きたる9月5日(土)に大阪で龍翔歌集『Delikatessen/Young,Cute』の読書会を行います。著者を招いてゆったりと話を交わす読書会です。ご興味のある方は牛隆佑までお知らせください。会場スペースに限りがありますのでお早めによろしくお願いします。 満席となりました。ありがとうございます。

今回、「行きたいけれど都合が合わなくて…」という声をたくさん頂戴しております。ありがとうございます。著者にお届けしますので、「好きな歌一首」(歌集以外からでも構いません)と「著者へ一言」を頂戴できればと思います。「著者へ一言」は批評でも感想でも応援でも叱咤でも告白でも何でも結構です。ushiryu313131☆yahoo.co.jp(☆は@)、もしくはツイッターのDMにて、9月3日(木)24時までにお送りいただいた分はとりまとめて当日、著者にお渡しします。ぜひよろしくお願いします。

【概要】
龍翔歌集『Delikatessen/Young,Cute』読書会
日時:2015年9月5日(土)14時~(開始時間は予定です)
場所:空き家(予定)※人数によっては変更するかもしれません
発起人:辻聡之、牛隆佑
会費:200円(お茶代)

ナビゲーター:辻聡之、ななみーぬ

※歌集をお持ちでない方は「葉ね文庫」か著者本人からお買い求めいただけます。 

「龍翔」という存在は短歌の世界において、歌人的にも作風・文体としても位置づけ(価値づけ)が特異で非常にユニークな存在ではないでしょうか。今回の読書会を通じて、龍翔短歌の本質に深く迫っていければと思います。とは言うもののゆったりとざっくばらんな会にしたいと思いますので、どうぞお気軽にご参加ください。


果てしなく繰り返されるさよならで雨の音さえ聞こえなかった
(「五月の雨」『Delikatessen』より)

(原形をたとえ留めていなくとも)おうちに帰るまでが遠足
(「豚になりたい」『Delikatessen』より)

僕の頭の中には川が流れてて夏には蛍が大量に死ぬ
(「雨を看取る」『Delikatessen』より)

 NZNZNZN(風に吹かれて転がってます)
(『Young,Cute』より)