スカーフアレンジ

●2月のあきベトリーナは「スカーフ特集」です。

白金台「あきベトリーナ
「スカーフ特集 」
2月10日(月)〜14日(金)
12:00〜18:00 

2月スカーフ特集

東京に大雪が降った翌日は、からりと晴れた気持ちのいい日和。
お店の前を雪かきし、ウインドウにお気に入りの 
小さなお雛様を飾ったら、日ざしも春めいて
昨日までの寒さが嘘のようです。
まだまだ風は冷たく、寒い日が続くようですが、
冬の終わりを告げる様な大雪のせいか、
気分は春の様に爽やかです。

15年前に特注して大量に織ってもらった紗の生地も、
残り少なくなりました。
この春は同じ紗織で粗めのメッシュを新たにデヴューさせ、
柔らかで軽い春の色目で染めました。
まだ雪がいたるところに残る都内、
お足元を気をつけて、お運び下さい。





 

スカーフアレンジー襟元を爽やかに

      スカーフアレンジ
ただ掛けているだけでも、おしゃれに見えるのがスカーフですが、
ずれて、だらしなくなったり、うっかりすべって無くしたりしないように、
一カ所しっかり縛っておくと、形が崩れず安心です。


アレンジ1
シルクメッシュのスカーフ 135センチ×35センチ

日中、汗ばむ陽気でも夕方になると急に温度が下がるのがこの季節。
襟元のスカーフは日除けにも防寒にも便利な脇役になるだけでなく、
おしゃれ度もアップします。
フォーマル、カジュアル両方に使えるアレンジをご紹介します。 

アレンジ2アレンジ3
左右アンバランスに肩にかけます。    長い方を扇畳に3回折ります。

アレンジ4アレンジ5
折り畳んだ中央を持ち、一方の端を持ってくぐらせます。

アレンジ6 アレンジ7
          中心でしっかりと結び完成。

      アレンジ8
   どんな角度でも形がきれいなので、ずれてもだらし無く見えません。

アレンジ10アレンジ11
 すっきり見せたい時は短い方をまとめて結びます。シャツなどには、
 この方がきれい。

   素材や大きさが異なっても同じ様に応用出来ます。
アレンジ12アレンジ13
  45センチ幅の綿麻スカーフ    これは張り感のある紗のスカーフ
 
コメント
プロフィール
すずき あき
東京生まれ
桑沢デザイン研究所インテリアデザイン科卒業
卒業後、着物のロウケツ染、友禅染を学ぶ
1975年独立。約10年にわたり着物のデザイン制作
1984(伊)フィレンツェ大学へ留学
帰国後、「あき染色スタジオ」設立

  • ライブドアブログ