最新スマフォ情報局!〜最新機種からモバイル業界まで〜

最新のスマフォ情報をモバイル業界10年目の業界人が分かり易く解説! iPhone/Androidの3キャリア最新機種情報から、モバイル通信情報まで「お得」な情報をお届けします!

2013年 au冬モデル発表〜isai,SERIE,Xperia Z1〜

ついに発表されたau 2013年冬モデル!
131019kga_au401_cs1e1_1000x

【ついにauからも!Xperia Z1】
なんといっても話題はSONYのXperia Z1!
特徴はなんといってもコンデジ並のカメラ機能と、FHDのキレイなディスプレイ!

コンパクトデジカメで使われているのと同等サイズの1/2.3型・約2070万画素のイメージセンサーが使われており、画像処理エンジンBIONZ for mobile、明るく広角撮影ができるGレンズなどを搭載したことで、強力な撮影能力な撮影力も特徴のひとつ。

また、バッテリーも3,000mAhを搭載。他機種のバッテリーが異常に持つせいか、SHARPのSERIE等と比較すると弱いイメージがあるが、1日使うには十分な持続時間だ。

片手で持つには大きいサイズだが、その分見易さは抜群!
ゲームや動画などでも本領を発揮するauイチオシのフラッグシップモデルだ!

【詳細】
本体サイズ:144×74×8.5mm
重さ:170g
ディスプレイ:5.0インチFHD(1920×1080)TFT液晶、TRILUMINOS display、X-Reality for mobile
防水・防塵:IPX55/IPX58・IP5X
OS:Android4.2.2(Jelly Bean)
SoC:Qualcomm Snapdragon 800 MSM8974
CPU:Krait400(2.2GHzクアッドコア)
GPU:Adreno330
RAM:2GB
ROM:16GB
microSDカード:対応
バッテリー容量:3,000mAh
カメラ:1/2.3インチ2,070万画素Exmor RS CMOSイメージセンサー、G Lens(27mmワイドアングル&F2.0の明るいレンズ)、画像処理エンジン「BIONZ for mobile」
カラー:ブラック、ホワイト、パープル



【レビュー】au,docomo 2012年夏モデル〜iPhone5は?〜

昨日のauに続き今日はdocomoが発表!
ustreamで見てましたが今年のモデルは少しインパクトに欠ける内容。

恒例の考察日記を書きたいと思います(長いよーwww)
これからスマフォに買い換える人の参考になればと思います。

ちなみ過去の日記はこちら↓

■docomo,au2011年秋冬モデルと比較しISW11Fを購入
http://blog.livedoor.jp/akiy203004/archives/52108045.html

■au版iPhone4Sの5つのデメリット
http://blog.livedoor.jp/akiy203004/archives/52089979.html

■au 2011秋冬モデル〜ついにiPhone5も!?〜
http://blog.livedoor.jp/akiy203004/archives/52085979.html

上記日記でも触れている通り、これからのスマフォは以下の3つのポイントが重要なわけです。

々眤通信対応(docomoならXi、auならWiMAX、softbankならAXGP)
⇒auのLTE対応は年末だそうです。おそらくiPhone5に合わせるものかと。

∈膿OSであるAndroid4.0を搭載
⇒現在は2.3が主流。4.0になると顔認証やNFC(赤外線やおサイフ機能)が使える

CPUがマルチコア対応(デュアルコアorクアッドコア)
⇒簡単に言うと処理する頭脳の数です。数が多いとゲーム等で描写が速い。


【docomo 2012年夏モデルについて】

今年はauよりも魅力的な端末が揃っています。
spec_with_img
spec_with_img

Xi対応、NOTTV対応がメインのようです。全てAndroid4.0を搭載。
NOTTVはモニタに応募して2週間試しましたけど、正直いらないですねw


その中でも注目の機種は以下の通り。

●GALAXY SSC-06D (Xi対応)
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1205/16/news042.html

今回は珍しく日本向けのスペックで攻めて来ました☆
ただ残念なのはクアッドコアではなくデュアルコアであること。
これはdocomoのLTEに対応したクアッドコアCPUがない為。
(世界モデルはExynos 4 Quadが搭載されてます)

世界標準のNFCには非対応だけど、Felicaに対応したためおサイフ機能が使える。
日本ではこっちの方が便利だと思います。

防水、赤外線、NOTTVには対応していない。
ただいつもの如くバッテリーは最強。2100mAを搭載。
有機EL液晶でバッテリーの持ちも恐らく一番良い。

64GBのmicroSDXCカードにも対応してるので、
動画や音楽を大量に使う人には地味に嬉しい内容。


●Xperia GX SO-04DとSX SO-05D (両機種ともにXi対応)
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1205/16/news032.html

ついについにLTE対応のXperiaが登場!!
スペックも言うことなし!デザインはarcがベースになっている模様。
GXは大画面だけど防水、赤外線、ワンセグ、NOTTVには非対応で1700mAのバッテリー。
SXはコンパクトで防水、NOTTVのみ非対応で1500mAのバッテリー。

カメラ機能や音楽については非常に高機能♪
女性にはSXがオススメです☆ 発表会では堀北真希が持ってたモデルです。
デザインと機能性を求めるユーザーにはこれを持ってれば間違いないでしょう!


●ARROWS X F-10D(Xi対応)
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1205/16/news029.html

はい、出ました☆ アロたんの最新モデルです!
なんといっても最大の特徴は今回唯一のクアッドコア搭載モデルであること♪
この辺りはスペック重視の富士通らしい。

もちろんNOTTV以外は防水含めて全ての機能が搭載されている。
それに加えて指紋センサーまでも搭載。とっても不安であるw
バッテリーは1800mAというまずまずの容量。

ただ・・ARROWSシリーズはスペック上は良いのだが、
実際は不安定な機能が多いので今回もドM向けの機種であることは間違いないw
何せクアッドコア、防水、Android4.0と富士通には初めての挑戦だからだw
※au版よりは安定すると思われます。。


●L-06D JOJO
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1205/16/news054.html

mixiニュースでも話題になったジョジョモデルです!
え?ジョジョを知らない?はい、もう帰っていいですよw
LGのOptimus Vu L-06Dを同じなのでハイスペックでNOTTVも対応の「全部入り」です。

岸辺露伴のスタンド「ヘブンズドアー」が登場するメモ帳もプリインストール。
ムービープレーヤーを一時停止すると画面上に「世界(ザ・ワールド)」のスタンドが現れる仕掛けもありw


●iPhone5はどうなるのか?

docomoの発表会で社長が回答してましたが、現時点では難しいようですね。
アップルと競合するサービスが多いので、オープンOSのAndroidに注力していくようです。

iPhone5は間違いなくLTEに対応すると思うので、
auもそれに合わせて冬前くらいにはLTEをスタートさせるようです。
もちろんSoftbankもプラチナバンドをゲットしたことですし、両者ともに問題なし。

ちょっとdocomoがシェア握りすぎてるのでこれくらいがいいハンデかもしれないですね。


【au 2012年夏モデル】

docomoに比べて比較的インパクトの少ないauの新モデル。
spec_with_img

ただ、auのWiMAXはdocomoのXiよりも圧倒的にエリアが広く、
通信容量制限がないのでどれだけ使っても定額で規制されることがないのが最大のメリット。

その中でも注目も機種は以下の通り。
※全てWiMAX対応、Android4.0搭載。

●HTC J ISW13HT
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1204/20/news027.html

夏モデルではないが5月下旬に発売予定の機種。
なんとあのHTCがauのために一肌脱いでくれまして、
日本仕様のワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信に対応してます!

そしてなんといっても音楽にこだわっている点!
Beatsのオーディオ技術を搭載し、同梱のBeats製イヤホンまでついている。
これだけで1万円くらいする代物だそうな。。

その他の機能も説明不要のスペック。
約800万画素の裏面照射型CMOSカメラでレンズのF値は2.0。

残念なのは防水とWIN HIGH SPEEDには非対応で、
液晶も他社が720×1280のHD液晶に対応してるのに対して540×960のQHD液晶と少し弱い。
まぁその分、バッテリーは持つと思われる。1810mA。

またCPUもMSM8660Aのデュアルコア(最大1.7GHz)。
ただHTCはソフトが優れてるので問題ないかと。
HTCが本格的に日本仕様に取り組んた注目の機種です♪


●AQUOS PHONE SERIE ISW16SH
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1205/15/news035.html

ついにSHARPからWiMAX対応の機種が出ました!!
いわゆる全部入りです。FeliCaだけではなく夏モデル唯一のNFCにも対応してるので、
NFC搭載機同士でデータを転送する「Androidビーム」が利用可能。

64GBのmicroSDXCカードにも対応してるのも嬉しいところです。


●ARROWS Z ISW13F
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1205/15/news037.html

au版でもきました!お馴染みのアロたんです!
ちなみに私は前機種のISW11Fを持っておりまして、
業界で一番お祭り騒ぎになっているHOTなシリーズでございます(爆)。

docomo版同様にスペックだけは最強で唯一クアッドコアを採用しております!
機能も防水から何から何まで全部入っております!バッテリーは1800mA。
動画撮影は地味に60FPSと通常の倍の仕様。

上にあるスペックの比較表を見ても○ばっかりで数字もデカイでしょ?w

まぁこの機種はあとはソフトの作りこみなんですよね。。
ハードを活かすだけの技術が富士通にはまだ足りないと思いますw
でも海外勢にスペックだけでも買ってる唯一の日本勢なので辛口に応援してます☆


【これからスマフォに乗り換えを検討してる人へ】
※もう何を選んでいいかわからない人はとりあえずiPhone4Sで間違いないw

docomoユーザーで選ぶ時のポイント。

・ネットやゲームを多用しバッテリーも気にする人は「GALAXY S掘廖
・それに加えてデザイン性を求めたい人は「Xperia GX」、女性には「Xperia SX」。
・機能/スペック重視の欲張り野郎&ドMは「ARROWS X」
・スタンド使い、又はジョジョ立ちができる奴はつべこべ言わずに「L-06D JOJO」。

※家の固定回線(光とか)を解約してスマフォだけでテザリングしたい人はauの方が経済的です。

auユーザーの場合

・ネット多用し音楽も大好きな人は「HTC J ISW13HT」
・全ての機能が欲しくてキレイな画面が好きな人は「AQUOS PHONE SERIE ISW16SH」
・機能/スペックオタクでゲーマーなドM野郎は「ARROWS Z ISW13F」

毎度のことですが海外モデルは非常に安定して高機能なので、
iPhone、GALAXY、Xperia、HTCはどれを買っても後悔はしないと思います。
※購入後のアプデもしっかりしているので。


【まとめ/考察】

いよいよ、スマフォが本格的に普及してきました。
iPhoneに追いつけ追い越せでAndroidも高機能になっており、
特にiPhoneにない機能で差別化を計るみたいですね。
(防水/赤外線/NFC(おサイフ)/ワンセグ/NOTTV/高速通信対応・・etc)

docomoからiPhone5が出る可能性が少ない点に関して
凹んでるユーザーも多いと思うがこればっかりはしょうがない。

むしろ誰も逆らえないAppleに対抗できる貴重なキャリアとして存在感を示して貰いたい。
特にdocomoはiコンシェルや同時翻訳電話などの将来性のある技術を持っている。

HTCも日本の市場に注目している。
なぜならば日本のモバイル市場は進みすぎていてユーザーの目も肥えている。
世界が携帯で電話やメールをしてる時に日本ではi-modeやワンセグ、おサイフ携帯、デコメと最先端を突っ走っていたからだ。

HTCはそんな厳しい日本で鍛えたノウハウを世界に応用していきたい意向のようだ。

そんな中、年末商戦に向けて秋にはiPhone5が出てくるので、スマフォ戦争は激化するでしょう。
それまで待てないという人はAndroidも選択肢に入れてはどうでしょう?

Androidに関してはこれ以上を求めてもヘビーユーザーではない限り、
あと2年は十分に使えるスペックになっています。
※あとはバッテリーの持ちを良くするくらいかな。

【スマフォ】ARROWS Z ISW11F買いました♪

現在ネットを色んな意味で賑わしている最もHOTなスマフォ!
17日にauから発売された「ARROWS Z ISW11F(黒)」をついに買って来ました!
http://kakaku.com/item/K0000291309/

※ちなみに以前書いたスマフォ日記はこちら↓
http://blog.livedoor.jp/akiy203004/archives/52085979.html
(au 2011秋冬モデル(WiMAXとLTEの違い等)

結論から言うと今のところ満足してます。
ただドM向きな機種であり、スマフォ初心者には厳しいかも。

時間があるってのは素晴らしいですね☆
ありとあらゆる最新スマフォを家電量販店で弄くり倒し、
店員さんに覚えられるくらいマニアックな話もしてきましたwww

まずauユーザーの私は今月が更新月でございまして、
docomoにMNPするという選択もあったんですが、
色々と悩んだあげくに引き続きauにしますた♪

このARROWS Zは簡単に言うと「全部入りスマフォ」です。

【ARROWS Z スペック】

・WiMAX対応 (上り速度が10Mbps⇒15.4Mbpsへは非対応)
・WIN HIGH SPEED対応
・デュアルコアCPU1.2GHz (OMAP4430)
・ガラケー機能(おサイフ、ワンセグ、赤外線)
・防水
・高解像度HD液晶(1280x720)
・Android 2.3.5
・カメラ 1310万画素CMOS(Xperiaでお馴染みのExmor R for mobile)
・インカメラ130万画素
・4.3インチ HD(1280×720ピクセル)の解像度
・1080pの本格的なフルハイビジョン動画対応
・FMトランスミッターを搭載
・バッテリー 1460mAh
・Micro HDMI端子(今回の発表では唯一)

ゆえにハイスペック好きの標的となるわけですwww
ちなみに自分が今まで使ったことあるスマフォはiPhone4(会社用)とHTC EVO WiMAX(レンタルw)です。
※プライベート機は2年縛りがあったためSH003というクソ機ですw


【レビュー/感想】

掲示板ではネガティブキャンペーンが流行ってますが(笑)、
実際はそうでもないみたいです。事実、自分の機種は素晴らしい働きをしてくれます♪

まぁ

「押すなよ!絶対に押すなよ!!」

って言われると押しちゃう芸人と同じ原理で買っちゃった次第ですwww

○発熱問題/バッテリー

一番の問題だった発熱による機能停止もタスクキラーとホームUI変更で簡単に解決しますw
http://plus.appgiga.jp/ky777/2011/12/21/10459/

基本的にLTE/WiMAX対応機種はバッテリー消費がとんでもないので、
省エネアプリをきっちりと使えばそこまで酷くないです。
自分みたいなヘビィーユーザーは補助バッテリーが必須ですがw

高速充電に対応してるので2hで充電できるのが地味に嬉しかったですね☆
ちなみに無駄に大容量の9600mAhのバッテリー買いましたwww
http://p.tl/TiPy

○webブラウジング

カクカクと言われまくってるけど、許容範囲内です。
そりゃGALAXYとかiPhoneと比較しちゃイカンですよwww
スマフォ用のページはサクサクですね。

○モバイルSuica/ワンセグ

特に問題なく移行完了。コンビニで買い物したけど問題なし。
ワンセグはうちだとちょっと感度が悪いかな。。ま、使わないしw


○カメラ機能

ん〜〜悪くはないんだけど、もっと速く撮りたいw
これじゃガラケーと同じくらいだもん。

○通話機能

これが地味に凄いwww
ハッキリと聞き取れるように調整されてる。
この辺は国産ならではの機能だね。

○メール

富士通オリジナルの手書き機能は素晴らしいね☆
俺もまだ慣れてないけどフリック入力に頑張って慣れますw

基本的に富士通は前機種のF-12Cが予想以上に使い安い仕様で、
頑張ればあのクオリティまでUPDATEできると思うのでここは期待。

色々と使い倒すまで時間が掛かりそうだけど、
自分みたいなタイプにはピッタリな機種かなと。
docomo版の同機種はなぜか平和みたいですw

ただね・・高いよ!!7万ってwww
まぁポイントがつくから一括で買ったけどさ・・。
月々割があるので2年間で見ると実質3万5千円くらい。


【今後スマフォを購入する際のポイント】

Andoroidで今買い換えるなら最低でも2年使うことを考慮すると、
押さえておきたいポイントが3つある。

.妊絅▲襯灰対応
WiMAX or LTE(Xi)等の高速通信対応
Android4.0へのアップデートへの可能性

これに加えて俺の場合はおサイフ機能が必要なわけです。
ここで俺を悩ますのが他社からも魅力的な機種が結構出てることw
まずはどっちの高速通信を選ぶか。


【LTE(docomo) or WiMAX(au)】

○屋内に強いLTE、屋内に弱いWiMAX
○エリアの狭いLTE、エリアの広いWiMAX
○移動時(電車等)に強いLTE、移動時に弱いWiMAX

どちらもエリア外では3Gに切り替わるので、基本的に問題はないが、
携帯電話通信の延長で開発されたLTEと、無線LANの延長で開発されたWiMAXなので、
上記のようなメリット/デメリットがある。

ただLTEはエリアが都心部のみで非常に狭い。一応横浜はエリア内。
一方でWiMAXはエリアがとても広い!!
実家のある三重県でもなんと20Mbpsというとんでもない速度を記録したw

都内や主要駅でしか高速通信を必要としない人ならLTEでもOK。
ただし、来年10月から容量制限があるので、PC繋いでテザリングする人は要注意。

一方でWiMAXはとてもエリアが広い!!
一つの基地局でカバーできる範囲が広のでエリア拡大しやすいのが理由。
そして容量制限がない。テザリングすれば家庭の回線を解約してこっちに集約することもできるので経済的。

そしてauショップでWiMAX対応のHTC EVOが無料レンタル(一週間)できるので、
自宅や利用するエリアで事前にテストすることもできる。
こんなことができるのは余程自信があるからでしょう。

自分は切り替えができて省電力になるのと、
エリアが広く実家や旅行先でも高速通信が楽しめるWiMAX(au)にしました。
今日のニュースでも地下鉄がエリア内になるみたいだし。


【候補となった機種(docomo)と考察】

docomo版 ARROWS X F-05D

・LTE/3Gへが自動切換え不可 ※auはWiMAX手動切り替え可
 ⇒WiMAXやLTEはバッテリー消費が激しいので手動切り替え可が望ましい

・FOMA HIGH SPEED 14Mbps非対応 ※auはwin high speed(下り9.2Mbps/上り5.5Mbps)対応
 ⇒まぁここは大差ないかもw

・通信容量制限あり(来年10月から7GB規制。)
 ⇒テザリングを考慮すると余裕で超える。一方でWiMAXは規制なし。

レビューを見てるとなぜかdocomo版は安定している。
http://kakaku.com/item/K0000302300/

au版との比較はこちら↓
http://p.tl/Ca01

docomo GALAXY S LTE
http://kakaku.com/item/K0000302304/

・現行スマフォで最高スペック
・レスポンスも最速。webブラウザの表示速度も速い!
・LTE機種の中ではバッテリー持続No1

おサイフ機能やワンセグがいらないなら間違いなくコレ!
iphoneにも対抗できる説明不要の最強マシンです。

docomo Optimas LTE
http://kakaku.com/item/K0000302302/

・世界的に見るとLTE分野ではとても実績があり、LTE関連特許の2割をLG電子が占めている
・海外製なのにおサイフ機能/ワンセグを搭載
・IPS液晶はどのスマフォよりもキレイ

GALAXYの影に隠れて目立ってないけど、何気に凄い機種ですw
スペック的にも問題なし!機能バランスは最強!
唯一Android4.0へのUPDATEもコミットしてる会社です。


【候補となった機種(au)と考察】

HTC EVO 3D ISW12HT
http://kakaku.com/item/K0000291306/

・3D対応。ハイスペックでテザリングにも定評がある
・HTC Senceという非常に使い勝手の良いUI
・無料レンタルで前機種が使えるのでイメージしやすい

おサイフ機能やワンセグ入らないなら、間違いなくコレ。
世界的にはiPhoneの次に顧客満足度が高い企業。

DIGNO ISW11K
http://kakaku.com/item/K0000291312/

・実はこれも全部入りスマフォ。でもシングルコア。
・何気に顧客満足度はとても高い。価格.comでは1位
・使い勝手が良い。初心者向け。

どらえもんを活用したCMでお馴染みですが、
2年使うことを考慮すると個人的にはデュアルコアが望ましいので却下。
でも全部入り機種で一番安定してると思います。

iPhone4S

まず色々と悩んでる人はiPhone4sを買っておけば間違いないですw
個人的にはau版をオススメします。youtubeやwebも体感的に速いので。
http://www.itmedia.co.jp/promobile/articles/1112/22/news086.html

おサイフ機能はSuicaカード入れ付のケース買って自動チャージ機能のSuicaを入れれば問題なし(笑)。
高速通信なくても一般的な使い方なら十分に速いです。
使い勝手やサクサク/ヌルヌルのレスポンスはNo1ですね。

でも自分はなんとなくiPhoneにすると世の中の流れに負けた感じというか、
なんか「巨人が好き」っていう感じに似てるというか・・w
僕は中日を応援したくなるタイプなんですw

iphone5もdocomoから発売されるような記事もありましたが、まぁ来年の夏くらいでしょうか。
間違いなくLTE/WiMAXの高速通信に対応してくるでしょう。
海外版モバイルSuicaであるNFCにも対応すると思います。

【Androidスマートフォン スピードランキング】
http://magazine.kakaku.com/mag/pc/id=608/
⇒各スマフォのベンチマーク比較。参考までに。

【まとめ】

スペックに関して色々と言っておりますが、
iPhoneを見てもわかる通り、ソフトウェアのチューニングが
ユーザーの「体感」としては重要なのがわかります。

Android4.0へのアップデートもコミットしてる会社は少ないけど、
関しては対応するアプリも少なくなると思うし、対応する企業の負荷も高いと思われる。

とはいえ、デュアルコアをフル活用するにはアップデートも必要だし、
タブレットとスマフォが同じOSになるのは開発者にとってもメリット。
今回自分が購入したARROWSも頑張ってアップデートしてくれることを願っております♪
カウンタ☆




Profile
あっきー☆
カテゴリー☆
Archives
Amazonライブリンク
Skype Me



スポンサードリンク
最近のコメント☆
livedoor 天気
  • ライブドアブログ