April 2015

友人の展覧会から

グラフィックデザインを卒業後、キモノのデザインを経て
画家の道を歩み出した同級生のY女史。
毎年、洗練された感性で大作を生み出しています。
長いお付き合いだけれど、いつも淡々としながら、
見る側の感性をゆさぶるような作品で、
私の制作意欲をかき立ててくれます。

明日まで新宿でやっている彼女の展覧会の
作品紹介です。

オーチャン
和紙にアクリル絵具で描かれた作品
この所、アクリル絵具に凝っている様です。

オーチャン2
これもアクリルで描かれた作品、ブルーの縁取りも彼女の作。
和紙の質感で、表面に立体的な面白さが生まれます。

オーチャン3
梅林と菜の花を軽快なタッチで描いた作品
唯一の具象です。


書やオカリナなど幅広い趣味を持つ彼女は、その趣味を
すべて絵画の中に生かしていて、
毎年新たな試みが感じられて頭が下がります。
「さあ、私も制作しなくちゃ」と云う気にさせてくれました。 









 

●大宮高島屋にて作品展を開催いたします。

すずき あき染色展
◆4月15日(水)〜21日(火)
◆大宮高島屋1階 正面ホール
毎年恒例の大宮高島屋も12年目になります。
今回は場所が変わって1階の正面ホールです。
6階の時と違い、入られるお客様を直接お迎えする場所、
居住まいを正して緊張しなければなりません。
お近くにお住まいの方は、ぜひお立寄り下さい。

大宮高島屋
昨年の大宮高島屋
 
身につけた時の軽さ、肌触りの良さ。
そして、装う方を美しく見せる彩りを大切にして
一点一点染め上げました。
バラ、さくら、ミモザなど春の草木の彩りも
お楽しみ頂けたら幸いです。




 

染め日和

桜が終わると気候が安定してくる時期ですが、
寒暖の差が激しく今週は雨の予報です。
染めの仕事はお天気次第だから、晴天の日は大忙し!
朝からアトリエにこもって暗くなるまで動きます。
特に大きな布を染める時は早く乾かないと足の踏み場も
無くなります。
暖かい晴天の日は染め日和。
発色も仕上がりも曇りや雨の日とは、まるで違うからです。
春から夏にかけては仕事の旬で、展示会も続くので、
天気予報とにらめっこ!
今週は雨だから染め上がった布を裁断する事にしましょう。

布
蒸し(色止め)も水洗いも済んだ糊染めの布達


 
コメント
??????????c?若??
????????? ??????
??延根?????障??
罅?羃≪????吟?ゃ?括??腥倶????ゃ?潟????���?≪????吟?ゃ?括?????罐?
???罐???????????���???????宴???????????胼???????絖??吟??
1975綛雁???????膣?10綛眼???????????????���??????吟?ゃ?潟????銀?????
1984綛?(篌?)?????c???潟????уぇ絖??у????喝?????????���?????
絽医?遵????????????????蚊?鴻?帥?吾?���??荐???

  • ライブドアブログ