お客様

●古希のプレゼント


FullSizeRender
古希を迎えられたご主人様の為に選ばれたのは「蜃気楼」と題されたロウケツ染の額絵。
砂漠の中に忽然と姿を現したアラビアンナイトを思わせるような中近東の街並みで、欲張って月まで登場しています。

あえて小さな額にしたのは広大な砂漠の世界を
小さな絵でどれだけ表現できるかの挑戦でした
茶褐色の砂に風化して融合する廃墟のような遺跡と怖いほど澄んだ空の青さが今もなお記憶に残っています。

絵画や美術がお好きなご主人様のことだからお気に召していただけるかどうか心配ですが、絵をプレゼントするとは何てステキな奥様なんだろうと思いました。
古希を迎えるまでの長い年月をお二人で歩んできた様々な思い出を語り合いながら、あの絵を渡されるのでしょうか。
きっとワイン片手に🍷




●お嫁に行ったアマルフィの帯

お客様のK様からメールと一緒に沢山の
写真が届きました。 
「南イタリアのアルベロベッロです。アマルフィにも
行ってきました。あの帯懐かしいです」
あの帯というのはやはり南イタリアのアマルフィを
イメージしたロウケツ染めの帯のことです。 

帯 - 1
ロウケツ染め帯ー迷宮の街(ローマにて撮影)

タペストリーとしても飾れるような帯を赤系、青系、白系の
3点を三部作で染めて4年前の個展に出しました。
私はこのブルーが一番気に入っていたのですが、
赤と白はお嫁に行ったのにこのブルーだけが残り
その後DMに使ったりして手元にありました。

帯 - 1 (1)
DMに使った帯の写真ーうちの猫達もお招き

それにしても体調が悪いと言っていたK様がイタリアに行ったのかしら?大丈夫かしら? 
 K様は長い事、癌と共存しながら前向きに
頑張って来られたのですが、ここのところ又癌が悪さを始めたらしく
手術をするという事でした。

だからメールを頂いてすぐに電話を入れると 
「これが最後だと思って、行っちゃたわよ」
と思いの外お元気な声。
「行って見て分かった!あの帯のイメージだった。」

K様はこの帯をず〜と覚えていて気になっていたようです。
すでに合わせる着物もあれこれ考えてられたようでした。
すぐに送って欲しいと言われ、手術の前にお送りしました。
たくさんのパワーを帯と一緒に詰め込んで。

わが娘は嫁ぎ先で少しは役に立っているかしら
気がまぎれるお手伝いが出来たかな?


そして、手術はうまく行ったそうです

FullSizeRender

ブルーのお着物に合わせた帯、個性的な装いで
よくお似合いです。
お元気になられて嬉しい!
この次は、わが娘をアマルフィに
連れて行って下さいね〜



  








 

浜松の素敵なお客様達

浜松のご常連のお客様達のご紹介です!
いつもの事ですが撮り忘れた方達も沢山いらして
すべてご紹介出来ないのが残念です。

遠鉄1
ブルーを爽やかにお召しのSさま。
素材の軽さや着心地良さをお気に召して頂き
沢山の作品と出会って下さいました。

遠鉄2
昨年お求め頂いた白の上下に藍染めのスカーフで
ビシッと決めたFさま
浜松で最初の展覧会から11年間のお付き合い。
いつも素敵にご愛用頂いています。

遠鉄3
銀髪が美しいMさまはシックな色も派手な色も
良くお似合いになります。
DMに載せた作品をお選び頂きました。

遠鉄4
着物姿は素晴らしいのに洋服選びは苦手というKさま
今回は無地と柄を上手く組み合わせ、
すっきりした着こなしです。

遠鉄5
お着物姿がういういしいKさまのお嬢様。
オーストラリアにお住みですが、
ちょうど帰国されて久々の再会です。
黄色が良く似合う花のストールをあわせて。

遠鉄6
ご病気がすっかり回復されて以前より
ふくよかで、お元気なお顔を拝見出来ました。
お帽子に良くあう軽いシルクブラウスを
お選び頂きました。


お客様はご来店順で掲載させて頂きました。





 

素敵なお客様のご紹介

お客様が帰られた後で、しまった!!
お写真を撮らせて頂くのを忘れた!という事が
しばしばあって、この所なかなかご紹介出来ずにいました。
そんな中で何とか忘れずにお写真を撮らせて頂いた
素敵なあきベトリーナのお客様達をご紹介します。 

浦安市のKさま
浦安市のKさま
一見、楚々とした印象の Kさまですが、
実は編集のキャリアウーマン。
いざ仕事となるとお顔も態度も変わってテキパキと
仕事を見事にこなします。
私の作品集も彼女に編集していただきました。
いつも選ばれるのはシックな色。
カシミアウールのショールは夕方寒い時期にぴったりです。


杉並区のMさま
杉並区のMさま

かれこれ40年近いお付き合いのお客様のMさま
お若い時から、スラリと背が高く聡明な印象でしたが、
近寄りがたかった昔に比べ、柔らかな雰囲気になられました。
カジュアルな服も上品にお召しになるMさまなので、
今回選ばれた糊染めのシャツもエレガントに映ります。

川崎市のTさま
川崎市のTさま

Mさまとお友達のTさまがお選びのウエアは
いつもモダンな個性を放つ品。
お召しになっているのは大胆な藍染めジヤケット
白と藍のコントラストを見事に着こなされています。










 

ダイナミックに装うー浜松市のSさま

あやの先生2
ご注文でお創りしたシルクジョーゼットのブラウスと麻のスカート
大胆な嵐絞りの柄が良くお似合い!

Sさまは、コンサートやオペラなどで精力的に活動
されている声楽家です。
お客様としてのお付き合いは数年になるのに、
なかなか拝聴出来る機会がなかったのですが、
今回、コンサートに伺う機会に恵まれました。
明るく気さくで親しみやすいSさまが、
トルコブルーのドレスを着て舞台に立った姿は別人の様!
その透明感のある声は、澄んだ水音や梢を渡る風の様で、
心の奥にまで届き、終了後しばらく余韻が残ったほどでした。

音楽家の中でも声楽というと、日常の訓練や健康管理など
相当の努力が必要と思われるのですが、
そんなご苦労を感じさせない位、いつもサラリと
気負いのないご様子には頭が下がります。

出番を終えたばかりでホールに出ていらした所を撮影。
まだ舞台の興奮が冷めやらぬ、艶やかな笑顔が印象的でした。
ダイナミックと云える位パワフルなSさまの
今後の活動が楽しみです。



コメント
プロフィール
すずき あき
東京生まれ
桑沢デザイン研究所インテリアデザイン科卒業
卒業後、着物のロウケツ染、友禅染を学ぶ
1975年独立。約10年にわたり着物のデザイン制作
1984(伊)フィレンツェ大学へ留学
帰国後、「あき染色スタジオ」設立

  • ライブドアブログ