とも言える。
Posted by この漫画描いた人!GJ! at 2009年08月16日 14:14
askさん
釣りだよね?

>http://wiki.livedoor.jp/nankingfaq/
結構効果抜群なんですよ、これ。
掲示板なんかではそれまで否定派が多数だった場所でも、暫くウォッチしているとかなり空気が変わると、経験上知っておりますので。

マジで紹介?効果抜群?
もしそうだったら、病院行ったほうがいい
悪いこといわん、心療内科か精神科をおすすめします
あなたが、日本人ならね。違うなら帰れ!

A/Tさんおじゃましました。
Posted by S at 2009年08月16日 15:22
凄い勇気ですね。
「東トルキスタンTシャツ」に何の反応も示さなかったというのも、また凄いですね、別の意味で。

ロラネットの支持者が、「民主党政権誕生」を切実に願っていたとは知りませんでした(棒読み)
ところで、極左に好かれる次期与党というのもどんなもんでしょうね。
日本人にとっては、生理的に不快な法案が沢山通る事になるでしょうし、腹の足しにもならないような「友愛」という名の「我慢の押し付け」を念仏のように唱え続けても、万人受けは絶対にしない気がするんですけど、票とか全然興味ないんでしょうかね、民主党や社民党は。

日本の世論は、マスコミが作り上げています。
共同通信は、昭和天皇崩御の時に、社内で“拍手喝采”が起こったそうです。
(少なくとも、誰かが死んで拍手喝采するなんて、不謹慎じゃないか?)
大手五大紙には、いずれも韓国人、中国人の記者が沢山いるようです。

共同通信の中国人記者が、変な記事を書いた。
   ↓
共同が靖国神社報道で「野田内務大臣」と大誤報した理由
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-851.html
Posted by 凄い勇気だ・・・(汗 at 2009年08月16日 15:41
結局キムチ臭い連中と脳内お花畑のサヨクのためだけにあるイベントだったってことが良く分かりました、潜入レポート御疲れ様でした
Posted by 名無しさんお腹いっぱい at 2009年08月16日 18:11
在特会の人々の描写が気になりますね。
A/Tさんにはポジショントークではなく、
本当にこの漫画のようにしか
見えていなかったとしたら困った事だと思いますので、
他の人にはどう見えていたのか紹介します。

http://d.hatena.ne.jp/sk-44/20090811
Posted by usi4444 at 2009年08月16日 22:11
戦時売春婦展示会への潜入ルポ、臨場感にあふれて、とてもわくわくしながら、拝見させて頂きました。ケシクズさんのいつものブログの調子とずいぶん違うキャラクターでケシクズさんのイラストでの素顔がとても可愛く思えました。大役、ご苦労様でした。ミケ
Posted by 屋根の上のミケ at 2009年08月16日 22:15
そう言えば韓国生討論と言うところでハンドル「指輪」名のお方がこのような論調をしていましたっけ。ね、指輪さん。
Posted by 通りすがり at 2009年08月17日 03:18
………コミケから帰って見てみたら、何か沢山コメントが入ってる。ビビっていたらせと先生のBlogでした。
困ったちゃんが私のブログのコメント欄で、私の質問には「答える必要がない」癖に持論をアジるので、バッタバタの15/16日は承認制にしていました。
ログが貯まっててびっくり。失礼致しました。

皆様、レポマンの感想有り難う御座います。
我が家は反応らしい反応がそれ程あるblogではないので、古臭いレポマンと言う手法も割と有効なのね、と思いました。
変なのも釣れますけどね(笑

"在特会の事を「他の人」がどう思って居るか"と言うまやかしの論法は止めて下さい。「他の人の極々一部」か「反対勢力」辺りが妥当です。
私、在特会員じゃなくても、その意見に共感出来ませんよ。
会議室をロラが取るまでの大雑把な経緯は皆WEBで知ってる訳で、私はそう言う"ズル"や"ウソ"が何より嫌いなんですから。
ポジショントーク以前の問題だと早く気付いて下さい。

で、私はヒキコモリだっつーてるのに討論会がどうこう言ってる人が居てびっくり。????
他人と口きくと落ち込む奴が、討論会? コミケで売り子が限界ですが。
つかそれ何の討論なの?web? 実際に会ってやる奴?まずそこから説明して?で、そう判断した理由も教えて?
Posted by A/T at 2009年08月17日 06:09
すばらしいです。

五年くらい前、「従軍慰安婦はいた」と言うヤツとメールでやりとりをし、「このWebページを見ればわかる!」といわれて紹介されたのが中帰連でした。

ダメだコリア。

そりゃ、支那で洗脳されてノコノコ日本へ帰ってきて、中共の工作員として立ち上げたWebを、「本人(旧日本兵)が言うのだから正しい!従軍慰安婦はいたのだ!」と考えて思考停止するようなヤツだから、話が合うはずもない・・メールは止めました。

あっちはコドモ並の思考です。コドモと大人が論争しても収拾がつかないよな・・と自分に言い聞かせ、根負けしないようにしてます。
Posted by hamusuke at 2009年08月17日 15:21
やべぇ…

ゼリーにまみれるA/Tを妄想したら寝れねぇw

付き合う相手は考えろよと伝えようと思ったが、既に中の人だったとはw
Posted by ^^; at 2009年08月18日 02:34
お疲れ様でした。自分の出来ることを全うしたあなたの勇気は称賛に値します。あなたは今回の行動でチキンではなく国士であることを証明したと思います。でも、あまり無理は市内でください。半日左翼はキチガイが多いですので。ちなみに、せとさんのブログで紹介されていたので、あなたの漫画を拝見することが出来ました。漫画楽しかったです。ありがとうございました。
Posted by 桜咲く国 at 2009年08月18日 19:28
阿呆だな、このブログ主は(´Д`)y-〜〜
Posted by 鷲尾拓 at 2009年09月06日 18:05
 ↑場を読めない茶々松君は引っ込んでね(棒読み)。
Posted by KY at 2009年09月07日 23:06
A/T様、はじめまして。ゆうこと申します。
ブログ『法華狼の日記』さんから来ました。

私は多分、思想的には「左」の方だと思うのですが、そういうこととは関係なく、
A/Tさんの、従軍慰安婦展の詳細でおそらくそのままを描かれたであろうレポート漫画に、見入ってしまいました。
そして、
多くの皆さんがコメントなさっていますが、私も、
なぜ、「"そっち系"の人が入場すらできないのか」、疑問に思いました。
「在特会」の人であれどんな人であれ、見られる方がいいと思うのですが・・。

A/Tさんのコメント返信に、
「変なのも釣れますけどね(笑」とあるので今、手に汗をかいてビクビクしながら書いていますが、
(私は「変なの」のうちに入るのか?(汗))
何と言いますか、
レポートがとても良かったということです。

ちなみに、
南京大虐殺については、以下のサイトが分かりやすいかと思います。

http://www.geocities.jp/yu77799/

ではでは、長文失礼いたしました。
Posted by ゆうこ at 2010年08月25日 16:55